肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【30代の顔・目の下のしわを改善するには?】しわ取りケア3つの方法

目元のシワをなくす

30代で一気に悪化する顔のしわにお悩なら!しわ取りケア3つの改善方法

  • まさか、自分の顔にしわができるなんて思ってもみなかった・・・
  • 顔のしわのせいでファンデーションが割れが目立つように・・・
  • 目の下にしわができて、同年代に比べて一気に老け顔に・・・

30代になると、

「顔や目の下のしわ」が、とつぜん目立ち出す!

これには、理由があります。

自分の顔を鏡で見るときって
室内で、しかも正面からライトに照らされている場合が多いですよね。
それだと、顔の小じわに気がつけないんです。

実は早い人だと、20代からしわがかなり進行しているんですね。

しかし、本人はあまり気がつけていない。

つまり、30代になって

「はっ!」としわが自覚できる頃には
顔のしわがとても悪化している状態。

そのため、とつぜんしわが増えたように感じてしまうんです。

外出先の自然光のしたで、ふと自分の顔を見てビックリ!

「えっ!ウソ・・・ウソでしょ!」
「こんなところに、しわが!?」

現実を受け入れたくない
頭の中がまっ白になるような
大変ショックなことに気がついてしまいます。

普段は、洗面台や部屋のライトによって、しわが消されていただけ。

実は、周りの人からは、バッチリとしわが目立っていたわけです。

「顔のしわ」は、年齢を重ねると避けることのできないと思われがちです。

一度できてしまったら、もうメイクなどで隠すしかない!

なんて感じられるかもしれません。

けれど、きちんと正しいしわ対策をこれまで実践したことはありますか?

20代の頃までやっていたスキンケアで何とかしようとしているだけでは?

30代からは、30代の肌に合ったスキンケアの方法があります。

20代の肌を取り戻すために

きちんと正しいスキンケアを実践すれば、顔のしわの変化をすぐに実感できるはずです。

一度できてしまった「顔のしわ」でも、きちんとケアをすれば大丈夫なんです。

いくつになっても、若々しい肌の人っていますよね。

自分には無理だとあきらめないでください。

エステや効果な化粧品といった、特別な美容法が必要なわけではないんです。

みなさんも、いまから実践できるものなんですね。

しわに負けないハリにある美肌の人ほど実践している3つのスキンケア方法があります。

たった3つのポイントを意識するだけで、お肌のしわは劇的に変わるんです。

顔のしわ対策のための正しいスキンケア方法を知ることは、
高価なしわ用クリームを買うより何倍も大切なんですね。

できるだけ早くしわ対策のスキンケアの考え方や方法をしることは、これから先ずっとハリのある美肌でいるために役立ってくれます。

「出来てしまった顔のしわ、もう消えないのかな・・・」

と不安に思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今回はしわに悩まされないハリのある肌にになるための3つのスキンケア方法をご紹介します。

30代のしわ取りケア!顔のしわ改善3つのスキンケア方法

しわ取りケア

30代になると人によって大きな差が出るのが「顔のしわ」

40代に老けて見られてしまう人もいれば
20代と若く見られる人に分かれます。

なぜ、ここまでしわ症状に大きな差が出てしまうのでしょうか?

30代で、顔がしわだらけになっていしまう人の原因

「間違ったスキンケア方法による、肌のバリア機能低下」

• 肌のバリア機能とは?
私たちの皮膚は、紫外線やほこりなどの外部刺激から体を守ってくれる働きがあります。そして、肌の乾燥を防ぐために、また、肌内部の水分が蒸散するのを防ぐ大切な役割もあるんです。このように、肌が健康な状態を維持してくれるのが「肌のバリア機能」です。

それでは、肌のバリア機能が低下するとどうなるのか?

  • 肌が乾燥状態になる

水分を肌内部に蓄える力が低下するので、肌が乾燥しやすくなります。カラカラに乾いたおばあちゃん肌になってしまうんですね。

  • 肌のターンオーバーが乱れる

私たちの肌は、日々新しく生まれ変わっています。これが肌のターンオーバーです。肌のターンオーバーが乱れてしまうと、いつまでも古い皮膚が残ってしまうことに。古い皮膚は硬くゴワついてしわができやすい状態になってしまいます。

このように、肌のバリア機能低下は、顔がしわだらけになってしまう環境を作ってしまうんですね。

次に、肌のバリア機能を低下させてしまう「間違ったスキンケア」について見ていきましょう。

しわの多い人がやってしまっている、間違ったスキンケアがズバリ!

やり過ぎスキンケアです。

  • 多くの化粧品を重ね塗り
  • 肌を綺麗にしようと過剰なクレンジングや洗顔
  • 肌に無理な負担がかかるピーリングや乱暴なハンドマッサージ

20代半ばの「お肌の曲がり角」を過ぎ
30代になるにしたがって、お肌の悩みは急増します。

自分には無関係だと思っていた「しわ・たるみ」といった、深刻なお肌の悩みに直面するわけです。

何とかお肌の悩みを解消しようと、様々な美容法や化粧品を取り入れてしまうんですよね。

この気持ち、すごく良く分かります。

自分の肌が劣化してきたことの、あまりのショックに焦ってしまうんですよね。

けれど、顔のしわに気づいて焦ってしまうのは禁物。

お肌にとって何が一番大切なのかを、一度しっかりと見直す良い機会なんです。

40代になっても、しわがほとんど目立たない、若々しい肌の方は大勢いらっしゃいます。

30代になって、しわだらけになるということは、つまり「間違ったスキンケア」をしてきてしまっているということなんですね。

お肌に理想的なケアというのは、あれもこれもと多くの化粧品を使うことではありません。

若々しい肌を取り戻すために大切なことは
「お肌への負担を少なくして、肌本来の力を回復」させてあげること。

それによって低下してしまった「肌のバリア機能」を取り戻すことができるんです。

30代になっても、まるで20代前半のような、若肌の人っていますよね。

そんな美肌の人をみると
「特別なスキンケアをしているんだろう」
なんてことを、つい想像してしまいます。

「エステに行ったり、特別な化粧品でスキンケアをしているんだろう」

このように思ってしまい
自分には絶対に無理なことだとあきらめがち。

でも、そんな風にあきらめることは決してないんです。

実際は、想像とはかなり異なることが多いんですね。

20代のようなハリのある美肌の人に限って

スキンケアがとてもシンプルなことが多いんです。

顔のしわを気にするあまりに、あれもこれもとやり過ぎスキンケアをしてしまう。
それが逆効果となって、顔のしわを悪化させてしまうんだと気付かされました。

30代からのスキンケアは、何となくでは結果が出ないんですね。

きとんと結果を出すスキンケアを実践できているかどうかが重要。

それによって、しわなどの肌年齢に大きな差がでてきます。

「しわを作ってしまうスキンケア」と

「しわを作らせないスキンケア」があるわけです。

これまでのしわケアが逆効果だったと思えるほど

シンプルスキンケアのしわ対策は効果が実感できると思います。

それでは、しわのないハリのある若肌の人が実践している、スキンケアの方法をご紹介していきましょう。

1.30代でシワがない人はスキンケアが「とてもシンプル」

30代のしわ取りケア
近くでも見ても、顔にシワがまったくない。

笑いじわも、表情が戻るとすぐに消えて、肌がピン!と張っている。

このような30代になっても若肌の人ほど、スキンケアがとてもシンプルなケースが多いんです。

それとは反対に

30代になって、顔のしわに悩んでいる人ほど、スキンケアをとても頑張っていたりします。

・高級な美容液を使ってみたり・・・

・毎晩、美容パックでケアをしたり・・・

しかし、このような過剰なスキンケアをした結果、顔のしわが改善されるでしょうか?

期待していたような、良い結果は簡単には出ませんよね。

やり過ぎスキンケアが、顔にしわが出来てしまう原因になっているからです。

若々しい肌を取り戻すために、色々とお肌のお手入れを頑張っていたのに・・・

逆効果で、顔のしわを悪化させていたなんて!?

ショックですよね。

それでは、一体なぜ?

スキンケアのやりすぎが逆効果になって

スキンケアがシンプルな方が、若々しいハリ肌を保てるのでしょうか?

その理由は「やり過ぎスキンケアによる、肌への負担」です。

「え?化粧品ってお肌を回復させる効果があるんでしょ?」

なんて疑問に思われたかもしれません。

確かに、化粧品にはお肌をより良くするための成分が含まれています。

私たちはお肌を良い効果を期待して使っていますよね。

けれど、知っておいてほしい化粧品の事実があります。

それは

「化粧品の成分が、すべてお肌に良いものとは限らない」ということです。

どういうことかというと

人間の肌というのは、外部からの異物の侵入を防ぐ機能があります。

化粧品に含まれる成分は、人体にとっては異物なんですね。

いくら肌を綺麗にする効果がある成分といえども異物にはかわりありません。

お肌にとっては、少なからず刺激となってしまうんです。

使用している化粧品の成分が、お肌に合っている場合は刺激も少なくすみます。

けれど、もし化粧品の成分がお肌に合っていない場合はどうでしょうか?

お肌にとって大きな刺激となってしまうんですね。

肌に合わない化粧水をつけたとき

「なんかピリピリするな」

「ヒリヒリして肌がつっぱる」

などの肌への違和感を覚えることってありますよね。

まさに、お肌に合っていない化粧品が刺激となっているワケです。

本人はお肌のお手入れをしているつもりでも

実は、お肌に刺激を与えてしまっていることがあるんですね。

お肌に負担のかかるケアを続けているとどうなってしまうでしょうか?

お肌が弱ってしまい「肌のバリア機能が低下」してしまうんです。

肌のバリア機能が低下すると

水分を保持する力が弱まります。

乾燥した状態になり、しわができやすい肌環境になってしまうんです。

まるで、干からびた果物のような状態。

リンゴが水分を失って乾燥していくのをイメージしてみてください。

表面がしぼんで、しわだらけですよね。

お肌にも同じことが起こってしまうんです。

顔のしわを、根本から改善したいのであれば

お肌への「負担」と「刺激」が少ない

シンプルなスキンケアが良いんですね。

日頃から、スキンケアがシンプルな方は、お肌への負担や刺激がとても少ないです。

そのため周りからは、特別なケアをしていないように見えます。

けれど、しわができない、ハリのある若肌になれる理想的な環境を作れているんですね。

お肌への負担が少ないため、肌力が高く、バリア機能がしっかり働いています。

そのため、肌内部に多くの水分が保持できます。

ピン!と張りのある若肌になれるんですね。

2.しわのできない「ハリのある肌」を取り戻すスキンケア方法

しわを改善するスキンケア方法
10代の頃なんかは、顔のシワなんてあまり気にしませんでしたよね。

笑いじわなどできても、少しの時間であっという間にしわは消えました。

すぐに肌がピン!と戻っていたのは「肌力」があったからです。

「若かったから」だけが理由ではありません。

肌力を弱めてしまうような、肌への刺激や負担がなかったのが大きな理由です。

やり過ぎスキンケアをすることなく、自然な肌の状態に近かったはず。

肌に大きな負担となるメイクだって、今ほどしていなったことでしょう。

そのため、肌が本来持っている回復力が強かったんです。

肌内部に潤いを保つ力も強く、潤った肌を保てていたんですね。

最近では、若い次期からしわに悩まされる人が増えているといいます。

その原因が、小学生のときからメイクやスキンケアをしてしまう子が増加したからです。

メイクで肌に負担をかけてしまう。

自然に回復する肌力があるにも関わらず、お化粧品で過剰なケアをしてしまう。

若い時から、自ら肌力を弱めてしまっているワケです。

肌力が弱まると、一体どうなってしまうでしょうか?

・肌のハリを保つ弾力成分を作りだせなくなる

・肌内部に水分を保てなくなってしまう

まるで、しぼんだ果実のような状態ですよね。

それでは

スキンケアのやり過ぎで弱まった「肌力」を回復するには?

シンプルなスキンケアを習慣にすることが
「肌が本来持っている力」を取り戻す近道となります。

お肌というのは、過保護になり過ぎても逆効果なんですね。

しわのできないハリのある肌を取り戻すのに大切なこと

それは肌が本来もっている「肌力」を回復させることなんです。

すると、多くのお化粧品に頼ることなく、しわに負けないピン!と張った若肌を保てるようになれるんです。

3.しわだらけの肌になりたくない!「保湿習慣」がハリのある肌を作る

しわのないハリのある肌
顔のしわを改善するために、保湿ケアを頑張っている方も多いと思います。

けれど、あまり期待していた効果が出ていないのでは?

それには原因があります。

しわを改善するためには、ただ保湿化粧品で一時的にケアするだけでは不十分なんですね。

今回ご紹介する「保湿習慣」というのは

「肌が乾燥する状態を作らない」ことです。

保湿化粧品での「保湿ケア」は、「保湿習慣」の中の一つでしかありません。

しわケアで重要なのは「潤いの補給」よりも「潤いを失わない」こと!

そこで気をつけたいのが、日々のスキンケアなんです。

肌が潤いを失ってしまう原因となるケアがあります。

  • クレンジング・洗顔でやってしまうゴシゴシ摩擦
  • 洗浄力の強い洗顔料での洗いすぎ
  • ピーリングなどの過剰なケア

以上のようなケアをしてしまっているとどうなるか?

肌が常に潤いを失ってしまい、乾燥した状態が慢性化してしまうんです。

カラッカラに乾いた土地のような状態。

表面がひび割れしやすく、まさに「しわのできやすい状態」となってしまいます。

年齢を重ねてもシワが目立たないハリのある肌の人は、肌が乾燥してしまう状態を作らない保湿習慣が身についています。

肌から潤いを奪ってしまうケアを改善していくと、お肌の乾燥状態は劇的に変わっていきます。

そして、しわに負けない肌になってくんですね。

「肌の潤いを失わない」保湿習慣を身につけていきましょう。

30代の顔・目の下のしわを改善する方法まとめ

目の下のしわを改善したい
以上、30代の顔・目の下のしわを改善する方法について、3つのしわ取りケアをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 30代でシワがない人はスキンケアが「とてもシンプル」
  • しわのできない「ハリのある肌」を取り戻すスキンケア方法
  • しわだらけの肌になりたくない!「保湿習慣」がハリのある肌を作る

30代になってしわが目立つようになった方は、過剰なスキンケアをしてしまっているケースが多いです。

肌への刺激によって、ダメージがどんどん蓄積されてしまいます。

その結果、肌の機能が低下して、しわなどの肌老化の症状が目立つようになってしまうんです。

30代に入ると、見た目年齢にハッキリとした差が出ます。

まだ20代のような肌の人もいれば

一気におばさん肌になってしまう人も。

この残酷なまでの差が出る、もっとも大きな要因となるのが

「顔のしわ」です。

しわのせいで、これまでの服装やメイクまで、途端に似合わなくなってきます。

鏡を見ては、暗い気持ちになってしまいますよね。

好きな服だってまだまだ着たいのに、しわのせいで似合わなくなるなんて・・・

これまでしわを改善するために、何か特別なケアや対策をしたことがありますか?

しわが気になり始めたにも関わらず、しっかりと対策をしてこなかったのではないでしょうか。

同年代なのに、信じられないほど見た目年齢に差がでてくるのが30代。

毎日のしわ取りケアの積み重ねが、明らかな見た目の差となってあらわれるんですね。

急激に老けるのか、20代の若肌に戻るのか。

しわ知らずのハリ肌になるのかの、分かれ道です。

30代のいまだからできることがあります。

スポンサーリンク

関連記事