肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【頭のフケをなくす方法とは?】大きいフケやひどいかゆみ原因の対策法

頭のフケをなくす方法

頭のフケをなくす方法「3つの対策」とは?

頭のフケをなくす方法「頭のフケに悩んでいます。肩に落ちる大きい大量のフケ気になって仕方がありません。頭のかゆみもひどく、つい掻いてしまうので、そのたびにフケが落ちて憂鬱です。なんとか頭のフケをなくす方法はありませんか?シャンプーの選び方や、フケ原因の対策方が知りたいです。」

このような、頭のフケの悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 頭に大きいフケが大量発生する原因とは?
  • 頭のフケをなくす3つの対策方法
  • 頭のフケをなくすためのシャンプーの選び方3つのポイントとは?

頭のフケって、すごく気になりますよね。

大きいフケが肩に落ちてたら最悪・・・
それだけで不潔なイメージを持たれてしまいます。

しかも頭皮のかゆみがひどいと、ついポリポリと掻いてしまう

すると大量のフケがパラパラと・・・

どうにかして、頭のフケをなくしたいですよね。

そこで今回の記事では頭のフケのなくすための対策方を詳しく解説。
シャンプー選ぶのポイントもご紹介するのでぜひ参考にしてください。

もう頭のフケが肩に落ちていないか、いちいち悩まされない快適な日々を手に入れましょう!

頭に大きいフケが大量発生する原因とは?

大きいフケが大量発生する原因

頭に大きいフケが大量発生して、ひどい状況に悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。大きいフケが大量で目立ってしまうので黒い洋服を着ることが出来ない、抜け毛や薄毛や痒みや赤みや臭いや乾燥や皮脂の過剰分泌などの症状も伴う、自分にぴったり合ったシャンプーを見つけることが出来ないなど悩みは尽きません。頭フケは頭皮の古い角質が剥がれ落ちたものです。頭のフケがひどくなる原因についてですが、シャンプー選びやシャンプーの方法が間違っていて皮脂や汚れが落ちていない、加齢や運動不足やホルモンバランスの乱れなどによって代謝の低下や血行不良を引き起こしている、ケア不足や環境や紫外線などにより頭皮が乾燥している、夜髪の毛を乾かさずに寝たり枕やシーツなどの寝具が汚れていたりすることで菌が繁殖するなどがあります。これらの原因により頭皮の角質のバリア機能が低下してターンオーバーや細胞の再生リズムが乱れるとフケが出てしまいます。頭皮環境の乱れを放置するとフケの悩みはどんどん深刻化していきますので、早めに対策を講じてフケが出ない健やかな頭皮環境に導きましょう。

頭のフケをなくす方法【3つの対策】

頭のフケをなくす方法

頭のフケをなくすための具体的な3つのケア方法

① 自分の肌質や頭皮環境やフケの状態にぴったり合ったシャンプーを選んで正しい方法で頭皮や髪の毛に付着した汚れや皮脂を洗い落とし常に清潔な状態に保つ

② 育毛剤やスカルプエッセンスなどを用いて頭皮マッサージを行い血行を促進させる

③ 保湿ケアで乾燥を防いで頭皮のバリア機能を高めてターンオーバーや細胞の再生リズムを正常化させる

それでは、それぞれを詳しく解説していきます。

フケをなくす方法1.正しいシャンプー方法で頭皮環境を整える

フケにはベタベタしている脂性タイプのものとカサカサしている乾性タイプのものがありますので、対策を講じるに際して自分のフケがどちらのタイプに当てはまるのかをきちんと特定しておくことも大切です。それが適切なシャンプー選びにつながります。フケを改善させるためには頭皮環境を健やかに整える必要がありますが、その基本となるのがシャンプーです。正しい方法でシャンプーを行って頭皮を衛生的に保つことが対策における第一歩となります。シャンプーをする前は、しっかりとブラッシングをして汚れを浮き上がらせておきましょう。しっかりとブラッシングをしたら、頭皮や髪の毛を十分に濡らします。水を使用すると冷たすぎて皮脂汚れやスタイリング剤に含まれる油分などが落ちにくくなりますし、お湯を使用すると熱すぎて頭皮に必要な皮脂まで落としてしまったり乾燥を助長させてしまったりなどの問題が生じますので、ぬるま湯を使用するのがベストです。シャンプーはしっかりと泡立てて使用します。泡に汚れを吸着させるような感覚で毛穴を中心に指の腹で丁寧に洗います。頭皮や髪の毛にシャンプーの泡が残っていると頭皮環境の悪化につながってしまいますので、すすぎは徹底的に行う必要があります。しっかりと泡を流した後はトリートメントやコンディショナーを髪の毛に馴染ませますが、その際に頭皮に馴染ませるのはご法度です。トリートメントやコンディショナーは毛先のみに馴染ませましょう。

フケをなくす方法2.シャンプーあとにマッサージをして頭皮の血行促進

タオルドライ後は、育毛剤やスカルプエッセンスを用いて頭皮マッサージを行うのが効果的です。凝り固まった頭皮を指の腹で柔らかく揉みほぐすような感じでマッサージを施して血行を促進させます。マッサージをしながら馴染ませることで育毛剤やスカルプエッセンスに配合されている有効成分の浸透力を高めることにもつながります。

フケをなくす方法3.頭皮を保湿ケアしてフケの原因対策

乾燥が気になる人は肌の保湿ケアをするように頭皮の保湿ケアをするのがおすすめです。保湿効果が高いスカルプローションを用いて頭皮にたっぷりと潤いをチャージしたり、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタやエラスチンなどの保湿成分が配合されているサプリを摂取して体の内側から働きかけたりして乾燥を防ぎましょう。頭皮の乾燥が改善されれば角質のバリア機能がアップして細胞の再生リズムもターンオーバーもスムーズにいくようになり、健康的な頭皮環境に導くことが出来ます。しっかりと髪の毛を乾かしてから寝たり寝具を衛生的に保ったりして菌の繁殖を防ぐということも大切です。

頭のフケをなくすためのシャンプーの選び方【3つのポイントとは?】

頭のフケをなくすシャンプー

頭のフケをなくすためのシャンプーの選び方における3つのポイント

① 頭皮の炎症を抑える成分や皮脂の過剰分泌を抑制する成分や洗浄成分や保湿成分や血行を促進させる成分が高濃度で豊富に配合されているシャンプー

② 自分の肌質や髪質や頭皮環境やヘアケア方法やフケの状態や予算にぴったり合っていてコストパフォーマンスが高くて物理的にも経済的にも続けやすいシャンプー

③ コンディショナーやパックやクレンジングやトリートメントや育毛剤やスカルプエッセンスなどの他のケアアイテムとの相性が良いシャンプー

これらのポイントをきちんと押さえて最適で最善で最良なシャンプー選びを実現させましょう。
詳しく解説していきますね。

頭のフケ対策に役立つシャンプーは様々なメーカーやコスメブランドから色々な種類のものが販売されていますので、それぞれを徹底的に比較して選ぶことが大切です。有効成分が高濃度で配合されているシャンプーほど高いフケ改善効果が期待できますので、成分表示は必ずチェックしておきましょう。脂性タイプのフケが出てしまう人は頭皮のベタつきを防ぐことが出来る皮脂の過剰分泌を抑える成分が豊富に配合されているものを選ぶ必要がありますし、乾性タイプのフケが出てしまう人は頭皮の乾燥を防ぐことが出来る保湿成分がたっぷりと配合されているものを選ぶ必要があります。自分にぴったり合ったシャンプーを選ぶということも重要になります。肌が敏感な人は、鉱物油やシリコンや合成ポリマーや石油系界面活性剤や合成香料や合成着色料や防腐剤や酸化防止剤やパラベンやアルコールなどが使われていない頭皮に優しい無添加タイプのシャンプーを選ぶのがおすすめです。外的な刺激に弱い敏感な頭皮をいたわりながらフケをなくすことが出来ます。クレンジングやトリートメントやパックやコンディショナーやスカルプエッセンスや育毛剤などの他のケアアイテムとの相性も考慮してシャンプーを選ぶということも大切です。フケ改善効果の底上げをするためには、同じメーカーやコスメブランドのケアアイテムをライン使いするのがベストです。効果的かつ効率的な頭皮ケアを実現させることが出来ます。良いシャンプーであっても価格が高かったり入手が難しかったりすると物理的にも経済的にも負担が重くなってしまいますので、続けやすさにもこだわって選ぶ必要があります。容量や効果効能や1回分の使用量や価格をチェックして総合的なコストパフォーマンスが高いシャンプーを選ぶべきです。ランキングや口コミなどもシャンプー選びにおいて大きく役立てることが出来ます。ランキングをチェックすると一目で売れ筋の人気商品がわかりますし、どのようやシャンプーがたくさんの人に選ばれているのかを把握することも出来ます。実際にそのシャンプーを使ったことがある人による口コミはリアルで参考になります。自分と同じようなフケの悩みを持っている人の口コミや感想や体験談をチェックしておきましょう。最適なシャンプーを選ぶことが最高の頭皮ケアにつながります。

頭のフケをなくす方法まとめ

頭のフケをなくす方法
以上、頭のフケをなくす方法について、大きいフケやひどいかゆみ原因の対策法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 正しいシャンプー方法で頭皮環境を整える
  • シャンプーあとにマッサージをして頭皮の血行促進
  • 頭皮を保湿ケアしてフケの原因対策

頭のフケに悩んでいる方はとても多いです。

その理由は、しっかりとフケの原因を対策できていないから。

ただ毎日シャンプーをすれば良いというワケではないんですね。

フケ原因にしっかりアプローチして改善できる方法を実践していくことが、フケをなくす近道。

頭皮環境を整えるケアを意識して、フケ対策をしていくことが大切です。

頭の大量のフケやかゆみにもう悩まない、健やかな頭皮を手に入れて、肩のフケを気にしない快適な毎日を送りましょう!

スポンサーリンク