肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

最新!美白洗顔石鹸おすすめランキング【美白効果No.1の洗顔料は?】

美白洗顔石鹸

【美白洗顔石鹸おすすめランキング】
美白のための洗顔石鹸選び3つのポイント

(1)泡の品質:シミ・くすみの原因「肌の摩擦」を無くす洗顔。

point1
洗顔のときの摩擦は、色素沈着やメラニン生成の原因になります。
シミやくすみの無い美白肌を作るには、摩擦の無い泡洗顔が絶対条件!

(2)美容成分:美容成分たっぷりの濃密泡が美白肌を作る。

point2
シミ・くすみを寄せ付けない美白肌作りは、洗顔から始まります。
美容成分たっぷりの濃密泡で、お肌を包みながら美白洗顔できる石鹸が理想的。

(3)保湿力:潤ったくすみ知らずの肌が美白の基本

point3
乾燥してくすんだ肌は、シミやくまが目立ちます。
潤いのある白い素肌作りができる保湿洗顔が重要です。


現在、数多くの洗顔石鹸が販売されていますが、
3つのポイントを満たしている洗顔石鹸は多くありません。

そこで全てのポイントをクリアした、おすすめの美白洗顔石鹸をご紹介します。

ランキング形式で、おすすめ順に解説していきますね。
白くキレイな美白肌を目指したい方は、ぜひ参考にしてください。

top_image_yajirushi

美白洗顔石鹸ランキング

1位:二十年ホイップ

nijuunen

3分に1個売れている、美白洗顔石鹸。

  • 2種類のくすみを同時にケアできる美白に特化した洗顔石鹸
  • 有名モデルの愛用者が多く、SNSやブログなどで話題沸騰中
  • モンドセレクション5年連続金賞を受賞

気泡が目に見えないほど超極小。
濃密な弾力泡の品質には驚きです。

美白に欠かせない成分と、たっぷりの保湿成分を含んだ濃密泡が白い肌へと導いてくれます。

美白洗顔に必要とされる条件をバッチリと満たしている美白洗顔料です。

たった1回の洗顔で“即実感”できると話題沸騰中!

美白の大敵となる「お肌のくすみ」を徹底ケア
くすみには、2種類あることを知っていましたか?
• 皮脂膜の「汚れによるくすみ」
• 角質層の「乾燥によるくすみ」

2つのくすみを同時にケアするのは、これまでの洗顔料では困難でした。
その理由は、汚れを落とすだけでは、乾燥してくすみが残る
かといって、潤いを優先すると、汚れが落としきれずにくすみが残ってしまうからです。
二十年ほいっぷは「2つのくすみの問題」を石けん職人が20年かけて生み出した「窯練り製法で解決」しました。
特殊な製法と、くすみ対策に徹底的にこだわりぬいた成分によって、2種類のくすみを同時にケアすることを可能にしたんです。

肌のくすみを何とかしたい!
そんなお悩みの方達から評価が高く「3分に1個売れている」話題の美白洗顔石鹸。

毎日簡単に洗顔から徹底した美白ケアをしたい方におすすめです。

肌に不要な保存料・防腐剤・着色料を使用しない肌に優しいのも嬉しいですね。

二十年ホイップ公式サイトを見てみる

2位:然 よかせっけん

yoka

  • 超微細の火山灰シラスが、毛穴の奥の汚れもキレイさっぱり!
  • 厳選された自然由来の有効成分が、健やかな透明肌へと導きます。
  • 累計販売個数2,200万個突破の大ヒット洗顔石鹸!

1分間になんと、約3個も売れている人気洗顔石けんです。

よか石けんに含まれる吸着性が優れた火山灰シラスが、 毛穴の奥深くまで入り込み黒ずみや皮脂汚れをスッキリ取り除いてくれます。

美白の大敵である古い角質もしっかり除去、
洗うたびにキメの整った透明美肌へと導いてくれると大評判。

よかせっけん公式サイトを見てみる

3位:どろ豆乳石鹸 どろあわわ

doroawawa

  • 美容成分た〜っぷり泡で包み込んで洗うから、洗顔だけでむきたまご肌
  • 古い角質や毛穴の黒ずみを吸着洗顔。透明感のある肌へ
  • 濃密泡なので、シミやくすみの原因となる洗顔時の肌への刺激をおこしません

数々の美容系サイトでランキング1位を獲得!
93.55%もの人が「使い続けたい!」と回答した話題の洗顔石鹸です。

美白洗顔で最も大切なのが「泡の品質」。
どろあわわは、美容マニアからも「泡の品質がトップランク」と大評判。

美容成分た〜っぷりの濃密泡と、美容業界注目の天然泥の効果で美白肌作りを洗顔から実践できます。

どろあわわ公式サイトを見てみる

洗顔石鹸が美白肌を作る!

美白になるには?美容液や化粧水よりも大切なのが正しい洗顔方法!

美白の邪魔をしていたのは間違った洗顔方法!?

肌が黒ずんでいたり紫外線の影響を受けやすいのは肌のバリア機能が乱れているためです。 本来私たちの肌には紫外線などの外敵から皮膚を守るためのバリア機能が備わっています。 しかし間違ったスキンケアや洗顔方法によってバリア機能が失われ、紫外線の影響を直接的に受けてしまっているのです。 それによってメラニン色素が活性化され、美白の邪魔をしていることになります。 このバリア機能を取り戻すためには肌の新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーを正常化させる必要があります。 そのためには洗顔石鹸による泡洗顔がお薦めなのです。 バリア機能が破壊されたのはゴシゴシと擦る洗顔であったり、洗浄力の強い成分の入った洗顔料を使うために起こっています。 泡洗顔であれば肌への刺激は最低限で済み、また、洗顔石鹸に含まれるのは肌に刺激の少ない石鹸成分なので洗顔料よりも安全なのです。 たっぷりの泡を立てて肌に乗せるように泡を起きます。 そしてくるくるとマッサージするように洗っていくのです。 洗うというイメージよりは馴染ませるという感じになります。 泡によって毛穴の奥に詰まった汚れも吸着されるので自然に毛穴がすっきりとします。 そして洗顔後はしっかりと泡を洗い流すようにしましょう。 泡が残っているとそれも美白の邪魔をしてしまいます。 汚れの落ちたキレイな肌は化粧水などの成分も吸収しやすくなっているので、美白ケアもやりやすくなっています。 浸透率を高めて肌の奥からの美白を目指しましょう。

シミを消す方法とは?毎日の美白洗顔が、顔のシミを薄くする!

顔のシミを薄くしたいなら、泡洗顔がおすすめ

シミは若い頃に浴びた紫外線が原因だといわれていますがそれは少なからず当たっています。 紫外線を浴びると肌の奥にあるメラノサイトが反応してシミを作り出す指令を出します。 そしてシミの予備軍が出来上がるのです。 しかしシミの予備軍が出来てもシミが表面に出てくるのは新陳代謝によるのでずっと後になります。 シミの予備軍の段階でケアできていれば表面に出てくるシミを防ぐことができるのです。 つまり顔のシミがあるというのはこのケアを怠ったためです。 紫外線を浴びてしまったからもういいという風に諦めてしまったためにシミが顔に表れてしまったのです。 ですが出来てしまったシミも適切なケアをすることで消すことができます。 それは肌の新陳代謝です。 肌の生まれ変わりを促進させることですぐにではありませんが何年かかけて消すことができるのです。 新陳代謝の活性化にもやはり洗顔が重要となります。 洗顔石鹸を使った泡洗顔によって肌のバリア機能を守りつつ、ターンオーバーを乱れさせない努力をしていくのです。 即効性を求めている方はダメなので地道な努力が必要となります。 洗顔石鹸による泡洗顔は根気のいる作業ではありますが、出来てしまったシミを消したいと本気で思っているのであれば続けてみるとよいでしょう。 出来ればその間はファンデーションなどをして毛穴トラブルを起さない方が良いのですが、それも泡洗顔で解決できる問題なので正しい泡洗顔ができるように心がけていきましょう。

肌のくすみの原因は?古い角質をしっかり除去する洗顔でくすみ改善!

肌のくすみを改善したいなら、洗顔石鹸の泡洗顔

顔のくすみというのは古い角質が溜まった結果になります。 通常、肌はターンオーバーを行なうことで古い角質を自然に剥がし、新しい肌へと生まれ変わらせています。 しかしターンオーバーというのはちょっとしたきっかけで乱れてしまうのです。 例えば暴飲暴食をしてしまった後やストレスが溜まった時、生活習慣が乱れてしまった時などです。 古い角質が溜まるとそれが硬くなって通常の洗顔では落とすことが出来なくなります。 また汚れは空気に触れると酸化してしまうので黒ずんでいってしまうのです。 これが肌の色をいつもより暗く見せてしまうのです。 くすみの解消には洗顔石鹸による泡洗顔が一番です。 洗顔石鹸は洗浄力はありますが洗顔料とは違い石鹸成分による洗浄なので肌にとって非常に優しい刺激なのです。 それから泡洗顔を行なうことで指による刺激が最低限で済むのも魅力の一つです。 泡をしっかりと立てた後にそれを潰さないようにそっと肌に乗せてマッサージするように馴染ませていきます。 くすみや汚れが気になる部分についてはそのまま泡を乗せた状態でしばらくパックするというのも効果的なようです。 そしてしっかりと洗い流すようにしましょう。 泡が残っているとそこからまた肌トラブルが発症してしまうので注意して下さい。 すぐにはくすみは解消されませんが1週間目には肌がワントーン明るくなったように感じてくるでしょう。 2週間、3週間と続けるうちに透明感が増してくれば、くすみは解消されたといってよいのです。

美白ケアで最も大切なのは洗顔石鹸の泡洗顔

美白ケアというと日焼け止めを使った紫外線カットや美白化粧水や美容液を使ったスキンケアだと考えている方が多いと思います。 しかし一番大切なのは実は洗顔なのです。 それも洗顔石鹸を使った泡洗顔がお薦めです。 紫外線を浴びた肌というのはメラニン色素を作り出すための準備が開始されます。 メラニン色素は肌の奥に存在していますが、毛穴に詰まった汚れなども関係してくるのです。 毛穴に詰まった汚れが酸化すれば黒ずみとなります。 それが顔全体に広がれば角質となり、くすみが生じてしまうのです。 くすみがある肌というのはいつもよりもワントーン暗く見えてしまいます。 つまりいくら美白ケアを行ったとしてもくすみがあれば全く意味がないということなのです。 そこで重要なのが洗顔です。 洗顔は毎日行なっていると思いますが正しい方法で行なわないとそれさえも刺激となってしまいます。 洗顔石鹸でたっぷりと泡を立てた泡洗顔を行なえば毛穴に詰まった汚れを優しく落とすことができます。 毎日続けることで肌のターンオーバーは正常化され、くすみが解消されるのです。 くすみがなくなればワントーン明るい肌になり、それだけでも美白できたといっても過言ではありません。 最初は泡洗顔を行なうのは大変だと思うかも知れません。 きめ細かい泡を作りだすのは難しいからです。 しかし慣れれば短時間でモコモコのたっぷりとした泡が作れるようになるので洗顔の時間も楽しい美白ケアタイムに変わると思います。

白い透明感のある肌作りには洗顔石鹸の泡洗顔

メイクで作られた顔よりもすっぴんの透明感のある肌の方が本当の意味で美しいといえます。 この透明感のある肌作りには実は洗顔が一番重要な役割を担っているのです。 肌が何だかどんよりと暗く見えるというのは古い角質が溜まり、くすみが生じているためです。 通常角質というのは新陳代謝によって自然に古いものから新しいものへと生まれ変わっています。 しかし生活習慣の乱れなどから肌のターンオーバーが正常に行なわれていないとどんどんと古い角質がお肌の上に溜まっていってしまうのです。 角質というのは老廃物なので、空気と触れることで酸化し、黒ずんでいってしまいます。 それで本来はあるはずの透明感が失われてしまうのです。 角質は硬くなっているので通常の洗顔では落としきることが出来ません。 しかし洗顔石鹸による泡洗顔なら吸着力が優れているので角質さえも落とすことができるのです。 1回では落としきれないかも知れませんが1週間、2週間と続ければ確実に結果を生み出すことができます。 くすみが解消されれば今までに感じたことのないような透明感のある肌を実感できます。 メイクのりも良くなりますし、肌色もワントーン明るくなるのでファンデーションの色を一つ明るくしても良いかも知れません。 洗顔時のちょっとした刺激でも肌のターンオーバーというのは乱れてしまうので泡洗顔で優しく行なうというのがポイントになります。 肌を傷つけないように指の腹を使って洗顔を行なうようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事