肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ボディソープと洗顔の違いは?】顔を洗ってはいけない3つの理由「兼用も代用もダメ」

ボディソープと洗顔の違い

ボディソープで洗顔をしてしまうと、お肌は大変なことに!?

  • ボディソープで顔を洗っちゃダメなの?
  • ボディソープと洗顔料の違いって?
  • 洗顔の代用はボディソープでできる?

同じ皮膚なんだし
「まっ、いっか!」
なんて軽い気持ちで、ボディソープで顔を洗ってしまったことはありますか?

体を洗うついでに、せっかく泡立っているし、顔も一気に洗ってしまおう!
面倒な時はついやってしまうことありますよね。

お肌のことを考えたら、絶対にダメですよ!
美肌を目指すなら、かなりのNG行為です。
今回はやってはいけない洗顔方法に関して解説していきます。

スポンサーリンク

ボディソープで洗顔をしてはいけない3つの理由

ボディソープと洗顔料の違い
ボディソープは洗顔料とは違います。
いくら泡立ちが良いからといって、顔まで洗ってはいけません。
ボディソープで洗顔をしてはいけない3つの理由をご紹介します。

1.ボディソープは洗顔料より「脱脂力が強い」

ボディソープの脱脂力
ボディソープは「身体の頑固な皮脂汚れを落とすことを目的」に作られています。
それに対して洗顔料は「デリケートな顔のお肌用として成分が配合」されています。

二つの大きな違いは「脱脂力」です。
ボディソープは洗顔料に比べて、脱脂力がとても強いです。

強力な脱脂力のボディソープで顔を洗ってしまったら?
お肌の大事な皮脂を根こそぎ洗い流してしまいます。

皮脂というのは、お肌の潤いにとても必要なもの。
とれば良いというものではありません。

2.ボディソープは洗顔料より「保湿力が弱い」

ボディソープの保湿不足
ボディソープは「身体の皮脂汚れを落とすことが目的」と説明しました。
肌をキレイにするための「保湿や美容」をメインに考えられてはいないんですね。
「洗浄力を優先に考えられて開発」されている商品が大半です。

そのため、「保湿力」が洗顔料に比べて弱いのが特徴。

最近は「潤う」などの保湿面をウリにしているボディソープもあります。
しかし、それはあくまでも身体を想定したものです。

ボディソープで顔を洗ってしまうと、お肌はガビガビになってしまいます。
保湿もしっかりと考えられている洗顔料を使いましょう。

3.ボディソープは洗顔料より「刺激が強い」

ボディソープは刺激が強い
「肌に優しい」などの謳い文句で売られているボディソープもありますよね。
とはいっても、顔の皮膚と身体の皮膚の厚さは違います。

身体にとって「刺激が少なく優しい」からといっても、顔の弱い肌には刺激が強いんです。
洗うたびにお肌はダメージを受けてしまいます。

お肌へのダメージは、肌トラブルの原因です。
余計な刺激は避けましょう。

ボディソープは洗顔料の代用にはならない

ボディソープの兼用はダメ
夏に外出先から帰ってきて、汗でベトベト。
そんな状態でお風呂に直行したときは、ついやってしまいがち。

さっぱりと全身スッキリしたいばかりに、ボディソープでいっき顔まで・・・
しかし、そこは横着してはいけません!

ボディソープは、あくまで身体を洗う専用のもの
兼用や代用にはなりません。
顔のお肌にとって大切な脂質を、根こそぎ奪っていってしまいます。

こんな乱暴な洗顔をしていたら、お肌がガビガビの乾燥状態です。
いくら後から化粧水や乳液で潤いを補っても、肌の潤いはなかなか戻ってはきません。

どれだけ潤いのある状態を保つのかが、お肌をキレイにする条件です。
ボディソープを兼用してはダメ!洗顔料の代用にはならない!
このことは肝に銘じておきましょう。

スポンサーリンク

顔を洗うなら「洗顔料」を使う

洗顔料の代用はダメ
顔を洗う時には、きちんと洗顔料を使いましょう。
美容のことを考えるなら、兼用や代用はいけません。
なにより「スキンケアとしての成分の質」が違います

●ボディソープが大容量で安い理由
スキンケア商品として評価すると、ボディソープの方が洗顔料よりも商品のグレードは低いです。
このことは、値段や容量を見れば明らかですよね。
洗顔料とは違い、高価な美容成分などを含んでいません。
そのため、低価格でたっぷりの容量がはいっているんです。

せっかく毎日スキンケアを頑張っていても、バスタイムでサボってしまっては努力が台無しです。
ついボディソープで顔を洗いそうになってしまった時は、お肌のことを考えてください。
専用の洗顔料で優しく洗ってあげましょう。

逆に、洗顔料で体を洗うのはアリなのか?

洗顔料で体を洗う
ボディソープで顔を洗うのは、NG行為だと分かりました。

それでは「洗顔料で、体を洗っても大丈夫なのか?」

美容的にいうと「アリ」なんです。
というより、美容的に考えるとおすすめできるほど!

全身乾燥肌の方が、洗顔石鹸で体を洗うようになってから悩みが解消されました。
洗顔石鹸は、ボディソープよりも優しい成分でできているため刺激が少ないです。

皮脂を取り過ぎることなく、肌には潤いもしっかり残ります。
そのため、お風呂上がりに「つっぱる」ことなく「かゆみ」もかなり軽減されたようです。

全身が「乾燥肌」や「敏感肌」でお悩みの方は多いと思います。
洗顔石鹸をよく泡立てて、体まで洗う方法はおすすめですよ。

全身の美肌作りができる洗顔石鹸『よかせっけん』

yoka
全身を濃密泡で洗いたいなら、ドラッグストアに売られているような洗顔料は適しません。

泡洗顔に特化した、洗顔石鹸がおすすめですね。

体まで洗えて、全身の美肌作りができる洗顔石鹸として評判なのが『よかせっけん』です。

コラーゲン・アロエ・ローヤルゼリーといった美肌成分が60%以上も配合されています。

美肌成分を限界まで高配合した、全身の肌がスベスベになる贅沢な洗顔石鹸です。

美容成分たっぷりの「生クリームのような濃厚な泡」で、全身を洗うのは最高に気持ちが良いです。
全身を濃密泡でパックしたあとの、モチモチ素肌には感動しますよ。

ヒジやかかとなどゴワつきが気になる部位ってありますよね。
潤い成分たっぷりの泡なので、硬くなった皮膚を柔らかくしてくれます。

背中のぷつぷつに悩んでいましたが、いまではツルスベな自慢したくなる背中になりました。

デコルテや背中など、気になる箇所を濃密泡でケアしながら洗えるんですね。
洗顔石鹸の泡で洗うと「全身をパック」したような、気持ちの良い洗いあがりです。

ボディソープでは味わえない、全身パック洗いに興味がある方は公式サイトを見てみるのもいいかもしれません。

よかせっけん公式サイトを見てみる

ボディソープと洗顔料の違いまとめ

ボディソープの違い
以上、ボディソープと洗顔の違いについてご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか?

  • ボディソープは洗顔料より「脱脂力が強い」
  • ボディソープは洗顔料より「保湿力が弱い」
  • ボディソープは洗顔料より「刺激が強い」

ボディソープは洗顔料の代用にはなりません。
お肌のことを考えるなら、顔を洗うのはやめましょう。

顔も洗えるボディソープなども販売されていますが、
ボディ専用とフェイス専用は、しっかりと使い分けるべきです。

美容面で考えると、逆はアリとご紹介しました。

泡洗顔に特化した、美容成分たっぷりの洗顔石鹸で全身を洗うのはとても贅沢なことです。

デコルテや背中って、とても気になりますよね。

顔の肌をケアするのと同じように、気になるデコルテと背中をケアしたい。

それが可能となる洗顔石鹸は理想的なんですね。

モコモコの泡で全身をケアしてあげると本当に気持ちが良いです。

洗顔はスキンケアの中でも、とても重要な位置付けとなるケアとなります。
美肌を目指すなら、丁寧な洗顔を心がけていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事