肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【敏感肌におすすめのクレンジングとは?】肌に負担の少ない優しいクレンジング選び

敏感肌のクレンジング

敏感肌のクレンジング選びで大切なのは「肌に負担の少ない優しさ」

  • 敏感肌でも使える優しいクレンジングを知りたい
  • クレンジング剤が肌に負担となってヒリヒリしてしまう
  • クレンジングの後、肌が赤くなってしまう

最近は落ちにくいメイクが主流になっています。
敏感肌の人は、クレンジングに苦労していることでしょう。

パッチリ目にしようと、アイメイクはかなり盛りますもんね。
それをスッキリとキレイに落とすのは大変です。

「洗浄力が強いクレンジング剤を使いたいけど、肌への負担は避けたい!」

敏感肌の人は、クレンジング剤に関しての悩みが多いです。
今は、そんな悩みを解決できる、低刺激で肌に優しいクレンジング剤が開発されています。

敏感肌でも、優しくしっかりと汚れを落とせるクレンジングを見つけましょう。

今回は、敏感肌の方でも安心して使える、肌に負担の少ないクレンジング剤をご紹介します。

敏感肌のクレンジング選びのポイントとは?

敏感肌のクレンジング
敏感肌の方は、化粧品による刺激にとても弱いです。
そのため、スキンケアアイテム選びには大変苦労していますよね。

特にトラブルになりやすいのが「クレンジング」。
スキンケアの中で、最も肌への負担がかかるケアだからです。

「【敏感肌を改善するスキンケアとは?】バリア機能の回復方法」の中でも解説していますが、敏感肌の方がスキンケアにおいて注意が必要なのが「肌への刺激」です。

そのため敏感肌の方がクレンジングを選ぶポイントで大切なのは
肌に負担の少ない「低刺激」であること。

肌への負担が少なく、優しいクレンジング剤を選ぶことが大切です。
クレンジング剤は「タイプによって肌への刺激が大きく異なります」

敏感肌の方でも安心して使えるタイプのクレンジングを選んでください。

敏感肌におすすめのクレンジングは、どのタイプ?

敏感肌のクレンジング
クレンジング剤は大きく2つのタイプに分けて考えると選びやすいです。

  • 洗浄力は控え目だけれど、肌に優しい → クレンジング「ミルクタイプ」
  • 洗浄力は強いが、肌への負担も大きい → クレンジング「オイルタイプ」

敏感肌の人におすすめなのは、肌に優しい「ミルクタイプ」のクレンジングです。

  • 敏感肌の方にクレンジングミルクをおすすめする「理由」や「使い方のコツ」
  • 「なぜ敏感肌の方はクレンジングオイルを控えた方がいいのか?」その理由

などを詳しくご紹介していきます。

敏感肌におすすめは、肌に負担の少ないクレンジングミルク

クレンジングミルク
クレンジングミルクが優れているのは「肌に優しい」こと
肌への負担が少ないため、敏感肌でも安心して使うことができます。

●クレンジングミルクが肌に優しい理由
このタイプのクレンジング剤は、水分の中にオイルが浮いている状態。
つまり、肌に最初に触れるのが水なんです。
そのため、クレンジンのときに肌への刺激が少ないですね。

乾燥肌の方にもおすすめです。
クレンジングで、肌を乾燥させることがありません。

クレンジングミルクは、肌の潤いに必要な皮脂を落とし過ぎないんですね。
そのため、クレンジングあとの急激な肌の乾燥を防げるんです。

もちろん、全てにおいて優れているというわけではありません。
クレンジングオイルに比べて、洗浄力は控え目です。
それと、メイクと馴染むまでに時間がかかること。

●クレンジングミルクを使うときのコツ
ゆっくりとマッサージをする感覚で、徐々に馴染ませてください。
指で優しく馴染ませているうちに、指がフッと軽くなるときがきます。
それがすすぎどきの合図になります。

油分が少ないので「オイリー肌でニキビに悩んでいる人にもオススメ」です。

洗浄力は強いが、肌への負担が大きいクレンジングオイル

クレンジングオイル
クレンジングオイルが優れているのは「洗浄力」
ウォータープルーフのマスカラだって、スルリと簡単に落とすことができます。

職業柄、濃いメイクをする女性の間で人気があります。
しかし、洗浄力が強いぶん、デメリットもあるんですよね。

それは、刺激が強く、肌への負担が大きいということ。
敏感肌の人にとっては、とても気になる点です。

●クレンジングオイルは、使い方に注意が必要!
クレンジングオイルは、早めにすすぐ必要があります。
その理由は、クレンジングオイルが肌にとって大切なものまで洗い流してしまうからです。

オイルというのは、肌に馴染みやすい性質があります。
肌内部の細胞間脂質であるセラミドまで洗い流してしまうんです。

●セラミドとは?
お肌が水分を蓄えるために重要な役割をする物質。
乾燥肌や肌老化の原因は、このセラミドの減少といわれるほど大切なものなんです。

そのため、クレンジングオイルがメイクに馴染んだら、早めにすすぐ必要があります。

また、クレンジングオイルの場合、スッキリとすすぐことができません。
オイル特有のヌメリが残ってしまいます。

●オイルクレンジングをスッキリすすぐコツ
お肌の上で水を加えて、白濁するまで乳化させてください。
それからすすぐと、ヌメリ残りが少なくなりますよ。
汚れ落ちもスピーディーになるのでおすすめです。

クレンジングオイルは、洗浄力が強いぶん、お肌への負担を十分に考える必要があります。
敏感肌の方は、毎日使用するのではなく、メイクが濃い日専用にするなど使い分けることが大切です。

敏感肌におすすめのクレンジングまとめ

敏感肌のクレンジング

以上、敏感肌におすすめのクレンジングについて、肌に負担の少ない優しいクレンジングをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

敏感肌の人には、肌への負担が少ないミルクタイプがおすすめです。

クレンジングミルクをおすすめする理由は「肌への優しさ」。

クレンジング剤は、毎日お肌に使うもの。
そのため、肌質に合うかどうかはとても大切なんです。

毎日、お肌に負担をかけるのはさけましょう!
強い洗浄力だと、お肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。
乾燥肌の原因にもなりやすいです。

肌の乾燥は、様々な肌トラブルを引き起こします。
クレンジング剤を選ぶ時に、重要なのはお肌への影響。
肌に優しいクレンジグ剤を選んでください。

スポンサーリンク

関連記事