肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【フェイスラインのたるみを引き締めるには?】小顔になってすっきり改善する3つの解消法

フェイスラインのたるみを引き締める

フェイスラインのたるみを引き締める3つの解消法とは?

フェイスラインのたるみを引き締める「最近、フェイスラインのたるみが気になっています。前にも増してたるみがひどい状態になっているようで、メイクで隠しきれなくなってきて怖いです。本気でフェイスラインのたるみケアを始めないとマズイなと焦っています。自分なりに色々と改善しようとしてもフェイスラインのたるみはいっこうに解消できません。なにかフェイスラインのたるみを改善する良い解消法はありませんか?」

このような、フェイスラインのたるみの悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • フェイスラインのたるみ原因とは?
  • フェイスラインのたるみを引き締める3つのスキンケア方法
  • フェイスラインのたるみに効く化粧品の選び方3つのポイントとは?

フェイスラインのたるみって、すごく気になりますよね。

パッと見た印象で、特に目立ってしまうのがフェイスラインのたるみですから。

でも、フェイスラインのたるみを引き締めるために、色々試してもなかなか良い結果がでないんですよね。

フェイスラインのたるみ改善で、良い結果が出ない原因。
それは、これまでのたるみを引き締める方法が間違っていたからかもしれません。

本記事でご紹介する「フェイスラインのたるみを引き締める解消法」を実践すれば、きっと効果を実感できるはずです。

フェイスラインのたるみ原因にしっかりと働きかけることができれば、良い結果はでるんですね。

もうフェイスラインのたるみに悩まされない、すっきり小顔を手に入れて、オシャレやメイクを楽しみましょう!

フェイスラインのたるみ原因とは?

フェイスラインのたるみ原因

鏡を見た時に、フェイスラインがたるんでいると思った時、その原因はなにかというと自然にそうなってしまう場合と、それ以外の要因が考えられます。自然に、というのは加齢が筋肉の衰えをもたらし、筋肉が衰えると皮膚を支えることがなくなります。それに肌の土台となるコラーゲンやエラスチンを生成する力も年々衰えていきます。そうなると肌のハリや弾力が失われて行きます。他にもホルモンバランスの変化や新陳代謝の衰えも関係があることです。それらの変化によってフェイスラインはたるんでいきます。これは誰の身にも程度の差はあっても起きる現象です。

もうひとつは、生活習慣によるもので、太陽光に含まれる紫外線では肌にダメージが与えられたり、乾燥、ストレス、睡眠不足、食生活の方よりといったことも注意しなければいけないことです。

フェイスラインのたるみを引き締める3つのスキンケア方法

フェイスラインのたるみを引き締める

フェイスラインのたるみを引き締めるためにするべき3つのスキンケア方法について見ていく時、加齢による筋肉の衰え、肌の乾燥、それ以外の要因に対してそれぞれアプローチをしていくと効果的です。

まず筋肉の衰えに対して、何をすればいいのかというとフェイスマッサージです。顔の皮膚を支えているのは、口や目で表情を作る表情筋、食べ物を見しめる咀嚼筋などがあります。それらの筋肉を引き締めるように動かしていくことで、筋肉が刺激されて少しずつ鍛えられていきます。刺激は血管やリンパ液にも良い影響があり、血流やリンパ液の流れが良くなると、新しい肌細胞をつくるための、酸素や栄養がつくられるようになりますし、老廃物の排出がしやすくなります。そういった事により肌のハリ・弾力が蘇ってくるのです。ただし、そこで注意しなければいけないのは、刺激がいいからといって力を込めすぎないことです。

筋肉が傷ついてしまうと、逆に力を入れる事が難しくなり、たるみがひどくなってしまいます。通販などで売られている美顔ローラーを使うという方法もありますが、同様に四六時中やっていると、ダメージが蓄積されてメラニン色素がつくられシミの原因となります。また美顔ローラーによる圧力は肌細胞を壊してしまう恐れもあります。何事も過剰にやりすぎてはいけないのです。

次に乾燥を防ぐためのスキンケア方法ですが、肌の内部と表面に対してアプローチをしていかなければいけません。肌の内部で潤いを保つためには、スポンジのように大量の水を保持することができるコラーゲンやヒアルロン酸が必要になります。そのためにはコラーゲンやヒアルロン酸の生みの親である線維芽細胞の働きを活性化させる事が必要です。そこでビタミンC誘導体や成長因子であるFGFなどが配合されているスキンケア化粧品を使うとよいのです。そうして肌の内部で水分が多くなっても、それが肌の表面から蒸発しては意味がないので蓋になる保湿成分も必要になります。本来は人の肌にある皮脂がその役割を果たすのですが、加齢で皮脂の分泌量が落ちているので、皮脂に近いホホバオイルやアルガンオイルなどを使うと良いです。

最後となる3つめのスキンケアは、たるみを起こしてしまう外部からの刺激をなくすことです。普段の生活に関わる要因が多いのですが、肌に対して出来ることは何かと言うと紫外線によるダメージを極力排除することです。そのためにも、UVカット機能が使われている日焼け止めなどを使用するようにしましょう。それでもカバーできない部分もあるでしょうから、日傘なども使用するといいです。ただし、気をつけなければいけないのは、紫外線を浴びることで体の骨の生成に必要なビタミンDがつくられます。まったく紫外線を浴びないというのも健康には悪いので、必要最低限の時間を計算しておくことも必要です。紫外線を浴びた後、ビタミンが含まれたスキンケア化粧品を使用することでダメージからの回復が図れます。

フェイスラインのたるみに効く化粧品の選び方3つのポイントとは?

肌のハリや弾力を取り戻しフェイスラインのたるみを引き締めることができる化粧品を選ぶ時に、どのようなポイントがあるかというと、コラーゲンやヒルロン酸を生み出す線維芽細胞の働きを高めてくれることと、高い保湿成分があること、紫外線から肌を守れるかということです。

線維芽細胞の生成能力は年齢とともに衰えるわけですが、再び力を取り戻すためにはビタミンCは書かせません。というのも線維芽細胞はビタミンCを細胞の中の取り込み、コラーゲンやヒアルロン酸をつくるからです。ただ、化粧品でビタミンCを取り込もうとしても、肌に浸透しないので商品にはできません。そこでビタミンC誘導体という科学的に人の手を加えて浸透しやすくした成分です。ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性があり吸収されやすく安定しているのは水溶性ですが、油溶性のほうが効果が持続しやすいです。ではどちらの成分が穿いている方がいいのかというと、水溶性と油溶性どちらの性質も持っている両性ビタミンC誘導体が入っているもののほうが高い効果を期待できます。

乾燥対策について、どのような保湿成分がいいのかというと人が肌がどうやって保湿をしているかを考えるとわかりやすいです。表面を覆っている皮脂膜、角質細胞を作るケラチンと天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質(セラミド)ですから、それに近い成分であれば肌に馴染みやすいです。例えば、皮脂に近いものでしたらホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、スクワランなどがあります。天然保湿因子(NMF)については、化粧品に配合されているものよりも、その材料となるアミノ酸を化粧品に配合させて増やすやり方のほうが一般的です。クレオパトラも愛用していたという真珠のエキスは、天然保湿因子(NMF)に近い組成のアミノ酸であることが知られています。昔から、高い保湿効果を得て、肌の若返りを促すことは行われてきたのです。

紫外線対策のことを考えるならば、SPAやPAといった言葉の意味を知って、その性能をよく考えましょう。SPFというのは紫外線の一種であるUVBを防ぐ効果です。30や50といった数字が書かれていますが、それは防ぐ割合ではなくその人が日焼けするまでの時間を遅らせる程度のことです。SPF50という数字が書かれていた時には、20分で日焼けをする人であれば600分まで大丈夫だという意味になります。つまり、昼間に外出したとしても、10時間位ならば肌は日焼けをする心配がないのです。もし、それ以上の時間になるようならば、塗り直しをしなければいけません。一方でPAというのはUVAを防ぐ効果のことですプラスの数が増えていくこと、性能が高くなります。

外出する時間帯や季節などによって紫外線の量は変化していきます。またオフィス街や山、川など場所によって空気が変わってきますから、そこに合わせた紫外線対策をしなければいけません。厳しい環境でもフェイスラインを保ちたいならば、より高いUVカット機能を持つ化粧品を選ぶようにしましょう。

フェイスラインのたるみを引き締めるまとめ

以上、フェイスラインのたるみを引き締める方法について、小顔になってすっきり改善する3つの解消法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

フェイスラインのたるみに悩みを持っている方が多い理由。

それは、これまでフェイスラインのたるみ原因に、しっかりと働きかけるケアが出来ていなかったからです。

私たちの身体や皮膚は、年齢を重ねるたびに衰えていくばかりではないんですね。

細胞は再生しますし、お肌は回復する機能が備わっているんです。

つまり、いまから正しいたるみケアをしていけば、きちんと結果は実感できるということです。

年齢を理由に、諦めてしまうのはもったいない!

引き締まったフェイスラインは、いまから自分で作ることができるんです。

今日からフェイスラインのたるみを引き締めるケアをスタートしてみませんか?
たるみに悩まない、すっきり小顔を手に入れて、オシャレやメイクを思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事