肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【日焼け後のケアとは?】黒くならない!シミにならない!美白ケア対策方法

夕方の紫外線で日焼けする

日焼け後の美白ケア!黒くならない方法

  • 日焼けをしてしまった・・・美白ケアの方法は?
  • 日焼け後に黒くならない方法を知りたい!
  • シミにならないようにする美白ケアの方法って?

「ついうっかり日焼けをしてしまった!」

なんて失敗ありますよね。

後悔しても、しきれない。
赤くなった肌を見て泣きそうになります。

このまま放っておいたら、肌は黒くなってしまう・・・
しかも、シミにでもなったら 泣

「この日焼け、無かったことにしたい!」

こんな悲痛な叫びを、何度したことか。

でも、大丈夫です!安心してください!

しっかり「日焼け後の美白ケア」をすることで、お肌を守ることができます。

もし日焼けをしてしまっても、その後の美白ケアが重要なんです。

それでは「日焼けしたあと、黒くならないようにする」ための、美白ケアを解説していきましょう。

スポンサーリンク

日焼け後に黒くならないために!美白ケア3つの方法

日焼け後の美白ケア方法
日焼けをしてから72時間がとても大切だと理解していただけたと思います。
この72時間というタイムリミット内で、徹底した美白ケアで対策をすることが重要となります。

日焼け後のケア1.冷やして肌の炎症をおさえる

日焼け後は冷やす
なるべく早めに、美白ケアをしたい気持ちは分かります。
しかし、日焼け直後の肌は、炎症をした状態です。

炎症状態の肌に、美白化粧品をすぐに使うことはおすすめできません。
美白化粧品には刺激となる成分が含まれています。

まずは、肌の炎症をおさえることを最優先に考えましょう。

肌の炎症をおさえるのに効果的なのは「冷やす」ことです。

シャワーの水や保冷剤で、火照った肌を沈静化させましょう。
普段使っている化粧水を冷やして付けてあげるのも効果的です。

日焼け後のケア2.美白化粧品でメラニンの生成を防ぐ

日焼け後は美白化粧品
肌の炎症がおさまったら、集中美白ケアの開始です。

市販されている美白化粧品には、美白剤が含まれています。
抗酸化作用によって、メラニンの生成を防ぐ働きがあります。

メラノサイトがメラニンを発生させるまでの72時間以内に、徹底した集中美白ケアを行いましょう。

通常は、夜のスキンケアをするときに、化粧品をつけて終わりだと思います。

しかし、日焼け後のケアでは、数時間おきに美白化粧品を重ねづけしてください。

こまめな美白ケアをすることで、日焼けが定着して黒くなることを防いでくれます。

とは言っても、72時間以内に徹底した美白ケアをするのは難しい場合が多いですよね。
どうしても、日焼け前よりも肌は黒く濃くなってしまうことがあります。

そこで、焼けて黒くなってしまった肌を、白く戻すのに最適な美白化粧品をご紹介しておきますね。

日焼けで黒くなってしまった肌におすすめの美白化粧品

たとえ72時間を過ぎてしまっても大丈夫!
諦めないでくださいね。

しっかりと日焼け肌用の美白ケアをして、白い肌に戻せば良いんですから。

日焼けしてしまった肌内部には、大量のメラニンが発生してしまっています。

「早くメラニンの生成をおさえないとシミにもなってしまう可能性が・・・」

積極的に肌内部から、メラニンを排除しなければいけません。

「日焼けした肌を白く戻す方法とは?美白ケアにおすすめ美白化粧水3選」で詳しく解説していますが、日焼け肌に最適な美白化粧水を選ぶことが大切です。

  • 日焼け肌のメラニンをケアする美白有効成分がちゃんと配合されているか?
  • ターンオーバーを促進して大量に発生しているメラニン排除ができるか?

この2つの条件を満たした、美白化粧水を使うことが重要となります。

日焼け肌にも安心して使える美白化粧水とは?

美白化粧品

日焼け肌に適している美白化粧品といえば、、敏感肌専用に開発された『ディセンシア サエル』などはおすすめです。
ディセンシアは、ポーラ・オルビスグループによる敏感肌専門の化粧品ブランド。

日焼けあとの敏感になっている肌にも、安心して使うことができます。
美白成分の刺激によって、炎症を悪化させてしまう心配がありません。

夏の紫外線の強い時期は、ついうっかり日焼けをしてしまうことが多いです。
そんな緊急事態のときのために、手元にあると頼りになる美白化粧品です。

万が一の「うっかり日焼け」に備えたい方は『ディセンシア サエル』公式サイトをチェックしてみるのもいいかもしれません。

日焼け後のケア3.強力な美白化粧品でスペシャルケア

日焼け後の美白バック
普段使っている美白化粧水でも効果は期待できます。
しかし、緊急事態の場合は美容パックによるスペシャルケアがおすすめです。
冷やして使うことで、肌の炎症もおさえることができます。

短期集中型の美白美容液などもいいですね。

美容液は、化粧水に比べて美白成分が高濃度で配合されています。
より強力にメラニンの活性おさることが可能です。

うっかり日差しを浴びて日焼けしてしまった緊急事態です。
なんとしても、メラニン放出を阻止しなければいけません。
いつも以上に美白化粧品を徹底的に使いましょう。

シートマスクを利用したスペシャル美白ケア

【用意するもの】
・美白成分が配合された化粧品(日焼け直後なので敏感肌用がおすすめ)
・シートマスク(冷蔵庫で冷やしておくと炎症を抑える効果がアップ)

日焼けあとの炎症がおさまった肌に、美白化粧品をたっぷりつけます。
そして、その上からシートマスクを乗せてください。

シートマスクに密閉されたことで、美白成分がより浸透します。
この時に使用するシートマスクは高保湿タイプがおすすめです。

日焼け直後の肌は極度の乾燥状態。
保湿をすることで紫外線によるダメージを早く回復できます。

また、潤った肌は美白成分の吸収効果がアップ!
紫外線浴びたことによるメラニンの生成を強力に防いでくれます。

シミを作らせないためにも、美白成分と保湿成分を一気に浸透させてケアしましょう。

高保湿タイプのシートマスクでおすすめは『輝肌マスク』です。
高性能なヒアルロン酸を、ギュっと凝縮して配合されています。

保湿成分がグングン浸透して、日焼け後のケアにいく最適です!

スペシャルケア用に持っておくと、心強い美容パックです。

興味のある方は『輝肌マスク』公式サイトをチェックしてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

日焼け後のケアは72時間以内が勝負

日焼け後のケア
日焼けが厄介なのは、すぐに自覚できないこと。

日差しを浴びても、肌はすぐには変化しません。

そのため、帰宅してから肌が赤くなって気づきます。
赤くなった肌に気がついた時のショックといったら・・・

それでは、紫外線を浴びてからの「肌の変化」を確認していきましょう。

だいたい4時間後くらいから肌が赤くなりはじめます

日中にうっかり日焼けをすると、夕方以降に赤くなりますよね。

そのあと約24時間ほどで赤さがピークとなります。

そして、肌内部の色素細胞であるメラノサイトが、メラニンを増やし続けます。

3日ほど経過すると「日焼けした肌状態である、肌が黒くなる段階」になるわけです。

日焼けしてからの時間と肌の状態

  • 4時間:肌が赤くなり始める

  • 24時間:肌の赤さがピークをむかえる

  • 72時間:肌が黒くなる

つまり、日焼けをしてから3日間(72時間)が重要となります。

72時間以内の美白ケアを徹底することが、白い肌を守る鍵となるわけです。

日焼け後のケアまとめ

日焼け後のケア
以上、日焼け後のケアについて、黒くならない方法として3つの美白ケアをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 冷やして肌の炎症をおさえる
  • 美白化粧品でメラニンの生成を防ぐ
  • 強力な美白化粧品でスペシャルケア

もし、うっかり日焼けをしてしまった場合。

1.日焼け後にそのまま放って置いてしまった肌。

2.日焼け後にしっかりと美白ケアをした肌。

この2つのケースでは、お肌が黒くなる度合いにかなりの差がでます。

普段から美白ケアを頑張っていても、うっかり日焼けで台無しになってしまうんですね。

そんなことにならないように、日焼け後のケアはとても重要です。

日焼け後のケアをしないと、肌は黒く定着してしまいます。
そして、最悪の場合はシミとして残ってしまうことにもなりかねません。

シミはできてしまってからでは遅いんです。
完全に消すことは難しくなってしまいます。

メラニンが肌内部に定着してしまわないように、しっかりと日焼け後のケアを実践しましょう。

徹底した美白ケアを行えば、日焼けをなかったことにできます!

日焼けをしてしまっても焦らずに、しっかりと丁寧な美白ケアをしてあげましょうね。

スポンサーリンク

関連記事