肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【日焼けしやすい体質の対策方法とは?】3つの肌質改善ケアで黒くなるのを防ぐ!

炭酸美容の効果

日焼けして肌が黒くなりやすい人がするべき3つの対策

  • 日焼けしやすい体質で、すぐ黒くなってしまう
  • なぜ、日焼けしやすいのか原因を知りたい
  • どうすれば日焼けしにくくなるの?

日焼けしやすい体質で、悩んでいる方は多いです。
せっかく美白ケアを頑張っても、日差しの強い時期になると台無しになってしまう。

一年通して、白い綺麗な肌でいられるように!
日焼けしやすい体質の対策方法をしっかり実践していきましょう。

まずは、日焼けしやすい体質についての疑問

Q:日焼けをしやすい体質かどうかは、なぜ違いが出るのか?
A:体内でメラニンを作る能力の違い

つまり、日焼けしやすい体質の方は、紫外線から肌を守る能力が高いとも言えるんですね。

とは言っても、白い綺麗な肌を目指すのであれば、日焼けによって肌が黒くなることを防がなければいけません。

そこで「肌質を改善」する3つのスキンケア方法をご紹介します。

日焼けしやすい体質のための3つの対策

日差しを浴びてしまったあと

→ 赤くなってから黒くなるタイプ
「シミ」ができやすい肌質

→ 赤くなるだけで元にもどるタイプ
「シワ・たるみ」ができやすい肌質

日焼けしやすい体質の人は、シミができやすい肌質なんですね。

将来、シミに悩まされないためにも、3つの対策方法を解説していきます。

1.乾燥肌を改善する

日焼けしやすい肌質のひとは、肌が乾燥しているケースがほとんど。

なぜ、肌が乾燥していると、日焼けをしやすいのでしょうか?

その理由は、肌が乾燥して水分が不足すると、肌のバリア機能が低下してしまうからです。
紫外線のダメージをとても受けやすい状態なんですね。

つまり、日焼けしやすい肌質の方は、肌を潤った健康な状態にすることが改善方法の一つなんです。

2.敏感肌を改善する

敏感肌とは、お肌が外部からの刺激に過剰に反応してしまう状態です。

つまり「外部からの刺激 = 紫外線」ですね。

お肌を守ろうと、メラニンを過剰に生成してしまいます。

そのため、日焼けをしやすい肌状態になってしまうわけです。

敏感肌の原因は、間違ったスキンケアをしてしまっているケースがほとんど。

  • お肌に合わない化粧品
  • ゴシゴシとこすってしまう洗顔
  • 肌を痛めてしまうメイク

常にお肌に刺激を与えてしまう悪い習慣が身についてしまっています。
敏感になってしまっている肌状態をしずめるために、肌に優しいスキンケアを心がけてください。

3.肌のほてりを冷やす

日焼けをする時期は、お肌がほてりやすいですよね。
この「ほてり」ですが、放っておくのはやめましょう。

先ほどから何度も言っているように、肌が日焼けをして黒くなるのは、メラニンの影響です。

肌内部の温度が高い状態、つまり肌がほてっていると、メラニンが作られやすいんですね。

日中の日差しで肌がほてったときは、肌を冷やしてあげることは、日焼け対策になるんです。

帰宅して、肌のほてりを感じたときなどは、冷えたタオルでお肌のほてりを鎮静化してあげましょう。

日差しが強い季節などは、化粧水を冷蔵庫で冷やして使うのもオススメです。

【日焼けしやすい体質の対策方法まとめ

以上、日焼けしやすい体質の対策方法について、3つの肌質改善ケアをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

  • 乾燥肌を改善する
  • 敏感肌を改善する
  • 肌のほてりを冷やす

「生まれつきの体質だから仕方がない」
なんて、諦めることはないんですね。

できるケアはあるんです。

日焼け対策としては、日焼け止めを塗るのは大前提の必須ケア。

それに加えて、日頃から日焼けに強い肌質作りを心がけることが大切です。

黒く健康的な肌も魅力的ではあります。
しかし、白く透き通った肌を目指すのであれば、保湿ケアを重視。

そして、肌に刺激の少ない、優しいスキンケア。
日差しが強い季節は、夜のスキンケアに肌のほてりを抑えるケアをプラスしてみてください。

日焼けしやすい体質の方の中には、肌が生まれつき地黒で悩まれている人が多いです。

「【地黒におすすめの美白化粧品とは?】地黒でも美白になる方法」の記事内で、地黒肌に適した美白化粧品の選び方とおすすめの美白化粧品を詳しく解説しています。

地黒肌の美白ケア方法をお探しの方は、良ければ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事