肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ヒアルロン酸化粧水の正しい付け方とは?】とろみ化粧水の効果的な使い方

化粧水ヒアルロン酸

ヒアルロン酸化粧水の効果的な付け方4つのコツ

  • ヒアルロン酸配合って本当に効果あるの?
  • ヒアルロン酸化粧水を使っているけど効果がいまいち
  • とろみのある化粧水は浸透しているように思えない

乾燥肌の人は、化粧水選びには苦労しますよね。

多くの方は「高保湿タイプのとろみ化粧水」を選ばれているのではないでしょうか。

特にヒアルロン酸が配合された、高保湿とろみ化粧水は人気の商品です。

ところで、高保湿とろみ化粧水を実際に使ってみて、何か不満はありませんか?

「つけても肌に膜がはったみたいで、ベタベタしてつけ心地が良くない」

「とろみがあるだけで、保湿効果の高さを実感できない」

などのような、不満の声をよく耳にします。

効果を実感できない原因は
実は、とろみ化粧水の付け方が間違っている場合が多いんです。

ヒアルロン酸配合のとろみ化粧水は「付け方」にコツがあります。

今回はヒアルロン酸配合などの高保湿とろみ化粧水の付け方ご紹介します。

ヒアルロン酸化粧水の「保湿力をあげる」効果的な4つの付け方

高保湿タイプ化粧水のつけ方
ヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧水は、トロトロとした感触が特徴です。

シャバシャバと水気のある化粧水と同じようなつけ方では、その保湿効果を発揮されません。

高保湿とろみ化粧水の効果的なつけ方を4つのステップで解説していきますね。

1.適量とされる「半分の量」を手にとる

化粧水の適量
高保湿とろみ化粧水の付け方でまずポイントとなるのが「量」です。

容器から、適量の半分ほどを手にとります。
そして、手のひら全体に広げながら体温で温めるんです。

とろみのある高保湿化粧水は、常温だと肌に浸透しづらいんですね。
体温で温めることで、なめらかになって肌になじみやすくなります。

大量に一度につけたり、すぐに重ねる付け方は間違い。
肌の上に膜が張ったようになってしまうだけです。

浸透せずに、ただベタベタ状態になってしまいます。

2.手のひらで「顔全体をパック」するように包み込む

化粧水のつけ方
高保湿とろみ化粧水の付け方は、塗るというよりも「パックをする」イメージです。

顔全体をパックするようにして、手のひらで包み込みます。

両手のひらでおさえることで、自然と乾燥しがちなUゾーンをおさえることができます。
指のお腹で「特に乾燥しやすい目元」を重点的に保湿
ピタピタと、目元に軽く揉み込むようにして、浸透させてください。

手のひらはパック状態で、顔を覆いながら。
そして、指のお腹で目の周りを重点的に浸透させるのがコツです。

3.再度、ヒアルロン酸化粧水を手に取り「重ね付け」する

肌に吸い付く感じがなくなってきたら、ヒアルロン酸化粧水を付け足すタイミングです。
再度、手のひらにとって、同じ動作を繰り返します。

ヒアルロン酸化粧水は「浸透がゆっくり」という特徴があります。
3回ほど繰り返して、薄く重ね付けしていくのが理想的です。

4.仕上げは「ハンドプレスでパック」する

3回ほど重ね付けをしたら、最後の仕上げです。
手のひらで顔を全体を覆い、軽く押し当てることでパック状態を作ります
「10秒ほど」そのままにして、しっかり保湿成分をじっくり浸透させてください。

ヒアルロン酸化粧水で、肌が乾燥してしまう原因

高保湿タイプ化粧水の乾燥の原因
ヒアルロン酸化粧水を使っているのに、肌が乾燥してしまう原因の一つ。
それが「油断」です。

ヒアルロン酸化粧品はとろみのある化粧水が多く、とても潤った感覚になります。

肌の上にのせて、とろみで覆われていると、つい油断してしまうんですね。

一般的な水気のある化粧水の時には、すぐに乳液などで蓋をしますよね。
とろみがある化粧水だと、しばらく浸透させようと置いてみたり。
中には乳液などの保湿ケアを省いてしまう人もいます。

このような油断は絶対に禁物ですよ!
丁寧に重ね付けしたあとは、すぐに次の保湿ケアに移ってください。

肌の乾燥が始まってしまう前に、乳液やクリームといった保湿化粧品を付けます

お肌からの水分の蒸発を防ぐのは、通常の化粧水と変わりません。

ヒアルロン酸化粧品でいくらとろみがあるといっても液体です。

肌に付けた瞬間から、自覚しづらいですが蒸発が始まります。

乳液などで、しっかり蓋をして肌内部に潤いをキープしましょう。

ヒアルロン酸化粧水の特徴

ヒアルロン酸配合の化粧水の特徴
高保湿化粧水の多くに配合されているヒアルロン酸。
その特徴は、分子量が大きいことです。

化粧水の一つのウリとして
「成分の分子量が小さい」といった宣伝文句がありますよね。
低分子だから、良い商品というアピールです。

確かに、肌への浸透力を考えれば、低分子であるほど浸透効果は高いといえます。
しかし、それはあくまで「浸透の早さ」の話なんです。
裏を返せば、肌につけた時に「蒸発しやすく乾きやすい」。

ヒアルロン酸などの分子量が大き成分は、肌表面に長時間残って保湿をしてくれます。
それぞれの化粧品に適した付け方をすることが大切なんですね。

先ほど説明をしたように、ヒアルロン酸化粧水はパックをするように、じっくりと浸透させるのが効果的な付け方になります。

ヒアルロン酸などとろみ化粧水の正しい付け方まとめ

高保湿化粧水の使い方
以上、ヒアルロン酸化粧水の正しい付け方について、とろみ化粧水の効果的な使い方をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

  • 適量とされる「半分の量」を手にとる
  • 手のひらで「顔全体をパック」するように包み込む
  • 再度、化粧水を手に取り「重ねづけ」する
  • 仕上げは「ハンドプレスでパック」する

高保湿化粧水は、丁寧に重ねづけする付け方が効果的。
バシャバシャと、豪快に付けてしまってはいけません。
少し時間をかけて、パックをする感覚で付けていくと、より効果的ですよ。

保湿ケアはスキンケアの中でも最重要の項目です。
とろみのある高保湿タイプの特徴をいかして、潤いのある肌を作っていきましょう。

ヒアルロン酸化粧水を使い続けているのに、乾燥肌がなかなか改善されないという場合があります。

そんなお悩みをお持ちの方は、一度スキンケアの方法を見直してみるのもいいかもしれません。

「【美肌になるには?】シンプルスキンケアで美肌になる3つの方法」の記事内では、美肌の人ほど実践している「シンプルスキンケア」の3つの方法をご紹介しています。

お肌というのは、ケアをやり過ぎても逆効果になることがあるんですね。

お肌の悩みがずっと改善されないという方は、スキンケアのやり過ぎが原因の場合があります。

シンプルなスキンケアに切り替えてから、肌の悩みが解消された方というのが実に多いんですね。

シンプルスキンケアでの美肌作りに興味のある方は、良ければチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事