肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【粉吹き肌を改善するには?】顔の乾燥肌を対策する3つの保湿方法

粉吹き乾燥肌

粉吹き肌を改善させるための3つの対策方法

  • 乾燥肌で、すぐ顔が粉吹きをしてしまう
  • 粉吹き肌に保湿化粧品を使っても浸透しない・・・
  • いくら保湿しても粉吹き肌のまま・・・方法が間違っているの?

乾燥肌は見た目も悪く、とても悩みますよね。
肌トラブルも起きやすく、ますます肌が汚くなってしまいます。

ファンデーションをぬっても、すぐカサカサ。
粉吹きが目立ってくると最悪です。

乾燥した肌は、トラブルの元凶。

  • 粉吹き・化粧崩れ
  • ニキビ
  • シワ
  • たるみ
  • くすみ

様々な肌の悩みを引き寄せてしまうのが乾燥肌です。
乾燥肌を改善しないと、憧れの美肌は手に入りませんもんね。

乾燥肌に悩まされている人は実に多いです。
自分が乾燥肌だと自覚している人ほど、保湿ケアを頑張っていることでしょう。

しかし、実は間違った保湿方法をしてしまっている場合が多いので注意です。
余計に乾燥肌・粉吹き肌を悪化させてしまっています。

しっかり保湿方法の基本を知って乾燥肌を改善しましょう。

顔の粉吹き肌を改善するため!乾燥肌対策3つの保湿方法

乾燥肌の改善のための保湿ケア
粉吹き肌・乾燥肌が中々改善されない原因の一つが「間違った保湿方法」です。
あらゆる肌トラブルを解消する保湿ケアこそ美肌の基本!

乾燥肌・粉吹き肌を改善するための、3つのポイントをご紹介します。

1.乾燥粉吹き肌の改善には「汗」の対策が重要

乾燥の原因は汗
汗をかくと、肌が潤っているように感じますよね。
しかし、油断は禁物!

汗が乾燥を引き起こす原因となるからです。

乾燥する季節の汗には、特に注意が必要。
冬の寒い季節にも、汗をかいてしまう場面は多いですよね。

暖房のきいた車内や建物の中。
厚着をしたまま入ると、額や身体中にじんわりと汗をかいてしまいます。

汗というのは成分の大半が水です。
汗が蒸発するときに、お肌の水分も奪ってしまうんです。
汗が乾燥肌を招くきっかけになるんですね。

汗をかいてしまった時のおすすめの対処法があります。
タオルやハンカチを少し水で湿らせて軽くおさえてください。
タオルを持ち歩くのが面倒なら、コットンがおすすめです。

乾いたハンカチで汗をぬぐっても、ベタ付きが残ってしまいますよね。
なにより、乾いた布でぬぐわない方が良い理由があります。
それは、汗をぬぐう際に擦ってしまいがち。

一日に何度も汗をぬぐう度に、肌を擦るのは良くありません。
少し湿らせたもので軽く押し当てて汗をぬぐう!
この方法がお肌に刺激が少なくおすすめです。

そして、汗をぬぐった後の保湿ケアが大切。
汗をぬぐった後は、保湿クリーム等を手のひらに伸ばします。
そして、軽く押さえるようにしてお肌にのせてください。

汗をかいた時の正しい対処方を習慣化しましょう。
この積み重ねが乾燥肌による粉吹きの改善につながりますよ。

2.乾燥肌・粉吹き肌の改善に重要なのは「身体の中から保湿ケア」

乾燥肌の改善には水分補給
乾燥肌の改善には外側からのケアばかり気にしがち。
そのため、化粧水や乳液によるケアばかりを頑張っている方が多いです。

しかし、内側からの保湿ケアもしっかりやっていますか?

「え?内側ってどういうこと??」

「内側からの保湿ケア」それは、効果的な水分補給です。

身体の水分不足が乾燥肌の原因の一つ。
体内が脱水症状だと、外側の肌も常に乾燥状態になってしまいます。
潤った健康的な肌を保てなくなってしまうんです。

美容のためには、水分補給が大切と言われますよね。
一日に1.5〜2リットルはぜひ水分補給をしてください。

この量を聞くと、
「そんなに大量にお水は飲めない」

なんて思われるかもしれません。
まるで大きなペットボルに入った大量の水を想像しがち。
しかし、何も飲料水から全てを摂取しなくてもいいんです。
私たちは食事からも、しっかり水分をとっています。

意識的に水分をとる習慣でおすすめな方法があります。

  • 起床時
  • 3回の食事
  • 食事の間

こまめにコップ1杯程度のお水を定期的に飲むだけ。
一気に大量のお水を飲もうとするから続かないんです。
こまめに水分補給することは、それほど難しいことではありません。

注意していただきたいのは「お水」を飲むということ。
ジュースはもちろんNGです。

お茶やコーヒーもカフェインが含まれているので好ましくありません。
カフェインは利尿作用があるため、水分が体の外へ出やすくしてしまうので注意です。

この水分補給の習慣が付くと、潤いの元となる水分を身体がしっかり蓄えだします。
粉を吹く症状も出なくなっていきます。

水分補給の習慣によって、お肌の乾燥状態はかなり改善するはずです。

3.乾燥している実感がない時こそ保湿ケアを徹底する

夏の保湿ケアが乾燥肌を改善させる
「えっ?保湿ケアが大切なのは、乾燥している冬じゃないの?」

こんな風に思われたかもしれません。
実は、乾燥を実感できていない時も肌の乾燥は進行しています。

例えば、乾燥とは無縁だと思われる「夏」も注意!
なぜなら、寒暖差が最も激しい季節が夏だからです。
汗をかくので、まさか乾燥しているなんて思わないですよね。
乾燥とは程遠い状態に感じてしまうのが夏の怖いところ。
実は、肌には相当な負担がかかっているんです。

電車内やオフィス、スーバーやレストラン。
至るところで極端な冷房が効いていますよね。
過剰な除湿がされているので、たいへん乾燥もしています。

そして、一歩外に出ると、太陽が降り注ぐ夏の世界です。
さらに追い討ちをかけるように、強い紫外線も降り注いでいます。
こんな過酷な状況化では、お肌の負担は相当なもの。

お肌というのは本来、季節に応じて皮脂の分泌量を調整しています。

  • 夏は汗をかくため皮脂の分泌が増えます。
  • 冬は汗をかく必要がないため皮脂の分泌が減るものです。

ところが現代、至るところでエアコンがきいています。
汗をかく必要がなく過ごせます。
一方、冬では建物内や車内では暖房がきいています。
汗ばんだりと、逆転の現象が起こってしまっているんです。

これではお肌のコントロール機能が混乱することに。
激しい環境の変化についていけなくなってしまっているんです。

その結果、自立神経の働きが乱れてしまい、お肌の機能が低下します。
新陳代謝もとどこおり、ターンオーバーもうまくできなくなってしまいます。
そのため、皮脂分泌による肌の保湿機能が落ちて乾燥肌になってしまうんです。

そんな弱った状態のお肌には、外側からのサポートが必要。
乾燥の実感がない普段からも保湿乳液やクリームでの保湿ケアを徹底してあげてください。
疲れきったお肌を助けてあげましょう。

粉吹き肌の改善まとめ

乾燥肌対策
以上、粉吹き肌を改善する方法について、顔の乾燥肌対策となる3つの保湿方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 乾燥粉吹き肌の改善には「汗」の対策が重要
  • 乾燥肌・粉吹き肌の改善に重要なのは「身体の中から保湿ケア」
  • 乾燥している実感がない時こそ保湿ケアを徹底する

女性は基本的に皮脂が少ないため、乾燥肌に悩まされる方が多いです。
顔から粉吹きをして、まるでフケのようにポロポロと皮膚が落ちる。
見た目も最悪で、一刻も早く改善したいですよね。

私も以前は外側からの保湿ばかり気にしていました。

もちろん、常日頃のこまめな保湿ケアへの意識は大切です。
実際にそれだけでも、乾燥肌はだいぶ改善されました。

しかし、乾燥しがちなお肌には変わりませんでしたね。
乾燥を予防するために保湿ケア商品を利用。
もし乾燥をしたら高保湿な化粧品で対処をする。
このような対処療法を繰り返していましたから。

一気にお肌の変化を実感したのきっかけがあります。
それが、内側からの保湿ケアを意識し始めた時です。

以前は、あまり水分をとる習慣がなかったんです。
喉が乾いたら紅茶などを飲むくらい。
意識して水を飲もうなんて思ってもみなかったんですよね。

けれど、乾燥肌を改善したいと思い意識的にお水をこまめに飲むようにしたんです。
すると、少したってから、お肌の潤いに変化を感じるようになりました。
「肌が水分を蓄えているな!」といった感覚でしょうか。

その時に思ったのが、外側からいくら化粧品で潤いを与えても限界があるということ。
体の中と外から、保湿ケアをすることが大切なんだと実感しました。

乾燥肌は特に生活習慣が影響してきます。
今日から乾燥習慣をやめて、保湿習慣を少しづつ取り入れましょう。
いつも潤いのあるお肌をてにいれてください。

乾燥肌対策のスキンケア方法に関しては、「【顔の乾燥肌が改善した方法って?】スキンケアは化粧水より乳液対策!」の記事内で詳しく紹介しています。

乳液の使い方を少し改善するだけで、保湿効果をグン!と上げるコツがあるんですね。

顔の粉吹き肌に悩まれていて、保湿効果をいまより上げたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事