肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【乾燥肌のかゆみ原因の対策とは?】ボディクリーム選びがかゆみ止めの秘訣!

乾燥肌かゆみボディクリーム

乾燥肌のかゆみ原因を対策する方法とは?

乾燥肌かゆみボディクリーム「乾燥肌でかゆみがとてもツライです。乾燥する季節になると特にかゆみが増します。かゆみ止めのため色々と試しているのですがなかなか効きません。乾燥肌のかゆみ原因を対策できる、なにか良いボディクリームなどはありませんか?」

このような、乾燥肌のかゆみの悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 乾燥肌のかゆみ原因とは?
  • 乾燥肌のかゆみ原因を対策するのにボディクリームが優れている3つの理由
  • 乾燥肌のかゆみ対策に適したボディクリーム選びの3つのポイントとは?

乾燥肌のかゆみって、ほんとツライですよね。

特に乾燥する季節になるとカユミが増して我慢できない状態になります。

肌はガサガサ、しかも白い粉まで吹いて見た目も最悪・・・

「この乾燥肌のカユミを何とかしたい!」

そのような方のために
今回は乾燥肌のかゆみ原因を対策する方法をご紹介していきます。

もう乾燥肌のツライかゆみに悩まされない健康的な肌を手に入れて、快適な毎日を楽しみましょう!

乾燥肌のかゆみ原因とは?

乾燥肌のかゆみ原因

乾燥肌は触れるとかさつきを感じるし見た目にも老けて見えるなど困ることがいろいろとありますが、普段の生活にも支障が出てしまうのがかゆみです。なぜ乾燥肌になるとかゆくなるのかというと、肌のバリア機能と深く関係しています。

健康的な状態だと肌の表面にある角質層では、角質間脂質が多くあり角質細胞は整然と並んで、外部から細菌やアレルゲンが入ることが出来ません。しかし、乾燥肌では角質間脂質の減少と角質細胞の並びが乱れています。すると、肌には隙間が出来てからいろいろなものが入ってきてしまいます。その刺激によりかゆみを感じる神経が反応します。それがかゆみの原因です。

さらに人はかゆくなれば、その場所をかきたくなります。でもかゆい場所をかくことで、肌の表面はかきこわされて、傷つき細菌などが入り込みやすくなります。その結果として炎症が起きて、もっと強いかゆみが引き起こされてしまうのです。そのようにして乾燥肌は悪循環を繰り返していきます。

乾燥肌のかゆみ原因を対策するのにボディクリームが優れている3つの理由

乾燥肌のかゆみにボディクリーム

乾燥肌によるかゆみに悩まされているときには、かゆみ止めの薬を使うのもいいのですが、ボディクリームを塗っておくと対策になります。

その理由となる3つを見ていきましょう。

1.乾燥肌のかゆみ原因を対策する「高い保湿力」

その1として、高い保湿力を持っている事が挙げられます。というのもボディクリームはボディローションに比べて水分が少なく油分が多い配合になっているので、肌の表面から水分が蒸発しないようにふたの役割を果たせるからです。そもそもかゆみは肌の水分が失われてバリア機能が低下し外部から刺激に反応していることが原因です。ですから、高い保湿力で内部の水分が蒸発しないようにしておくことで、自然に肌は健康的な状態に近づくことが出来ます。薬で炎症を抑えたとしても、根本の原因である乾燥を解消できなければしばらくして再発してしまいますが、ボディクリームで保湿をし続けることができれば、これからもかゆみに悩まされることはありません。まさに乾燥肌の人のためのアイテムなのです。

2.乾燥肌のかゆみ対策に適した「長時間持続する効果」

その2は汗で流れにくいので肌を長時間守ることができる事です。体を保湿するものとしては、ボディミルク、ボディローションなどもあります。やや粘り気のあるボディクリームに比べて、それらは水のようなものです。水に近いほうが塗っている時に伸びやすく浸透しやすいですが、外出している間に運動したり気温が高かったりすると汗で流れてしまいます。せっかく保湿成分が豊富に含まれているとしても、汗で流れ落ちてしまえば肌を守ることはできません。無防備な状態で紫外線を浴びたり空気中のホコリが肌につけば、その刺激がかゆみを誘発してしまいます。

外ではかゆみを感じていても、思い切りかくことができずただひたすらに耐えることになり大変な苦痛を感じることんあってしまいます。意外と汗で流れ落ちないというのは、かゆみのことを考えるならば重要なのです。

3.お風呂上がりの乾燥肌を防ぐ「クリームタイプ」

最後のその3は、風呂上がりのケアに最適だという点です。乾燥肌の人が注意しなければいけない瞬間として風呂上がりがあります。風呂に入れば、肌は潤うと思うかもしれませんが、風呂に入ると肌がふやけてバリア機能が低下してしまいます。さらに石鹸やボディソープを使って体を洗えば、それなりのダメージを受けている状態です。そこに肌の表面に残った水分が肌の内部の水分と一緒に蒸発してしまいます。つまり、風呂上がりというのは潤っているどころか、逆に乾燥がひどくなる場面なのです。乾燥肌の人であれば、なおのこと風呂上がりのケアを丁寧にしないといけません。

肌から水分が失われるのは、風呂上がりから1分位経過したくらいから10分後です。もうそれ以降にケアをしたとしても蒸発はすでに終わっていますから意味がありません。

そこで油分の多いボディクリームを使うと、肌に浸透しやすいし塗った瞬間から水分を守ってくれますからそれ以上の乾燥を防ぐことが出来ます。一度塗ったら、それで長時間の効果が期待できますからそれ以上のケアをしなくても心配ありません。ということで、脱衣所にボディクリームを常備させておけば、肌の乾燥を防ぐのに大いに役立つのです。

乾燥肌のかゆみ対策に適したボディクリーム選びの3つのポイントとは?

乾燥肌のかゆみにボディクリーム
かゆみに悩まされている乾燥肌の人が、ボディクリームを使って問題を解決しようという時、どういうところに注目して商品を選んだほうがいいのでしょうか。

ここではそれを3つのポイントにまとめてみます。

1.乾燥肌を刺激する成分が配合されていないボディクリーム

1つめのポイントは、乾燥肌の人でも安心して使える刺激の少ない成分であることです。たしかに保湿成分が入っていれば、肌の水分は守られることでしょう。でもボディクリームに刺激がある成分が入っていれば、塗っている間は絶えず刺激を受けていることになります。当然の事ながら刺激は痒みを引き起こすので、いつまでたっても解決はできなくなります。乾燥肌でも安心して使えるようなボディクリームを選ぶならば、防腐剤や香料など石油由来の合成成分が入っていないほうがいいです。またかゆみがアレルギーによるものであれば、アレルゲンとなりえる成分も警戒しておきましょう。薬局やドラッグストアで販売されている商品で、「低刺激」「敏感肌用」など書かれているのであれば刺激は少ないので使用しても問題はないでしょう。

2.塗ってもストレスにならないボディクリーム

2つめのポイントは、肌に塗ってみてベタつきの少ないものを選ぶことです。かゆみは外部から細菌やアレルゲンが肌に刺激を与えることが原因です。だからボディクリームを塗れば、肌の水分は守られてバリア機能も蘇るのでかゆみが収まることが期待できます。でも、ベタつくボディクリームだったとき、何もしなくても不快感が出てくるかもしれません。ボディクリームを落とさない限り亡くならない不快感は、ストレスとなり蓄積されていきます。強いストレスはアレルギー反応を強くする働きがあるので、せっかく消えたかゆみがぶり返してしまう可能性も出てきます。

保湿力や抗炎症作用などの効果は、成分表を見ることで確認できますが、使い心地は実際に肌に塗ってみないとわからないものです。購入して使ってみてから不快だとわかったら、そのボディクリームは役に立ちません。そんなもったいないことにならないように、まずは無料サンプルや安いトライアル商品を試していき、使い心地を確認していくのが賢い方法です。

3.継続してたっぷり使えるボディクリーム

3つめのポイントは価格です。フェイスクリームと違ってボディクリームを塗る範囲はとても広いです。広くなれば、必然的にそれだけ多くのボディクリームを使います。ということで大きめの用量でも、毎日使い続ければすぐに次を買わなければいけません。高い商品と安い商品とでは、価格だけでなく使われている成分の品質なども違うので、使っているときの使用感は高い商品のほうがいいでしょう。でも繰り返し買うことを考えれば、安い商品でも最低限の保湿力があればかゆみは防ぐことができるし、家計の負担にもなりにくいです。これはどちらが優れているのか、というよりも購入する人にとってどちらが楽なのかということを考えるポイントです。高い商品を買ったほうが、毎日快適に暮らせるというのであれば、それも立派な選択です。

乾燥肌のかゆみ対策にボディクリームまとめ

乾燥肌のかゆみ対策にボディクリーム
以上、乾燥肌のかゆみ原因の対策について、ボディクリーム選びのポイントなどをご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 乾燥肌のかゆみ原因を対策する「高い保湿力」
  • 乾燥肌のかゆみ対策に適した「長時間持続する効果」
  • お風呂上がりの乾燥肌を防ぐ「クリームタイプ」

このようにボディクリームによる、乾燥肌のかゆみ対策は有効な手段です。

毎日ケアをすることで、かゆみ止めの効果を実感できるはず。

乾燥肌のツライかゆみに悩まされない、潤った健康的な肌を手にれ入れて
快適な毎日をぜひ送ってください。

スポンサーリンク