肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【乾燥肌のクレンジングの正しい選び方とは?】おすすめのタイプとクレンジング方法をご紹介

乾燥肌クレンジング

乾燥肌におすすめのクレンジングとは?

乾燥肌のクレンジング「乾燥肌で自分に合ったクレンジングがなかなか見つからず困っています。クレンジングで乾燥肌が悪化しているようで、肌がバリバリに乾燥して小じわが目立つように。オイルタイプがいいのか、ミルクタイプがいいのか・・・。乾燥肌におすすめのクレンジングタイプは一体どれが良いのでしょうか?また、乾燥肌の正しいクレンジング方法も知りたいです。」

このような、乾燥肌のクレンジングの悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 乾燥肌の人が選ぶべきクレンジング3つのポイントとは?
  • 乾燥肌におすすめはミルククレンジング!3つの理由とは?
  • 乾燥肌の方のための優しく落とす正しいクレンジング方法

乾燥肌だと、クレンジング選びに苦労しますよね。

なかなか自分の肌にあうクレンジングが見つかりません。

そのため乾燥肌がひどくなってバリッバリ状態・・・

朝のメイクではファンデが乗らない最悪の肌に

そこで今回は
「乾燥肌におすすめ!クレンジングの正しい選び方」
をご紹介していきます。

乾燥肌の方のためのクレンジング方法も解説するのでぜひ参考にしてください。

もう乾燥肌のクレンジングに悩まされない快適な毎日を手に入れて
化粧ノリが抜群のスベ肌でメイクを思いっきり楽しみましょう!

乾燥肌の人が選ぶべきクレンジング3つのポイントとは?

乾燥肌クレンジング選び

乾燥肌の人は普通肌の人よりも刺激に弱いため、クレンジング剤を選ぶ時に知っておくべき3つのポイントがあります。

1.洗浄力よりも肌への優しさを優先する

1つ目のポイントは洗浄力よりも肌に合ったものを選ぶということです。もともと乾燥肌の人は肌の状態が落ち着くまで化粧を薄くした方が良いとされています。濃いメイクをすると肌への負担が大きくなります。そして、濃いメイクを落とすためのクレンジング剤も肌への負担が大きいものになってしまうのです。まずは肌に合うクレンジング剤を選び、メイクもそれに合わせるようにしましょう。

2.保湿効果のあるクレンジングを選ぶ

2つ目のポイントは保湿効果があるかどうかということです。敏感肌の人は肌の水分が少ないため、水分が多いものを選びましょう。それによって必要な皮脂を残し、肌の潤いを保つことができます。

3.摩擦による肌への負担が少ないタイプを選ぶ

3つ目のポイントは滑らかなテクスチャのクレンジングを選ぶということです。強力なクレンジング剤はメイクがしっかり落ちますが、肌への負担も大きくなります。肌への負担が大きいとさらに乾燥肌が悪化してしまうこともあるため、指先が滑りやすく摩擦のダメージを軽減できるものがおすすめです。

乾燥肌におすすめはミルククレンジング!3つの理由とは?

乾燥肌におすすめミルククレンジング

毎日の身だしなみとしてメイクをしている女性は多いでしょう。メイクはをしたらクレンジングが必要になりますが、一口にクレンジング剤といってもいろいろな種類があります。そのためどれを選んだら良いのか迷ってしまう人もいるかもしれません。メイクの落ちやすさや使用感などで選ぶこともできますが、肌質に合ったものを選ぶことも大切です。乾燥肌の人におすすめなのが乳液状のミルククレンジングです。これは界面活性剤や油性の成分に水分を加えたものであり、肌に馴染みやすいことが特徴です。ミルククレンジングは肌に優しいですし、乾燥肌の人でも安心して使うことができます。一般的なクレンジング剤には油分や界面活性剤などが配合されています。そのためクレンジングをするとメイクだけでなく、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうのです。そうすることで肌への負担が大きくなります。乾燥肌の人は肌の水分保持力が低下しており、皮脂の分泌量も低下しているため、普通肌の人よりも肌がダメージを受けやすい状態です。特に30歳以上になると肌がデリケートになるため、できるだけ刺激の少ないクレンジング剤を選ぶことが大切です。ミルククレンジングは洗浄力が穏やかなので肌への負担が少ないですし、乾燥肌の人でも安心して使うことができるでしょう。特に乾燥しやすい人は保湿成分配合のものを選ぶことがポイントです。油分や界面活性剤など肌への刺激となる成分が少ないことも特徴です。代わりに天然の洗浄成分などを配合してており、メイクを優しく落とすことができます。洗浄力が弱いというデメリットはありますが、手のひらで温めてから使うことでメイクを落としやすくなります。ミルククレンジングが乾燥肌に良い理由は3つ挙げられます。

1.肌への刺激が少ない

1つ目の理由は肌への刺激が少ないということです。ミルククレンジングは他のクレンジング剤と比べると肌への刺激が少なく、優しく洗えることが大きな特徴です。クレンジング剤は界面活性剤の力によって肌の汚れやメイクを落とすためのものですが、界面活性剤が入っていると肌への刺激が大きくなります。ミルククレンジングは界面活性剤の割合が低いため、肌への刺激が少なくて済むのです。

2.乾燥を防ぐことができる

2つ目の理由は肌が乾燥しにくいということです。ミルククレンジングはオイルタイプのクレンジング剤と比べて油分が少なく、さらっとした使い心地が特徴です。油分が多ものだと肌の皮脂を必要以上に落としてしまうこともありますが、油分の少ないミルククレンジングならそのような心配もありません。肌にとって必要な皮脂はきちんと残してしまうため、肌が乾燥しにくいということです。そのため加齢によって肌が乾燥しやすくなった人やもともと乾燥肌で悩んでいる人に最適です。

3.滑らかで肌への摩擦がない

3つ目の理由はよく伸びるということです。ミルククレンジングは水分が多く含まれているため、肌に乗せた時に伸びやすいのです。そのため乾燥肌の人でも使いやすいですし、滑らかなので使用感も良いのです。

乾燥肌の方のための優しく落とす正しいクレンジング方法

乾燥肌のクレンジング方法

メイクは油性の汚れなので落ちにくいとされています。特に汗に強いリキッドファンデーションなどは肌への負担が大きくなります。乾燥肌の人は普通肌の人よりもデリケートですし、肌への負担を軽減するクレンジング方法を知っておくことが大切です。間違った方法でクレンジングすると肌が乾燥しやすくなるので注意が必要です。肌が乾燥してしまうと化粧ノリも悪くなりますし、メイクが決まらないと気分も冴えません。肌に合わないクレンジングで乾燥が進んでしまった場合、さらに肌の潤いがなくなってしまうのです。結果として肌が粉を吹くほど乾燥してしまうこともあります。乾燥肌の人はやはり優しくメイクを落とすことが大切です。

1.手をしっかり洗う

クレンジングの際にはまずしっかり手を洗うことがポイントです。手というのはいろいろなものに触れるため、雑菌がつきやすい部分です。雑菌がついたまま顔の触れた場合、その雑菌がデリケートな顔の皮膚についてしまいます。ニキビなどの肌トラブルに繋がることもあるため、クレンジングの際に手を洗うことは重要です。

2.ポイントメイクから落とす

クレンジングでは最初にポイントメイクを落とすことになります。ポイントメイクリムーバーをコットンに浸み込ませたら目元に乗せましょう。5秒ほど置いてからゆっくりコットンを滑らせることで綺麗にメイクが落ちます。後でクレンジング剤を使うため、多少メイクが残っていても問題ありません。

3.適量のクレンジングを手に取る

クレンジング剤を使う時は容器に書かれている量を目安に手に取りましょう。少量にすると肌への摩擦が起きやすく、肌に負担をかけてしまうことになります。逆に使う量が多すぎるとすぐに終わってしまうため、適量の使用を心がけることが大切です。指定の量が記載されていない場合、500円玉程度の大きさが目安となります。

4.クレンジングを手のひらで温める

手に取ったクレンジングは軽く手のひらで温めてから使いましょう。冬は手が冷えやすいため、お湯などで先に手を温めてからクレンジング剤を手に取るのがおすすめです。

5.徐々に顔全体に広げる

次に両頬や額、顎、鼻など部分的にクレンジング剤を乗せ、顔全体に広げていきましょう。

6.力を入れすぎずに優しく馴染ませる

乾燥肌の人がメイクを落とす時にはあまり力を入れないことがポイントです。優しい力加減で少しずつ伸ばしていけば肌への負担は少なくて済みます。指の腹で内側から外側に向かって円を描くようにして馴染ませますが、汚れが溜まりやすい小鼻は少し念入りにケアします。

7.デリケートな箇所は特に優しいケアを!

目元や口元は皮膚が薄いため、他の部位よりもさらに優しくメイクを落としましょう。クレンジング剤がメイクと馴染まない時はぬるま湯を少し足してみるのがおすすめです。メイクと馴染むまでは重い感じがありますが、軽くなったと感じたらメイクが落ちたサインと言えます。

8.ぬるま湯でやさしく洗い流す

洗い流す時も熱いお湯ではなくぬるま湯を使うことがポイントです。熱いお湯だと肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、温度には注意が必要です。すすぎの際には擦るのではなく、指の腹を使って撫でるように少しずつ洗っていきましょう。こめかみなどはすすぎ残しが多いため、特に気をつけて洗う必要があります。

乾燥肌のクレンジングまとめ

乾燥肌クレンジングおすすめ
以上、乾燥肌のクレンジングの正しい選び方について、おすすめのタイプとクレンジング方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 肌への刺激が少ない
  • 乾燥を防ぐことができる
  • 滑らかで肌への摩擦がない

以上のポイントを意識して、クレンジングを選ぶことが大切です。

毎日のクレンジングによって、乾燥肌の状態はかなりの差がでてしまいます。

いくらスキンケアで保湿を頑張っても、クレンジングでお肌に負担をかけていると、いつまでたっても乾燥肌が改善されません。

クレンジングから見直して、乾燥肌を改善していくことが重要なんですね。

乾燥肌に負担をかけない肌に優しいクレンジングを心がけて
乾燥に負けない健康的なツルスベ肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク