肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【乾燥肌のファンデーションの塗り方とは?】ファンデが浮く原因を防止する対処法

美肌になるには

乾燥肌のファンデーションの塗り方「3つのテクニック」とは?

乾燥肌のファンデーションの塗り方「乾燥肌でファンデーションのノリが悪くて悩んでいます。パサパサ乾燥肌だとファンデがすぐ浮くので、見た目は最悪・・・。周りからの視線がとても気になって仕方ありません。いろいろなファンデーションを試してみても、うまくファンデを塗ることができません。乾燥肌のファンデーションが浮く原因を防止する良い塗り方や対処方はなにかありませんか?」

このような、乾燥肌のファンデーションの悩みにお答えします。

  • 本記事の内容
  • 乾燥肌がファンデーションが浮く原因とは?
  • 乾燥肌でファンデーションが浮く原因を防止する3つの塗り方テクニック
  • 乾燥肌の人が選ぶべきファンデーション3つのタイプとは?

乾燥肌だと、ファンデーションのノリが悪くて悩みますよね。

朝に、一生懸命メイクしても、うまくファンデが乗らない

ガサガサ乾燥肌にファンデーションを塗ると
浮きまくってしまい、肌がとても汚く見えて困ります。

ファンデを、塗りなおせば塗りなおすほど
ますますヒドイ状態に・・・

そこで今回は、乾燥肌のファンデーションの塗り方について解説していきます。

この記事に書いている「乾燥肌のファンデーションの塗り方」を実践すれば、ファンデ浮きの原因も防止できるはずです。

もうファンデーション浮きに悩まされない快適な毎日を手に入れて、メイクをおもいっきり楽しみましょう!

乾燥肌がファンデーションが浮く原因とは?

乾燥肌がファンデーションが浮く原因

ファンデーションが浮く原因といえば、皮脂によるオイリー肌が知られています。
しかし、実は乾燥肌も浮く原因の1つで、こちらも女性を悩ませる問題です。
乾燥しているのにファンデーションが浮く、その理由は乾燥によって乱れてしまう、いわゆるターンオーバーにあるといえます。
ターンオーバーが早くても遅くても、肌の表面を荒れさせてしまい、結果として浮きに繋がります。
ファンデーションと肌の間は、しっかりと密着させることで本来のノリが生まれます。
ところが、ターンオーバーに問題が発生すると、肌が荒れて凸凹になってしまうわけです。
そうすると隙間ができやすく、密着性に影響を与えることになります。
乾燥肌の人は、ファンデーションが浮きそうな時にパウダータイプを使用する場合がありますが、これは余計に浮きを促進させてしまいます。
さらさらタイプの下地も同じく、余分な皮脂を吸着するのが目的ですから、皮脂不足の乾燥肌には逆効果です。

乾燥肌でファンデーションが浮く原因を防止する3つの塗り方テクニック

乾燥肌ファンデーションの塗り方

1.まず、ファンデーションが浮かないための肌作り

肌の乾燥が気になったり、空気が乾いていると感じる場合は、ファンデーションが浮く原因に対策をして解決する必要があります。
乾燥肌は水分不足が問題ですから、基本的には洗顔後の保湿に力を入れ、しっかりと水分を供給してからメイクに入ることが大切です。
化粧水は顔の隅々まで行き渡らせて、直ぐに渇いてしまわないように注意しましょう。

乳液やクリームなどによる乾燥防止対策も有効なので、水分を閉じ込める目的で使います。
このしっかりとした保湿は、ファンデーションが浮いてしまう原因の解決に役立つ、塗り方テクニックの重要な基本です。
面積が広く浮きが目立つ頬や、皮膚が薄い目の周りは特に要注意となります。

加えて、角質もファンデーション浮きの原因となるので、適度なケアも心掛けておくことが大事です。
思いの外、産毛のような目立たない存在も影響しますから、やり過ぎない程度にお手入れをしたいものです。
下地は原則として薄く、むらが出ないように丁寧に塗ることがポイントです。

厚塗りは密着の妨げになってしまうので、塗り過ぎたらティッシュで吸い取るのが良いでしょう。
ティッシュを使う方法は案外有効で、過剰な油分を取り除くことによって、ファンデーションが浮きにくくなります。

2.ファンデーションは軽く叩いて乗せる

塗り方も実はファンデーションの浮きに関係しますから、その点も見直してみることをおすすめします。
スポンジで塗り拡げるやり方は、思ったよりも綺麗に薄く塗ることが難しいので、この方法では浮きの対策にはならないです。
それよりも、軽く叩いて乗せるようにすると、重ね塗りになって適度な厚みのしっかりとしたファンデーションが実現します。
少しずつスライドさせる感じで、内側から外に向かってぽんぽんと肌に乗せていきます。

メイク直しの際は、あぶらとり紙などでゴシゴシ擦ると逆効果ですから、肌に密着して吸い取るつもりで油分を取り除きましょう。
リキッドタイプのファンデーションを使うなら、必ず定められている使用量を守り、使い過ぎないように心掛けます。
必要な量は真珠1個分位で、実際に手に取り出して確認してみると、大量に使用する必要はないことが分かります。

3.ファンデーションを温めてから塗る

使う時には手の甲などに取り出し、しばらく時間を置いて温めてから使います。
ちょっとした工夫が密着性の改善に有効で、ファンデーションの浮きが遠ざけられるようになります。
取り出したばかりの状態だと、肌に対する馴染みが不十分で、塗っても部分的に浮くような感じになりがちです。
温めてから塗る工夫を行えば、密着性が改善されて肌の質感がナチュラルに仕上がり、時間の経過と共に浮いてしまう恐れも小さく抑えられます。
ファンデーションは鼻や頬に額など、顔の代表的なパーツに振り分けるように乗せ、内から外に掛けて塗る範囲を広げていくのがコツです。
外から内に塗るよりも、自然な仕上がりに期待できますから、このテクニックも積極的に活用したいところです。

乾燥肌の人が選ぶべきファンデーション3つのタイプとは?

乾燥肌の人が選ぶべきファンデーション

1.クリームタイプのファンデーション

ファンデーションといっても種類は多様で、肌質に合わせて選べるようになっています。
乾燥肌であれば、密着性が良くてカバー力にも優れる、そういったタイプを選択するのが理想的です。
ファンデーションに保湿力も求めるなら、カバー力も優秀なクリームタイプがマッチします。
油分がやや多めに配合されているので、乾燥肌による皮脂の不足を補うことができます。
使用感は保湿クリームに似ていますから、その点は好みによって大きく左右されるでしょうが、潤いを保ち浮きを防ぐ意味では有用です。
長時間水分の蒸発を防いでくれる、そんな機能を求めたい乾燥肌の人こそ選ぶべきでしょう。
仕上がりは厚めになりますが、その分くすみやシミのカバー力が発揮されるので、顔の隠したいところが多い場合にも適しています。
油分という、水と相反する性質の成分が多めですから、カバー力を発揮する時間の長さにも期待できます。
肌の潤い感が長時間保たれる、それこそがクリームタイプのメリットで、乾燥感が強く感じられる人の味方となります。

2.リキッドタイプのファンデーション

フィット感と保湿が優れるリキッドファンデーションは、肌への負担が小さいので、敏感肌の人も使いやすいです。
性質はクリームタイプに似ていますが、仕上がりはよりナチュラルですから、厚ぼったいファンデーションを苦手としていても大丈夫です。
更に、しっかりメイクにも対応する懐の深さがあるので、肌のダメージが懸念されるメイクをしたい人にも、有力な選択の候補に浮上するはずです。
油分で守りつつ肌に対するダメージをカットする、これがリキッドファンデーションの強みで、潤い感重視のクリームとの違いです。
使用時にはスポンジや指先を使い、叩いて乗せる感じで使用を行うと、肌に良く馴染んで浮きを防ぐことができます。
リキッドタイプはカバー力が物足りないと考えている人も、塗り方1つで解決しますから、そういう心配は無用です。

3.クッションタイプのファンデーション

メイクの時間があまりない、あるいは手間を少しでも減らしたい時合は、美容液の機能も併せ持つクッションファンデーションが狙い目です。
ファンデーションに美容液の成分を組み合わせることで、下地の手間を省きつつ、ちゃんとしたしっとり感のある仕上がりを実現しています。
乾燥肌にこそマッチしますし、適度なツヤを感じさせる潤いが生まれますから、普段美容液とファンデーションを使っている人に最適です。
手間が省ける上に、丁寧にメイクをした場合と遜色のない肌質になるので、手軽なのに魅力的です。
リキッドファンデーションほどの手間がなく、多少雑に塗ってもそれなりに仕上がりますから、乾燥肌かつファンデーションの浮き対策が初心者の人におすすめできます。
忙しい朝でもさっと済ませたい、というニーズに応えてくれるので、メイクの時間が限られる人こそ選ぶべきだといえるでしょう。

3つのポイントを振り返ると、油分の補給とカバー力を重視するならクリームタイプ、フィット感と肌の負担軽減ならリキッドタイプが合います。
クッションタイプは美容液の手間を減らせるので、忙しくてしっかりとした浮き対策ができない場合の味方となります。

乾燥肌のファンデーションの塗り方まとめ

乾燥肌のファンデーションの塗り方
以上、乾燥肌のファンデーションの塗り方について、ファンデが浮く原因を防止する対処法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • ファンデーションが浮かないための肌作り
  • ファンデーションは軽く叩いて乗せる
  • ファンデーションを温めてから塗る

乾燥肌でファンデーション浮きに悩んでいる方はとても多いです。

うまくメイクが決まらないと、その日は自信が持てずに憂鬱ですよね。

人の近い距離で話すのがとても嫌になってしまいます。

でも、しっかりと対処法を実践していけば大丈夫!

保湿ケアなどで、ファンデーションが浮かない肌作りをして。
乾燥肌のファンデ浮きを防止する塗り方をすれば改善されていきます。

ファンデーションがお肌にしっかりと乗るようになると、メイクを思いっきり楽しめるようになりますよね。

しかも、メイク直しの手間や時間を減るので、楽して綺麗な肌を保てます。

乾燥肌のファンデーション浮きに悩まない快適な毎日を手に入れて、オシャレやメイクを思う存分楽しみましょう!

スポンサーリンク