肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【乾燥肌のカサカサ肌を治したい】潤い肌になる3つのスキンケア方法

肌を柔らかくする方法

何をしても治らなかった乾燥肌が・・・潤い肌に!?

  • いくら保湿をしても、カサカサ乾燥肌のまま・・・
  • 肌が乾燥して、すぐに粉を吹いてしまう・・・
  • 乾燥肌のせいで化粧ノリが最悪・・・

いくら対策しても、
乾燥肌が改善されない原因

「間違ったスキンケア方法による、肌のバリア機能の低下」

なんです。

「生まれつき、乾燥しやすい肌質だから・・・」

何て決めつけてしまっていませんか?

肌質ではなく、間違ったスキンケア方法で、乾燥肌を自ら招いてしまっているケースが多いんです。

間違ったスキンケアの代表が「やり過ぎスキンケア」

  • 多くの化粧品を重ね塗り
  • 肌を綺麗にしようと過剰なクレンジングや洗顔
  • 肌に無理な負担がかかるピーリングや乱暴なハンドマッサージ

お肌のためと思って、つい色々な美容法を取り入れてしまうんですよね。
その気持ち、すごく良く分かります。

けれど、お肌に大切なのは
「負担をかけずに、肌本来の力を回復」させてあげることです。

正しいスキンケアの方法を知ることが、カサカサ乾燥肌の根本的な解決になります。

保湿アイテムを塗りたくって、その場しのぎの対策は卒業しましょう。

とは言っても、特別なスキンケア方法をする必要はありません。

乾燥知らずの潤い肌の人ほど実践している3つのスキンケア方法があります。

以前は、極度の乾燥肌に悩まれていた私ですが

たった3つのポイントを意識するようになって、お肌の潤い状態は劇的に変わりました。

今回は乾燥肌に悩まされないようになる、3つのスキンケア方法をご紹介します。

乾燥肌を根本から改善!潤い肌になる3つのスキンケア方法

乾燥肌を治す方法

いつも肌が潤っていて美肌の人っていますよね。

特別なスキンケアをしているんだろうな、なんて想像してしまいます。

「とても高価な美容液やクリームを使っているんだろう」

「エステや美容外科に通って、特別なスキンケアをしているんだろう」

こんな風に思って、自分には無理だとあきらめがち。

でも事実は、けっこう違うことが多いんですよ。

プルンプルンの潤いのある肌の人に限って

シンプルなスキンケアをしているだけだったりするんです。

乾燥肌を気にするあまり、過剰なやり過ぎスキンケアをしてしまう。
それによって、乾燥肌を悪化させてしまっていたんだと気付かされました。

それでは、乾燥肌とは無縁の潤い肌の人が実践している、スキンケアの方法をご紹介していきましょう。

1.潤い肌の人はスキンケアが「とってもシンプル」

潤い肌になる方法
近づいても、肌のカサつきが一切ない。

そんなプルンプルンの潤い肌の人ほど、スキンケアがとってもシンプルな場合が多いんです。

それとは逆に
カサカサ肌で粉を吹いてしまって悩んでいる人ほど、熱心にスキンケアを頑張っていたりします。

美容パックを毎晩したり・・・

高めの保湿クリームを塗ってみたり・・・

そんな過剰なスキンケアをした結果、乾燥肌が改善されましたか?

そう上手くはいきませんよね。

やり過ぎスキンケアが、乾燥肌の原因になっているからです。

乾燥肌を改善するために、あれもこれもとスキンケアを頑張っていたのに・・・

逆効果で、乾燥肌を悪化させていたなんて!?

けれど、なぜ?

過剰なスキンケアが逆効果で

シンプルなスキンケアの方が、潤い肌を作るのでしょうか?

その理由は「過剰なケアによる、肌への刺激」です。

化粧品に含まれている成分というのは、すべてお肌にとって良いものというワケではありません。

人体にとっては、やはり「異物」として認識されます。

しかも、成分がお肌に合っていない場合は、より刺激物として認識されてしまいます。

本人はケアしているつもりが、実はお肌に刺激を与えてしまっていることが多いんです。

お肌に余計な負担がかかることで「肌のバリア機能が低下」してしまいます。

バリア機能が低下したお肌は、水分を保持する力が弱まってしまうんですね。

本来、蓄えていられるはずの水分が、肌の外に逃げてしまう。

これでは、肌が感想状態になってしまうのも無理ありません。

乾燥肌を根本から改善したいのであれば
お肌への「刺激」と「負担」が少ない
シンプルなスキンケアが良いのは当然なんですね。

シンプルなスキンケアを習慣にしている人は、お肌への負担や刺激とは無縁の生活をしています。

特別なケアをしていないように見えますが、潤った肌になれる理想的な環境を作れているわけです。

お肌への刺激や負担が少ないため、肌のバリア機能が高まります。

多くの水分を保持できる、プルンプルンな潤い肌になれるんですね。

2.乾燥知らずな「潤い肌」を作るスキンケア方法

潤い肌になるスキンケア方法
子供の頃って、いまほど保湿ケアなんかしませんでしたよね。

その理由は、肌力があったから。
過剰なスキンケアも、肌に負担となるメイクだってしていないんですもん。

そのため、肌本来の回復力が元気。
潤いのある肌の状態を保てていたんですね。

最近は、小学生からメイクをしてしまう子が多いです。

なので、まだ若いのに、肌がカサカサになって乾燥肌に悩まされている子供が急増しています。

乾燥肌の原因となる肌への負担が原因となっています。

栄養のあげ過ぎも肌力低下を招きます。

肌に良かれと思ってやっていまう過剰なスキンケア。
美容液、クリーム、そして美容オイルなど・・・
あれもこれもと、お肌に塗りたくる。

これでは、お肌は栄養過多な状態になってしまいます。

すると、お肌はどうなってしまうでしょうか?

お肌が乾燥から自らを守る

・皮脂による肌の保水力

・水分が不足した時の保湿能力

が衰えてしまうんです。

過剰なスキンケアで、衰えてしまった肌力を回復するには?

シンプルなスキンケアを習慣にすることで
「肌が本来持っている力」を取り戻すことができます。

お肌は過保護になり過ぎてもダメなんですね。

乾燥に強い肌作りで大切なこと
肌が本来もっている力を取り戻すこと。

日頃から数多くの化粧品に頼らなくても、潤いのある肌になれるんです。

3.カサカサ肌は卒業!「保湿習慣」が潤い肌を作る

カサカサ肌から潤い肌を作る
乾燥肌対策なんだから「保湿」は当たり前でしょ!

なんて思われたかもしれません。

ここでいう「保湿習慣」というのは
単純に保湿アイテムでのケアだけをさしているわけではないんです。

保湿習慣とは

「肌が乾燥する状態を作らない」ことです。

化粧水などによる「保湿ケア」は、その一部でしかありません。

大切なのは「潤いの補給」よりも「潤いが奪われない」こと!

肌から潤いが奪われてしまう原因となるのが

  • 紫外線による肌へのダメージ
  • クレンジングや洗顔のときのゴシゴシ摩擦
  • 化粧水をつけたあと、乳液での保護がおろそか
  • 洗浄力の強い洗顔料で洗いすぎ
  • 頻繁なピーリング

以上のようなケアをしてしまっていると、乾燥肌が慢性化してしまいます。

いつも潤っている肌の人は、こういった肌が乾燥する状態を作らない生活習慣が身についています。

少しの意識で、一つ一つを改善していくだけで、お肌の乾燥状態は劇的に変わってきます。

「肌の潤いが奪われない」保湿習慣を意識していきましょう。

ここまでは、乾燥肌を改善して潤い肌になるための3つのポイントを解説してきました。

ここからは、潤い肌の人ほどこだわっている2つのケアについてご紹介していきます。

潤い肌の人が必ず実践している、たったの2つのこと

肌が潤っている人のスキンケア

潤っていて、ぷるんと弾むしっとりとした美肌の人を見ると

「エステに通ったり、特別高価な美容液を使っているんだろうな」

なんて、思ってしまいますよね。

けれど、事実は違っていることが多いんです。

日頃、どのようなスキンケア方法をしているのかを聞いてみると

「たった、それだけ?」

と拍子抜けしてしまうことが多いんです。

「それだけ」と言っても、
お肌のケアをいい加減にしているわけではありません。

潤った肌を保つために必要なことに絞って、きちんとケアをしているんです。

潤い肌の人が必ずしている2つのケア

  • 乾燥肌を防ぐ絶対条件となる「保湿ケア」
  • 潤った肌作りの基本となる「洗顔ケア」

この2つのケアをしっかり実践するかどうか

それによって、乾燥肌の症状が劇的に変わるんですね。

話題になる新たな美容法や、多くのスキンケアに惑わされることはありません。

過剰なスキンケアは、返ってお肌の乾燥を招いてしまうほどなんです。

当たり前過ぎるほどの「スキンケアの基本」である

「保湿」と「洗顔」に集中することが、乾燥肌対策には一番なんですね。

そして、乾燥知らずの潤い美肌になるには

  • 保湿化粧品
  • 洗顔石鹸

この2つが大切となります。

潤った美肌の人ほど
この2つのスキンケアアイテムだけには徹底してこだわっているんです。

それでは、
「潤い肌の人は、どのような化粧品を選んでいるのでしょうか?」

お肌に刺激や負担をかけないシンプルスキンケアに適した「保湿化粧品」と「洗顔料」を選ぶための重要なポイントがあります。

ここからは

  • 「保湿化粧品・洗顔料」選びで重要となるポイント
  • 潤い肌を手に入れた人たちから評価の高いアイテム

この2つをご紹介しておきますね。

潤い肌作りに必須となる「保湿化粧品」選びで重要となるポイント

潤い肌になる方法
保湿化粧品選びてもっとも重要となるポイント

それが「配合されている保湿成分」

当たり前でしょ!

と思われたかもしれません。

けれど、保湿成分にこだわってきちんと商品選びが出来ていない方が多いんですね。

商品パッケージやポスターなどのイメージで

「なんか、保湿力がありそう!」

なんて、いい加減な判断基準で選びがちなんです。

化粧水などは、湿成分の違いによって、保湿効果にかなりの差が出ます。

保湿成分の種類は多く、どれが良いのか迷ってしまいますよね。

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

などが有名でしょうか。

けれど、おすすめの保湿成分はこれらではありません。

潤い肌を目指すなら、選ぶべき保湿成分があります。

それが「セラミド」です。

その理由は「圧倒的な保湿力」

他の保湿成分と比較して、肌の奥まで浸透する効果が段違いに高い特徴があります。

肌につけても、ただベタベタするだけの保湿化粧品って多いですよね。

とろみがあって、雰囲気だけは保湿力が高そうな化粧品。

「セラミド」は、スーっと、肌に入り込んでいく実感があります。

乾燥肌で悩んでいる方は「セラミド」配合の化粧品を選んでください。

「品質の高いセラミド」が高配合されている『ディセンシア アヤナス』

ayanasu

セラミド配合の化粧品の中で、特に評判なのが『ディセンシア アヤナス』です。

美容業界でも話題になっている理由が「品質の高いセラミド」

セラミドといっても、種類がいくつかあるんですね。

種類によって、当然ながら浸透力に差がでます。

選ぶべきセラミドの種類は「ヒト型セラミド」です。

特に浸透力が優れていて、乾燥肌にピッタリの成分。

アヤナスは、その「ヒト型セラミド」がきちんと配合されています。

肌につけたときに、スーっと入り込んでいく実感は驚きです!

潤い肌作りの必須となる「保湿ケア」に徹底してこだわる方たちから、圧倒的な支持を受けていますね。

加えて、乾燥肌に悩む方に嬉しいのが、敏感肌でも安心して使えるよう開発されている点。

乾燥状態の肌というのは、肌がとても弱っています。

化粧水でピリピリしたり、しみたりと悩みが多いですよね。

アヤナスは「肌に刺激になる成分は入れない」ことを徹底して開発されました。

そのため、乾燥肌に刺激や負担を与えない、とっても優しい保湿化粧品なんです。

徹底した保湿ケアで、ぷるんと弾む潤い肌を作りたい!

という方は『アヤナス』公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

アヤナス公式サイトを見てみる

乾燥肌を作らないための「洗顔料」選びで大切なポイント

乾燥肌を治す方法

お肌がもっとも乾燥状態になってしまうときをご存知ですか?

それが「洗顔」のときなんです。

肌の汚れや、不要な角質などを落とすと同時に

大切な皮脂も落としてしまうからです。

特に洗顔で注意したいのが

・洗浄力の強すぎる洗顔量の使用

・ゴシゴシと手で擦ってしまう洗顔方法

この2つです。

肌の潤いに大切な皮脂を根こそぎ奪ってしまいます。

こんな洗顔をしていては、乾燥肌はいつまでたっても改善されません。

「肌の汚れを落とす」だけの、これまでの洗顔は卒業しましょう。

「潤い肌を作る」洗顔に切り替えることが大切です。

そのためには、お肌に負担をかけない「泡洗顔」が適しています。

そして、潤いを守ることのできる洗顔料選びが欠かせません。

擦って洗うのではなく、泡で吸着しながら汚れを落とす。

お肌の潤いを奪うのではなく、潤いを守りながら優しく洗う。

お肌を乾燥から守ることのできる洗顔料を選んでください。

乾燥肌で悩んでいた方が「実際に使って変化を実感した」と評判の洗顔石鹸をご紹介しておきますね。

潤い肌を洗顔から作る、驚きの弾力泡『よかせっけん』

yoka

  • モッチモチの弾力泡で肌に負担をかけない
  • 吸着力抜群の泡が、肌を刺激することなく汚れを吸い取る
  • 累計販売個数が、2,200万個突破の大ヒット洗顔石鹸

乾燥肌に悩んでいた方たちから、特に評判なのが『よかせっけん』です。

もっちりとしっかりした泡の弾力。

肌に乗せたときに感じる、吸着力には感動です。

乾燥肌を引き起こす原因となるのが、肌への摩擦。

この弾力泡なら、肌をゴシゴシと擦ることはありません。

弾力泡の吸着によって、肌の表面だけでなく、毛穴の奥の汚れまでを吸い上げてくれます。

潤った肌作りに必須となる、泡洗顔にぴったりの洗顔石鹸です。

弾力泡の60%が美肌成分!

潤い肌を目指すなら、洗浄だけの洗顔石鹸は適していませんよね。
よかせっけんは、美肌成分が限界まえ配合されている理想の石鹸なんです。
一般的に、洗顔のときは肌がとても乾燥状態になりやすい。
けれど、ここまで美肌成分が高配合されている洗顔石鹸なら乾燥の心配はないですね。

洗顔から乾燥肌対策をしたい方たちから絶大な支持を受ける、納得の洗顔石鹸です。

よかせっけん公式サイトを見てみる

乾燥肌を治して潤い肌になるまとめ

乾燥肌を治したい
以上、乾燥肌でカサカサ肌を治したい!という悩みについて、潤い肌になる3つのスキンケア方法ご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 潤い肌の人はスキンケアが「とってもシンプル」
  • 乾燥知らずな「潤い肌」を作るスキンケア方法
  • カサカサ肌は卒業!「保湿習慣」が潤い肌を作る

乾燥肌でカサカサ肌の人ほど、過剰なスキンケアをしてしまっています。

それにより、肌には刺激や負担がどんどん蓄積されてしまうんです。

その結果、肌の機能が低下して、乾燥肌が慢性化してしまっているんですね。

潤い肌を作るシンプルスキンケアとは
過剰なスキンケアをやめて、肌本来が持っている力を回復させる。
そして、潤う力を取り戻していくスキンケアです。

カサカサ知らずの、潤い肌の人ほど、こだわって習慣にしているケアが

  • 乾燥肌を防ぐ絶対条件となる「保湿ケア」
  • 潤った肌作りの基本となる「洗顔ケア」

この2つのシンプルなケアでした。

乾燥肌の悩みが解消されれば

  • 肌のカサつきや粉吹きが気にならない!
  • 潤った肌で、化粧ノリがグンとよくなる!
  • 乾燥による小じわを気にせず思いっきり笑える!

自分の肌に、自信を取り戻せますよね!

何も特別なスキンケアをする必要はないんですね。

シンプルで簡単だけれど、基本となるケアを習慣にすることが大切。

保湿と洗顔に絞って実践するだけなので、以前よりもスキンケアが簡単になってしまうほどです。

いまからでも、乾燥知らずの潤い肌は作れるんですね。

最後に、記事内でご紹介している「潤い肌になるためのシンプルなケアにびったりなアイテム」の情報を下記にまとめておきますね。

気になるものがあれば、公式サイトを一度覗いてみるのもいいかもしれません。

潤い肌の絶対条件となる「保湿」を徹底できる『ディセンシア アヤナス』公式サイトを見てみる

洗顔から潤い肌作りができる『よかせっけん』公式サイトを見てみる

お肌のケアは、いくつから始めても遅いなんてことはありません!

きちんとしたケアを実践すれば、潤いのある肌は取り戻せるんです。

私も以前は、カサカサの粉吹き肌に悩まされていました。

化粧ノリがとても悪く、コンプレックスでしたね。

ファンデがうまくのらずに、朝から憂鬱でした。

リキッドファンデなど色々と試しても、納得のいく解決策にはならなかったんです。

それはそうですよね。

悩みの根本的な解決になっていなかったんですから。

いくらファンデを変えても、土台となるお肌の乾燥状態が改善されなければ意味がありません。

やるべきことは、ファンデ変えるといった対処法ではなく。

乾燥肌を改善するという、根本的な解決だったわけです。

それに気がついて、シンプルなスキンケアを実践し始めました。

最初は、手抜きをしているようで不安でしたね。

乾燥肌が悪化したらどうしようかと・・・

けれど、シンプルスキンケアに切り替えてから、すぐに変化を実感しました。

肌のカサつきをあまり感じなくなっていったんです。

潤いを実感する頃には、自分の素肌に自信が持てるようになりました。

メイクのノリもよくなって、朝から最高の気分!

カサカサ肌を隠すメイクが卒業できました。

メイクを楽しめるようになったのが、本当に嬉しいですね。

もう乾燥肌には悩まされない!

自分の肌が大好きになれるよう、シンプルスキンケアで潤い肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

関連記事