肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

毛穴の黒ずみを取る洗顔料は?黒ずみ除去におすすめ洗顔石鹸3選

毛穴洗顔石鹸

毛穴洗顔石鹸選び3つのポイント

市販されている数多くの洗顔石鹸の中で、
3つのポイントを満たしている洗顔石鹸は多くありません。

そこで全てのポイントをクリアした、おすすめの洗顔石鹸を厳選しました。
ぶつぶつ毛穴つまりにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

top_image_yajirushi

毛穴洗顔石鹸ランキング

1位:どろ豆乳石鹸 どろあわわ

doroawawa

  • キメ細かい弾力泡が、毛穴の汚れをスポイトみたいに吸い取ります。
  • 一面びっしりだった黒ずみも、洗顔だけでウソみたいにキレイに!
  • 空っぽになった毛穴に美容成分が浸透して、エステ級の洗い上がり。

数多く洗顔石鹸は販売されていますが、その中でも汚れ吸着力はトップクラスです。
頑固な黒ずみ詰まりを毛穴の奥から吸い出して、きれいにリセットしてくれます。

ブツブツ毛穴のいちご鼻を、どうにかしたい…
そのような毛穴にコンプレックスを持った持った方達も納得の使用感。
「使い続けたい!」といった好評価の声が多数届いているそうです。
アンケートでは商品満足度が、なんと93.55%という結果に!

使い始めてから「毛穴が目立たなくなってきた」とリピーター急増中です!

2位:然 よかせっけん

yoka

  • 火山灰シラスを含む泡の力で、毛穴汚れを吸着除去!
  • 従来よりもさらに細かくなったシラスパウダーが、毛穴の奥まで洗い上げます。
  • 通販コスメ洗顔部門で1位を獲得!

1分間に約3個も売れている、いま人気の洗顔石けん。

よか石けんの原材料は、吸着力に優れた火山灰です。
そのため、吸着性が大変優れた泡が出来上がります。

濃密泡が毛穴の奥にまで入り込んで、黒ずみや皮脂汚れをスッキリ落としてくれるんです。
小鼻周りの黒ずみや毛穴にお悩みの方におすすめの洗顔石鹸です。

3位:VCOマイルドソープ

vco

  • 生クリームのようなキメ細かな泡が、毛穴の汚れを外に運びだします。
  • 天然成分でお肌に優しく、安心して使用できます。
  • ヒアルロン酸たっぷりの泡で、保湿もバッチリです。

VCOマイルドソープには最高級ココナッツオイルが贅沢に配合されています。
そのため、出来上がる泡はとってもクリーミーで、生クリームのような質感。

美容成分がたっぷり含まれているので、毛穴の汚れを外に運び出すと共に、開いた毛穴をキュっと引き締めてくれます。
使い始めてから、毛穴の目立たない透明感のある肌になると大評判。

洗顔石鹸が毛穴の黒ずみを改善する秘訣!

鼻の毛穴の黒ずみ解消法は?きれいにケアしたいなら泡洗顔がおすすめ!

毛穴の黒ずみをケアしたいなら洗顔石鹸

毛穴の黒ずみの原因として挙げられるのは汚れです。 皮脂汚れであったり、落としきれなかったメイク汚れであったり、ホコリなどの外部からの汚れであったりします。 それらが空気に触れることで酸化していきます。 黒ずみの症状というのは毛穴に詰まった汚れは角栓となっているので一度で取り除くというのは困難になります。 毛穴パックなどをして無理に剥がそうとすると毛穴が傷ついてしまい、皮脂の過剰分泌が余計に起こってしまったり、毛穴の開きやたるみといった別のトラブルが発症するのです。 ですので洗顔石鹸を使った泡洗顔で優しく取り除いていくことが大切です。 1日で毛穴の黒ずみを全て落としきるということは出来ません。 自宅にある床の汚れでも一回拭いただけで取れるのは滅多にないと思います。 そのように、毛穴の黒ずみは肌にこびりついた汚れだと考えられるので根気強く続けてケアを行うことが大切なのです。 解消法としては洗顔石鹸を空気を含ませてしっかりと泡立て、その泡を気になる部分に乗せながらマッサージするように馴染ませていきます。 泡を潰さない程度の強さが良いので指の腹を使って行なうと良いでしょう。 それから皮脂汚れが角栓となることで黒ずみへと変化するので汚れの段階で対処することが大切です。 汚れの段階であれば泡洗顔でも十分に落とすことができ、肌にとっても負担が少なくて済むのです。 それから皮脂の分泌量が増えすぎないようにも注意しましょう。 皮脂の過剰分泌が起こるとほとんどがトラブルに巻き込まれてしまうからです。

鼻の毛穴の角栓ケアの正しい方法は?泡洗顔で除去するのが良いですよ!

毛穴の角栓つまりをケアしたいなら洗顔石鹸

毛穴の角栓つまりというのは毛穴に汚れが詰まっている状態になります。 赤ちゃんの頃というのはつるっとしていて全く毛穴が見当たらないですよね。 しかし加齢とともに毛穴が目立つようになってきます。 これは身体から分泌される皮脂であったり、外部からのホコリであったり、メイクをした後、落としきれなかったメイクであったりが毛穴に段々と溜まるからなのです。 毛穴のつまりが起こるのはまず皮脂からです。 皮脂は身体に必要のなくなった脂分ですので、乾燥肌の方でも少なからず分泌されています。 これが毛穴から出て行く訳ですが、皮脂の量が多すぎたり、メイクなどで出口が塞がれていると毛穴自体に詰まっていってしまうのです。 それが硬くなり、角栓となって毛穴に蓋をしてしまいます。 これが角栓つまりの正体です。 角栓つまりを放置しておくと黒ずみになったり、開きやたるみなどのトラブルを引き起こします。 角栓になる前、汚れの状態できちんとしたケアが行えればよかったのですが、角栓となった後でもケアはできます。 まずは毛穴をしっかりと開かせた後にしっかりと泡立てた洗顔石鹸を使って泡洗顔を行ないましょう。 小鼻の周りからくるくるとマッサージするように洗顔していきます。 この時注意したいのが決して刺激を与えないということです。 泡が潰れるという点を目安にすればよいので、泡が潰れない強さでマッサージしましょう。 そしてしっかりとすすぎをします。 泡が残っているとそれもトラブルの原因となってしまうからです。

毛穴の開きが目立つとお悩みなら?洗顔石鹸で引き締まった毛穴に改善!

毛穴が目立つ人は、引き締めて開きをなくす洗顔石鹸習慣

毛穴が目立っているというのは毛穴が開きっぱなしになっていると考えてよいと思います。 毛穴の大きさというのは生まれつきで、大きい人、小さい人がいます。 大きい人でもそのままであれば決して目立つことはないのです。 しかし、その周りに炎症が起こったり、ニキビが出来てしまうために目立つようになってしまいます。 通常、毛穴というのは皮脂を外部に排出する時には開き、それ以外は閉じた状態となっています。 しかしいつもよりも過剰な皮脂分泌が起こっている時や毛穴の開閉コントロールが狂っている時には開きっぱなしとなってしまうのです。 毛穴の開閉コントロールを整えるためには普段のスキンケアや洗顔が重要となります。 毛穴に詰まった汚れなどは洗顔石鹸による泡洗顔でも十分に落とすことができます。 下手に毛穴ケアを行うと肌の本来持っている機能が妨害されてしまい、元に戻らなくなってしまうのです。 まずは洗顔によってコントロールを取り戻すことが先決なのです。 毛穴の開閉コントロールが上手く行なえるようになれば開いた毛穴は自動的に引き締まるということで開きが収まります。 肌の新陳代謝が活性化されれば更にそれが活発に行なわれるようになるのでそれを整えることも方法のひとつだといえるでしょう。 洗顔時に気をつけたいのは決して冷水ですすぎを行なわないということです。 冷水で一時的に温度が下がるので毛穴が引き締まったように見えますがこれは縮こまっているだけなのです。 また熱すぎるお湯もダメなので、ぬるま湯を心がけるようにしましょう。

毛穴ケアで最も大切なのは洗顔石鹸の泡洗顔

毛穴の汚れのほとんどはメイク残りや皮脂、ホコリなどです。 空気に触れて酸化すれば黒ずみとなりますし、どんどんと溜まっていけばやがて角栓となってしまうのです。 これらの汚れを落とすためには通常の洗顔料ではなく、しっかりと泡の立つ洗顔石鹸での泡洗顔が良いといえるのです。 洗顔石鹸を選ぶポイントとしてはやはり汚れを落とす力になります。 汚れは浮きあがらせて落とす、それから毛穴の奥にまで入り込んで吸着して落とすことが大切なのです。 浮き上がらないほどの汚れは毛穴の奥から掻きだすようにしなければならないのでもっちりとした泡が良いといえるでしょう。 それから黒ずみでも開きでもたるみでも同様ですが、落とす力だけでなく保湿も必要となります。 洗顔石鹸によって肌に本来必要な皮脂までも洗い流されてしまうので、保湿で油分を補いながら洗顔できれば一石二鳥なのです。 洗顔料の多くはあまり泡が立たない仕様になっています。 これは粘質が強いためで、吸着力に関しては洗顔石鹸とそれほど違いはないといえます。 洗顔石鹸は肌に優しいというメリットもあります。 汚れもきちんと落としてくれますが、たっぷりと泡を含むのでその泡が指との摩擦を保護する形になり、肌が守られるのです。 たっぷりの泡洗顔を続ければ最初のうちはつっぱり感を感じるかも知れません。 しかし1週間もすればキメが整い、開いていた毛穴が目立たなくなっているのが分かると思います。 これが泡洗顔の力なので試してみると良いでしょう。

毛穴トラブルの原因と改善方法

毛穴トラブルには大きく分けると3つほど種類があります。 まず毛穴の黒ずみです。 毛穴の黒ずみは毛穴に皮脂や汚れが詰まり、酸化したために黒ずんでいく症状です。 汚れを取り除いたとしても毛穴自体が黒ずんでしまっているので解消法としては美白も合わせて行なう必要があるのです。 それから新陳代謝を活性化させる必要もあります。 まずは毛穴の皮脂や汚れを奥底からかきださないといけないのですが、それには洗顔石鹸による洗顔がお薦めです。 洗顔石鹸だとしっかりと泡が立つのでたっぷりの優しい泡が毛穴の奥にある汚れを吸着し、浮き上がらせて取り除いてくれるのです。 次に毛穴の角栓があります。 角栓が毛穴の詰まりが進行した症状で、汚れや皮脂が詰まっている状態になります。 通常であれば新陳代謝によって古い角質が剥がれ落ちるのと同時に解決するのですが角栓状態になっていると通常のケアだけでは間に合わないのです。 洗顔石鹸などを使って角栓を柔らかくした後にスポッというイメージで角栓を抜き取ることが大切です。 泡洗顔なら優しく汚れだけを吸着して取り除くのでお薦めなのです。 たるみ毛穴や毛穴の開きもトラブルの一つです。 解消法としてはこれ以上開いて汚れが詰まらないように泡洗顔においてしっかりと汚れを取り除きます。 そしてその後でしっかりと引き締めるのです。 毛穴の引き締めには化粧水や乳液などのスキンケアが重要となるのでその点も怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事