肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【化粧水はコットンと手どちらが正解?】効果的な付け方はコレ!

化粧水コットン

化粧水は「コットン」と「手」どちらの付け方が効果的なのか?

  • 化粧水の付け方でコットンと手で効果の違いがあるの?
  • 化粧水の浸透力を上げる付け方って?
  • 化粧水の効果的な付け方が知りたい!

化粧水を「コットン」で付けている人は多いですよね。
実は私も、以前はコットン派でした。

コットンにとってからパッティングする方が、効果的な感じがしたんですよね。
雑誌などでも、浸透力がアップするなどと紹介されていましたし。
コットンで付けるのが習慣になっていたんです。

しばらくすると、肌荒れに悩まされるようになりました
化粧水や乳液を色々と変えてみたんですが、改善されなかったんですよね。

その時に、見直してみようと思ったのが「化粧水の付け方」でした。
久しぶりに「手でつける」ことにしてみたんです。
すると、少したってから「肌の変化を実感」するようになりました。

乾燥しがちだった肌も潤いやすくなりましたし、肌荒れが改善されてきたんです。
今回は「化粧水を手でつけるメリット」をご紹介したいと思います。

化粧水はコットンより「手でつける」3つのメリット

化粧水は手でつける
化粧水を手でつける派、コットンを使う派、個人の好みで分かれますよね。
コットンを使うことを推奨する意見もあります。

直接手で触れるより、清潔で安全というのは確かです。
でも、一番大切なのは「お肌への効果」ですよね。

化粧水を手で付けることによる、お肌への効果を解説していきましょう。

1.手の体温が化粧水の「浸透力」「吸収力」をあげる

化粧水は手でつける
化粧水にはある特徴があります。
少し温められた方が「浸透力」がアップするんです。
また、肌自体も体温が高い方が成分の「吸収力」がアップします。

● 手で「浸透力」がアップする理由
容器から手の平に移した際に、体温で化粧水が温められます。
それをお肌につけることで、浸透効果がアップするわけです。

● 手で「吸収力」がアップする理由
手の平で顔を覆って、化粧水をつけます。
少し時間を置くことで、肌が温められ吸収力がアップするわけです。
簡単なパック状態を作ることができるんですね。

「そんなの少しの違いでしょ?」
なんて軽く流さないでくださいね。
毎日のスキンケアの積み重ねが、大きな結果としてお肌にあらわれますから。

化粧水の目的は、お肌に水分を補給すること。
手でつけることによって「浸透力」と「吸収力」の2つがアップ!
化粧水の効果を最大限に高めてあげる付け方がおすすめです。

2.コットンによる、敏感肌への刺激を防ぐ

コットンによる肌へのダメージ
手で化粧水を付けるもう一つのメリットが「優しく付けられる」です。
コットンを使用すると、肌への刺激がどうしてもさけられません。

● コットンが敏感肌を刺激する
化粧水をつけるときに、コットンの繊維が肌に触れてしまいます。
また、よく浸透するようにと「パッティング」もしますよね。
洗顔直後の肌はデリケートなので刺激はできる限りさけたいんです。
コットンを使用したときの一連の動作によって、肌には刺激になってしまうんですね。

敏感肌の人の中には、コットンで化粧水をつけたとき

  • 肌表面が少ししみる
  • なんだかピリピリする

このような症状はありませんか?
もしかすると、コットンによる刺激が原因かもしれません。
一度、手の平で優しく付ける習慣を試してみてください。

3.手なら乾燥肌が気になる箇所を集中的に保湿できる

化粧水を手でつけるメリット
コットンを使うメリットとして言われることの一つ。
それが「顔全体に均一につけられる」というもの。

均一につけられると聞くと、良いことのように感じてしまいますよね。

けれど、本当に均一につけることが、お肌に良いことなんでしょうか?

お肌は箇所によって全く特徴が違います。

  • 皮脂の分泌が多く、脂っぽくなりやすい箇所。
  • 乾燥しやすく、カサカサになりやすい箇所。

Tゾーンと目元を比べると分かりやすいですよね。
肌質に違いがあるのに、全てを同じお肌と考えてしまって良いのでしょうか。
均一にしてしまうのは、美容の観点から言うと好ましくありません。

乾燥しがちなUゾーン(目元・頬)などは、化粧水の重ね塗りが効果的!
手を使う方が、自分の気になる箇所を集中的に保湿できます。

コットンだと肌についている化粧水を押し当てるたびに吸収しがち。
手でつければ、化粧水を肌に残したまま、重ね塗りができます。

乾燥肌が気になる箇所は、化粧水をタプタプの状態で集中保湿をしてあげましょう。

化粧水をコットンで付けるメリットとは?

化粧水をコットンでつけるメリット
コットンを使って化粧水を付ける方法も悪いことばかりではありません。
肌がオイリーになりがちな時期ってありますよね。
そんな時は、コットンによる化粧水にもメリットがあるんです。

● オイリー肌の時期は、コットンもあり!
パッティングによって、毛穴を引き締める効果があります。
パタパタと空気を送ることで、肌の熱を奪うんですね。
肌表目の体温が下がることで、毛穴がキュっと引き締まります。
顔全体にサっと薄く付けられるので、スッキリとした仕上がりになります。

季節や体調によって、お肌の状態は変わります。
オイリーでベタベタしがちな肌状態の時は、コットンを使用したつけ方も試してみてください。

化粧水はコットンと手どちら?まとめ

化粧水はコットンと手どちら
いかがだったでしょうか。

  • 手の体温が化粧水の「浸透力」「吸収力」をあげる
  • 手でつけることで、コットンによる「敏感肌への刺激」を防ぐ
  • 手なら乾燥肌が気になる箇所を集中的に保湿できる

化粧水は洗顔のあと、一番最初に肌につけるスキンケアアイテムです。
そのあとに付ける化粧品の美容効果を大きく左右します。

化粧水の付け方ひとつで、その日のスキンケアの仕上がりに違いがでます。
美肌を手に入れるためにも、化粧品の効果を最大限に引き出す付け方をしていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事