肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【マスカラの正しい落とし方とは?】簡単に優しく落とす方法

マスカラの落とし方

マスカラの落とし方は8割の人が間違っている!

  • マスカラを簡単に落とす方法が知りたい!
  • 正しいマスカラの落とし方ってあるの?
  • まつ毛が抜けない優しい落とし方を教えて!

キレイに落ちないマスカラ厄介ですよね。

最近は、ウォータープルーフマスカラが大人気です。
汗にも強く落ちにくいので、パッチリ目のメイクには欠かせませんよね。

でも、ウォータープルーフマスカラは落とすのが大変。
いつものクレンジングだと、キレイに落としきることができません。
そのため、クレンジングの時に、つい目元をゴシゴシと擦ってしまう・・・

これは絶対にしてはダメですよ!
目元の皮膚はとても薄く弱いので、ダメージを受けやすいです。
シミやシワの原因となります。

だからといって、アイメイクをやめるわけにもいきません。
正しい方法で簡単にマスカラを落とす方法をご紹介します。
参考にしてください。

マスカラをコットン1枚で簡単に落とす方法

ウォータープルーフマスカラの落とし方

アイカラーやアイライン、マスカラまで、コットン1枚で簡単に落とす方法です。

1.コットンに10円玉大くらいの量とアイメイクアップリムーバーを含ませます。

2.コットンをまぶたの上に置き、30秒ほど馴染ませます。

3.コットンを目頭から目尻に向かって拭き取ります。アイカラーもマスカラも一緒に落とせます。

4.次にコットンをまつ毛の上から押さえて、下に向かって拭き取ります。残りのマスカラもキレイにスッキリです。

5.最後にコットンを4つ折りにします。コットンの角を使ってアイラインを落とします。

これで、アイメイクをスッキリとキレイに落とすことができます。

ゴシゴシ擦る、間違ったマスカラ落としはNG

ウォータープルーフマスカラの落とし方
まつ毛やお肌を傷つけるメイク落としは、今日で卒業しましょう。

面倒なマスカラ落としは、サッサと済ませたい!
なんて気持ちから

ゴシゴシこすって、力ずくで落としてはダメですよ。

毎日スキンケアを頑張っているんですから!
それなのに、メイク落としでまつ毛やお肌を傷付けてしまっては台無しです。

間違ったマスカラの落とし方をしていると、想像以上にまつ毛や肌に負担がかかっているので注意!

どんな悪い影響があるかというと

ゴシゴシマスカラ落としをすることでの「まつ毛」への悪影響

  • 抜け毛
  • 切れ毛

目力に必要不可欠なまつ毛が、どんどん劣化してしまいます。

ゴシゴシマスカラ落としをすることでの「目元の肌」への悪影響

  • シワ
  • たるみ

デリケートな目元の皮膚は、摩擦によって簡単に劣化してしまいます。
目元の肌が劣化すると、一気に全体の印象が老けてみえてしまうことに。

以上のことから、マスカラを落とすときは「優しく落とす」を心がけてくださいね。

お肌に優しいマスカラの落とし方のコツ

事前にアイメイクアップリムーバーで落とすのがおすすめ。
お肌にダメージを与えることなくメイク落としがスムーズです。

アイメイクアップリムーバーの特徴は、揮発性のオイルを使用していること。
それによって、目元をベタつかせることがありません。

しかし、揮発性のオイルは粒子が小さいです。
お肌へ入り込みやすいため、刺激となってしまう場合があります。

【目元の乾燥が気になる方へ】おすすめの落とし方

コットンや綿棒で、まつ毛だけを挟むようにしてください。
肌に直接触れ無いように落とすと乾燥が防げていいですよ。

マスカラの落とし方【簡単】まとめ

ウォータープルーフマスカラを優しく落とす方法
以上、マスカラの落とし方として、簡単に優しく落とす方法をご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか。

ウォータープルーフマスカラは落ちにくい性質上、落とすのも大変。
自分では落としたつまりでも、残っていることが多いんです。

メイクが肌に残った状態だと、肌トラブルの原因となります。
1日の終わりにしっかりとリセットすることが大切です。

目元は顔の中でも特にデリケートな部分。
老化も激しいんです。
目元は、見た目年齢にとても影響しますよね。
優しくケアをしてあげましょう。

今回はマスカラの落とし方にフォーカスして解説をしました。

アイメイク全体の落とし方を知りたい方は、「アイメイクの正しい落とし方とは?【綿棒・コットンで優しいクレンジング方法】」の記事内で、目元のシミやしわを防ぐ「優しく正しいアイメイクの落とし方」を詳しくご紹介していきます。

目の周りは皮膚が薄くとてもデリケートな場所です。
肌に負担のかからないアイメイクの落とし方に興味のある方は、良ければ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事