肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目が小さくなった原因を改善するには?】まぶたが下がるのを対策する方法

目尻のシワ消す方法

目が小さくなった原因を改善する2つの対策とは?

年齢肌の悩み「最近、目が小さくなった気がします。加齢でまぶたが下がってきているからでしょうか。美容外科などではなく、できれば自分で改善したいと思っています。なにか目が小さくなるのを改善する良い対策の方法はありませんか?」

このような、まぶたが下がって、目が小さくなった悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 目が小さくなった原因とは?
  • まぶたが下がって目が小さくなったのを改善する対策方法
  • たるみ対策におすすめできる基礎化粧品

「あれ!目が小さくなってきた?私・・・」

なんて、思ったことはありませんか?

日によって、むくみなどで目の大きさは変化するものです。

けれど、以前の自分の目と比べて、明らかに小さくなってきている。
加齢によって、まぶたが下がってくるのは防げないのか・・・

いいえ。そんなことはないんですね!

「もう手遅れ」なんてことは決してありません。
今からでも、しっかりと対策をすれば間に合うんです。

ハリを取り戻してパッチリ目に改善すれば、グンっ!と若々しい印象になれます。
まぶたが下がるのを対策して、自信の持てる目元を取り戻しましょう。

目が小さくなった原因とは?

年々、目が小さくなっている気がする・・・

若い頃と、一体何が違うんだろう・・・

年齢を重なるにつれ、このような悩みを持つ人は多いです。

あきらめないでくださいね!
目が小さくなった原因を知れば、対策ができるんです!

目が小さくなった原因ですが

ズバリ!それは「たるみ」です。

肌のたるみによって、圧倒的にハリが不足しているんですね。

たるみで「まぶたの下がる」ことによって目が隠れる。

それによって、目が小さくなってしまうんです。

たるみによるまぶたの下がりは、放っておくとどんどんひどくなってしまいます。

いまこそ、本気のたるみ対策をして改善するとき。

それでは、たるみによるまぶたの下がりを対策する方法を詳しくご紹介していきましょう。

目が小さくなった原因「たるみ」を対策する2つの方法

加齢による「たるみ」が原因だとわかりました。

早い人だと、なんと20代の前半から、まぶたが下がり始めます。

それだけ、早めの対策が必要なんですね。

本気のたるみ対策をしたいのなら!

ポイントとなるのが

「外側」と「内側」からの2つのケアです。

両方側からのアプローチが、たるみ対策の秘訣なんですね。

1.たるみによるまぶた下がりを対策する保湿

徹底保湿が、たるみ対策には最優先!

その理由は、ハリ不足でたるんでくる原因が「乾燥」と「弾力成分不足」だからです。

つまり、対策するべきは

弾力成分を補いつつ、しっかりと保湿をすること。

目の周りは、とても乾燥しやすい場所です。

顔の中で、もっとも皮膚が薄く、しかも皮脂が分泌されないから。

年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますが、特に乾燥が激しいのが目の周りということです。

加齢とともに肌内部の弾力成分が不足がちになり、そこに乾燥が加わることで、たるみの悪化スピードが加速してしまうんですね。

まぶたが下がり、目がどんどん小さくなってしまいます。

ハリを取り戻して、元気な若々しいパッチリ目を取り戻すためには

エラスチン
ヒアルロン酸
コラーゲン

といった弾力成分が配合された化粧品で、外側からしっかり対策をしてください。

できれば専用のアイクリームがおすすめですね。

ハリも弾力もアップさせて、たるみに負けないまぶたを作りましょう!

2.まぶたのハリ感をアップさせる内側からの対策

外側からの対策と同時に取り組みたいのが、内側からの対策。

まぶたの下がりがなかなか改善できない方の特徴が

外側からの対策しかしていないから。

2つのアプローチを同時に実践することが大切なんですね。

内側からの対策は

  • 目の周りのマッサージ
  • 目の周辺の筋トレ

この2つです。

目の周りのマッサージ

マッサージの目的は、流れを促して老廃物を流し出すこと。

目の周りは疲労がとても溜まりやすく、余計なものが停滞してしまう危険地帯。

疲れが体調不良がすぐに出るのが目の周りですよね。

目の周りのマッサージを習慣にすることで、流れがスムースな環境を作りましょう。

注意が必要なのが、マッサージの強度です。

決して強めにマッサージはしないでください。

ゴシゴシなんて厳禁ですよ。

軽く優しくなでるようにするだけで十分なんです。

できれば肌への負担をかけないためにも、アイクリームをつけながらマッサージをしてあげましょう。

目の周辺の筋トレ

表情筋のトレーニングをしている方もいらっしゃるかと思います。

では、目の周りの筋トレはどうでしょうか?

頬や口周りの表情筋を動かしている方は多いですが、目の周りはあまり意識していなのでは?

目の周りの筋肉を鍛えて、肌の内部からハリ感をアップさせましょう。

目の周りの筋トレ方法

【目の周辺の筋トレのススメ】

1.目をギュッと、力を入れて閉じます。
10秒数えたら、力を抜いてください。

2.目をパッと、大きく開きます。
10秒数えたら、力を抜いてください。

この動きを3セットほど繰り返します。

試しにやってみると、普段どれだけ目の周りの筋肉を使っていなかったのかを実感されると思います。

目の周りの筋トレを習慣にして、たるみに負けないハリのあるまぶたを取り戻しましょう。

目が小さくなる原因を悪化させるNG習慣

濃いばっちりアイメイク

毎日のアイメイクは想像以上に、目には負担となっています。

特に、ばっちりと濃いアイメイクをする方は、日々の負担は相当なもの。

こすったり、まぶたをひっぱったり

目の周りの皮膚はとてもデリケートなため、蓄積した負担によってたるみを引き落としてしまいます。

その結果、目が小さくなってしまうんですね。

よく目をこすってしまう

目を頻繁にこすってしまう方は注意が必要。

かゆみがどうしようもない時は、ものすごい力でまぶたをこすっています。

相当なダメージが、あの薄い皮膚に加わっているんですね。

花粉症などのアレルギーをお持ちの方に多いです。

こするといった物理的な解決策ではなく、目薬やアレルギーを抑えるといった改善方法にしましょう。

スマホやパソコン画面を長時間見る

眼精疲労が溜まると、目の疲れ慢性化してしまいます。

目をこすることも増えてしまうんですよね。

それに加えて、目の周りの筋肉がカチカチに凝り固まってしまいます。

血流が悪くなって、老廃物がたまりやすい環境に。

すると、むくみやすく、まぶたが下がってしまいます。

とはいえ、スマホやパソコン画面を見ずに過ごすことは、いまの時代は無理だと思います。

長時間、見続けない習慣が必要です。

30分ごとに目を休める休憩時間をとる。

それだけでも、連続でスマホやパソコンの画面を見続けることに比べれば、眼精疲労がかなりおさえることができます。

体重の増減が激しい

ダイエットを繰り返す方も注意が必要です。

体重が増えて太れば、顔にも脂肪はつきます。

目の周りにも脂肪はつくわけです。

すると、その分、皮膚は伸ばされることに。

その状態でダイエットをして、痩せるとどうなるか?

のびたまぶた皮膚があまって、たるんでしまうんですね。

のびた皮膚はすぐには縮んではくれません。

体重の増減を繰り返していると、皮膚がたるんだままの状態に。

まぶたが垂れ下がって、目が小さくなってしまいます。

猫背で姿勢が悪い

姿勢と目の大きさには関係がないと思われたかもしれません。

しかし、猫背で姿勢が悪い方は、表情筋がゆるみやすいんですね。

顔がシャキっとしていない。

顔の筋肉に力がはいらないため、たるみやすくなります。

まぶたの筋肉がゆるむと、目が小さくなってしまいます。

目の周りの乾燥を放っておく

乾燥はたるみの原因です。

目のまわりの乾燥を放置すると、どんどんまぶたのハリが失われてしまいます。

たるみやすく、まぶたが下がって、目が小さくなってしまうんです。

乾燥する時期は、特に注意が必要。

目の周りの保湿対策は、念入りにしてください。

目が小さくなった原因を改善まとめ

以上、目が小さくなった原因を改善するための、まぶたが下がるのを対策する方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • たるみによるまぶた下がりを対策する外側からの保湿対策
  • まぶたのハリ感をアップさせる内側からの対策

今度こそ、本気のたるみ対策をしたいのなら!

ポイントとなるのが

「外側」と「内側」からの

両方側からのアプローチが、たるみ対策の秘訣なんですね。

化粧品をつかった外側からの対策をしてきた方は多いと思います。

ところが、内側からの対策を同時にはあまりしてこなかったのでは?

そのせいで、改善する実感がなくあきれめてしまった。

年齢だから仕方がないと、あきらめてしまうのはもったいないです。

対策をあまりしてこなかったということは、いまからしっかり対策をすれば、そのぶん改善の見込みがあるということです。

いまからでも十分に間に合うので大丈夫!

今日から本気のたるみ対策を始めてみませんか?
まぶたが下がって、目が小さくなったことに悩まされない、ハリのあるまぶたを手に入れて、目元に自信を取り戻しましょう。

スポンサーリンク