肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目尻のシワ消す方法とは?】気になる笑いジワ原因に効くシワ取り方法

目尻のシワ消す方法

目尻のシワを消す3つの方法とは?

目尻のシワ消す「目尻のシワが気になって仕方ありません。笑いジワが特にひどい状態で、人前で笑うことが怖いです。シワ取りケアを、いくつか試しても目尻のシワはいっこうなくなりません。なにか目尻のシワを消す、おすすめのシワ取り方法はありませんか?」

このような、目尻のシワの悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 目尻のシワが消えない原因とは?
  • 目尻のシワを消す3つのスキンケア方法
  • 目尻のシワに効くクリームの選び方3つのポイントとは?

目尻のシワって、すごく気になりますよね。

特に笑いジワは、すごく目立ってしまうので悩みは深刻です。

このシワを早急にスッキリ消したい!

なんて、思いながら様々なしわケアを試しても、目尻のシワがなくならい・・・

実は、なかなか良い結果がでないのには、ちゃんと原因があるんです。

それは、正しい目尻のシワ取り方法が実践できていないから。

この記事に書いてある「目尻のシワを消す3つのスキンケア方法」を実践すれば、あなたもハリのある目尻を実感できるはずです。

目尻のシワの原因にちゃんとアプローチができれば、笑いジワにだって効くんですね。

もう目尻のシワに悩まされない若々しい目元を手に入れて
笑いジワを気にすることなく、思いっきり人前でも笑顔になっちゃいましょう!

目尻のシワが消えない原因とは?

目尻のシワが消えない原因

目尻のシワが消えない原因は目の周辺は皮膚がとても薄いのが原因です。
皮膚が薄いと乾燥しやすく保湿してもすぐに乾いてしまいます。
なので化粧水でしっかりケアしてるつもりでも出来てなくてシワの原因になります。
それに加えて、人は毎日目尻の筋肉をまばたきすることによって使います。
まばたきをすることで目の血行不良で出来てしまいます。
その他には加齢により張っている顔の皮膚がたれてきて、シワが出来やすくなります。
そしてシワを消そうとクリームを使いますよね。使っても消えない原因はきちんとした使い方が出来ていない場合が多いです。しっかりとしたスキンケアと自分に合ったクリームを使うことによってシワを消すことが可能です。

目尻のシワを消す3つのスキンケア方法

目尻のシワを消すスキンケア方法

出来てしまった目尻のシワを消すためにまずこの3つのスキンケア方法を試してみてください。

目尻のシワを消す方法1.高保湿成分セラミドを活用

まず1つ目は普段使っている化粧水の正しいやり方です。
保湿が足りないといつまでたってもシワは消えてくれないので、たっぷりと目尻の保湿をしてあげてください。化粧水を選ぶ時はセラミドという保湿効果が高い成分が入っているものを選ぶと良いです。
汚れを落とすためにまずは洗顔をした後に化粧水をしっかり手に馴染ませてから付けてください。
手に馴染ませるのには意味があり化粧水を温めることによって更に保湿効果がアップします。
馴染ませた後に顔に優しく押し当てるようにして当てていきます。目尻の部分は皮膚が薄いので絶対に強く当てないようにしてください。化粧水は遠慮せずにたっぷりつけて肌に水分が行き渡るようにしましょう。1度やった後でもまだ繰り返して化粧水を付けられそうだなと思ったら付けてください。
保湿することによってシワが改善されていきます。

目尻のシワを消す方法2.アイクリームで集中ケア

2つ目はアイクリームでシワを消しましょう。
アイクリームがないとシワを消すことが出来ません。
先程言った化粧水を肌に付けた後にアイクリームを付けましょう。
こちらも化粧水と同じでての上で温めてから目尻に付けると効果が高まり良いです。
そして塗った後も目元を手で覆うようにしてクリームを温めます。
手だと疲れるという人は蒸しタオルやアイマスクなどで目を温めると良いです。
目を温めるとシワだけではなく血行もよくなりドライアイや疲れ目にも効果があるんです。
この時に注意する点としては必ず温めたタオルを乗せます。
冷やしたのだと逆に目の血管を縮こませてしまう上にせっかく保湿したのに保湿が取れてしまい逆効果ですし、乾いたものを乗せても意味がありません。

目尻のシワを消す方法3.マッサージで血行促進

3つ目は目のマッサージでシワを消しましょう。
血行が原因でシワが出来ると言いましたよね。そこでマッサージをすることによって血行を良くすることが出来ます。
ただしやる前にはクリームを目尻に塗った状態で行ってください。
目尻部分は何度も言うように皮膚が薄いですので刺激を与えすぎない、滑りをよくするためにクリームは必要です。

目元部分をマッサージする時のポイントがあるのですが、特にシワを改善するために効くのが攅竹という場所です。眉毛内側の先の部分にある所でこの部分を優しく親指かひとさし指でくるくると回すように押していきましょう。肌のたるみも良くすることが出来るので必然的にシワが出来にくくもなります。

他には球後という目尻から1㎝離れた場所のくぼんだ部分です。
ここもシワ改善におすすめな場所で人差し指を使って優しく押しましょう。
ついでに目の疲れ目にも効果がある所です。

絲竹空という攅竹とは反対側の眉毛の外側の先の部分もシワ改善効果があります。
ここは中指で優しくクルクル回しながら5回程度でいいので押してみて下さい。

この3つのケアを順番にすることによってシワを消すことが出来ます。

目尻のシワに効くクリームの選び方3つのポイントとは?

目尻のシワに効くクリーム

では目尻のシワにはアイクリームが効果があると言いましたが、どんなものを選んだら良いのでしょうか。

選ぶときでも3つのポイントがあります。

1.配合されている保湿成分

まず1つ目は保湿効果が高いものを選んでください。
化粧水と同じですが保湿力が目尻のシワを消すためにはかなり重要になっています。
シワが出来る原因の多くは目尻の乾燥ですので。
成分としては保湿力が最も高いセラミドが入っているものは外せません。
水分をしっかり挟み込んで潤い効果を上げてくれます。
特にセラミドの中でもヒト型セラミドが保湿効果が高いのでおすすめです。
少し価格は普通のセラミドよりも高いですがその分効果があります。

そしてコラーゲンやヒアルロン酸などの水分をしっかり肌に閉じ込めておいてくれる効果がある成分も入っていると良いです。
特にヒアルロン酸は色々な化粧品にも使われていますが水分を肌にしっかりとどめておいてくれます。

保湿力があるアイクリームを選ぶことでシワに効果があります。
一番シワを消すためには保湿が大事ですので、必ず保湿力が高い成分を選ぶようにしましょう。

2.目尻のシワの種類に適したクリーム

2つ目はシワの度合いによって選ぶことが大事です。

シワでも少しのシワとはっきり目立つシワの2種類があります。
深い場合と浅い場合の2つですね。
どれだけのシワの具合かを見たうえでクリームを選ぶことによって効果が変わってきます。
例えば保湿が足りず乾燥によって出来たものを乾燥ジワと言います。この場合は細かく薄いぐらいのシワですね。そして加齢により出来てしまったものを真皮じわと言います。これは深くて遠目からでも目立ってしまうシワです。
見分け方としては入浴後に消えている場合は乾燥で、入浴後でも消えていない場合は真皮になります。

どちらも同じシワですがより効く成分が違います。
乾燥の場合は1つめに言ったセラミドやヒアルロン酸などの保湿力を高める効果があるものがより効きます。
逆に真皮の場合はレチナールというエラスチンを修復する効果があるものやコラーゲンを手助けしてくれるビタミンC誘導体という成分が入っているものがおすすめです。
レチノールやビタミンC誘導体は塗ることによって目ものと印象がよくなり明るくなります。

どちらのタイプかを自分で見て確かめて用途に合ったものを使うことが大事です。
全部入っているクリームもおあるんですがやはりそうなると価格が高いですし、1つ1つの効果が薄くなってしまっていてあまり効果が出ない場合があります。

3.伸びが良く、肌にきちんと馴染むクリーム

3つ目は伸びが良いクリームを使うようにしましょう。
クリームの伸びが良いと必然的に皮膚を強く擦らないように出来ます。
伸びが悪いとその分皮膚に触れる回数が多いですよね。
目の付近は皮膚がとても薄いので出来るならあまり触らずに刺激を与えないほうがいいです。
なので伸びがいいものを使って手早くクリームを塗れるものを選ぶと皮膚に刺激が少なくておすすめです。

この3つのポイントを押さえたクリームでシワを改善しましょう。

目尻のシワ消すまとめ

目尻のシワ消す
以上、目尻のシワ消す方法について、気になる笑いジワ原因に効くシワ取り方法ご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 化粧水の高保湿成分で目尻シワをケア
  • アイクリームで集中ケア
  • マッサージで目尻の血行促進

目尻のシワにお悩みの方は非常に多いです。

その理由の一つが

しっかりと目尻のシワ原因にアプローチできるケアが出来ていなかったから。

いまから、きちんと目尻のシワ原因に働きかけるケアをしていけば、十分に間に合うので大丈夫!

気になる目尻のシワを消すことだって、できるんですから。

ピン!とハリのある若々しい目尻は、自分で作ることができるんです。

今日から目尻のシワケアを始めてみませんか?
目尻のシワに悩まされることのない、若々しいハリのあるお肌を手に入れて、笑いジワを気にせずメイクやオシャレを思う存分楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事