肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目元のたるみを取る方法とは?】ひどいたるみ原因を取り除く3つの方法

黒ずみ毛穴を治す方法

目元のたるみを取る3つの方法とは?

目元のたるみを取る方法「目元のたるみがひどくて、人と目を合わせるのが気になって仕方ありません。同年代の人よりも老けて見られ、どんどんオバサン度が増してしまうのではないかと不安でたまりません。美容皮膚科ではなく、できれば自分で目元のたるみを取りたいと思っています。なにか目元のたるみを取る良い方法はありませんか?」

このような「目元たるみの悩みを持つ人」のための記事です。

  • 本記事の内容
  • 目元のたるみを取る3つの方法
  • 目元のたるみケアに特化した化粧品
  • 目元のたるみがひどくなる原因

目元のたるみって、とても気にしてしまいますよね。

人と目を合わせるたびに、見られてしまう場所ですから。

テレビに映る女優さんは、お肌がすごく綺麗です。
なのに、目元がアップになって「あっ!たるみ」と、老けを感じてしまうことがあります。

いくらお肌のケアを頑張っても、目元のたるみがひどいと台無しです。
「スキンケアには気を使ってきたけど、目元のたるみケアはしてこなかった」といった方が多いんですね。

だからといって「目元のたるみは手遅れ」なんてことは決してありません。
今からでも、しっかりと目元のたるみケアをすれば、十分に間に合うんです。

本来のスッキリとした、たるみ知らずの目元にきっとなれるはず。
今度こそ本気の目元たるみケアをして、メイクやお洒落を楽しんじゃいましょう!

目元のたるみを取る3つの方法【誰でも簡単】

目の下のたるみを取る方法

目元のたるみを取るのにやるべき方法は

・目元の徹底保湿
・目元の血行促進
・たるみ習慣と排除

この3つを実践していくだけ。

自宅で簡単にできる方法ばかりです。
たるみ知らずのスッキリ目元は自分で取り戻せるんですね。

毎日悩まされていた目元を、自信の持てる目元にしましょう!

1.目元のたるみ原因「乾燥」をケアする徹底保湿

目元のたるみを取る

まずやるべきケアは、目元の徹底保湿です。

その理由は、目元のたるみ原因が「乾燥」だから。

ここで一つ疑問を持たれた方も多いと思います。

「肌への保湿なら、普段からしっかりケアしているけど・・・」

しかし、目元の皮膚に関しては、他の肌と一緒に考えてはいけないんですね。

というのも「目元の皮膚は、顔の中でももっとも乾燥しやすい場所」だからです。

目元の皮膚を少し触ってみると分かると思いますが、とても薄いです。

しかも、皮脂腺が少ないため、潤いを保つことができないんですね。

皮膚が薄くて乾燥しやすく、一度乾燥したら潤いを補えない。

これでもかってくらい「乾燥」に弱い場所なんです。

そのため、徹底保湿ケアでサポートしてあげる必要があります。

普段のスキンケアの時は、しっかりと目元まで化粧品で保湿ケアしてあげること。

化粧品は、手のひらに取るので、頬などはしっかりケアできます。

しかし、指先でおさえる目元は、保湿が不足しがち。

意識して指先にも化粧品をつけて、目元を徹底保湿してあげましょう。

目元はよく動かすなので、化粧品がとどまりにくくケアしにくい場所です。

徹底保湿を本気で実践したいのなら、目元専用に開発されたアイクリームがおすすめ。

目元の肌に特化して作られているため、しっかりと目元にとどまって、持続あるケアが可能になります。

2.目元のマッサージで、たるみを取る

目元のたるみを取る
目元のたるみ原因は「乾燥」ともう一つ。

それが「老廃物」です。

目元は血流が、とても停滞しやすい場所。

スマホやパソコン画面を毎日長時間も見ているわけです。
疲労や凝りは相当なもの。

血流の流れが悪くなり、老廃物でせき止められている状態です。

そこで、血流を活発にして、老廃物を押し流すのにやるげき方法が

「目元のマッサージ」です。

目元のたるみを取るマッサージ方法

目元の皮膚はとても薄くてデリケートなので、注意が必要です。

力を必要以上に入れることは厳禁!

目元マッサージのコツは「中指」と「薬指」の2本を使うこと。

人差指を使ってしまうと、つい力が入ってしまうからです。

中指と薬指の2本指で、かるく目元をおさえてください。

こするのではなく、ゆっくりとやさしく無理なく皮膚を動かすイメージです。

「時計回りを5回、反対回りを5回」

繰り返していくうちに、目元がポカポカとしてくるのを感じます。
血流が活発になっている結果です。

おすすめは、毎日の保湿ケアのとき。

クリームなどを使用したときに、マッサージも習慣にしてみてください。

スキンケアで肌が温められた状態なら、マッサージ効果も上がります、

また、血行が促進されて、保湿成分の浸透力もアップ。

いいことずくめです。

目元のたるみを取るマッサージを習慣にして、スッキリとした目元を取り戻してください。

3.目元を温めて、たるみを取る

目元のたるみをとる
マッサージでほぐすの次は「温める」が有効。

温めることで血行が促進されて、目元のむくみが解消されます。

むくみを一時的なものと思ってしまうのは危険なんですね。

むくみというのは、肌内部に水分が停滞した状態。
本来は排出されるはずの老廃物と一緒に、目元に溜まってしまっているわけです。

スーパーの袋に、水を入れて膨らませているようなもの。

目元の薄い皮膚でこのようなむくみ状態を放置しておくとどうなるか?

停滞した水分によって、目元のたるみが慢性化。
薄い皮膚が伸ばされて、どんどんたるみがひどい状態になってしまうんですね。

目元を温めるのにおすすめの方法は「蒸しタオル」です。

湿らせたタオルを、レンジで1分ほど加熱。

火傷しないように、いきなり乗せるのは危険ですよ。

タオルを目元に乗せると本当に気持ちがいいです。

目の疲れが、吹き飛んでいくよう。

温まることで、目元の血流も一気に促進されます。

蒸しタオルをしたあとは、目元が明るさを取り戻してくれますよ。

むくみを放置せず、むくみを感じたらしっかり対処することが大切です。

目元のたるみがひどくなる原因とは?

目の下のたるみを取る方法

「マッサージでたるみケアしているのに、たるみがひどくなるのはなぜ?」

このように悩まれている方もいらっしゃると思います。

実は、そのマッサージが、たるみ悪化の原因になっている場合があります。

本記事でも、目元のたるみを取る方法として、マッサージをご紹介しました。

しかし、確認しておきたいのが「目元の皮膚に負担をかけないマッサージ」です。

何も、肩こりを解消するような、力を入れるマッサージではないんですね。

目元の血流を優しく促してあげることが目的です。

多くの方が、間違った目元のマッサージをしてしまっています。

強引に目元をグリグリ。
美顔ローラーなどでゴリゴリ。

そんな力を込めたマッサージをしてしまっては、デリケートな目元の皮膚への負担は相当なものです。

目元のたるみを取るためのケアをしていたつもりが、実は目元のたるみをひどくする原因になっていたわけです。

くれぐれも、目元のマッサージは、目元の皮膚に負担をかけないよう優しくおこなってください。

目元のたるみを取る方法まとめ

目元のたるみを取る方法
以上、目元のたるみを取る方法について、ひどいたるみ原因を取り除く3つの方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 目元のたるみ原因「乾燥」をケアする徹底保湿
  • 目元のマッサージで、たるみを取る
  • 目元を温めて、たるみを取る

目元のたるみ対策を、本格的にしてこなかった方が多いと思います。

そのため、目元のたるみに悩みを持つ方が多いんですよね。

「年齢を重ねたら仕方ない・・・」

なんて、たるみを諦めてしまうのはもったいないです。

目元のたるみケアを、これまでしてこなったということは
逆を言えば、今日からきちんとたるみケアを実践していけば、そのぶん効果が出るということですから。

たるみケアは、いまからでも十分に間に合うんです!

スッキリとした若々しいハリのある本来の目元を取り戻してください。
コップレックスに悩まされない目元を手に入れて、メイクやお洒落を楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連記事