肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目の下のしわをなくす方法とは?】目立つ小じわの原因を解消して取る方法

シミが濃くなる原因

目の下のしわをなくす2つの解消方法

  • 目の下のシワのせいで、一気に老け顔に・・・
  • 笑うと目立つ目の下の小じわをなんとかしたい!
  • 自宅で目の下のしわの原因を解消する方法とは?

目の下のしわは、他人から見ると「特に目立って見える小じわ」です。

普段、自分の顔を鏡で見るときは、表情を整えています。
小じわは、表情を整えているときには目立ちません。

目の下のしわは、人と会話をするなど「表情が動いた瞬間にとても目立ちます」

特に目の下の小じわは「少しの表情の変化でクッキリと目立つ」ので厄介です。

鏡に向かって、少しニコっとした時にできてしまう目の下のしわ。
それが、普段まわりから見られているアナタの印象となります。

本人が思っている以上に、老け顔に見られている場合が多いんです。
目の下の小じわは放っておくと、より深く刻まれて悪化するばかり
早急に対処する必要があります。

そこで今回は、自宅で目の下のしわとなくす方法を徹底解説していきます。

  • 目の下のしわの原因
  • 自宅で目の下のしわをなくす2つの方法

以上を詳しくご紹介していきますね。
小じわのケアは、今からでも十分に間に合います。

思いっきり笑顔を作れる、しわのないハリ肌を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

老け顔になる「目の下のしわ」の原因とは?

目の下のしわの原因
まずは、目の下のしわの原因を知ることが大切。

目の下の小じわができる、一番の原因は「乾燥」です。

多くの人が、目の下の小じわが気になりだす年齢があります。
それは、お肌の曲がり角を過ぎた頃からです。

平均すると、20代の半ばぐらいの方から「しわ」の相談が多くなります。
20代の半ばになると、お肌に急激な変化が訪れるためです。
その変化とは「お肌の水分量の大幅な減少」
一気に乾燥肌へと移行する時期なんです。
小じわが気になりだす時期と乾燥肌へ移行する時期は一致します。

小じわは、お肌の表皮の乾燥が一番の原因。
角質層が乾燥することで、しわが目立つようになるんです。

目の下のしわはなくして解消できる!

目の下のしわは解消できる
鏡で自分の目の下のしわを見て

「はぁ〜・・・、もうダメだ〜!」

なんて諦めないでくださいね。

顔に出来る「しわ」には、いくつかの種類があります。

  • おじいちゃん、おばあちゃんの顔にあるような「深刻なしわ」
  • 乾燥が原因の「目の下の小じわ」

この2つの「しわ」は別物です。

深刻なしわ

肌の奥にある弾力繊維が破壊されることでできる「しわ」です。
弾力繊維のコラーゲンやエラスチンなどが、紫外線によって破壊され肌の弾力が失われます。
すると、肌は元に戻る力が弱まりシワとして刻まれてしまうんです。

屋外で長時間、強い日差しにさらされてきた人に、深いシワがあるのはそのためです。
農家の方や漁師さんを想像してください。
長年の紫外線の影響で、深いシワが刻まれた方が多いですよね。

目の下の小じわ

肌の一番上にある角質が乾燥したことでできる「しわ」です。
紙が水で濡れた後に、乾いてパリパリになった状態と同じ。
表面が乾いて固くなり、小さなシワが出現してしまうんです。

乾燥という原因を解消すれば、目元のしわは消すことができるんです。
つまり、スキンケアで対策することが可能な「解消できるシワ」なんですね。

スポンサーリンク

【まだ間に合う】目の下のしわなくす2つの方法

目の下のシワは解消できる
目の下の小じわの原因は「お肌の乾燥」だと分かりました。

改善すべきは、乾燥しがちな目の下の肌環境です。
徹底的に保湿をして、潤い状態にすることが、シワの解消方法となります。

しわを作らせない潤い状態を作るためには「2つのアプローチ」が重要!

① 乾燥をさせない
② 保湿ケアで潤いを与える

この2つの方法は、同じように聞こえるかもしれませんが、別のケアになります。

それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

1.目の下の皮膚を乾燥をさせない

目の下のしわをなくす方法
目元は顔の中でも特に皮脂の分泌が少ない箇所です。
そのため、すぐに乾燥状態になってしまいます。

目の下のしわが気になりだすのが20代半ばです。
その年齢になると、肌の皮脂分泌量が急激に少なくなります。
それまでと同じような保湿ケアをしていては乾燥状態に!
目元の潤いがなくなってしまうのは当然なんです。

最も改善しなけらばいけないスキンケアがあります。
それは毎日の「洗顔」です。

洗顔で「肌の皮脂」を取りすぎないようにすること!
これが目元の乾燥を防ぐための必須項目です。

若い頃は、たとえ皮脂をとりすぎても、すぐに回復しました。
しかし、皮脂の分泌量が減る年齢になるとそうはいきません。

目元は長い時間「乾燥状態」でさらされます。
しわができてしまう環境になってしまうわけです。

目元の皮脂が通常の状態に戻るまでは1日以上かかります。
そんな長時間、乾燥状態にしてしまうと「小じわ」が肌に記憶されてしまいます。
乾燥するたびに、すぐに「しわ」ができやすい肌になってしまうんですね。

洗顔の洗いすぎには、十分に気をつけて下さい。

2.目元を徹底保湿して潤いを与える

目元の保湿が大切
皮脂分泌が激減したぶん、外側からのサポートが必要となります。
化粧水や乳液による保湿ケアで、目元を乾燥状態から回復させましょう。

しわが気になりだしてからの化粧品選びは「保湿力」を重視してください。
ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が豊富に配合された商品がおすすめです。

洗顔した直後、肌は急速に乾燥していきます。
この乾燥はどうしても避けられないこと。
大切なことは「乾燥状態を放置せずに、すぐ保湿ケアをする」ことです。

お風呂で洗顔してしまうと、保湿ケアまでの時間が空いてしまいがちです。
洗顔はお風呂から出て、洗面所で行いましょう。
そうすることで、洗顔が終わったらすぐに化粧水や乳液で保湿ケアができます。

スポンサーリンク

目の下の悩みを「根本原因から解消」したいなら「専用のアイクリーム」が効果的

目の下のシワにアイクリーム

目の下の悩みを抱える方はとても多いです。
毎日ケアを頑張っているのに、なかなか改善されないんですよね。

その理由は「正しい目の下のケアができていない」から。

顔全体のスキンケアと同じ方法で、目の下のケアをしてしまっている場合が多いんですね。

「顔全体」と「目の下の皮膚」は、別物と考える必要があるんです。

目の下の皮膚というのは、顔の中でもっとも薄くデリケートな場所。
他の箇所と同じようなケアでは、なかなか悩みが解消できないんですね。

目元の皮膚は薄く、水分を保持する力が大変弱いです。
そのため乾燥しやすく、シワがすぐに目立ちます。
その上、眼球を動かすことで、目元の皮膚は頻繁に動くため、シワ自体ができやすい。

他の肌と同じケアをしていては、ハリのある若々しい目元が保てなくなるのは当然なんですね。

しっかり根本原因から解消したいのなら、「目の下専用に開発されたアイクリーム」がおすすめです。

目の下専用のアイクリームが効果的な理由

目の下のしわをなくす方法

目元専用に開発されたアイクリームは、ピンポイントの保湿能力が大変優れています。

しかも、乾燥しがちな目元に「長時間とどまって、しっかり浸透」されるよう作られているんですね。

普段使っている化粧水や乳液だと、目元につけてもすぐに乾いたり落ちてしまいます。
じっくりと浸透させる必要がある目元なのに、しっかりと十分なケアができていないんですね。

顔全体に使うために作られている、通常の化粧品では実現できない目元のケアが可能となります。

目の下のしわケアに適したアイクリームとは?

目の下のしわをなくす方法

目の下の薄い皮膚にしっかりと保湿ができることが大切。

そして、アイクリーム選びで、最も重要となるポイントが一つあるんです。

それが「目の下の皮膚痩せ対策」ができるかどうか!

目の下のシワ原因となるのが「乾燥」ですよね。
そして、もう一つ解消しなければならないのが「目の下の皮膚痩せ」だからです。

ふっくらとハリのある若々しい目元には、しわはできません。

しかし、皮膚痩せ対策をしていない薄くなった目元には、しわが大量発生してしまいます。

皮膚痩せした目の下の皮膚は、しぼんだ果物の皮がシワだらけになるのと同じ状態。
いくら目の下の乾燥を改善しても、しわが取れない原因は「皮膚痩せ」の場合が多いんですね。

目の下の悩みを根本的に解決するには「目の下の皮膚痩せ対策」が必須条件になってくるわけです。

目の下の皮膚痩せ対策ができる『アイキララ(EYE KIRARA)』

eyekirara

目の下のしわ対策として、圧倒的な支持を得ているアイクリームといえば、『アイキララ』ですね。

目の下の「皮膚痩せ」に働きかけるために開発され、医学誌にも掲載されるほど話題となりました。

目の下の悩みは、顔の他の箇所とは原因が異なります。
目の下の根本原因にフェーカスした、これまでにないアイクリームなんですね。

コンシーラーやお化粧で隠す「その場しのぎ」の対処を卒業して「根本原因を解消」したい方におすすめのアイクリームです。

隠して誤魔化すのではなく、ふっくらとハリのある目元に回復させて、シワ知らずの若肌を手に入れたいですもんね。

普段使っている化粧水や美容液では、いくら目の下のケアをしても、効果が実感できないんですよね。
今度こそ悩みを解消するため、徹底的に目の下のケアをしていきたいところです。

目元に特化したアイクリームでのケアを実践していきたい方は、「アイキララの公式サイト」をチェックしてみてもいいかもしれません。

アイキララ公式サイトを見てみる

【自宅でできる】目の下のしわ集中保湿ケアとは?

目の下のしわをなくす方法

目の下は、特に保湿ケアが難しい場所。
顔の中で皮膚がもっとも薄く、乾燥しやすいからです。

そのため、目の下のしわはどんどん悪化してしまうケースが多い。
通常の保湿ケアに加えて「集中的に保湿ケア」をしてあげる必要があります。

そこで「自宅でできる目の下のシワ集中保湿ケア」の方法を1つご紹介したいと思います。

おすすめは「目の下専用のシートマスク」

menoshitasheatmask
目の下のしわに悩む方たちの間で、いま話題になっているのが「目の下専用のシートマスク」です。

通常の保湿ケアでは、乾燥対策が難しい目の下も、シートマスクで密閉して集中保湿ケアすることで、しっかり潤い成分を浸透させることができます。

化粧水や美容液だけでは、目の下の保湿が物足りなかった方には、シートマスクという密閉された環境を作ることが有効なんですね。

しかし、目の下専用のシートマスクを選ぶときには、注意が必要となります。
その理由は「ただ目の下の形状になっているだけ」で効果が期待できないシートマスクが多いんです。

そこで、目の下のしわに悩む方たちの間で特に評判になっている、世界初の新技術で開発された「目の下専用のシートマスク」をご紹介しておきますね。

【世界初の新技術】目の下のしわ専用に作られた話題のシートマスク「ヒアロディープパッチ」

hiaro1

目の下のしわをなくしたい方達から、圧倒的に支持されている話題のシートマスクが『ヒアロディープパッチ』

評判の理由は、世界初の新技術となる「ヒアルロン酸の針」

目の下の形状になっているだけの「一般的なシートマスク」とは大違い!
美容成分を目の下のしわ深くにしっかり浸透するよう開発されています。
その秘密は、ヒアルロン酸をそのまま使用して形成された「200マイクロメートルの微細な針」です。
このヒアルロン酸の針が、目の下のしわにしっかり入り込み、美容成分を肌深くまで浸透させることを可能にしたんです。
一般の保湿ケアではできなかった目の下の保湿ケアを、自宅でも簡単にできるようになりました。

目の下に貼り付けて、あとは寝るだけ。
「一晩かけて、目の下のしわ内部に、じっくりヒアルロン酸がしみ込む」という仕組みです。

hiaro

これまで、様々な方法を実践しても、目の下のしわが解消できなかった方。
その原因は「保湿成分をきちんと目の下のしわ内部まで浸透させることができていなかった」からです。

徹底的に目の下のシワを保湿ケアしたい!
そんな方は、公式サイトをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

ヒアロディープパッチ公式サイトを見てみる

目の下のしわをなくす方法まとめ

目の下のしわをなくす方法

以上、目の下のしわをなくす方法として、目立つ小じわの原因を解消して取る方法をご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか。

  • 目の下のしわの原因は「乾燥」
  • 目の下の乾燥を防いで、シワを作らせない!
  • 目元を徹底保湿して、シワをなくす!

目元の小じわ対策を徹底するなら、1秒足りとも乾燥状態を作らない!
これくらいの意識でケアをしてみてください!

まず大切な皮脂を取りすぎる洗顔方法の見直し。
目の下には極力、洗顔料をつけないように心がけてくださいね。

目元の保湿ケアを徹底すると、数日で変化が実感できるはずですよ。
目の下の小じわは思ったよりも、簡単にケアすることができるんです。

乾燥対策に加えて、目元の皮膚痩せも対策していけると、より一層効果的。
アイクリームといった目の下専用に開発された化粧品で集中ケアするのもおすすめです。

いまからでも、若々しいハリのある目元は取り戻せるんですね。

それでは最後に、記事内でご紹介した「目の下のケアにおすすめのアイテム」情報を下記にまとめておきますね。

気になったものがあれば、公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

目の下専用に開発されたアイクリーム『アイキララ』公式サイトを見てみる

徹底的に目の下のシワを保湿ケアできる『ヒアロディープパッチ』公式サイトを見てみる

目の下のケアは、いくつから始めても間に合います!

ハリのある美肌を取り戻すために、遅いなんてことは決してありません。

目元が若々しさを取り戻すと、見た目年齢が一気に若返ります。

気になる小じわを解消して、ハリのある潤った若々しい目元を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連記事