肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目の下のクマを治す方法とは?】原因別クマを取る方法はコレ!

たるみチェック方法

ひどい目の下のクマをスッキリ取って治す方法

  • 朝起きて鏡を見ると、目の下のクマがひどい・・・
  • メイクで隠しきれない、目の下のクマを治す方法を知りたい
  • クマが気になって、人と目を合わせるのが嫌

目の下のクマがひどい・・・
自分の疲れ顔を見ると落ち込んでいましますよね。

人の印象というのは、目元で決まります。
目の下のクマは、決定的な老け顔の原因になってしまうんです。

いくらお肌をキレイにケアしていても台無し!
目の下のクマがあるだけで、見た目年齢はグンっと老けて見られてしまいます。

しかも、クマは放っておくと、どんどんひどくなるので厄介です。
「以前は一晩グッスリ寝ればクマなんか綺麗にとれていたのに・・・」
年齢と共に、クマが取れなくなってしまい悩みは深刻化するばかりですよね。

目の下のクマを治すには、早急に対処するのが一番です。
目の下のクマを解消して、見た目年齢をグンっと若返らせましょう!

クマは原因によって、治す方法が違います。

まずは、あなたの目の下のクマの原因を知ってください。

目の下のクマの原因はどのタイプ?

目の下のクマの原因
目の下のクマには、青クマ、黒クマ.茶グマの3種類があります。
あなたを悩ます目の下のクマは、一体どのタイプでしょうか?

自分のクマのタイプを知ることで、クマを治す方法が分かってきます。
原因によって、クマを取る方法が違うからです。

まずは、自分のクマはどのタイプなのか知ってください。

① 青クマの原因

血行不良が原因でできるのが青クマ。
睡眠不足や目の疲れによって血液が停滞した状態。

特に女性は貧血になりやすいため、青クマができやすいです。

寝不足をした翌日にできるクマは、たいていこの青クマです。

青クマの原因:血行不良

② 黒クマの原因

皮膚のたるみが原因でできるのが黒クマ。
目の下の皮膚がたるんだことでできます。

涙袋のある人は、黒クマができやすいです。

たるみが影を作ることによって黒く見えるのが黒クマです。

黒クマの原因:皮膚のたるみ

③ 茶グマの原因

色素沈着が原因でできるクマ。
目の下の皮膚が色素沈着を起こして茶色くなってしまいます。

クレンジングで擦りすぎる方や、紫外線対策が出来ていないとできやすいです。

目の下の薄い皮膚が傷つきメラニンが生成されたのが茶グマです。

茶クマの原因:皮膚の色素沈着

【原因別】目の下のクマを治す方法

目の下のクマの原因
目の下のクマは原因によって、治す方法が違います。
自分のクマに適切な取る方法を実践しないと、いつまでたっても改善されません。

それでは、クマの原因別に、目の下のクマを治す方法を見ていきましょう。

① 青クマを治す方法

青クマを治す方法
血行不良が原因の青クマは、血流を改善することが効果的です。
目をよく動かしたり、目の周りのツボを刺激して血行を促進してください。

強引にマッサージするのはダメですよ。
目の周りの皮膚はとても薄いので傷つけてしまいます。

血流改善効果のあるサプリメントもおすすめです。
DHAやEPAを摂取して血行の良い状態にすると良いでしょう。

血行不良となる原因は、疲労やストレスです。
青クマの場合は、たっぷりと睡眠をとることが大切です。

② 黒クマを治す方法

黒クマを治す方法
たるみが原因の黒クマは、皮膚のハリを取り戻してあげることが効果的です。

目の下の皮膚の弾力がなくなると「たるみ」が生じます。
たるみによって皮膚がくぼんでしまいクマに見えるわけです。

黒クマをとるために大切なのは「徹底した保湿ケア」です。

目の下は皮膚は、顔の中で最も薄くて弱い部分。
乾燥の影響をとても受けやすいです。
そのため、肌のハリを直ぐに失ってしまいます。

保湿ケアを重点的にすることが大切。
肌のハリを取り戻して、クマの原因となるたるみを解消しましょう。

美容成分でおすすめなのが「ヒアルロン酸」と「セラミド」です。
これらの成分が配合された美容液やクリームなどを使って保湿を徹底してください。

③ 茶グマを治す方法

茶グマを治す方法
茶グマは他の二つのクマと比べると、最も深刻度が高い症状。
色素沈着と聞くと美白化粧品が思い浮かぶと思います。
だからといって、すぐに美白化粧品を使用するのは避けたいところです。

理由は、目の下の皮膚はとてもデリケートなためです。
顔の中で最も皮膚が薄く弱いのが目の下。
ケアには十分に気をつけないと、逆効果になってしまうことが多い場所です。

美白化粧品というのは、刺激の強い美容成分が含まれています。
目の下の薄い皮膚にダメージを与えてしまう危険性があるんです。

まずは、徹底した保湿ケアを行ってください。
茶グマは乾燥が進んだ状態でもありますから。

次第に目の下の肌のバリア機能も回復してくるはずです。
そうなってくれば、美白化粧品を使用してもダメージにはなりません
しっかりと美白効果が得られるはずです。

保湿ケアにより、新陳代謝も促進されてきます。
そして、皮膚のターンオーバーの機能が正常化。
次第に色素沈着によるクマが薄くなっていくでしょう。

以上のような手順が、茶グマを取る方法です。

目の下のクマを治す生活習慣

目の下のクマを治す
目の下を治す方法を実践しながら、生活習慣も正していくのが効果的です。

いくら気になるクマを取っても、再発してしまっては意味がないですもんね。

以下のポイントに注意してください。

目の下の保湿ケアは入念に

目の下の皮膚はとても薄く、たいへん乾燥しやすいです。
そのため、顔の中でも特に入念に保湿ケアをしてください。

スマホやパソコンは休憩を入れる

目の下のクマ原因は、目に疲れが溜まるから。
スマホやパソコン画面を長時間見続けると、想像に目には疲労が溜まります。
30分に一度は、画面から目を離して5分ほど休憩をとってください。

目の下まで紫外線対策をしっかりと

日焼け止めをつい塗り忘れてしまいがちなのが目の下です。
皮膚が薄いので、紫外線のダメージにとても弱いので注意が必要。
少しの外出でもしっかり紫外線対策をしましょう。

目の下の血行を促進する習慣

目の下のクマを消すためには、顔の血流を促すことが大切。
蒸しタオルなども良いですが、やはり一番おすすめなのが入浴です。
ついシャワーだけになりがちな忙しい毎日ですが、全身の血行を一気に促進できるのがお風呂ですね。
週に数回は、ゆっくり湯船に浸かる習慣がクマ知らずの目元を作ってくれます。

目の下のクマを治す方法まとめ

目の下のクマを取る方法
以上、目の下のクマを治す方法について、原因別クマを取る方法ご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

目の下のクマを取る方法に関して大切なこと。

  • まずは、自分のクマの原因を知る。
  • そして、適切なクマを取る方法を実行する。

この2つのステップがクマの無い目元を実現します。

これまで色々な方法を行っても効果が実感出来なかった方。
もしかすると、クマの原因と治す方法が違っていたのかもしれません。

それでは、いくらケアを頑張っても効果が期待できませんよね。
いま一度、自分のクマの原因を再確認してみてください。

クマを取る方法が上手くいくと、目元が一気に元気を取り戻します。

もう、気になるクマをコンシーラーや、ファンデーションで隠してごまかす必要はなくなりますよ。

目の下のクマをスッキリ消して、
見た目年齢をグンっと若返らせちゃいましょう!

スポンサーリンク