肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【目の下のシワを取る方法とは?】ちりめんじわ原因に効くシワ取り方法

目元のシワをなくす

目の下のシワを取る3つの方法とは?

目の下のシワ「目の下のシワがとても気になって仕方ありません。以前にも増して、ちりめんじわが増えているようで不安です。自分なりに色々とケアをしても目の下のシワはいっこうに取れません。なにか目の下のシワ原因に効く、良いシワ取りの方法はありませんか?」

このような、目の下のシワの悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 目の下のシワが取れない原因とは?
  • 目の下のシワを取る3つのスキンケア方法
  • 目の下のシワに効くクリームの選び方3つのポイントとは?

目の下のシワって、大変に気になってしまいますよね。

パっと見た印象で、特に目立ってしまうのが目の下のシワですから。

目の下のちりめんじわを取るために、色々とケアをしてもなかなか効果が実感できないんですよね。

では、目の下のシワ取りで、なかなか効果が実感できない原因って何でしょうか?

それは「これまでのシワ取り方法が間違っていたから」かもしれません。

今回ご紹介する「目の下のシワを取る方法」でケアしていけば、きっと効果を実感できるはずです。

目の下のシワ原因にしっかりと効かせることができれば、良い結果はでるんですね。

もう目の下のシワに悩まされない若々しい目元を手に入れて、オシャレやメイクを楽しみましょう!

目の下のシワが取れない原因とは?

目の下のシワ原因

目の下のシワに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。目の下にシワがあると見た目年齢を押し上げて一気に老け顔になってしまいます。目の下のシワが取れない原因としては、加齢でコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸やセラミドが減ってしまい肌の潤いやハリが保てなくなる、瞬きをしたり笑ったりなどの表情による疲労や表情筋の衰えや血行不良、紫外線や摩擦やストレスなどによる刺激、乾燥で角質のバリア機能が低下していてターンオーバーや肌細胞の再生がスムーズにいかないなどがあります。目の下は皮膚が薄くデリケートな箇所ですので、様々な刺激を受けやすいです。目の下のシワが取れない原因を正しく理解して積極的な対策に努めていきましょう。

目の下のシワを取る3つのスキンケア方法

目の下のシワを取る方法

目の下のシワを取る3つのスキンケア方法についてですが

  • しっかりと保湿ケアを行って目元の乾燥を防ぎ角質のバリア機能を高めてターンオーバーや肌細胞の再生リズムを正常に維持する
  • 目元のマッサージやツボ押しでシワに働きかけて血行を促進させたりリフトアップする
  • UVケアをしっかりと行って紫外線から肌を徹底的に守る

という3つがあります

それでは、詳しく解説をしていきます。

目の下のシワ取り方法1.保湿ケアで肌のバリア機能を正常化

とくに重要になるのが保湿ケアです。
全ての肌トラブルの原因は肌の乾燥であると言っても過言ではありません。肌が乾燥すると角質のバリア機能が衰えてターンオーバーが不活発になり肌細胞の再生も遅くなるので、目の下のシワだけではなくたるみやシミやくすみやニキビや吹き出物や毛穴の開きや口元のほうれい線や輪郭のゆるみやごわつきやキメの粗さやざらつきなどの肌トラブルにも直結してしまいます。加齢により不足しがちなコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンなどの成分をサプリや化粧品で補ったり肌にたっぷりと潤いをチャージしたりして目元の乾燥を防ぎましょう。

目の下のシワ取り方法2.マッサージ・ツボ押しでリフトアップ

マッサージやツボ押しなどによる物理的なアプローチはとても効果的です。目の周りはデリケートですので、マッサージを行う際はクリームなどをたっぷり塗って滑りが良い状態にして優しく行うことが大事です。滑りの悪い乾いた状態で力任せに行ってしまうとそれが肌ダメージとなってしまい、メラニンの色素沈着が生じてシミやくすみが出来る原因にもなってしまいます。目元には攅竹や承泣や太陽などのシワ取りに効果的なツボがたくさん存在します。攅竹は眉間にあり目の疲れを取り除く効果も期待できます。黒目の真下にある承泣はたるみやクマの改善にも効果的ですし、こめかみにある太陽はむくみ解消にも効果的です。EMSの機能が搭載されている美顔器で表情筋にアプローチしたり、美顔ローラーで顔全体の血行を促進させるという方法もおすすめです。

目の下のシワ取り方法3.紫外線対策で肌の老化を防ぐ

紫外線は肌に大きなダメージを与えますので、日頃からUVケアを積極的に行うということも忘れてはいけません。紫外線が降り注ぐのは真夏だけではありませんので油断大敵です。3月頃から徐々に紫外線量は増え始め、5~8月がピークとなります。紫外線量が多い状態は10月頃まで続きますので、真夏だけではなく年間を通してUVケアを行う必要があります。SPFの数値が高めの日焼け止めを塗ったり帽子や日傘で紫外線を遮ったりUVケア効果が期待できる基礎化粧品やベースメイクアイテムを日頃から使用したりして肌をしっかりと守りましょう。それが目の下のシワの予防や改善に結びつきます。目の下のシワの悩みは年齢とともに深刻化していきますので、アンチエイジングを意識しつつ早めに対策を講じることが重要なポイントとなります。保湿ケアやマッサージやツボ押しやUVケアを積極的に行うことで肌環境は徐々に良くなっていきます。積極的な対策でシワの無い若々しい目元に導きましょう。

目の下のシワに効くクリームの選び方3つのポイントとは?

目の下のシワに効くクリームの選び方における3つのポイントについて

  • 保湿効果やエイジングケア効果やリフトアップ効果が得られる美容成分が贅沢にたっぷりと配合されていて強力にアプローチすることが出来る
  • 保湿力や潤いキープ力や浸透力が高く肌にスーッと馴染んで角質層の奥深くまで美容成分や潤いがじっくりと行き渡る
  • 自分の肌質や目の下のシワの状態や普段のスキンケア方法やメイクアップ方法や悩みや目的や理想やライフスタイルにぴったり合っている

以上の3つがあります。

それでは、それぞれのポイントを解説していきます。

アイクリーム選びポイント1.シワ原因にアプローチできる配合成分

目の下のシワを効果的に効率的に改善させるためには、強力にアプローチすることが出来る実力派のクリームを選ぶことが大事なポイントとなります。そこで重要になるのが美容成分の濃度や含有量です。コラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの保湿やエイジングケアやリフトアップに大きく役立てることが出来る美容成分がなるべく高濃度でたっぷりと贅沢に配合されているものを比較して選びましょう。

アイクリーム選びポイント2.保湿力と浸透力に優れている

年齢肌は化粧品が浸透しにくいですので、クリームの肌馴染みの良さや浸透力の高さにもこだわる必要があります。浸透力が高ければ角質層の奥の方まで美容成分が届くので、それが保湿力や潤いキープ力の高さにもつながります。ベタベタするのが苦手な場合はさらっとしたタイプのゆるめのテクスチャーのものを選び、目元の乾燥が気になる場合は濃密なテクスチャーで油分が多く含まれているものを選ぶのがおすすめです。自分にぴったり合ったものを見つけるということも大切です。敏感肌の人は、石油系界面活性剤や防腐剤や合成着色料や合成香料や鉱物油やパラベンなどの肌へのダメージとなる科学的な添加物が含まれていない肌にやさしくて刺激の少ない無添加タイプのものを選ぶ必要があります。乾燥肌の人は保湿に特化したタイプのものを選ぶのが良いですし、脂性肌の人は油分が少なめのベタベタしないものを選ぶのがベストです。自分が日頃から使用している基礎化粧品や化粧下地などのベースメイクアイテムなどとの相性も意識しながら選びましょう。

アイクリーム選びポイント3.ライフスタイルに合ったクリーム

目の下のシワに効くクリームは色々なコスメブランドから様々なタイプのものが販売されていますので、事前にしっかりと情報収集を行ってきちんと比較して選ぶことが大切です。選ぶ際は、効果効能や美容成分の種類や含有量や濃度やテクスチャーや香りや使用する順番や使用方法や浸透力や保湿力や肌馴染みや容量や値段やコストパフォーマンスなどに着目して比較しましょう。コスメカウンターで相談をしたりサンプルを貰ったりするのもおすすめですし、美容雑誌の記事やブログやSNSやランキングサイトや口コミサイトや通販サイトの商品レビューなどを参考にするのもそれぞれのクリームを比較するのに良い方法です。

顔全体に使用することが出来るクリームもあれば目元専用のアイクリームもあります。最適なクリームを選んで最高のスキンケアを実現させましょう。

目の下のシワを取る方法まとめ

以上、目の下のシワを取る方法について、ちりめんじわ原因に効くシワ取り方法ご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 保湿ケアで肌のバリア機能を正常化
  • マッサージ・ツボ押しでリフトアップ
  • 紫外線対策で肌の老化を防ぐ

目の下のシワに悩んでいる方が非常に多い理由。

それは、きちんと目の下のシワ原因を解消するシワ取りケアが実践できていなかったからです。

シワは肌の老化現象の一つです。

しかし、私たちの肌は、歳を重ねていく過程で、ただ衰えていくばかりではありません。

肌は再生を繰り返して、回復する機能が備わっています。

それなのに、年齢を理由にして諦めてしまうのは、もったいないことです。

これまで積極的に目の下のしわケアを実践してこなかったということは
今度、正しいケアを行っていけば、きちんと効果を実感できるということです。

これからはじめて、遅すぎるなんてことはないんですね。

しっかりと目の下のシワ原因にアプローチをしていけば、気になるちりめんじわだって改善することができるんですから。

シワに負けない、ピン!とハリのある目元は、自分で作ることができるんです。

今日から目の下のシワケアをスタートしてみませんか?
気になる目の下のシワに悩まされない、若々しい目元を手に入れて、メイクやオシャレを思いっきり楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事