肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【生コラーゲンの効果とは?】美肌への3つの効果とおすすめ生コラーゲン化粧品

生コラーゲンの肌への効果

生コラーゲンの肌への3つの効果とは?

生コラーゲンの肌への効果「最近話題になっている生コラーゲンが気になっています。実際、お肌へ効果はあるのでしょうか?また、おすすめの生コラーゲン化粧品があれば教えてください。」

このような、生コラーゲンについての疑問にお答えます。

  • 本記事の内容
  • 生コラーゲンとは?
  • 生コラーゲンの肌への3つの効果とは?
  • おすすめの生コラーゲン化粧品

いま美容業界で大注目の成分が「生コラーゲン」です。

これまでの一般的なコラーゲンに比べて、肌への高い効果が期待されています。

けれど、何が「生」なのか?
一般的なコラーゲンとの違いなど
よく分からないことが多いですよね。

化粧品は、肌につけるものなので、怪しいものは使いたくありません。

そこで今回は、生コラーゲンについて詳しくご紹介していきます。

生コラーゲンとは?

生コラーゲンとは

まずは、生コラーゲンについてです。

生コラーゲンを一言で説明すると

「私たちの皮膚と同じ構造を保ったコラーゲン」

ということになります。

では、これまでの一般的なコラーゲンは何だったの?
となりますよね。

この疑問に答えるには、コラーゲンの性質を少し説明する必要があります。

コラーゲンには「水に溶けにくい」という性質があるんです。

そのため、化粧品に配合させるには「加熱処理」をする必要がありました。

しかし、加熱すればコラーゲンは溶けまずが、コラーゲンの構造が壊れて変性してしまいます。

すると、お肌への効果が少なくなってしまうというデメリットがありました。

構造が壊れてしまう問題を解決したのが「生コラーゲン」というわけです。

  • これまでのコラーゲン=加熱処理で構造が変性
  • 生コラーゲン=肌と同じ構造のまま

最新の技術で、コラーゲンの構造を保ったまま、化粧品に配合することが可能となったんですね。

生コラーゲンは精製加熱処理をしていません。

本来の皮膚と同じ構造を保ったままなんです。

これまでのコラーゲンと違い、生コラーゲンは、肌への効果が最大限発揮されるんです。

それでは、生コラーゲンの肌への効果を見ていきましょう。

生コラーゲンの肌への3つの効果とは?

生コラーゲンが美肌を引き出してくれる理由を解説していきます。

1.生コラーゲンは「保水力が凄い」

まず注目したいのが「保水力」

これまでの一般的なコラーゲンに比べて

生コラーゲンの保水力はなんと!約5倍もあるんです!

この理由は、加熱処理がされていないため、私たちの肌と同じ構造だから。

肌の真皮層への浸透力がズバ抜けているんですね。

2.生コラーゲン「持続力が凄い」

保水力の凄さはご紹介しましたが、

加えて、保水の持続力に優れています。

お肌と同じ構造のため、つけたときに肌にとてもなじみます。

長い時間、肌に残って効果を発揮するため、持続力が凄いんですね。

継続して使うほど、肌の角質層が潤いに満たされていきます。

潤った理想的な肌環境が作られて、肌力がアップします。

3.生コラーゲン「細胞活性力が凄い」

きわめつけは、肌との特別な親和性です。

皮膚の細胞と生コラーゲンは構造が一緒なので、相性が抜群に良いです。

そのため、肌につけることで、角層を活性化してくれます。

単に保湿するだけの成分とは違い、肌を根本からより良く改善してくれるんですね。

おすすめの生コラーゲン化粧品

生コラーゲンは、加熱処理をせずに化粧品に合成する必要があるため

商品化するためには、高い技術力が必要となります。

そのため、生コラーゲン化粧日の種類は、まだ限られているんですね。にするのはかなり技術的に難しいので、

それが、生コラーゲン化粧品がまだまだ少ない理由です。

生コラーゲン化粧品は効果がない!嘘!という評判について

すべてのお化粧品が、すべての人に効果があるワケではありません。

人それぞれ、肌質がまったく違います。

本題の「生コラーゲン化粧品は効果ない!嘘!」という評判に関しては、あるポイントが重要になるんですね。

それは、生コラーゲン化粧品の保存方法です。

生コラーゲン化粧品は、製品の性質上、冷蔵保存をする必要があります。

理由は、生コラーゲンは25度以上の環境下では変質してしまうから。

一般的な化粧品と同じような保管方法では、効果がほぼなくなってしまうんです。

デリケートな化粧品のため、常温で保存してはダメなんですね。

「生コラーゲンは効果がない!嘘!」と感じた方の中には、保存方法をミスしてしまっている人がいるというわけなんです。

使い終わったあと、いつもの癖で他の化粧品と同じ場所に置きっぱなしにしてしまう。

これ、私もついやっちゃうことがあったんですよね(汗)

だから、「生コラーゲンは効果がない!嘘!」と感じてしまう方の気持ちは良くわかります。

なので、生コラーゲン化粧品を使うさいには、冷蔵保存を忘れずに!

気温の高い季節などは、取り扱いには特に注意が必要です。

生コラーゲンの効果を最大限にいかすためにも、保存方法には注意して使用してください。

生コラーゲンの効果まとめ

以上、生コラーゲンの効果について、美肌への3つの効果とおすすめ生コラーゲン化粧品をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 生コラーゲンは「保水力が凄い」
  • 生コラーゲン「持続力が凄い」
  • 生コラーゲン「細胞活性力が凄い」

生コラーゲンと、これまでの一般的なコラーゲンとの違いが分かっていただけましたでしょうか。

生コラーゲン化粧品は、まだまだ値段の高いものが多いです。

製品化するために、高い技術力が必要なので仕方がありません。

もし、いま使っているお化粧品に満足できていないのであれば、一度試してみることをおすすめできる化粧品です。

冷蔵後で冷やした、生コラーゲンの化粧品を肌につけると、とても気持ちがいいんです。

つけた瞬間になじんで、スーっと肌に入っていく実感がたまりません。

生コラーゲンでしっかりケアした翌日は、肌の違いに驚きました。

肌のキメが整っていて、化粧ノリが抜群に良い!

朝から嬉しくなっちゃいましたね。

スポンサーリンク

関連記事