肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ニキビに乳液はよくない!は間違い?】ニキビ肌に乳液が必要な理由

ニキビ乳液

ニキビに乳液はよくない?
悪化するって本当なの?

  • 乳液の油分がニキビ肌によくないって本当なの?
  • ベタつく感じが嫌で、ニキビを悪化させそう・・・
  • ニキビには保湿も大事っていうけど乳液は大丈夫?

ニキビ肌を早く治すためには「ニキビを悪化させる原因を取り除く必要」があります。

ニキビ悪化の原因の一つとして「乳液」が指摘されることがありますよね。

乳液は油分を多く含んでいるため、ニキビ肌にはよくないイメージがあるからでしょう。

ニキビは悪化してひどくなればなるほど、ニキビ跡として残ってしまいます。

「できるだけ早くキレイに、ニキビを治したい!」

そんな思いから、乳液の使用をやめる!という人もいるでしょう。

しかし、乳液は本当にニキビによくないのでしょうか?
もし、乳液の使用をやめることが、逆にニキビを悪化させる原因だったとしたら?

ニキビを綺麗に早く治すためにも!
乳液がニキビに与える影響を知っておく必要があります。

今回は、乳液とニキビの関係について紹介するので参考にしてください。

「乳液がニキビを悪化させる」は間違い!

ニキビを乳液が悪化させる
ニキビの治し方に関しては、様々な方法がいわれています。

そのため、ニキビケアを実践しようとすると、どれが正しいのか分からず混乱してしまいますね。

残念なことに、間違ったニキビの治し方が広まってしまってい場合もあります。
注意しないと、ニキビを悪化させてしまいかねません。

その中でも、乳液に関しての誤解が多いんです!
乳液は、ニキビに悪影響を及ぼすものではありません。

ニキビと乳液の関係について、確認をしていきましょう。

乳液の油分は、ニキビを悪化させない!

ニキビ悪化の原因
乳液に含まれている油分が、ニキビを悪化させるは間違いです。

ニキビ肌の人が、乳液の油分を嫌うのはよくわかります。
ニキビが悪化してしまいそうですもんね。

● 乳液に含まれる油分とは
乳液に含まれている油分というのは「保湿を目的」としたものです。
お肌の水分の蒸発を防いで、乾燥から守る役割。
ニキビを悪化させるような性質のものではありません。

ニキビ肌の人ほど、スキンケアは「さっぱりとした仕上がり」を好みます。
ベタつきを極度に嫌ってしまいがちです。

中には、化粧水や美容液だけ。
乳液を省略してスキンケアを済ませてしまう人もいるほどです。

けれど、そのスケンケア方法は、おすすめできません。
乳液の使用をやめたことで、ニキビが悪化してしまうことになります。

ニキビ悪化の原因となるのが「肌の乾燥」だからです。

「乳液で毛穴が詰まる」は間違った表現

ニキビ肌の人が乳液を嫌う背景には、間違った表現のせいもあります。

化粧水と美容液をつけた後には「乳液の油分でフタをしてください」といった表現を聞いたことはありませんか?

毛穴をふさいでしまって、ニキビ悪化の原因になりそうですよね。
フタなんて表現をされると、まるで肌の上に皮膜がのっているイメージです。
けれど、実際の乳液は、そのようなフタとは違います。

乳液は、肌の表面に膜をつくって、水分の蒸発を防いでいるわけではありません。
覆うというより、細胞をひとつひとつコーティングしているんです。

それによって、化粧水や美容液の成分が肌内部に保護されるわけです。
毛穴を詰まらせたり、ニキビを悪化させるような仕組みではありません。

ニキビ肌にも「乳液」が必要な理由

ニキビ肌に乳液が必要
乳液はニキビを悪化させるどころか、逆に必要なものなんです。
なぜなら、「ニキビの原因の一つが乾燥肌」だからです。

乳液をやめるとニキビが悪化する

ニキビができて、乳液の使用をやめるとお肌はどうなるでしょうか?
「肌が乾燥状態」になってしまいます。

● 乳液をやめると乾燥肌になる理由
化粧水や美容液には、油分がほとんど配合されていないからです。
肌につけたあと、すぐに潤い成分が蒸発してしまいます。
乳液は肌に潤いと閉じ込める重要な役割をしているんです。

化粧水の水分が蒸発すると、肌の急激な乾燥をまねきます。
肌表目の水分の蒸発は、肌内部の水分まで一緒に奪ってしまうんです。

毎日のスキンケアから、乳液を無くすとどういうことになるのか。
ニキビが悪化する、乾燥状態の肌環境を作ってしまうことになるんです。
保湿効果のある乳液は、ニキビ肌でも日々のスキンケアには必要です。

ニキビ肌に必要なのは「保湿」

ニキビを治すには保湿が必要
ニキビを悪化させないためには、乾燥をさけること。
つまり、ニキビ肌に必要なのは保湿なんです。

乳液の油分が、ニキビ悪化の原因だと勘違いしてはいけないんですね。
乳液をやめたことで、逆に悪化をさせていまう場合があるからです。

乳液の効果は、ただ乾燥を防ぐだけにとどまりません。
肌を柔らかくして、なめらかにする効果もあります。

ニキビ肌は、水分を蓄えておく力が弱まっている状態。
そのため乾燥しがちで、肌が硬くなってしまいます。
新陳代謝が乱れて、肌の再生サイクルが遅れるとニキビの治りも悪くなります。

乳液でしっかり保湿をして、お肌を柔らかな状態に改善することが大切。
ニキビ肌には乳液による保湿が必須だと言えます。

ニキビに乳液はよくない?まとめ

ニキビ肌に乳液は必要
以上、ニキビに乳液はよくない!は間違い?という疑問に関して、ニキビ肌に乳液が必要な理由をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 「乳液がニキビを悪化させる」は誤解!
  • ニキビの原因の一つが「乾燥肌」
  • ニキビ肌に必要なのは「乳液による保湿」

ニキビ肌を早く治すために乳液をさけていた人も多いと思います。
しかし、それが乾燥肌を招き、ニキビを悪化させてしまっていることもあるんです。

私自信も昔は、乳液の油分がニキビによくないと思っていました。
だって、ニキビを悪化させてしまうイメージが強かったんですよね。

何もつけずに、肌を乾燥させた方がニキビを治すのには良いと思っていたほどでしたから。
まったくの逆効果!ニキビを悪化させる行為をしていたんだなと・・・

いま思いだすと、ゾっとしてしまいます。

ニキビをできる限り早く綺麗に治すためのポイントが「肌への保湿」なんですね。

しっかりとした保湿を心がけて、肌環境を正常化させることがニキビケアでは大切なこと。

潤った柔らかな肌状態にすることで、ニキビ跡も防ぐことができます。
いつも以上に肌を潤った状態に保湿をしてあげてください。

今回はニキビと乳液の関係について解説をしましたが
いま「ニキビ跡」にお悩みの方も多いと思います。

「【ニキビ跡のクレーター・赤みを治す方法とは?】ニキビ痕ボコボコを消す治し方」の記事内では、ニキビ跡を自宅で治す方法をくわしくご紹介しています。

ニキビ跡のケアに興味のある方は、良ければ参考にしてみてください。

大っ嫌いなニキビ肌を、自信の持てるツルツル肌に変えていきましょう。
メイクもお洒落も楽しみましょうね。

スポンサーリンク

関連記事