肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ニキビ跡の赤みを消すには?】色素沈着してシミになる前に治す3つの方法

頬ニキビ跡の赤みを消す

ニキビ跡の赤みを色素沈着する前に消す3つの方法

  • ニキビ跡の赤みがいつまでも残って消えない
  • ニキビ跡の赤みをほうっておくとシミになるって本当?
  • ニキビ跡の赤みのせいで肌が汚くて憂鬱

いつまでもニキビ跡の赤みが残って最悪・・・
見た目が悪くて、肌の印象が一気に汚くなってしまいます。

一生懸命にメイクでカバーするけど、厚塗りになってひどい状態。

朝から気持ちが暗くなってしまいます。

いつまでたっても消えないニキビ跡の赤み
もう消す方法がないのか諦めかけていました。

けれど、正しい方法でしっかりとケアをすれば「ニキビ跡の赤み」は改善することができるんです。

当時の私は、ニキビ跡の赤みを消す正しい方法を実践できていなかっただけだったんですね。

要するに、ただ自然に回復するのを待っていたのと同じ。
ニキビ跡の赤み原因にきちんとアプローチして、改善するためにやるべきことができていなかったわけです。

正しいケアができていなかったんですから、ニキビ跡の赤みが、いつまで肌に残っているのは当たり前ですよね。

ニキビ跡の赤みは、放置すればするほど色素沈着をしてしまい消すことが難しくなります。
なるべく早めの対処が必要な肌トラブルです。

シミとして定着してしまう前に、しっかりとケアしていきましょう。
今回は、ニキビ跡の赤みを消すための3つの方法をご紹介していきますね。

スポンサーリンク

色素沈着する前に!ニキビ跡の赤みを消す3つの方法

ニキビ跡の赤みを消す
ニキビ跡の赤みを消すために大切なこと。
それは、3つのケアを同時に実践することです。

以前の私は、必要とされるケアを十分に満たせてなかったんですね。

そのため、いつまでたってもニキビ跡の赤みが頬に残ったままでした。

しかし、3つのケアを同時に実践するようになってから、肌の状態はどんどん良くなっていったんです。

ニキビ跡の赤みを消すために重要な3つの方法は

1.ニキビ箇所の炎症をしずめる
2.メラニンの生成を抑制する
3.肌のターンオーバーを促進させる

この3つのケアを同時に行うことがとても良い結果をうみました。

私が長いあいだ、ニキビ跡の赤みに悩まされていた原因は、ケアの方法が不十分だったんですね。

炎症をしずめつつ、メラニンの生成をおさえて、肌の再生を促すことが大切だったんです。

では、ニキビ跡の赤みを消すための3つの方法を詳しくみていきましょう。

1.ニキビ箇所の炎症をしずめる

ニキビ跡の赤みを消す

ニキビの赤みの原因は、ズバリ「炎症」です。

ニキビ原因である「アクネ菌」と、体内部の細胞が戦っている状態。

それに肌が反応して、赤みをおびてしまっているんですね。

ニキビって同じ箇所を繰り返しできますよね。

私がニキビ跡の赤みに悩まされていたのは「両頬」です。

赤みが消えず、しばらくすると、またニキビが再発する・・・
この最悪なニキビループを繰り返していました。

つまり、ずっと炎症した状態だったんですよね。

自分的にはニキビが治ったと思っても、肌内部ではまだ戦いが続いているわけです。

そこに刺激になるような化粧品をつけてしまうと、炎症が長引いて赤みがいつまでも消えません。

まず優先すべきは、お肌に刺激を与えずに、炎症をしずめること。

それに気がついた私は、敏感肌用の化粧品に切り替えました。

それまで使っていた美白化粧品のラインナップは、肌に刺激が強かったんだと思います。

美白化粧品に含まれている美白成分の多くは、刺激が強いものが多いですよね。

肌を漂白するわけですから当然。

ニキビ跡の赤みを消すためには、刺激になるスキンケア用品を控えることが大切です。

ニキビ跡というのは、肌が怪我をしているのと同じ状態なわけですから。

炎症をしずめることを心がけたスキンケアに変えましょう。

スポンサーリンク

2.色素沈着を防ぐため!メラニンの生成を抑制する

ニキビ赤み消す

ニキビ跡で怖いのが「色素沈着によるシミ」です。

ニキビ跡の赤みが引いたあともシミとして残る危険があります。

長いこと悩まされ続けますよね。
あの茶色いくなったニキビ跡のシミには。

そんな肌を汚くしてしまうシミを予防するために必要なことがあります。

それが肌内部のメラニン生成を抑制すること。

肌にニキビができると、肌内部では炎症に反応してメラノサイトが活性化されます。

すると、メラノサイトがシミの原因となるメラニンが大量に排出してしまうんですね。

放出されたメラニンが、肌に色素沈着してしまう前に、除去するのが理想的です。

そのためには、美白成分によるケアで、メラニンに働きかけることが効果的。

洗濯の汚れも放置しておくと、染み付いてしまって綺麗にするのが大変ですよね。

お肌も一緒で、シミが定着してしまう前に!
まだ新しい状態の時に、美白するのが一番です。

注意したいのが、ニキビ跡で赤みをおびている肌は炎症状態。

普通の美白化粧品は刺激が強いので避けたいんですね。

そこで、敏感肌用に作られている美白成分が含まれる化粧水が最適です。

肌内部の炎症を悪化させることなく、生成されたメラニンを除去することができます。

選ぶべき美白化粧品は、肌に低刺激で、美白効果がしっかりあるものがおすすめ!

スポンサーリンク

3.ターンオーバーを促進して肌の再生を早める

ニキビ跡の赤みを消す

お肌の生まれ変わりを、ターンオーバーといいます。

ニキビ跡の赤みを消すためには、このターンオーバーの促進は重要なポイントです。

ニキビによって破壊されてしまった肌の組織をできるだけ早く治すこと。
それが、ニキビ跡に長い間悩まされない秘訣です。

足など擦りむいてしまって、傷が長引けば長引きほど、跡になってしまいますよね。

お肌のニキビも一緒です。

早め目の再生を促すことで、ニキビ跡の赤みを消すことができます。

肌のターンオーバーを促進するために大切なケアが「保湿」です。

潤った健康的な状態を作ってあげることで、肌の生成能力は高まります。

最近の研究では、怪我も幹部を乾燥させて乾かすよりも、潤った状態を保つ方が治りが早いとされています。

保湿ケアを心がけて、ニキビ跡の赤みが色素沈着することのないようケアしましょう。

スポンサーリンク

ニキビ跡の赤みケアを、同時に実践することが重要

ニキビ跡の赤み消す

ニキビ跡の赤みを出来るだけ早く消すためには、3つのポイントを満たすことが秘訣なんですね。

・ニキビ箇所の炎症をしずめる
・メラニンの生成を抑制する
・ターンオーバーを促進して肌の再生を早める

そして、実践するべき毎日のケアは

・肌に刺激を与えない優しいスキンケア
・肌内部に発生しているメラニンを除去する美白ケア
・肌の再生をサポートする十分な保湿ケア

スキンケア用品を選ぶさいは、この3つの条件に合ったものが好ましいです。

ニキビ跡の赤みを消すための3つのケアに適した商品をご紹介しておきますね。

ニキビ跡の赤みケアに適した化粧水「Dewte(デューテ)」

dewte

有名モデルさんにも愛用者が多い、ニキビ跡のケア専用化粧水として開発されたのが『Dewte(デューテ)』です。

  • 炎症で固くゴワゴワした赤ニキビ肌を、柔らかくして保湿
  • 赤ニキビの色素沈着を防ぐ美白ケア
  • ターンオーバー不良をおこしているニキビ肌を促進

ニキビの赤み状態の肌って、保湿ケアをいくらしてもまったく改善されないですよね。

そんな時に試して、効果が実感できたのがデューテでした。

ニキビ肌への保水力が抜群に良かったんです。

圧倒的な保水力の秘密は、独自技術で開発に成功した成分「Wトレハ-コラーゲン」。

さらに、嬉しかったのが

抗炎症・柔軟性・美白といった、ニキビ跡の赤みケアに適した有効成分がたっぷりと配合されていたことです。

もうニキビ跡の赤みに悩みたくない!

そんな思いで、化粧水を探していた私にはピッタリ!でした。

愛用者からの評価も高く「96%が使ってよかった」と回答。

「肌に自信がついた!」と大人気のニキビ跡専用化粧水。

ずっと悩んでいるニキビの赤みとさよならしたい!

という方は、ニキビ跡専用化粧水「Dewte(デューテ)」の公式サイトを一度チェックしてみてもいいかもしれません。

「Dewte(デューテ)」の公式サイトを見てみる

ニキビ跡の赤みを悪化させてしまうNG行為

ニキビ赤み消す

毎日のスキンケアの中には、ニキビ跡の赤みを悪化させてしまうNGな行為があります。

避けるべきNGケアをご紹介しておきますね。

・手のひらで肌をこするゴシゴシ洗顔
・コットンで叩きながらつける化粧水
・ニキビ肌のピーリング

以上は、ニキビ跡の赤みを刺激してしまい悪化させてしまいます。
このようなケアをしていると、いつまでたってもニキビ跡の赤みは無くなりません。

肌に刺激となるケアは、極力控えたいですね。

私もニキビができている時は、手で直接触れないようにコットンで化粧水をつけていました。
コットンの繊維が刺激となってあまり好ましくないそうです。

手の平で優しく顔を覆うようにしてつけるのが良いですね。

ニキビ跡の赤みを消す方法まとめ

ニキビ跡の赤みを消す方法
以上、ニキビ跡の赤みを消す方法について、色素沈着してシミになる前に治すやり方をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

ニキビ跡の赤みって目立つから本当に厄介ですよね。

メイクでカバーしようとしても、なかなか隠れてくれません。

完璧に隠そうとすると、かなりの厚塗りになってひどい肌状態に。

そんな汚い自分の肌を、朝から見ては落ち込んでいましたね。

けれど、正しいケアを実践してから、ニキビ跡の赤みはどんどん良くなっていきました。

しっかりとケアをできていなかっただけだったんです。

毎日のスキンケアで意識したことは

・ニキビ箇所の炎症をしずめる
・メラニンの生成を抑制する
・ターンオーバーを促進して肌の再生を早める

この3つです。

いまでは、あんなに悩まされていたニキビ跡の赤みが嘘のように消えています。

お肌は正しくケアをすれば、きちんと応えてくれるんですね。

ニキビ跡という欠点を隠すメイクはサヨナラできました。

いまでは、キレイになるためのメイクに集中できて楽しいです。

ニキビ跡を気にしない薄メイクで外出できるのが本当に嬉しいですね。

ニキビ跡の赤みに悩まされない、自信が持てる美肌作りをしていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事