肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【30代で後悔しない!】お肌の曲がり角でやるべきスキンケア対策

美肌になるには

お肌の曲がり角でやるべき3つのスキンケア対策とは?

  • ほうれい線が目立って一気に老け顔に・・・
  • あれっ?こんなところにまたシミが!?
  • 肌にハリが無くなり、たるみが・・・

この記事では、このような「お肌の曲がり角」の悩みにお答えします。

年齢を重ねると増えていく肌トラブル。

以前は気にならなかったお肌の悩みを、色々と抱えるようになってきますよね。

肌トラブルの悩みが、急に増える時期があります。
いわゆる「お肌の曲がり角」

お肌の変化を感じたら、これまでのスキンケアを見直す時期です。

30代・40代になって、後悔しないためにも!

お肌の曲がり角対策をしっかりしていきましょう。

  • この記事の内容
  • お肌の曲がり角は何歳?実は、25歳より前だった!?
  • お肌の曲がり角でやるべき3つのスキンケア対策
  • 30代でも肌が若々しい人がこだわる、たった2つのスキンケアとは?
  • お肌の曲がり角で積極的に食べたい3つの食品

お肌の曲がり角でやるべきスキンケア対策をすることで、いつまでも若々しい肌を保つことができます。

お肌の衰えに悩まされることのない、年齢に負けない若肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

お肌の曲がり角は何歳?実は、25歳より前だった!?

お肌の曲がり角
お肌の曲がり角は何歳から?
いつから肌の老化が始まってしまうのでしょうか?

世間一般では「25歳」と言われています。

けれど、お肌の変化は25歳よりもっと早い時期から進んでいるんです。
大抵の人は、10代の半ばからすでにお肌の老化が始まっています。

「えっ!?そんなに若い年齢から!!」

と驚かれたかと思います。

25歳くらいで、お肌の急な変化に気付き始める前から、実はどんどん老化が進んでいるんです。

25歳といった年齢を気にしていても意味がありません。

何歳だとか年齢の数字に関係なく、
本人がお肌の変化に気づいたその時が、スキンケア対策を見直すときなんです。

多くの人が実感する「お肌の曲がり角サイン」

  • シミが増えた
  • 毛穴が目立つようになった
  • ほうれい線が出てきた
  • 目元や口元にシワが出てきた
  • 笑いジワがいつまでも残る
  • ニキビや肌荒れの治りが遅い
  • 顔全体がたるんできた
  • 目の下のくまがひどい

以上のような、お肌の変化を実感したら年齢に関係なく対策が必要です。

肌の変化に合わせてスキンケア方法を切り替えることが、いつまでも若々しい肌でいる秘訣。

お肌の曲がり角で、やっておくべき3つのスキンケア対策をご紹介します。

お肌の曲がり角でやるべき3つのスキンケア対策

お肌の曲がり角対策
お肌を老化させてしまう原因は3つです。

  • 洗いすぎによる「肌への負担」
  • 水分不足による「肌の乾燥」
  • 紫外線による「肌へのダメージ」

お肌の曲がり角を実感したら、この3つを対策することが大切。

具体的な方法としては

お肌の曲がり角3つの対策

  • 洗いすぎないスキンケアを心がける
  • 保湿を強化したスキンケアへの切り替え
  • 肌を老化させる紫外線を徹底対策

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきます。

1.洗いすぎないスキンケアを心がける

洗顔は洗いすぎは良くない
スキンケアの基本といえば「洗顔」
その時々の肌状態に合った洗顔方法を選ぶことがとても大切なんです。

洗顔方法で特に気をつけたいのが、「洗顔のし過ぎ」
皮脂を取りすぎてしまうことで、肌の老化を早めてしまうからです。

若い頃、ニキビに悩まされた方は、洗顔で皮脂を過剰に取りすぎてしまう傾向があるので注意が必要です。
ニキビの再発が怖くて、洗顔を徹底的にやってしまうんですね。

洗いすぎ洗顔を続けていると肌トラブルが発生してしまいます。

年齢を重ねると、皮脂の回復力が衰えます。
そのため、潤いを戻すのに以前よりも時間がかかります。

つまり、肌が乾燥して無防備な状態が長くなるということ。
するとトラブルの元となる様々なダメージを肌は受けてしまうんです。

肌に必用な皮脂を残すには、水洗顔などがおすすめ。
若々しい肌を保つためには、「洗いすぎない」ことが大切です。

お肌が変わったなら、洗顔料も変える。
その時々で使い分けたり、洗顔方法を変えることが大切です。

2.保湿を強化したスキンケアで、機能が低下したお肌をサポート

お肌の曲がり角は保湿ケアが大切
肌の衰えを感じはじめた場合、保湿を意識したスキンケアをすることが大切。
なぜなら、年齢とともにお肌内部の保湿力は、大きく低下するからです。

皮脂はいったん取られても、お肌の潤いを保とうと再び分泌されます。
この皮脂の分泌量は、年齢を重ねると少なくなるんです。
これが、年齢とともに潤いの回復力が衰えてくる理由です。

若い頃に比べて、肌はとても乾燥しやすい状態になります。

  • シワができて戻らなくなったり
  • 皮脂のバランスが崩れて毛穴が開いて見えたり
  • 化粧のノリが悪くなったり

これらお肌の曲がり角で直面する、悩みのほとんどの原因が「乾燥」

衰えた保湿力を補うためにも、これまで以上に外側からの保湿ケアが重要となります。
肌の保湿機能が下がった分、徹底した保湿で若々しい肌の潤いを保ちましょう。

3.肌を老化させる紫外線を徹底対策

肌の老化を防止する紫外線対策
お肌の天敵といえば「紫外線」です。
なぜ、紫外線が肌を老化させてしまうのでしょうか?

それは、紫外線を浴びると表皮が軽い火傷を負った状態になります。水分が奪われてしまい、急激な肌の乾燥を招くことに。また、火傷によって真皮の繊維も壊され、肌のハリが一気に落ちます。

このため、無防備に紫外線に当たると、肌に急激な老化現象が起こるんです。

紫外線は毎日降り注いでいます。
紫外線ケアを怠ると肌の老化はどんどん進行してしまいます。

年齢とともにお肌の新陳代謝の働きが弱まります。
歳を重ねれば重ねるほど、紫外線から受ける肌のダメージは増えるんです。

徹底した紫外線対策を毎日心がけることで肌の老化を防ぎましょう。

スポンサーリンク

【お肌の曲がり角は怖くない】30代でも肌が若々しい人がこだわる、たった2つのスキンケアとは?

肌年齢が若い人
年齢を重ねているのに、肌がとても若々しい人っていますよね。
そんな肌を見ると「高い化粧品を使って、エステにも通っているんだろう」と想像してしまいます。

けれど、実際はそんな理由ではないことがほとんどなんです。
スキンケア方法で気をつけていることを訪ねてみると

「えっ!?特別なことしていないの?」

と思わされる、拍子抜けな回答をされることが多いんです。
とは言っても、毎日のスキンケアをやっていないワケではありません。

若肌を維持するために大切な最低限のことに絞って、しっかりとケアをされています。

若肌の人がこだわっている2つのスキンケア

  • 若肌の絶対条件となる「保湿」
  • 美肌作りの基本となる「洗顔」

「洗顔」と「保湿」できちんとケアするかどうかで、お肌の若々しさは劇的に変わるんだと実感させられますね。

お肌の衰えに焦って、多くのスキンケアをする必要はないんですね。

過度のスキンケアは、逆にお肌の老化を早めてしまう原因にもなってしまうほどなんです。

肌の若々しさを取り戻して、維持していくのなら

  • 保湿化粧品
  • 洗顔石鹸

この2つはとても重要。

若々しい肌の人ほど、2つのスキンケア商品だけには徹底してこだわっています。

お肌の曲がり角を感じたときに、おすすめの「保湿化粧品」と「洗顔石鹸」をご紹介しておきますね。

若肌のための徹底保湿ケアが実現できる「保湿化粧品」

皆さんもこれまで多くの保湿化粧品を試されてきたと思います。
しかし、なかなか納得のできる保湿化粧品に出会える機会は少ないですよね。

徹底保湿ケアをしていきたいのなら、これからはぜひとも保湿成分にこだわってください。
保湿成分と聞いて思い浮かぶのが、コラーゲンやヒアルロン酸でしょうか。

肌への浸透力を考えるのなら、ぜひ「セラミド」を選んでください。
多くの保湿成分の中でも、セラミドの浸透力は段違いに高いんです。

「保湿化粧品が肌に浸透している気がしない・・・」
「つけたのに、ぜんぜん潤っている実感ができない・・・」

このように、いま使っている保湿化粧品に納得できない方は多いのでは?
そんな方は「セラミド」配合の化粧品に切り替えてみてください。

セラミド配合の保湿化粧品で評価が高いのが『ディセンシア アヤナス』です。
実はセラミドには、いくつかの種類が存在します。
アヤナスには、その中でも特に浸透力が優れている「ヒト型セラミド」が配合されています。

肌のハリツヤを取り戻すきっかけとなった方達から圧倒的な支持を受けている保湿アイテム。
お肌の曲がり角を感じて、保湿ケアを強化したい方に最適な保湿化粧品です。

肌を老けさせない、潤いを守りながら洗える「洗顔石鹸」

年齢を重ねると、洗顔の目的も変わってきます。
「ただ皮脂汚れを取り除く洗顔」から「肌の潤いを守る洗顔」へ移行していきましょう。

お肌の潤いを守る洗顔石鹸を選ぶなら「泥洗顔」がおすすめ。
乾燥肌の原因となるのが、実は洗顔時の急激な肌の乾燥なんですね。
泥洗顔なら濃密泡で肌がつつまれるので、潤いを保ちながら洗顔ができます。

泥洗顔石鹸の中でも特におすすめは『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』です。
主成分の泥として、美容泥で有名なマリンシルトを採用。
そして、保湿効果がとても高い豆乳発酵液がたっぷり配合されているんです。

お肌に負担をかけてしまう洗顔を卒業したい方にぴったりですね。

内側からの若肌作り

食生活がお肌に与える影響というのはとても大きいですよね。
乱れがちな食生活を続けているときは、お肌の状態は目に見えて悪化します。

しかも、年齢を重ねてくると回復するまで時間がかかる・・・
そんなときに頼りになるのがサプリメントです。

食生活を整えるのは現実的に難しい場合が多いですもんね。
サプリメントなら簡単に取り入れてお肌の状態を上向きにできます。

美容サプリを選ぶときに、注目してほしい成分は「プラセンタ」です。
肌の若わしさを取り戻すための成分が凝縮されています。

プラセンタの品質と純度が高いのが『フラコラ プラセンタサプリ』です。
内側から若肌作りを始めたい方におすすめです。

お肌の曲がり角で積極的に食べたい3つの食品

お肌の曲がり角対策の食品
お肌の曲がり角を実感したら「外側からのケア」を見直すことがポイントだと解説をしてきました。

それと同じくらい重要となるのが、食べ物による「内側からのケア」です。

なぜなら、私たちのお肌は「食べ物の栄養」を元に作られているから。

そこで、お肌の曲がり角を感じる年齢になったら、積極的に食べたいお肌に良い3つの食品をご紹介します。

(1)納豆

美肌になる食べ物
ハリのある若々しい肌を保つには「大豆製品」がおすすめです。

お肌を作る材料となる「タンパク質」
そして、若肌作りに必要となる「ビタミンB群」が豊富に含まています。

「大豆製品」の中でも、特に優れているのが「納豆」
その理由は、発酵させることで、より栄養価が豊富になっているからです。

(2)トマト

美肌になる食品トマト
トマトは若肌になる食べ物で有名ですよね。

美容の専門家も積極的に食べている食材。
「お肌の老化を予防してくれる食べ物」です。

アンチエイジング効果の理由は、トマトに含まている大量のリコピン。
リコピンには、強力な抗酸化作用があります。

たるみやシワといった肌の老化現象を予防してくれるわけです。

(3)赤身肉

美肌になる赤身肉
いつまでも若々しい肌を保つために、ぜひ積極的に摂りたい栄誉素が3つあります。

「タンパク質」「ビタミンB」「鉄分」

この3つの栄養素が豊富に含まれている食材が「赤身肉」なんです。

若肌作りに必要な栄養素を、いっぺんに効率よく摂取することができます。

しわ・たるみに負けないハリ肌作りのために、ぜひ積極的に食べほしい食品をご紹介しました。身体の中からシワ・たるみ対策をしていきましょう。

お肌の曲がり角スキンケア対策まとめ

お肌の曲がり角スキンケア
以上、30代で後悔しないように、お肌の曲がり角でやるべきスキンケア対策をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 洗いすぎない洗顔方法を心がける
  • 機能が低下したお肌に、徹底した保湿ケアをする
  • 肌を老化させる紫外線を徹底対策する

10代の頃は、お肌の新陳代謝がとても活発。
肌がダメージを受けても、見た目にはわからないものです。

それが25歳くらいから、お肌の大きな変化を実感してきます。

「まだ大丈夫!」

なんて思っていても、お肌の老化は日に日に進んでいるんです。

だからこそ、お肌の曲がり角の時期に、スキンケアを見直す事が大切です。

お肌のためと思って習慣にしてきたスキンケア方法。
それが、年齢を増すにつれて逆効果になってしまうことがあります。

30代で後悔しないためにも、一度見直してみましょう。

  • 洗顔方法を変えたり
  • 使っている化粧品を変えたり
  • 機能化粧品を取り入れてみたり

その時々の適切なスキンケアを行うこと!
それによって、肌の老化のスピードが大きく違ってくるんです。

肌はただ衰えていくだけではありません。
日々生まれ変わっています。
しっかりとスキンケアをしてあげれば、若さを取り戻せるんです。

この先10年、20年も若々しい肌でいるために。

将来の美肌をいまから作っていきましょう!

お肌の曲がり角で、急に肌がくすみがちになると悩まれている方は多いと思います。

「【肌に透明感を出す方法とは?】透明肌の作り方の秘訣はくすみ改善」の記事内で、くすみを改善して肌に透明感を出す方法を詳しくご紹介しています。

透明感のある肌作りに興味のある方は、良ければ参考にしてください。

スポンサーリンク