肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【オーガニック化粧品は効果ある?】安全性や注意点!合わない理由

オーガニック化粧品の安全性

オーガニック化粧品の効果や知っておくべき安全性

  • オーガニック化粧品って本当に効果があるの?
  • オーガニック化粧品の安全性は信頼できる?
  • 植物性由来だからアレルギーが心配

オーガニックや無添加という言葉にどんなイメージを持ちますか?

安心安全で、とてもお肌に良い効果があると思いがち。

しかし、本当に安全で、効果の高い化粧品なのでしょうか?

言葉のイメージだけが先行してしまって、
その実態を知らずに使用してしまうのは大変危険です。

化粧品というのは、実際にお肌につけるもの。

  • なぜオーガニックが肌に合わない人がいるのか?
  • オーガニック化粧品とは一体どういったものなのか?

安全性や効果を良く理解してから、注意をして使用しましょう。

オーガニック化粧品について知っておくべき3つのこと

オーガニック化粧品
安全性への意識の高まりもあり、
オーガニック化粧品への人気が近年高まっています。

「何を基準にして、化粧品を選んでいますか?」

という質問をすると、下記の項目が上位になるそうです。

  • 美容効果
  • 安全性
  • 価格

やはり、安全性への意識が高いことが分かります。

直接、顔につけるものなので当然ですよね。
商品の安全性は気になる項目です。

オーガニック化粧品が「肌に合わない理由」や「安全性」について確認していきましょう。

1.オーガニック化粧品が肌に合わない理由とは?

オーガニック化粧品が肌に合わない
化粧品を選ぶ際に、肌に合うかどうかは決定的な項目です。
オーガニックなら全て人の肌に優しい!といったイメージを持たれている方が多い。

それでは「オーガニックって何ですか?」
と聞かれると、少し困ってしまうのではないでしょうか。

オーガニックとは「化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物」のことです。
では、オーガニック化粧品とは一体どのようなものでしょうか?

実は「オーガニック化粧品」に関しての基準は統一されていません
化粧品メーカーによって、定義や基準があいまいなんですね。

つまり「オーガニック=有機栽培された植物」が原料として配合されていれば「オーガニック化粧品」になってしまうのが現状なんです。

この事実には、少し驚かされますよね。
無条件で肌に優しいというイメージは正しくないことが分かります。

当然、植物性の化粧品がどの人の肌にも合うとは限りません

  • 「化学合成成分」は全て悪いもの
  • 「植物由来成分」は全て良いもの

このような、極端な認識で化粧品選びをしないことが大切です。

植物といっても、様々な種類があります。
植物の成分というのは、本来、人の肌の構成成分には無いものが多い
その中には、ある人の肌にとっては合わない成分もあるということ。
オーガニック化粧品の多くは、数種類の植物成分が複雑にブレンドされているんです。

肌に馴染むかはどうかは、人それぞれの体質によって大きく左右されます。
肌につけた際に刺激になって、赤みや肌荒れのトラブルもあり得るんです。

オーガニックだから優しい成分だと盲目的に使用しつづけるのは危険。
肌に合わないなと感じたら、使用を控えることが大切です。

2.オーガニック化粧品の注意点!安全と決めつけない

オーガニック化粧品の安全性
単純に「オーガニック=安全」
考えてしまうのは危険です。

その理由は、植物性だからといって「肌に優しいとは限らない」からです。
植物由来と聞くと、単純に肌に優しいとか、安全というイメージを持ってしまいます。
そこが言葉のイメージの怖いところです。

化粧品会社もそれが分かっているんです。
植物由来という言葉を使うことで消費者を惹きつけます

そこには、なぜ安全なのかという説明が抜けていることが多い。
「植物だから安全」というのはあまりにも説明不足です。
中には科学成分は危険なので、植物なら安心!
といった短絡的な説明で安全性をアピールしている商品すらあります。

植物性だから安全!
これは、ただの言葉のイメージだと再確認してください。

3.直物由来によるアレルギーへの注意

オーガニックコスメのアレルギー
オーガニック化粧品には、当然ながらアレルギーの危険性があります
症状の重いアレルギー症状が出るケースもあるほどです。

商品名は控えます。
以前に洗顔石鹸でアレルギー症状が多発した一件がありましたよね。
テレビCMや様々な媒体での宣伝でも「安全性」をウリにしていました。
安心安全と思い込みで、オーガニック系の化粧品を使ってしまうのは注意が必要だと再認識させられた出来事でしたね。

オーガニック化粧品を購入した際はいつも以上に気を使ってください。
いきなり肌につけることは避ける。
顔ではない箇所に少量つけて、しばらく様子をみることが大切です。
必ず手足や手につけて試してから、使うようにしましょう。

動物性化粧品の効果を考える

動物性化粧品の安全性
最近、注目されているのが動物性の化粧品なんです。

動物性と聞いてあまり良くないイメージを持たれたのでは?
日本人は動物性という言葉に、悪いイメージを持つ傾向があります。

一度、そのような固定概念を振り払ってみてください。
昔から多くの日本人に愛用されている良い化粧品も多いんですよ。

例えば、馬のオイルである「馬油」
オールマイティーなオイルとして、全身に活用している人も多い商品です。

あとはオイルでいえば人気なのが、「スクワランオイル」
アイザメの肝油なので、スクワランオイルも動物性の化粧品です。

近年、注目されているのが「エミュー」「カタツムリ」の化粧品です。

エミューはオーストラリアの大型鳥です。
エミューのオイルは保湿効果がとても高く、話題の商品となっています。

カタツムリと聞くとイメージがあまりよろしくない(笑)
けれど、海外では大人気の商品なんです。
カタツムリのネバネバしたエキスを配合した化粧品の効果は大評判。

自然界でタカツムリを乾燥から守るほどですもんね。
そのエキスを抽出して作られています。
そのエキスの保湿効果は相当高いと研究結果が出ているほどです。

動物性化粧品を使う際にも、取り扱いに注意が必要!

栄養成分が豊富に含まれているので、カビが発生しやすいんです。
保存方法は冷蔵庫に保管することをおすすめします。

また、直接指をつけて使用しないようにしてください。
商品内で菌が繁殖しやすいのも動物性の特徴。
ヘラなどを使用して、衛生管理には十分に注意して使用しましょう。

オーガニック化粧品の効果・安全性・注意点まとめ

オーガニック基礎化粧品
以上、オーガニック化粧品は効果ある?という疑問について、安全性や注意点、そして肌に合わない理由などをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • オーガニック化粧品だから安全!と決めつけない
  • オーガニック化粧品が肌に合わない人がいる
  • 直物由来によるアレルギーの危険性

化粧品を選ぶときに大切なこと。
それは、オーガニックだから安心!植物性だから安全!
このようなイメージだけの思い込みで使用しないということです。

「オーガニックは肌に優しい」というのは、都市伝説みたいなもの!

植物性の中にも、肌に合わない商品が当然あります。
逆に、科学成分や動物性の中にとても肌に合う商品がある場合もあるんです。

化粧品を購入するさいに意識したいのが、イメージで化粧品を購入しない。

「自分に合った基礎化粧品!選び方の秘訣はコレ」の記事内で、基礎化粧品の選び方3つのコツをご紹介しています。
なかなか自分の肌に合った基礎化粧品が見つからないとお悩みの方は、良ければ参考にしてください。

化粧品選びはイメージではなく、しっかりと自分の肌に合うかどうかで判断することが大切です。

お肌に合う化粧品でのスキンケアで、美肌作りをしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事