肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【光老化を対策するには?】紫外線が原因となるシワ・たるみの予防方法

顔のシワ原因は紫外線

シワ・たるみの原因トップは「光老化」だった!

  • 紫外線がシワの原因になるって本当?
  • 将来、シワやたるみで悩まないための対策方法は?
  • 光老化によるシワ・たるみは予防できるの?

紫外線と聞いてイメージするのがシミですよね。

しかし、もっと深刻な肌へのダメージがあるんです。
それは顔の「シワ・たるみ」です。

紫外線が、顔のシワ・たるみを悪化させる一番の原因

「光老化」という言葉をご存知でしょうか。
紫外線による肌の老化のことです。

お肌の老化原因の80%が光老化と言われるほど深刻なものなんです。

光老化の症状で最も深刻なのが「顔のシワ・たるみ」なんですね。
今回は紫外線による光老化と顔のシワ・たるみについてご紹介していきます。

シワ・たるみを予防するための光老化対策もご紹介するので参考にしてください。

紫外線による光老化がシワ・たるみの原因となるメカニズム

紫外線がシワの原因となるメカニズム
顔のシワ・たるみには個人差がハッキリと出ます。

同年代の人で比べてみても、顔のシワ・たるみが目立つ人と、ハリのある肌をしている人がいますよね。

この肌に大きな差がでる一番の要因。
それが「紫外線による光老化」です。

これまで、紫外線によるダメージが、どれだけ蓄積されてきたか?

その結果が「顔のシワ・たるみ」という光老化現象としてあらわれてきます。
紫外線の光老化よるシワ・たるみができるメカニズムを見ていきましょう。

肌の弾力を奪う「紫外線A波」

紫外線A波がコラーゲンを破壊
紫外線には、A波(UV-A波)とB波(UV-B波)の2種類があります。
シワ・たるみの原因となるのが、紫外線A波(UV-A波)による光老化です。

紫外線A波(UV-A波)の特徴は、表皮の奥深くにある真皮まで届いてしまうこと。
真皮には、肌の弾力を保つコラーゲン・エラスチンなどの成分があります。

紫外線A波(UV-A波)は、それら弾力成分を破壊してしまうんです。
この光老化の結果、お肌は弾力を失います。

弾力成分が壊れた肌は「シワ・たるみ」になる

弾力繊維が壊れシワとなる

健康で弾力のある肌であれば、シワ・たるみになりません。
皮膚が折りたたまれてシワができても、すぐに元に戻る力があるからです。

弾力もあり、重力に負けて皮膚がたるむこともありません。

しかし紫外線による光老化によって、弾力成分が破壊されてしまった肌はどうなるでしょうか?

弾力を失い硬くなった肌は、元に戻る力がありません。

折りたたまれたまま、陥没してしまいます。
しかも、皮膚の重さによってたるみもでます。

その結果、顔のシワ・たるみといった老け顔の症状が目立つことになります。

紫外線による光老化が原因でシワができるメカニズム

1.紫外線を浴びる
 ↓

2.真皮のコラーゲンなど弾力成分が破壊される
 ↓

3.肌はハリや弾力を失う
 ↓

4.肌が陥没して、シワとなる

紫外線の光老化を対策して、顔のシワ・たるみを予防する方法

顔のシワを回復させる方法
紫外線の光老化によるシワ・たるみの原因は、弾力成分を失ったことです。
つまり、シワ・たるみを予防するための効果的な方法は「弾力成分の回復」

肌深くの真皮まで、化粧品を浸透させるのは難しいです。
シワ・たるみの回復には、体の内部から積極的に栄養を補ってあげる必要があります。

紫外線の光老化によって酸化した肌を回復させる

抗酸化作用に優れた、人参やカボチャといった緑黄色野菜を摂取しましょう。

光老化に負けない肌を作るためのタンパク質

シワに負けない肌作りには、材料となるタンパク質は欠かせません。
卵や大豆製品を意識して摂るようにしましょう。

弾力成分コラーゲンの生成を助けるビタミンC

レモン・キウイなどの果物、ブロッコリー、ピーマンなどの野菜に多く含まれています。

光老化を防ぐビタミンE

紫外線に強い肌作りには、若さのビタミンと言われるビタミンE。
アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

コラーゲンやヒアルロン酸のサプリの活用

失った弾力成分を体の中から、積極的に補ってあげることが大切です。

光老化を対策する方法まとめ

光老化の対策
以上、光老化の対策について、紫外線が原因となるシワ・たるみの予防方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

紫外線による光老化は、肌老化の80%と言われるほど深刻なものです。
原因となる紫外線A波(UV-A波)は、窓ガラス・カーテンをすり抜けて室内に侵入してきます。

しかも、赤みや炎症を起こさないため、気が付けないのが厄介!
日常生活の中で、知らずにダメージを受けてしまっています。

光老化を予防するには「紫外線対策をする」しかありません。

日焼け止めは、天気のよい日に外出するときだけでは不十分です。
天気の悪い日や、室内にいるときも油断は禁物なんですね。
光老化の対策には、日常的に日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

光老化による、肌の老化は自覚症状がないまま少しずつ進行します。
いまから対策を始めて、シワを予防することでハリの若肌を作っていきましょう。

顔のシワの中でも、特に目立ってしまうのが目の周りの小じわです。
この小じわがあるだけで、一気に老け顔に見られてしまうので悩みは深刻ですよね。

そんな小じわが気になる方は、「【目の下のしわをなくす方法とは?】目立つ小じわの原因を解消して取る方法」の記事で、小じわ対策を詳しくご紹介しています。

目の下のシワをなくして解消する2つの方法が気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事