肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【自分で顔のシミを消す方法とは?】シミを消したいなら知っておくべき3つのシミ対策

目の下のたるみ

自分で顔のシミを消すための3つの方法

  • 老け顔に見られるシミを消す方法を知りたい!
  • 自分で顔のシミを消す方法ってあるの?
  • シミ顔の私と、シミのないあの人の違いって何!?

顔に出来てしまったシミ、消したくて仕方ないですよね。
老け顔に見られてしまう一番の原因を知ってますか?

「そうです…顔のシミなんです・・・」

この事実を知った時は、本当にショックでした(涙)

私なんて、若い頃は紫外線対策なんてまったくしない生活。
日焼けし放題の毎日を送っていましたから。

その代償が、顔にできた老け顔の原因「シミ」です。
いつからか、化粧時間がシミ隠しの時間になってました・・・

若い頃の自分を思いっきり叱ってやりたい!

けれど、そんな後悔をしても、今あるシミは消えません!
いま何とかしなければいけないんです!!

そこで、顔のシミを消す効果的な3つの方法をご紹介します。

顔のシミを消すために知っておくべき3つの方法

シミを消す方法
顔のシミ対策は、早ければ早いほど効果的です。
逆を言えば、放っておくと、どんどんシミは濃くなってしまいます。

自分でできる、シミを消す方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.自宅で出来る効果的なシミを消す方法

自宅でシミを消す方法
シミができる最大の原因は何でしょうか?
それは毎日降り注ぐ「紫外線」です。
この紫外線を防がない限り、シミの悩みは解消されません。

まずは、自宅で出来るシミ対策を確認していきましょう。

① 紫外線対策を徹底して意識する

シミを作りたくないなら、紫外線対策を習慣にすることが最も重要です。
呼吸をするがごとく、毎日自然にUVケアをすること。
少し大げさですが、それくらい常に紫外線対策をする習慣を身につけましょう。

② 水洗顔を習慣にして、保湿ケアを徹底する

水洗顔をおすすめする理由は皮脂を取りすぎないためです。
お湯洗顔をしてしまうとどうなるか?
顔の皮脂を取りすぎてしまうんですね。

すると、肌は乾燥状態になってしまいます。
乾燥肌は紫外線のダメージをとても受けやすいです。
シミ対策には乾燥肌を避けることが大切。

水洗顔をすることで肌の潤いをキープできます。
洗顔後はしっかりと保湿することでシミ対策の効果はバッチリですね。

③ 美白化粧品を取り入れてみる

できてしまったシミは後悔しても始まりません。
積極的に働きかけて、消していくしかないんです。

おすすめは、やはり美白化粧品の力を借りること。
お肌を漂白するこで、シミを積極的に消す方法が有効です。

新陳代謝によって自然に薄くなるのを待っていては悪化してしまいます。
シミになってしまった箇所は、紫外線を集めてしまうのでより濃くなってしまうんです。

シミができてしまったら、シミ原因を除去する美白化粧品を使うのが効果的です。

以上、この3つのシミ対策を実践できているかどうか確認してみてください。
日々の小さなシミ対策が、後々かなりの差となって実感できるはずです。

2.美白化粧品の効果をアップさせるのが保湿ケア

保湿ケアがシミに効く
毎日、美白化粧品を使用している方も多いと思います。
シミの無いきれいな肌を目指してせっかく使っているんです。
その効果を最大限に引き出したいですよね。

簡単な方法があるんです。
美白効果を引き出す方法は「保湿ケア」になります。

保湿ケアとなるのは、洗顔後の乳液やクリームです。
しかし、大切なことはそれだけではありません。
最も意識したいことは、肌本来の皮脂を守ることなんです。

お湯洗顔や洗浄力の強い洗顔料で、皮脂を取りすぎないこと。
そうすることで、常に天然の皮脂が潤いを一定にキープしてくれます。

潤いのある肌はターンオーバーが活発になります。
新たなキレイな肌へと生まれ変わる力が増すんですね。

肌機能が活発な状態になると、美白化粧品の効果もより発揮されるわけです。
保湿ケアを徹底することで、シミを薄くする効果が最大限に高めましょう!

3.日焼け直後に慌てて美白化粧品を使ってはダメ!

日焼け直後のシミ対策
うっかり日焼けをしてしまった!!ショック!!何とかしなきゃ!!
ありますよね…
家に帰って赤くなった肌を見て焦る気持ちは増すばかり!

「シミになる!」

と焦って、すぐに美白化粧品を手に取ってしまいがちです。
しかし、それは逆効果になるので待ってください!

「だって、早く対処しないとシミが…」

その焦る気持ちはよく分かります。
けれど、日焼け直後は肌が軽く火傷した状態なんです。

この状態のお肌に刺激が強い美白化粧品を使ってしまうのは危険です。
肌の炎症が悪化して荒れてしまい、シミが濃くなってしまう恐れがあります。
まずは冷やして炎症を抑えることが重要です。

そして、日焼けした肌はやけど状態で、とても乾燥しています。
肌本来の修復機能が落ちているので、保湿ケアをしてください。
保湿に関しては、いつも以上に徹底した保湿ケアを行ってくださいね。

美白化粧品は「出来てしまったシミを漂白」するものです。
日焼け直後の応急処置ではないことを理解しましょう。

シミ対策は夏だけではない!

年中シミ対策は必要
シミは乾燥する季節も注意が必要。

大抵、夏のUVケアはしっかりやるものです。
しかし、秋から冬にかけてのUVケアをサポってしまう人が多い。

日差しも弱まって油断してしまうんですね。
しかし、この時期はとても乾燥します。
肌が乾燥するとバリア機能が低下するんです。

乾燥肌は、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます
秋や冬は、夏に比べて紫外線は弱くなっているのは事実です。
とはいえ、肌の防御機能が落ちるこの時期もシミになってしまうんですね。

紫外線も弱まって、油断しがちな季節。
しっかりとUVケアの習慣は続けてください。

顔のシミを消す方法まとめ

顔のシミを消す方法
以上、顔のシミを消す方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

  • 自宅で出来る効果的なシミ対策の方法
  • 美白化粧品の効果をアップさせるのが保湿ケア
  • 日焼け直後に慌てて美白化粧品を使ってはダメ!

シミのないキレイな肌は憧れですよね。
シミが一つ消えるだけで、見た目年齢もグンと若くなります。

諦めがちな顔のシミですが、正しい方法で対策すれば消すことができます。
まずは、基本的なUVケアと保湿ケアを習慣にすることが大切
小さな日々の積み重ねで、確実にシミを目立たなくすることができますから。

出来てしまったシミは消すことができる!
そして、未来のシミは予防することが出来ます!
悩んでばかりいないで、シミには攻めのスキンケアで挑みましょう!

スポンサーリンク

関連記事