肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

脂漏性皮膚炎のかゆみを抑える方法とは?顔の痒み原因を解消

脂漏性皮膚炎の顔のかゆみを抑える方法

私自身の脂漏性皮膚炎の経験で、辛かったのが顔のかゆみです。
顔の中でも、特にかゆみがひどかったのが「眉間」。
つい、無意識のうちにポリポリと爪で掻いてしまうんですよね。

今回は、脂漏性皮膚炎の顔のかゆみを抑えるためにおこなった方法をご紹介します。

脂漏性皮膚炎の顔のかゆみを抑える3つの方法

脂漏性皮膚炎は、いたるところにかゆみが出てつらいですよね。
炎症が起こっている肌は、見た目の悩みも深刻ですが、私はかゆみの悩みが深刻でした。

掻いてしまうと、肌が傷ついてしまって、脂漏性皮膚炎が悪化してしまいます。
まず対処したかったのでがかゆみだったんです。
私がおこなっていた、脂漏性皮膚炎の顔のかゆみを抑える3つの方法をご紹介します。

1.朝・夜の徹底洗顔

顔のかゆみが強くなる原因が、肌にこびりつくかさぶたのような硬い皮膚でした。
ゴワついてガザガザになった肌状態になると、強烈なかゆみに襲われます。
爪でつい掻いてしまい、肌がボロボロと剥がれ落ちていきます。
これを繰り返すと、肌の炎症が悪化してしまい、いつまでたっても症状が改善されません。

顔のかゆみを抑えるためにも、私は朝と夜の洗顔を徹底しました。
洗顔で肌の上にこびりついて堆積したゴワついた皮膚をしっかり落とすことにしたんです。

かゆみの原因となる、硬い皮膚をしっかりと落とすようになってから、かゆみはかなり軽減されました。
詳しい洗顔方法に関しては下記の記事で紹介しています。
使っている洗顔石鹸なども記載してあるので、興味がある方は参考にしてください。
⇒ 『脂漏性皮膚炎の顔が完治した洗顔とは?洗顔方法や洗顔石鹸のおすすめ

2.こまめな保湿 リップクリーム

常に心がけていることは保湿です。
顔の肌の乾燥は、かゆみに直結してしまいますから。
できるかぎり乾燥状態を防ぐことが、顔のかゆみを抑える効果的な手段です。

そのため、こまめな保湿ケアをかなり意識しています。
一度かゆみが発生すると、しばらくの間かゆみがおさまりません。
ピリピリと肌表目のかゆみを感じる前に、肌を潤す必要があります。

化粧水をつけて、そのあとは必ず乳液かクリームで保護します。
下手に化粧水だけをつけてしまうと、肌が余計に乾燥してしまうからです。

私が特にかゆみが頻繁に発生していたのが眉間です。
眉間って、無意識のうちについポリポリと掻いてしまうんですよね。
脂漏性皮膚炎は掻いてしまうと悪化します。

肌が炎症状態になって、かゆみを繰り返す、最悪なループにハマってしまうのは避けなければいけません。
できる限り、かゆみの原因になることを排除することが大切です。
保湿を心がけているのに、眉間のかゆみは防ぐのが難しかったです。

いくら化粧水と乳液で潤いを与えても、すぐに乾燥してしまうんですよね。
肌がガザガザとなってしまい、同時にかゆみが襲ってきます。

私が眉間へのかゆみの対処法としてやっていた方法があります。
それは、リップクリームを塗ってしまうこと。
家にいるときに眉間に少しでもかゆみを感じたらリップクリームを塗っています。
乳液や保湿クリームと違い、リップクリームは肌に残って長い時間、潤いをキープしてくれます。

それに、かゆみをおさえたいけど掻けない!
そんな時に、リップクリームをグリグリ押し付けてかゆみを緩和させていました。

リップクリームは、スーっとした成分が入っているものはさけました。
付けた瞬間は気持ちがいいのですが、そのあとに刺激となってかゆみの原因となります。
敏感肌用の保湿に特化したものを使っていました。

3.前髪の刺激を無くすためのヘアバンド

私の脂漏性皮膚炎の症状がひどかったのが、眉間とおでこです。
そのため家にいるときの髪型に気をつけています。

普段、外出するときの私は、前髪を下ろすヘアスタイルです。
なので、毛先が眉間を刺激してしまって、かゆみがでやすいんですね。

掻いてしまうと、肌が荒れて、脂漏性皮膚炎の症状がでやすくなってしまいます。
また、症状がでているときは、よりかゆみがますして悪化してしまいます。

それを避けるために、普段はヘアバンドなどで髪を上げるようにしています。
自分が使っているのは無印のヘアバンドです。

毛先の刺激って、かなりかゆみの原因となるんですよね。
前髪がおでこや眉間に触れないようにすることで、かゆみ対策となります。

脂漏性皮膚炎は顔のかゆみを抑えることが改善につながる

脂漏性皮膚炎になったばかりの頃は、どう対処してよいのか分かりませんでした。
色々な方法を試すのですが、症状は悪化するばかりで、途方に暮れていたのを思い出します。

なかなか有効な方法を見つけられないと、気持ちがどんどん沈んでいきましょね。
私が脂漏性皮膚炎の改善のきっかけとなったのが「かゆみ対策」です。

つい爪で掻いてしまってた悪い習慣がなくなったことで、顔の症状は改善に向かっていきました。
顔のかゆみがおこる状況をどれだけ防ぐことができるのかは、脂漏性皮膚炎の改善にかなり大きな影響があると思います。

徹底した洗顔で肌を清潔に保つ。
そして、肌が乾燥した状態にならないように保湿ケアをしっかりとする。
かゆみの原因となる、肌への刺激(前髪など)を廃除する。

これらを意識することで、顔のかゆみを抑えることができました。

スポンサーリンク

関連記事