肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

脂漏性皮膚炎の頭皮におすすめのシャンプーとは?フケやかゆみを抑える方法

脂漏性皮膚炎の頭皮におすすめのシャンプー

脂漏性皮膚炎の頭皮に効いたシャンプーやシャンプーのやり方

私自身、脂漏性皮膚炎には長い期間、悩まされ続けました。
完治するまでに、様々なシャンプーを使い試しましたね。

抜け毛も気になるので早急に治したかったです。
生え際の皮膚がボロボロになって、毛が薄くなっていくのが不安でしたから。

その経験の中で、辿り着いたシャンプーや頭皮ケアの方法を今回はご紹介します。

脂漏性皮膚炎の頭皮におすすめのシャンプー

色々な方法とシャンプーを試した結果、一つの方法に辿り着きました。
それは二つのシャンプーで、頭皮の環境を改善する方法です。

  • 1つ目のシャンプーで「頭皮を徹底洗浄」
  • 2つ目のシャンプーで「頭皮環境を整える」

詳しく紹介していきましょう。

1.「頭皮を徹底洗浄」するシャンプー

シャンプーの選択で最優先にしたのが「洗浄力」です。
とにかく頭皮の皮脂汚れを毛穴の中から根こそぎ洗浄してくれるシャンプーを探しました。

当初は、女性用シャンプーばかりを選んで、頭皮洗浄を特徴としたシャンプーを試しました。
しかし、なかなか納得できるシャンプーがなかったんです。

それで次に試し始めたのが、男性用シャンプーです。
男性の頭皮の特徴として、過剰な皮脂分泌があげられます。

そのため、頭皮の洗浄に特化した商品が多いんですね。
この考えは当たりでした。
女性用とは異なり、洗い上がりの頭皮のサッパリ感は強かったです。

その中でも特に洗い上がりと頭皮の洗浄力が優れていたのが、ライオンの「PRO TEC 頭皮ストレッチシャンプー」です。
同シリーズの「PRO TEC 頭皮クレンジングブラシ」も一緒に使うことで、頭皮の皮脂汚れを徹底洗浄できました。

頭皮ブラシには2種類あります。
「通常タイプ」と「かためタイプ」です。

「かためタイプ」は、本当に硬いです(笑)
男性用ということもあるのでしょうか。
かたすぎて、私には合いませんでした。

といっても、PRO TECの頭皮ブラシは、通常タイプでもしっかりとしたかたさがあります。
はじめて頭皮ブラシを使う方は、通常タイプでもかなり手ごたえがあると思います。

そのしっかりとして、超極細毛で毛穴の汚れを根こそぎかき出して洗うのが気持ちいいんです。

脂漏性皮膚炎の症状が出ている時の頭皮ってすごくかゆみがありますよね。
かきむしりたくなるんですが、普段は皮がボロボロと剥がれ落ちて大量のフケになるので出来ません。

そのため、シャンプーの時に、思いっきり頭皮をブラシで洗い上げるのが快感なんです。
やりすぎると頭皮を傷めてしまうので注意が必要なんですが。

私が脂漏性皮膚炎を改善させるために取り組んだポイントが「徹底的に洗浄する!」でした。
硬くなって生え際にこびりついた皮膚を、洗浄力の強いシャンプーでしっかり落としきることに専念したんです。

1回目のシャンプーは、PRO TECでしっかり皮脂汚れを取り除くがポイントです。

2.「頭皮環境を整える」シャンプー

頭皮を完全にリセットした次は、頭皮の環境を整えることを考えました。
調べてみると脂漏性皮膚炎用のシャンプーが数種類発売されているんですね。

試してみた結果、私が気に入ったのが「KADASON(カダソン)スカルプシャンプー」。
脂漏性皮膚炎の専門医の監修で開発されたシャンプーだそうです。

脂漏性皮膚炎が難しのは、個人によって商品と頭皮の相性がまったく違うということ。
他の脂漏性皮膚炎用のシャンプーで高評価のものを使ってみたのですが、自分には合わないものがありました。

「KADASON(カダソン)スカルプシャンプー」は、私の頭皮にとても相性が良かったです。

2回目のシャンプーでは、頭皮ブラシは使いません。
頭皮の洗浄は1回目で終えていますから。

指の腹を使って、マッサージをしながら、成分をもみ込むようにして洗います。
刺激が少なく、炎症を起こしている頭皮でも、他のシャンプーに比べてしみないのが良いです。

シャンプーの時にしみると、お風呂を上がったあとに、頭皮がかゆくなりやすいんですよね。
使い始めて数日で、フケの量が減ってきたのを実感しました。
嬉しかったのが、午後くらいになると、かゆみが出てつらかった頭皮に、かゆみが出なくなったことです。

症状が出やすい、おでこの生え際から、もみあげ、そしてうなじの生え際に入念に揉み込みながら頭皮環境を整えています。
耳の裏もシャンプーで洗うようにしてから、症状が軽くなりました。

脂漏性皮膚炎の頭皮におすすめのシャンプーまとめ

以上、脂漏性皮膚炎の頭皮におすすめのシャンプーや、シャンプーの方法についてご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

脂漏性皮膚炎の症状がおさまったいまでも、このシャンプーの方法は継続しています。
脂漏性皮膚炎は繰り返しやすいので、常に頭皮の環境を健康な状態にしておきたいからです。

おかけで、フケやかゆみに悩まされることがなくなりました。
生え際に関しては、少し油断すると、症状が出やすいので入念にあらう週間がつきましたね。

脂漏性皮膚炎が治ったことで、心配だった薄毛も進行していないようなので安心です。
これからも頭皮の環境を整えて、脂漏性皮膚炎に悩まされない頭皮作りをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事