肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

脂漏性皮膚炎の症状が出る部位とは?顔・頭皮で症状が悪化する場所

脂漏性皮膚炎の症状が出る部位

私自身の脂漏性皮膚炎の経験から、症状が出やすい部位について書いていこうと思います。
一般的に症状がひどくなる部位は、皮脂の分泌が盛んな箇所と言われています。
個人差があるので、その中でも症状がひどくなる部位は人によって違うようです。

今回は、私自身の脂漏性皮膚炎の経験を元にした経験談です。
初期症状から、どのように悪化していったのかを書いていこうと思います。

脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の一般的な症状として、肌に痒みをともなう炎症がでます。
症状が悪化してくると、皮膚が厚く硬くなって進行していくことに。

まるで、かさぶたのようなゴワゴワした皮膚が肌表面を覆います。
ボロボロと皮がはがれ落ちるのが特徴です。

頭皮では、大量のフケが発生します。
通常のフケよりも大きい、剥がれた皮が落ちます。

脂漏性皮膚炎の初期症状は乾燥肌と間違いやすい

脂漏性皮膚炎は自己判断だと、ただの乾燥肌と間違いやすい皮膚炎です。
私も当初は、ただの乾燥肌だと思って呑気に構えていました。

皮膚の症状がどんどん悪化してきて「これはただの乾燥肌ではないな」と自覚します。
そして皮膚科へいったところ、脂漏性皮膚炎だと診断されました。

私が脂漏性皮膚炎の初期症状が一番最初に出たのが「おでこの生え際」です。
頭皮全体からフケの大量発生は自覚していて悩んではいました。
そして、見た目に異常が確認できたのが、左おでこの生え際だったんです。

脂漏性皮膚炎の症状が広がっていった順番

脂漏性皮膚炎の症状がでやすい場所というのは皮脂の分泌が多い部位です。
私の脂漏性皮膚炎の症状は、生え際から始まり、最終的には顔全体へ広がっていきました。

1.左おでこの生え際

2.眉間

3.うなじの生え際

4.耳のうしろ

5.あご

6.鼻のわき・ほうれい線の上あたり

以上のような順番で、顔全体へと進行していったんです。
喉仏あたりに軽い症状は出ましたが、私の場合は身体には症状は出ていません。

脂漏性皮膚炎の症状が特にひどい場所

脂漏性皮膚炎によって、肌の炎症が特に悪化した部位が

・左おでこの生え際
・眉間

この2箇所です。

鼻のわきなど、顔全体に広がるころには、生え際と眉間の肌をボロボロになっていました。
皮膚はかさぶたのように硬くなった状態で、ゴワついてしまい強いかゆみを伴っていましたね。

爪で掻いてしまうと、硬くなった皮膚が剥がれ落ちます。
あまり掻きすぎると、肌が傷ついてしまい、出血をしてかさぶた状態に。

肌の傷によって、かゆみが増して、また掻いてしまう。
この悪循環にハマっていた時期は、脂漏性皮膚炎がどんどん悪化していきました。
このまま治らないのではないかと絶望的な気持ちになったのを覚えています。

肌の状態がもっともひどかった時は、転んで顔を擦りむいたような状況。
顔中に血が固まったかさぶたが所々にあり、見た目も最悪でしたね。

脂漏性皮膚炎の症状を繰り返しやすい部位

脂漏性皮膚炎が厄介なのが、再発しやすいことです。
肌の症状が良くなってきたなと思って油断すると、すぐに症状が出てきます。

完治させるまでは油断することなく、徹底的に治療を続けることが大切です。
私も「治ったな!」と、つい油断してしまい、何度も悪化を繰り返してしまいました。

症状がおさまっていても、ちょっとした油断でかゆみやフケっぽくなるのが

1.左おでこの生え際

2.眉間

4.耳のうしろ

症状が悪化して、顔に広がってくると

3.うなじの生え際

5.あご

6.鼻のわき・ほうれい線の上あたり

といった順に、脂漏性皮膚炎の症状がでます。

私の場合は、左おでこと、眉間の違和感が「危険信号」となっています。
この箇所に「かゆみや・肌のゴワつき」が出てきたら、脂漏性皮膚炎への対策を強化します。

症状が悪化して、顔全体に広がるのを防ぐためにも、この初期症状で食い止めることが重要なんです。
肌のゴワつきがひどくなると、症状を改善させるまでに時間がかかります。
初期症状で何としても食い止めることを心がけて完治させました。

脂漏性皮膚炎の症状が悪化しやすい場所への治療方法

私が脂漏性皮膚炎になった当初は、患部をあまり触らずに自然に治そうとしていました。
しかし、その方法ではどんどん肌のゴワつきが悪化して、なかなか改善していきませんでした。

そのような経験から、積極的にケアをする治療方法に変更したんです。
この治療方法の変更が、私には効果的でした。

特に症状が悪化しやすい部位である

・左おでこの生え際
・眉間

この2箇所に関しては、徹底して洗浄することを心がけました。
詳しい洗顔方法に関しては、こちらの記事に書いてあります。
使ってみて良かった洗顔石鹸なども紹介しているので、興味がある方は参考にしてください。
⇒ 『脂漏性皮膚炎の顔が完治した洗顔方法やおすすめの洗顔石鹸

私の場合は、脂漏性皮膚炎の症状が進行して硬くなった皮膚を放置しておくと悪化の原因となりました。
そのため、洗顔で徹底的に、硬く厚くなった皮膚を落とすほうが改善につながったんです。

肌のゴワつきはかゆみに繋がります。
また、古くなった皮膚の堆積は菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

ガザガサとゴワついた皮膚は、肌から綺麗に取り除く。
そして、できるだけ健康な柔らかい肌にクリームを塗るようにしました。

硬くなった皮膚の上からクリームを塗っていた時とは違い、症状の改善が見られるようになったんですね。
できるだけ触らずに放置する治療法よりも、積極的に働きかけることが完治につながりました。

脂漏性皮膚炎の症状が出る部位まとめ

当初は「フケが増えたなー」ぐらいに軽く考えていました。
これほどまでに、症状が悪化するとは当時は創造できなかったです。

フケだけでも周りの目が気になるのに、顔に症状が広がったときはショックでしたね。
肌がどんどん汚くなっていく日々は、気持ちがどん底になりました。

「いつまで落ち込んでいても仕方ない!」と気持ちを切り替えることに。
積極的に治療方法を調べて、いろいろな方法を試していくことで改善していったんですね。

落ち込んでいた昔の自分に語りかけるなら「脂漏性皮膚炎は改善できる病気だよ」と言ってあげたいです。
いまでは、以前よりも肌への関心が強くなって、肌が綺麗になったほどですから。

これからも脂漏性皮膚炎とは付き合っていくことになるとは思います。
誰にでもなる可能性がある皮膚炎ですから、再発の可能性もあります。

お肌のケアを楽しみながら、しっかりとお手入れをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事