肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【朝と夜のスキンケアの使い分けとは?】美肌をつくるなら方法を変える!

朝のスキンケアと夜のスキンケア

朝と夜のスキンケアを使い分けていますか?

  • 朝と夜のスキンケア方法って違うの?
  • スキンケアって朝と夜に使い分ける必要がある?
  • 朝にやってはいけないスキンケアがあるって本当?

朝と夜のスキンケアで、キレイな肌になるため毎日頑張っていますよね。

ところで、

「朝と夜とではスキンケアはまったく違うもの」だとご存知ですか?

「えっ!?同じようなケアをしているけどダメなの?」

そうなんです。
綺麗な肌になりたいなら、知っておいてほしいことがあります。

一口に「スキンケア」と言っても、朝と夜のスキンケアは目的が違うんです。

朝と夜とでは、肌の状態がまったく違うから。

違う肌質なのに、同じケアをしてしまっては逆効果になることも!?

自分の肌でも、朝と夜とでは「まったく違う肌をケアする意識」が大切。

朝と夜のスキンケアを使い分けることで「より綺麗な肌作り」が可能というわけです。

何となく同じようなスキンケアをしてしまっていませんか?
せっかくの美肌作りのチャンスを逃してしまっていては勿体ないです。

しっかりと違いを理解して、朝と夜のスキンケアを使い分ける!
これが「綺麗な肌作り」の秘訣なんです。

今回は、美肌の秘訣「朝と夜のスキンケアの使い分け」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

朝と夜の「スキンケアの使いわけ」が美肌をつくる

朝と夜のスキンケアの違い

1日の中で、お肌の状態はガラっと変わりますよね。
皆さんも実感されていると思います。

朝の肌状態と、夜の肌状態では、まったくの別物です。

朝と夜に同じスキンケアをしていては、期待した美肌効果が得られません。

朝と夜とで「スキンケアアイテム」や「手順」を変えずにケアしている方は多いのでは?

綺麗な肌になるためには、朝と夜の肌に合わせた適切なスキンケアが大切です。
一度、朝と夜のスキンケアを使い分けることをおすすめします。

それでは、具体的に

  • 1.朝と夜とでは「スキンケアの目的」が違う
  • 2.朝と夜の「スキンケア方法」の違い
  • 3.朝と夜とでは「スキンケアの順番」が違う

3つのポイントに分けて解説していきましょう。

1.朝と夜とでは「スキンケアの目的」が違う

朝と夜のスキンケアの使いわけ
これから1日のスタートという朝!
そして、忙しい1日を終えた夜。
スキンケアの目的が大きく違ってくるのは当然です。

朝のスキンケアは「守りのケア」

日中は外へ出て活動することが多いです。
紫外線や乾燥した空気、そして花粉やほこりなど、肌は多くの刺激を受けます。

朝は日中に受ける外的刺激から、肌を守るためのスキンケアが大切です。
つまり、ダメージを防ぐための「守りのスキンケア」が目的となります。

夜のスキンケアは「修復のケア」

夜は外的刺激がなく、肌作りに適した環境です。
シミ・シワ・たるみなどの肌の悩みを解消して、美肌を目指すスキンケアの時間となります。

睡眠中は、成長ホルモンが活発に分泌される「お肌のゴールデンタイム」と言われます。
つまり、ダメージを回復して美肌になるための「修復のスキンケア」が目的となります。

朝は、お肌を守るケア。
夜は、ダメージ修復して、お肌を作るケア。
この二つの目的の違いを意識して、スキンケアをすることが大切です。

昼間の肌の主な活動は「外部刺激から体を守る」こと。
紫外線やホコリ、乾燥等の外敵から体を保護し、さらにはその刺激を脳に送る役目も果たしています。

夜の活動は、昼間受けたダメージを修復し、新しい肌細胞を生成。
老廃物を流す・・・等、美しい肌の維持に必要な活動をしているんですね。

それでは、具体的に朝と夜のスキンケア方法をご紹介していきます。

2.朝と夜の「スキンケア方法」の違い

朝と夜のスキンケア方法の違い
朝と夜とでは「スキンケアの目的が違う」ことはご説明しました。

それなら「スキンケアの方法」が違ってくるのも当然ですよね。
朝と夜のスキンケアで大切なポイントをまとめたので参考にしてください。

朝は日中の刺激から「肌を守る」スキンケア

朝のスキンケアで意識すべきは、紫外線などの外的刺激による肌への負担を減らすことです。
肌のバリア機能を強化するスキンケア方法がメインとなります。

  • 朝の保湿ケアが日中の肌を守る

乾燥した肌というのは、外的刺激からのダメージを受けやすいです。
そのため、朝の保湿ケアはとても大切なんですね。

朝にしっかりとした保湿ができていれば、化粧ノリがよく、そして日中の化粧崩れを防ぐことができます。
空気中には目に見えない、花粉やほこりといった外的刺激が数多く存在します。
しっかりと保湿した肌とメイクによって、外的刺激からお肌を守ることができます。

  • 朝のスキンケアのメインは「紫外線対策」

朝のスキンケアで、もっとも重要となるのが「紫外線対策」です。
紫外線ほど、お肌に悪影響を確実に及ぼす悪者はいません。
シミ・シワ・たるみ・肌老化、これら肌の悩みの全ては紫外線が原因となります。

朝のスキンケアでは必ず「紫外線防止」の効果を持つアイテムを使いましょう。
紫外線は年中降り注いでいます。
日差しが弱い季節でも、紫外線対策の必要性は変わりません。

たとえ、家の中にいても、紫外線は窓やカーテンをすり抜けて降り注いでいます。
屋内で過ごすとしても、「紫外線対策」ができるスキンケアアイテムは欠かせません。

  • 朝に美容液や美容クリームは不要?

より効果を得たいと、朝に美容液や美容クリームを使用される方がいます。
しかし、残念ながらあまり期待した効果は望めません。

日中のお肌は、外部からのダメージを減らすために防御モードになっています。
そのためお肌自体が、美容成分を吸収するモードではないんですね。

また、余計にお肌に塗りすぎると、化粧崩れの原因にもなるので避けた方が良いでしょう。
高価な美容液やクリームの無駄使いは、コスト的にも勿体無いです。
美容目的のケアは、夜に集中させましょう。

夜は肌を修復して「美肌を作る」スキンンケア

朝のスキンケアで意識すべきは、日中に受けたダメージを修復することです。
潤いや栄養をたっぷり補給して、美肌を作るスキンケア方法がメインとなります。

  • 1日の汚れを落として肌をリセット

夜のスキンケアのスタートは肌のリセットです。
1日に溜まった皮脂汚れとメイク汚れを落として綺麗な状態に回復させます。

肌の汚れをそのままにしておくと、様々な肌トラブルの原因です。
また、汚れている肌は美容成分が浸透しにくいです。
美肌作りのためには、きちんと汚れは落としましょう。

  • 夜の保湿ケアが美容成分の効果を高める

リセットした肌には、すぐに保湿ケアをしましょう。
クレンジングと洗顔によって、肌は一気に乾燥した状態になります。

肌の乾燥状態は、1秒でも減らしたいくらいに美肌にとって大敵です。
化粧水で水分を補給したら、しっかりと乳液やクリームで保護してください。

夜の保湿ケアの重要性は、肌の潤いだけではありません。
美容液や美容クリームといったスペシャルケアの効果を上げてくれます。

肌への美容成分の吸収効果は、肌の潤いによって大きく変わります。
乾燥した肌は、美容成分が浸透しにくいです。
しっかりと潤った肌は、美容成分をグンブン吸収して、肌全体にいきわたります。

  • 美肌作りのゴールデンタイムをいかすスキンケア

就寝中は、成長ホルモンによって肌の新陳代謝がもっとも活発になる時間です。
そのため「肌のゴールデンタイム」と言われるほど、美肌作りに重要なタイミング

このゴールデンタイムをいかすかどうかが、綺麗な肌になるかの分かれ目となります。
夜のスキンケアでは、栄養たっぷりの美容液と美容クリームで肌作りを積極的におこないましょう。

スペシャルケアのパックや美容液、そして夜だから使える重ためのクリーム。
これらは、夜のゴールデンタイムに向けてこそいきてきます。

3.朝と夜とでは「スキンケアの順番」が違う

朝と夜のスキンケアの順番
朝と夜のスキンケアが全くの別物だと理解していただけたと思います。
そこで、スキンケアの順番も簡単におさらいしておきましょう。

朝のスキンケアの順番

● 洗顔
 ↓
● 化粧水
 ↓
● 乳液・クリーム
 ↓
● 日焼け止め

夜のスキンケアの順番

● クレンジング
 ↓
● 洗顔
 ↓
● 化粧水
 ↓
● 美容液
 ↓
● 乳液・クリーム

スポンサーリンク

夜のスキンケアの効果をグンと上げるコツ

夜のスキンケアの効果を上げる
就寝中のゴールデンタイムに向けて、夜のスキンケアの効果を上げるコツがあります。

それが「寝る直前のダメ押し保湿ケア」です。

多くの方が、夜のスキンケアから寝るまでに少し時間が空くと思います。
すると、寝ている間に、お肌の乾燥が始まってしまう場合がほとんどなんです。

寝る直前の保湿ケアをすることで、朝まで潤いのある肌を持続させることができます。
また、より潤った肌状態は「美肌作りのゴールデンタイム」の効果がグンと高まります。

ぜひ「就寝直前の保湿ケア」を習慣にしてみてください。

「美肌作りのゴールデンタイム」を効果的に活用する化粧品選びで大切なこと

夜のスキンケアで特に重視したいのが「保湿」

潤った肌状態は、就寝中の美肌作りの効果を一段と高めることができるからです。

そのため、夜に使う化粧品の保湿成分は、とことん厳選したいんですね。
けれど、化粧品に含まれる保湿成分は多くの種類があって選ぶのが大変。

コラーゲンやヒアルロン酸などが有名な保湿成分でしょうか。

数多くの保湿成分の中で「保湿力にこだわる」なら

ぜひとも選んで欲しいのが「セラミド」です。

肌への保湿効果が、段違いに高い成分なんですね。

夜のスキンケア効果を高めたい方は「セラミド」に注目して化粧品を選んでみてください。

最近、新しいセラミドへのアプローチで話題になっている化粧品を一つご紹介しておきますね。

肌が本来持つセラミド生成力を高める『ライースリペア』

多くの美容雑誌で、いま大注目なのが『ライースリペア』

美容のプロからも多くの支持を受ける理由が「セラミド」へのアプローチです。

これまでの保湿化粧品は、肌の外側からセラミドを補給することを目的としていました。
「肌の奥まで浸透している気がしない・・・」
なんて、不満のある商品が多かったです。
ライースリペアは「肌の内側から、セラミドを生み出す力を高める」ことに成功したんです。

つまり

「外側から補給するセラミド」から
「内側から生み出すセラミド」へと進化した保湿化粧品。

お肌が本来持つ「セラミド生成力を高める」ことに特化しているんです。

その場しのぎのケアではなく
肌を根本から改善するケアをしたい!という多くの女性たちから、圧倒的な支持を受けていますね。

セラミド生成力を高める唯一の成分を配合
皮膚水分保持能を改善できる成分として《世界で唯一》認められた、医薬部外品有効成分《ライスパワーNo.11》を配合しています。
肌が本来持つ保湿力をグン!と高めることのできる革新的な保湿化粧品なんですね。

保湿化粧品選びって、とても難しいですよね。

「高保湿タイプ」がウリの話題の商品を試しても

「肌表面に、膜がはったような感じがするだけ」
「ベタベタするだけで、肌に入っていく実感がない・・・」

このような不満を持ってしまうことが多いです。

ライースリペアは、そんな不満を一気に解消してくれました。

試してに使ってみた最初の印象がとても良かったです。

スーっと、お肌に入っていく実感。
乾燥肌を潤す即効性がありました。

しかも、肌が本来持っている保湿力を高めて、持続した潤いのある肌に。

「セラミドは外から補給するもではなく、自分の肌内部で生み出すもの」

という理想的な肌作りができます。

数日、使ってみた朝に
肌に内側からハリとツヤが出ている実感があって嬉しかったですね。

これまでは「乾燥したら、保湿」の繰り返し。

そんな、その場しのぎの保湿ケアよりも
自分の肌自体が、セラミドを生み出す力が高まる方が断然良いですもん。

お肌を根本から改善して、持続するスキンケアをしたい!

そんな思いで、美肌作りを実践する女性たちから多くの支持を受けています。

肌本来の保湿力を高めるスキンケアをしたい方は、公式サイトを見てみてもいいかもしれません。

ライースリペア公式サイトを見てみる

朝と夜の洗顔方法の違いに注意!

朝と夜の洗顔方法の違い

朝に「夜用の洗顔料」を使っていませんか?

お肌のことを考えると、おすすめできません。

理由は2つ

  • 洗浄力の強い夜用の洗顔料で、昨晩のスキンケアをリセットするのは勿体無い
  • 夜のうちに肌はそれほど汚れていない

朝の肌は、昨晩のスキンケアで「とても良い状態」です。
それを洗顔料で、一気にリセットしてしまうのは勿体無い!

潤いや、肌に大切な皮脂を、朝から根こそぎとってしまうのはおすすめできません。

寝ている間はメイクもしていません。
そして、肌もそれほど汚れませんよね。

水洗顔か洗浄力が強くない洗顔料で、サっと洗い流すのがベストです。

夜用の洗顔料で、バッチリ洗顔する必要はないんですね。

朝一番のまっさらな肌に使うのなら「朝専用に開発された洗顔料」を使うことをおすすめします。

朝の肌を整える目的で作られている洗顔料があるんですね。
メイクのりも良くなるので、朝のお化粧が楽しくなります。

おすすめできる、朝と夜の肌の違いをしっかり考えて開発された洗顔石鹸があります。
ご紹介しておきますね。

洗顔だけで憧れのノーファンデ肌へ!朝と夜の肌質を考えて開発された【P.G.C.D.】

pgcd

  • 「朝と夜とでは、落とすべき汚れが違う!」
  • 「洗顔を極めると石鹸は2つになった!」

この徹底した考えから、開発されたのが『P.G.C.D.スキンケアソープ』です。

フランスの化粧品業界最大のイベントで、コスメ大賞「ヴィクトワール賞」を受賞。
洗顔石鹸では、世界初受賞という快挙!

日本の美容業界でも、話題になっているスキンケアソープなんですね。

• 朝専用「サボン クレール」
睡眠中に蓄積した皮脂を除去。一日中、明るく透明感のある肌へ導きます。
• 夜専用「サボン フォンセ」
メイク落としもOK。クレンジングやダブル洗顔は不要です。

このように、朝と夜の肌質を徹底に考えて開発されています。

シンプルなスキンケアで、ファンデ不要の肌を目指したい方は「P.G.C.D.スキンケアソープの公式サイト」をチェックしてみてもいいかもしれません。

P.G.C.D.スキンケアソープ公式サイトを見てみる

朝と夜のスキンケアの使い分けまとめ

朝と夜のスキンケアの使い分け
以上、朝と夜のスキンケアの使い分けについてのご紹介でした。
いかがだったでしょうか。

  • 朝と夜とでは「スキンケアの目的」が違う
  • 朝と夜の「スキンケアの方法」を使い分ける
  • 朝と夜とでは「スキンケアの順番」が違う

朝と夜とではスキンケアの「目的」「方法」「順番」が違うんですね。
この違いを意識してスキンケアを使い分けることが美肌作りには大切です。

朝と夜とでは、お肌の状態が違います。
しかも、お肌がさらされる外部の環境もまったく違っていますよね。

朝は、日中を乗り切るためのスキンケア。
夜は、1日を終えて肌を修復・回復させるスキンケア。

お肌の状態・状況に合わせて使い分けるスキンケアで美肌を目指していきましょう!

美肌作りのスキンケアで大切な考え方に「シンプルスキンケア」があります。

美肌の人が実践している「シンプルスキンケア」には3つの方法があるんですね。

「【美肌になるには?】シンプルスキンケアで美肌になる3つの方法」の記事内で詳しくやり方を解説しています。

「スキンケアのやり過ぎ」を卒業して、シンプルなケアで美肌作りがしたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事