肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【シミ消しスポットケアの方法とは?】集中ケアでピンポイント美白

シミの集中美白ポイントケア

シミ消しなら「スポットケア」でピンポイントの集中ケアが効果的!

  • シミがなかなか消えない・・・効果的なシミ消し方法は?
  • 美白ケアしているのにシミ消し効果がない・・・
  • シミ消しには、集中ケアのスポットケアが良いの?

気になる顔のシミが、なかなか消えずに悩んでいませんか?
毎日、美白化粧品でケアをしているのに効果がない・・・

そんな方にはピンポイントに集中ケアする「スポットケア」がおすすめです。
顔全体への美白ケアでは、やはり効果が薄いんですよね。

頑固なシミには、ピンポイントに集中ケアする美白が効くんです!
スポットケア美白で、気になるシミを消しちゃいましょう!

今回は、シミをスポットケアで消す方法をご紹介します。

シミ消しにスポットケアが必要な理由とは?

集中美白ポイントケア
シミ消しのための美白ケアを頑張っていると、ある日

「あれ?シミが濃くなった!?」

このように気がついて、ショックを受けた経験はありませんか?

多くの人が経験する、シミが濃くなる現象
それには、理由があるんです。

原因は、美白化粧品によって「シミのない部分の肌が明るく白くなった」こと。
そのため、シミで黒くなった部分が、逆に目立つようになってしまったんですね。

つまり「シミ自体の濃さ」は変わっていないんです。
けれど、周りの肌が白くなったことで、シミが濃くなったように感じたわけです。

だからと言って
「シミが濃くなったんじゃないなら安心!」というワケではないですよね。

シミが目立つようになったのは「事実」なんですから。

美容的な観点からすると「たとえ肌が白くても、シミが目立つ肌」というのは、見た目がとても悪いです。

ここに「シミ消しスポットケアの必要性」があります。
周りの肌との白さの差で、シミが目立ってしまわないように!

ピンポイント美白で、目立つシミを集中ケアして消すことが大切なんです。

スポットケアでピンポイントにシミ消しする方法

集中美白ポイントケアでシミを消す方法
顔の広い範囲におこなう「通常の美白ケア」とは違う「ピンポイント美白ケア」の方法です。

  • 通常の美白美容液を使った方法
  • スポットケア専用の美白化粧品を使った方法

この2つの方法をご紹介します。

ピンポイントの集中美白で、気になるシミを消しちゃいましょう!

美白美容液の効果をグン!と高める集中ケア

ピンポイントに美白ケアすることでシミ消しする方法です。
一晩かけて、気になるシミを集中ケアしましょう。

用意するものは3つ

  • 美白成分が配合された美容液かクリーム
  • コットン
  • 医療用のテープ

ピンポイント美白で集中ケアする方法

1.コットンを小さくカットする
 ↓

2.コットンに美白美容液をたっぷり染み込ませる
 ↓

3.気になるシミの上にあてる
 ↓

4.医療用テープを貼って固定すす

コットンとテープによる密室効果で、美白成分の浸透が一段と高まります。

寝ているときの集中ケアに最適です。
テープによって、寝具や肌の摩擦からガードされます。

就寝中は、想像以上に顔を擦ってしまっているんですよね。
それによって、美白化粧品が落ちてしまっていることが多いんです。

テープでガードしておけば安心です。
寝ている間、ずっと美白化粧品がピンポイントで浸透してくれます。

スポットケア専用の美白化粧品で集中ケア

一般的な美白化粧水は広範囲である「面のケア」です。
最近、人気の美白化粧品が「点のケア」ができるスポットケア専用の美白美容液。

スポット的に使いやすいよう、口が小さいチュープタイプのもの。
そして、ピンポイントに塗りやすいよう、スティックタイプのものが主流です。

高濃度の美白成分が配合された、クリームやジェル状のものが多いですね。
シミ部分に留まって浸透できるように、固めのテクスチャーなっています。

普段のスキンケアが終了したあとに、気になるシミにポイントケアするだけなので簡単。
いつもの美白ケアに「点のケア」も加えてみてはいかがでしょうか。

つい顔全体に使ってしまいがちですが、シミの部位だけに集中して使いましょう。
色素沈着を起こしてしまったニキビ跡にも効果的です。

シミ消しスポットケアの効果を高めるコツ

集中美白ポイントケアの効果
ちょっとしたコツで、ピンポイントな美白ケアの効果を高める方法です。

スポットケアの美白美容液は、指でなじませる

ピンポイント用の美白美容液を使うときに、肌にポツンとつけて終えてしまう人が多いんですよね。

ただつけて終わりにするのではなく、指の腹を使って優しくなじませてあげてください。

この一手間を加えるだけで、美白成分が肌により浸透しやすくなります。
擦るのではなく、指でトントンとやさしくなじませるのがポイントです。

美白成分を医療用テーブで密封する

この方法は先ほど、コットンと一緒に使う方法で説明しましたね。
スポットケア専用の美白化粧品にも有効な方法です。

チューブやスティックタイプを気になるシミ部分につけたら、医療用テープで密封。
密封されたことで浸透効果がアップします。

ピンポイントの一点集中で、美白成分をグングン浸透させることができます。

美白シートマスクを一緒に使う

美白アイテムで人気商品といば、美白シートマスクを忘れてはいけませんよね。

ピンポイントなスポットケアによる美白と一緒に使うことで、より美白効果が期待できるんです。

やり方は簡単です。
まずは、気になるシミ箇所にスポットケア専用の美白化粧品を点でつけていきます。
指の腹で少しなじませたら、その上から美白シートマスクで覆います。

シートマスクによる密着と、スポットケア専用の美白美容液にたっぷり含まれる美白成分を集中投下。
集中ケアで、一気にメラニンの生成をおさえてしまいましょう。

シートマスクは、はがした瞬間の実感が嬉しいですよね。
一気に透明感が出て、気分が高まります。

シミ消しスポットケアで注意すべきこと

シミの集中美白
集中ケアをしているときは、いつも以上に紫外線対策を意識しましょう。

メラニンの生成を抑えているのに、紫外線が当たってしまっては台無しです。
沈静化させているメラノサイトが活性化して、余計にシミが濃くなってしまいます。

シミ消しで大切な考え方は「シミを薄くする」こと、そして「シミを濃くしないこと」です。

薄くするのは難しいのに、シミというのは簡単に濃くなってしまいます。

少しの油断による日焼けで、1日でシミが濃くなってしまった経験はもうウンザリです。

日焼け止めは日差しの強い季節だけではなく、一年を通して意識的に塗りましょう。

シミ消しスポットケアまとめ

シミの集中ポイントケア

以上、シミ消しスポットケアに関して、集中ケアでピンポイント美白する方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

シミが濃くなったり、増えてしまう時期というのは、お肌が「シミを作れ」と指令を出している状態。
原因はホルモンバランスの乱れや、紫外線による影響など様々です。

早急に対処すべきは、まず「シミを作れ」という情報をブロックすること。
そのためには、美容成分を浸透させて、シミの原因となるメラニン生成を抑えるのが最優先。

集中ケアによるピンポイント美白で、シミを作りやすくなっている肌状態をリセットしましょう。

スポンサーリンク

関連記事