肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ターンオーバーを正常化する方法とは?】肌の乱れ原因を改善する3つのスキンケア

自力で顔のシミを消す方法

肌のターンオーバーを正常化する「3つのスキンケア方法」とは?

ターンオーバーの正常化「美肌作りには、ターンオーバーの正常化が大切だと聞きました。でも、どうやったらターンオーバーを正常化できるのか分かりません。なにかターンオーバーを正常化する、良いスキンケア方法などはありませんか?」

このような、お肌のターンオーバーの悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 肌のターンオーバーが正常化すると、肌が改善される理由とは?
  • ターンオーバーを正常化する3つのスキンケア方法
  • ターンオーバーが乱れる3つの原因とは?
  • ターンオーバーを正常化しないと、お肌にどのような悪影響があるのか?

綺麗な肌になりたいのなら、ターンオーバーの正常化は欠かせない必須項目。

なぜなら、いくら毎日スキンケアを頑張っても、ターンオーバーが正常でないと、綺麗な肌になる条件が揃わないからです。

高い化粧品を使うことより、もっと大切なことなんですね。

いまお肌の悩みはありませんか?

ニキビ・肌荒れ・くすみなどは、ターンオーバーが乱れていることが原因の場合がほとんど。

つまり、美肌作りをするなら、まず最優先すべきは「ターンオーバーの正常化」なんです。

それでは、ターンオーバーについて
一体何をどうすれば「正常化」して良い状態を保てるか
詳しく見ていきましょう。

肌のターンオーバーが正常化すると、肌が改善される理由とは?

ターンオーバーが正常化で美肌になる

ターンオーバーは表皮の部分の新陳代謝という意味があり、正常化することで基底層から角質層の部分までいつも新鮮な状態になります。表皮は外部からの刺激を守ってくれる大事な存在です。基底層から押し上げられるように角質層まで行き、最後は垢となって剥がれ落ちることでターンオーバーは成立します。理想的なターンオーバーは28日周期で行われており、このペースを守ることで細胞そのものが成長を見せて刺激から守るという働きをこなしてくれます。

お肌にとって敵となるのはメラニン色素の存在です。これがシミとなってお肌に残るようになります。正常化しないといつまでもメラニン色素が残ってしまい、シミとして居続ける状態になり見栄えが悪いです。正常化すればこのメラニン色素が押し出されるように上に上がっていき、最終的には垢になって剥がれ落ちてくれます。正常化すればシミが残りにくくなるため、肌が綺麗になるというものです。

角質がうまく剥がれることで毛穴をふさがずに済み、皮脂をうまく出せるようになります。ニキビなども出来にくくなり、お肌も綺麗になります。保湿成分も作られ水分が保たれるようになれば、シワの要因も少なくなるため、若さが保てます。

ターンオーバーを正常化する3つのスキンケア方法

ターンオーバーを正常化するスキンケア方法

1.ターンオーバーを正常化したいなら「泡洗顔」

ターンオーバー正常化に泡洗顔
では、実際にターンオーバーを正常化させるために何をすればいいかですが、刺激を加えずに顔を洗うようにすることが1つ目の方法です。表皮は外部からの刺激に備えるために存在します。ということは、外部からの刺激になるような行為をすればそれに備えてターンオーバーが始まってしまうので、できるだけ刺激を与えずにスキンケアをしていく必要があります。普通に手を使ってゴシゴシと洗うやり方では正常化させる過程においてはあまりおすすめできるやり方ではありません。

おすすめのやり方は泡で洗うことです。近年は泡で洗えるものが多く出回っており、きめ細かい泡で顔を包み込むように洗っていけばそれで十分です。優しく顔を洗っていけば泡が自然と汚れを落としてくれるので心配はいりません。タオルで拭く時も顔に当てるように水分をとっていけば刺激を与えずに拭けます。汚れやメイクを落としたくてゴシゴシと洗いたくなるものですが、それをしてしまうとお肌には良くないことを覚えておきたいところです。

多くの女性はくすみを気にします。このくすみは血行不良や代謝不良が要因になっており、そこにターンオーバーが停滞していることも大きく関与しています。ターンオーバーに欠かせないのは血の巡りを良くすることです。そのためにお風呂などはいいですが、水分が抜けやすいためになかなか長く入ることは大変です。

2.肌を温めて血行促進がターンオーバー正常化につながる

ターンオーバー正常化に血行促進

2つ目の方法は蒸しタオルの活用です。これを行うことで血行が良くなり、代謝も自然と上がってターンオーバーが正常化され、くすみも改善されます。

蒸しタオルは熱ければ何でもいいわけではありません。熱くしすぎれば顔にヤケドを負ってしまうからです。タオルを水に濡らし、水滴が出なくなるまで固く絞って少々熱い程度まで加熱を行います。実際に触れてみて耐えがたい程熱ければ多少冷まして、少々熱い程度になったところで顔の上において数分程度様子を見ます。そうすることで血の巡りが良くなります。これを毎日行っていくことで自然と正常化につなげていくことが可能です。

3.紫外線対策がターンオーバー正常化の基本

紫外線対策でターンオーバー正常化

最後に3つ目の方法は紫外線対策を行うことです。夏場は多く紫外線が降り注ぐので対策を行う人は多いですが、冬場でも紫外線は降り注ぎます。なので、1年中において紫外線対策を立てないとダメージが蓄積して結果的にターンオーバーの正常化にはつながりません。この時に使われるのが紫外線をブロックするクリームですがブロックできる力が備わっていれば何でもいいわけではなく、負担の少ないものを選ぶことが肌のことを考えれば自然です。

最近では敏感肌の人でも安心して使える紫外線対策のクリームが売られており、これを活用することでうまくブロックできます。また1日1回塗ればいいというものではなく、その効果は意外と短いです。そのため、定期的にクリームを塗るなどして常に新鮮な状態にしておくことで攻撃からブロックでき、ターンオーバーの正常化につなげられます。

ターンオーバーが乱れる3つの原因とは?

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れる原因にはいくつかのことが考えられますが、せっかくのスキンケアなのにやり過ぎたことで乱れる原因になることもよくあります。その1つがピーリングです。ピーリング自体は角質をうまく落してターンオーバーを促すためにあります。たまにやる分には何の問題もありませんが、これをやり過ぎることでターンオーバーが乱れ、結果的にそのサイクルを加速させてしまい、外部からの刺激からお肌を守れないことにつながってしまいます。

ピーリングのタイミングは一般の人ではなかなか難しいものがあります。明確なスタートもゴールもないだけでなく、年齢を重ねれば自然とターンオーバーの期間は延びるので問題のないペースでターンオーバーが行われていたとしても本人はそう感じていないケースがあるからです。外に出て日焼けをした人などはいつまで経っても回復しない、傷の治りが遅いなどの感覚を得ることがあります。そうした時にピーリングを行う人もいますが、自分で判断をすることは大変です。

正常化するために紫外線対策は重要ですが、紫外線がもたらす肌への悪影響は相当なものです。そもそもメラニン色素は単なる老化物質ではなく、紫外線からのダメージを守るために存在します。紫外線がメラニン色素を発生させる原因であり、これを放置することはターンオーバーを乱すことにもつながっていきます。早く回復させようと急いで修復がなされようとする過程でまだ育っていない状態なのに押し上げようとすれば肌の状態に明らかな影響が出ます。

一方、紫外線の影響は角質にも大きな影響を及ぼします。紫外線から守らないといけないと体の中で反応を示す程なので、表面の部分でもそれへの対策がなされます。ここでは角質層を太くすることで攻撃から守ろうということが起こります。それによって角質層が太くなってターンオーバーが正常になされないような状態に陥るという構図です。こうなってしまうと元に戻すのは結構大変だからこそ、紫外線対策はしておかないといけないということです。

女性の場合にはメイクを行う関係で、メイクをきっちり落とさなければならないという感覚を持ち合わせています。そうすることでゴシゴシと洗ってしまうことはもちろんのこと、すぐにメイク落としが出来るような強力な洗浄力のものを使用しているケースが多いです。これらのものを使うことでもターンオーバーは乱れやすくなります。洗浄力が強いということは界面活性剤などを使用してそうさせており、必要以上に角質を落としているケースが見られます。

ピーリングと違い、メイク落としなどで角質が落ちているとは誰も考え付きません。なので、必要なことだからやむを得ないと普通に落とす人が多いですが、実はこれが3つ目の原因です。力を入れて洗うのも結構なダメージにつながりますが、相乗効果によってより角質が落とされてしまうことからも、十分な注意が求められます。

ターンオーバーを正常化しないと、お肌にどのような悪影響があるのか?

ターンオーバーによる肌の悪影響

実際にターンオーバーが乱れるとお肌には様々な悪影響がもたらされます。1つ目としてはニキビの問題が挙げられます。思春期の頃には皮脂が多く出てそれが毛穴を詰まらせてニキビになることがよくありますが、大人になってからもニキビになることはあり、下手に放置をすることでその痕が残り続けることから注意が必要です。ターンオーバーによって角質はどんどん剥がれていきますが、角質が溜まっていくと毛穴をふさぐようになり、そこでニキビが生じてしまいます。

一方、ターンオーバーが乱れることで肌表面のバリア機能が低下し、それがきっかけでニキビを引き起こすことがあります。ターンオーバーとバリア機能は連動した関係にあり、菌をはね除けるだけのバリア機能が備わっていれば問題はありません。しかし、ターンオーバーが乱れている状況ではバリア機能も低下します。そうすることで肌全体のトラブルにつながっていきます。乾燥肌もこの部類に入り、別の肌トラブルを招くことにもなります。特に乾燥はシワの原因でもあるので注意です。

ニキビなどは表面でのトラブルですが、内部の影響が出てくるのが2つ目の部分です。その代表例がシミですが、普段の生活でもシミは出やすく、全く出ない人はよほど意識が高い人です。そうでない人でも正常なターンオーバーが行われていればすぐに外に出るためシミが残ることはありません。シミが残りやすい状況は明らかにターンオーバーに変化が起きた状態です。ここでピーリングを行なって角質を剥がそうとするとロクなことにはならないので気をつけないといけません。

そばかすもシミと同じように扱われますが、実際は遺伝の要素もあるため、若い時から見られる人もいます。しかし、ターンオーバーが乱れるとこのそばかすが濃くなってしまいます。そばかすも結局はメラニン色素で出来ているため、ターンオーバーの影響で濃くなってしまうことは十分に考えられます。先天的なものだからしょうがないと思っていると、いつのまにか目立つようになったというケースもよく見られるので普段からのケアが必要になっていきます。

3つ目の気になる部分は見た目の部分です。肌トラブルではないものの、角質がたまり続けることは見た目に影響を与えます。例えば皮膚の表面部分を紙などで切った場合には血が出ますが、これは毛細血管の部分まで切れたからです。角質が薄ければこの毛細血管の色などが見えますが、厚いと見えにくい状態になります。肌の透明感なども角質が薄いから見られるのであって、厚いとそれが見られません。これがくすみであり、ターンオーバーの影響があります。

このように、ターンオーバーが乱れることで肌の外側も内側も何かしらの影響を受けることになります。1回乱れてしまうと全体の調子や以前の状態を取り戻すには結構な時間がかかり、様々な影響を考慮しなくてはならず、ターンオーバーの周期を乱さないようにすることが問われます。

ターンオーバーを正常化する方法まとめ

ターンオーバー正常化
以上、ターンオーバーを正常化する方法について、肌の乱れ原因を改善するスキンケアをご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • ターンオーバーを正常化したいなら「泡洗顔」
  • 肌を温めて血行促進がターンオーバー正常化
  • 紫外線対策でターンオーバーを正常化

肌荒れなどのお肌のトラブルを繰り返してしまうことに悩んでいる方が多い理由。

それは、肌のターンオーバーが乱れていることが原因のケースが多いです。

美肌作りのベースとなるのが、ターンオーバーの正常化というわけですね。

ターンオーバーが乱れているままの状態で、いくら高価な美容液を使ってもあまり効果が期待できません。

まずは、肌本来の綺麗になる力を取り戻すためにも、ターンオーバーを整えることが最優先。

綺麗な肌を自分で作れる状態にしましょう。

今日から肌のターンオーバーを意識したスキンケアを始めてみませんか?
肌トラブルに悩まない、綺麗で強い肌を手に入れて、オシャレやメイクを思う存分楽しみましょう!

スポンサーリンク