キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【バストの形を良くするには?】形が悪い原因を予防するバストケア!

バストの形を良くする

バストの形を良くするには?形が悪い原因を予防!

  • バストの形を良くするには?おすすめのバストケアの方法はありますか?
  • バストの形が悪いので筋トレを頑張っています。他に形崩れの予防方法はありますか?

このような「バストの形をよくするには?」といった疑問に
現役エステティシャンがお答えします。

回答がこちら。

質問:バストの形を良くするには?おすすめのバストケアの方法はありますか?
回答:大切なのは、形が悪い原因を予防すること。本記事で詳しくご紹介しますね。

質問:バストの形が悪いので筋トレを頑張っています。他に形崩れの予防方法はありますか?
回答:筋トレは形崩れを予防する方法の一つですが、おすすめのバストケアがあるので解説します。

今回は、バストの形が悪くなる原因

そして、バストの形を良くするために必要な、形が悪い原因を予防するバストケアについてまとめました。

長年、エステ業界で仕事をしてきた経験を元に
バスト美容のプロ目線で解説していきますね。

※この記事でのバストの形の変化は、ナイトブラ着用時の効果によるものです。

バストの形を良くする方法が知りたいのなら、形が悪くなる原因を知る!

バストの形を良くする

バストの形を良くしたいと考えたとき、次の質問の答えがお分かりになりますか?

・崩れてしまって形が悪いバスト
・綺麗な谷間ができる形が良いバスト
2つのバストの違いは、なぜ起こるのでしょうか?

バストの形が悪くなる原因を知れば、形を良くする近道となりますよね。

「バストの形が悪くなるのは、胸の筋肉がないからって聞いたけど・・・」

と考えられている方が、多いのではないでしょうか。

胸の筋肉はバストの土台です。
もちろん、バストの形を良くするために大切な役割があります。

胸の筋肉がないと、バストの形が悪くなる原因になりますから。

しかし、バストの形が悪くなる原因は、胸の筋肉の減少だけではないんですね。
いくら筋トレだけを一生懸命にやっても、バストの形がよくならないのはそのためです。

形の良いバスト、形の悪いブスト、この2つの違いは

「クーパー靭帯の状態」です

「クーパー靭帯」って何??

初めて聞いた方もいらっしゃるかと思います。
バストの形を良くするために、非常に大切なポイントになるので、少しだけ解説にお付き合いください。

バストの形が良い・悪いを左右する「クーパー靭帯」とは

ハリがあって上向きで綺麗なバスト。
そんな理想的なバストの形を良をよくしてくれているのが「クーパー靭帯」なんですね。

逆を言えば、バストの形悪くなってしまう原因が

「クーパー靭帯」が伸びたり、切れたりして、バストの形が崩れてしまうから!

クーバー靭帯というのは、いわば大きな橋のワイヤーのようなもの。

例えば

瀬戸大橋のような、巨大な橋をイメージしてみてください。
橋の道路部分を何が支えているでしょうか?

無数の太いワイヤーですよね。

巨大な橋の形を保っているのが、ワイヤーなわけです。

もし、このワイヤーが伸びたり、切れてしまったら・・・
橋は形を保てなくなって、崩れてしまいます。

これと同じことが、バストでも起こってしまうんです。

クーパー靭帯が伸びたり、切れてしまうと
バストが崩れて、形が悪くなってしまいます。

いくら土台となる胸の筋肉を鍛えても、バストを吊り上げるクーパー靭帯が伸びてしまうと形が悪くなります。

そのため、筋トレだけのケアでは、バストの形をケアするのに不十分なんですね。

「クーパー靭帯」伸びたり切れたりすると、バストを吊り上げる力が弱まって形が悪くなります。
一度伸びたり、切れたクーパー靭帯は、元に戻ることはありません。

吊り上げる力が弱まったバストは、垂れたりハリを失って形の悪いバストになってしまいます。
そのまま対策をせずに放置しておくと、ますますバストの形は悪くなるばかり。

バストの形が悪い原因となるのが「クーパー靭帯の伸びや断裂」なんですね。

それでは、次はバストの形が悪くなるのを予防する方法について解説をしていきます。

バストの形が悪い原因を予防するには、筋トレだけでは不十分!

バストの形が悪い原因を予防

バストの形を良くする方法 = 胸の筋トレ

このように思われている方も多いのではないでしょうか。

「胸の筋肉が、バスト形を決定づける土台」と言われています。
そのため、胸の形を良くするためには、筋トレが重要といった説明ばかりになってしまうんですね。

もちろん筋トレはバストの形をケアする方法として有効です。
しかし、筋トレだけでは不十分なんですね。

筋トレだけをしていれば、バストの形をよくできと思ってしまうのは注意が必要。

胸の筋肉だけが、バストの形を悪くする原因だと思い込み過ぎると、本当に必要なバストケアがやれていないからです。

バストの形が悪くなる原因は、先ほどご紹介しましたよね。

バストの形が崩れる大きな原因は「クーパー靭帯の伸びや断裂」です。

土台の胸の筋肉も大切ですが、バスト全体を吊り上げるクーパー靭帯もバストの形を保つのに重要!

つまり、筋トレだけではなく

クーパー靭帯をケアするのが、バストの形を保つのに必須!

ということです。

それでは、クーパー靭帯をケアして、バストの形を悪くする原因を予防する方法をご紹介していきますね。

バストの形をケアしたいのなら!ナイトブラでクーパー靭帯のサポートが必須!

離れ乳を整える

筋トレなどのエクササイズをしても、バストの形が悪いまま・・・
バストの変化を、ちっとも実感できない・・・

このようなお悩みの方に、おすすめしたいバストケアがあります。

バストの形が悪い原因を予防するには、ナイトブラでクーパー靭帯をケア!

バストの形が悪い原因となる、クーパー靭帯の伸びや断裂を予防するには、ナイトブラによるサポートが重要となります。

クーパー靭帯のケアに、ナイトブラが必要な3つの理由

「ナイトブラが良いって聞くけど、本当に意味あるの?」

上記のような疑問をお持ちの方も多いと思います。

なので、バストの形が気になる方こそ
ナイトブラが必要な3つの理由を解説していきますね。

①バストの形が悪い原因となる、クーパー靭帯をサポート!

gazo6

「クーパー靭帯」は寝ている間に、伸びたり、切れしまったりすると言われています。

ノーブラで寝てしまうと、バストは上下左右に激しく動いてしまいます。

無理な動きをしたとき、バストに大きな負荷がかかって、クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうんです。

バストを吊り上げていたクーパー靭帯が伸びてしまうと、緩んだぶんハリを失って形が悪いバストになってしまいます。

一度伸びたり、切れてしまったクーパー靭帯は、元にはもどりません。

バストの形が悪い原因を予防するためにも、ナイトブラでクーパー靭帯をサポートしてあげることが大切です。

②寝ている間のバストをホールドする!

gazo7

寝ているときのバストは、想像している以上に無防備です。

だって、横に寝っ転がるだけで、バストはけっこう下に流れますよね。
特に就寝中は、多くの寝返りをうちます。

寝返りでバストが動くと、かなりの負荷がかかるんです。

つまり、バストを無防備な状態にしておくと、どんどん形が悪くなる原因となってしまうんですね。

しかも、バストのお肉が流れてしまうことで、カップも小さくなってしまうことがあります。

お肉が理想の場所からズレてしまわないように!

寝ている間のバストを、ナイトブラでホールドしてあげることが重要です。

③理想の美胸は寝ている間に作られる

寝ている時に、成長ホルモンが分泌されるのはよく知られていますよね。

この成長ホルモンが、バストを育てるのに重要な役割を果たしているんです。

つまり、美胸を作る絶好の機会は、寝ている間ということにもなります。

ナイトブラは、着けるだけの簡単なバストケア。
バストの形が気になるのなら、試さないのはもったいないですよね。

以前の私は、寝る時は何もつけない派でしたが・・・

私は昔、ノーブラ派でした。

締め付けが嫌で嫌で。
とにかく開放感を優先して、何もつけていませんでしたね。

でも、バストの形にはコンプレックスがありました。

自分のバストが100点満点なんて人はいないですよね。

絶対にどこかしら気になって、悩んでいる部分はあります。

長いことノーブラ派だったので、ナイトブラを着けるようになったのは遅かったと今では反省していますね。

もっと早く、バストケアの意識を持っていればと思っています。

最近のナイトブラは、締め付けが嫌いな私でも快適な着け心地の商品が多いです。

こんなにナイトブラって進化していたんだ!と驚かされましたね。

以前はノーブラ派だった私の経験談にはなりますが。

バストの形が気になるのなら、ナイトブラでのバストケアは選択肢の一つとしてアリです。

そこで、ナイトブラに少しでも興味を持たれた方のために

現役エステティシャンの私がおすすめできるナイトブラを厳選して3つ紹介しておきますね。

バストの形にお悩みの方におすすめ!ナイトブラ3選

離れ乳整える

・「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ
・「モテフィット」ふっくらバストメイクブラ
・「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

選んだナイトブラは以上の3つです。

特徴をまとめてから、比較をしていきますね。

「モテフィット」ふっくらバストメイクブラ

bra1

万能性

「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ

bra3

補正力

「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

bra2

デザイン性

どんな方にどれがおすすめ?3つを比較

ナイトブラ比較

バストは形やサイズが、人それぞれでまったく違います。

バストの状態によって、おすすめできるナイトブラも変わってくるのも当然。

美胸を目指すために、自分に合ったナイトブラを選んでください。

「Viage(ヴィアージュ)」と「モテフィット」の比較

ナイトブラおすすめ

ナイトブラが初めての方には「VIAGE(ヴィアージュ)」がおすすめ。

バストが小さいサイブの方は「モテフィット」が良いと思います。

「ルルクシェル」はどんな方におすすめ?

bra2

デザイン性を重視する方には「ルルクシェル」がおすすめです。

バストの形が悪い原因は、間違ったバストケア!?

バストの形を良くするために、エクササイズを頑張っている方も多いと思います。

けれど、良かれと思ってやっているバストケアが、バストの形が悪い原因になってしまうこともあるんです。

気をつけないといけないのが

「クーパー靭帯を伸ばしたり、切れたりしてしまうケースがあるから」です。

注意が必要なバストケアを2つご紹介しておきます。

バストの形が悪い原因① 強過ぎるバストマッサージ

バストは想像以上にデリケートです。

バストマッサージはけっして悪いケアではありません。

気をつけないといけないのが、マッサージの強度。

強過ぎるマッサージをしてしまうと、クーパー靭帯を伸ばしてしまう危険性があります。

バストマッサージをするさいには、デリケートなものを扱っているという意識で行いましょう。

バストの形が悪い原因② スポーツブラを着けないエクササイズ

エクササイズをして、バストケアに励んでいる方もいらっしゃると思います。

エクササイズのときは、ちゃんとスポーツブラを着けていますでしょうか?

つい、普通のブラで運動しちゃう・・・
なんて方は要注意!

エクササイズのときは、バストはかなり激しく動いています。
普通のブラジャーでは、激しいバストの動きをサポートできません。

そうなると「クーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因」となってしまいます。

エクササイズのさいは、スポーツブラを着けてしっかりバストをホールドすることが大切。

ナイトブラには、スポーツブラとしても使えるものが多いので活用してみてください。

まとめ:バストの形を良くするには?

バストの形を良くする

以上、バストの形を良くするには?について、形が悪い原因を予防するバストケアの方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

最後におさらいをしておきましょう。

  • バストの形が悪い原因は「クーパー靭帯の伸びや断裂」
  • バストの形を良くするには、筋トレだけでは不十分!
  • バストの形が悪い原因を予防するには、クーパー靭帯をサポートするのが重要!
  • クーパー靭帯をサポートするのにおすすめの方法は「ナイトブラでのケア」

バストの形を良くするために、多くの女性が努力をしています。

仕事柄、常々実感させられますね。

もちろん、私だって同じです。

当然、バストの形にはコンプレックスや悩みはあります。

垂れたり、離れたり、崩れたり・・・

自分で完璧なバストだと言える人なんていないのではないでしょうか。

だから日々、バストケアを頑張っているんですもんね。

バストの形は、生活習慣の影響をとても大きく受けます。

良くも、悪くもなんですが。

バストの形を悪くしてしまう習慣を送ってしまうと、どんどんバストはブサイクになってしまいます。

一方で、バストの形に良い影響を与える習慣を身につけることで、理想的な美胸を目指していくこともできるわけです。

習慣によって、バストの形が変化することもある。
これって結構な分かれ道ですよね。

特に活用したいのは、やはり寝ている間のバストケア習慣。

1日の大半を占める、長い時間となります。

この長時間をバストケアに活かさないのは、もったいないですよね。

バストの形が少しでも気になるのなら、ナイトブラでのバストケアを習慣にしてみるのもいいかもしれません。

少しでも早くバストケアに取り組んでいくことで、理想的な美胸への近道をしちゃいましょう!

本記事で紹介したナイトブラ3選

・「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ
・「モテフィット」ふっくらバストメイクブラ
・「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

※この記事でのバストの形の変化は、ナイトブラ着用時の効果によるものです。

● あわせて読みたい
バストの悩みをスッキリ解消!【胸の形を整える方法まとめ】

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ