キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【日焼け後のケア】うっかり日焼けしてしまったら美白ケア対処法

うっかり日焼け後の美白*ケアと対処法をご紹介

  • 日焼け後の対処法が知りたい
  • 日焼け後の美白*ケアの方法は?
  • うっかり日焼けしてしまったら、どんなケアをしたら良いの?

紫外線の多い季節の失敗といえば「うっかり日焼け」
少しの油断で、肌を黒くしてしまうことってありますよね。

「気をつけていたのに、日焼けをしてしまった・・・」

できるだけ早く、日焼け後の対処をしたいものです。
そのためには、少しでも早く日焼けした肌を正しくケアすることが大切!

シミやソバカスを増やさないための美白*ケアができるかどうか?

それによって、日焼け後のお肌へのダメージが変わります。

今回は、日焼け後のケアとして
うっかり日焼けしてしまった後の美白*ケア対処法ついてご紹介します。

  • 日焼け後のケア!うっかり日焼けの美白ケア3つの対処法
  • 焼けた肌がなかなか白く戻らない原因

この順番で詳しく解説していきますね。

※この記事での美白とは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。透明感とは、保湿により肌が潤うことをいいます。浸透とは、角質層までのことをいいます。

日焼け後のケア!うっかり日焼けの美白ケア3つの対処法

日焼け後のケア

うっかり日焼けをしてしまったら、その後のケアによってお肌へのトラブルに差がでます。

日焼けした後に

• 日焼け後に何も対処せずに放置してしまった場合
• しっかり美白vケアをした場合

この2つのケースでは、お肌に大きな違いがでます。

日焼けによるメラニンが原因で、お肌にシミやソバカスができてしまうと厄介です。
場合によっては、日焼けによるダメージはシワやたるみの原因にもなります。

そんなことにならにように
日焼け後のケアは大切!しっかり美白*ケアを徹底して対処していきましょう。

1.美白化粧品でメラニンの生成を抑える

美白化粧品でメラニンを減らす

日焼け後のケアとして、しっかりとしておきたい対処法の一つが美白化粧品による美白*ケアです。

自然にまかせるのではなく、積極的にメラニン生成を抑えることが大切。
シミやそばかすを残したくないですもんね。

日焼け後の美白ケアにおすすめの美白化粧品

日焼け後の肌のケアに必要なのは「メラニン生成を抑えること」と「日焼け肌の保湿」です。

「【日焼けした肌が戻らない!】美白ケアに必要なオススメ美白化粧水」の中で、詳しく解説をしていますが、日焼けした肌にオススメしたい美白化粧水の条件があります。

日焼けした肌は、炎症を起こしています。
メラニンも大量発生しているため、健康的な肌状態ではありません。

美白化粧水であれば、どれでも良いというわけではないんですね。

まず大切なのが配合されている「美白成分」です。

日焼け後の肌におすすめなのが「ビタミンC誘導体」といわれる美白成分。

  • メラニンを還元
  • メラニンの生成を抑制
  • メラニンの排出を促進

この3つのメラニン対策が同時におこなえる優れた美白成分です。

加えて、美白化粧水に求められる、大切な機能が「保湿」になります。

日焼け後の肌は、極度の乾燥状態になっているんですね。

美白ケアだけでなく、しっかりと保湿ケアのできる美白化粧水を選んでください。

以上の条件を満たした美白化粧水であれば、日焼け後のケアに対処できます。

ビタミンC誘導体が配合された、日焼け後の肌に対処できる美白化粧品『ディセンシア サエル』

美白化粧品
日焼け後の肌は、炎症を起こしていてとても敏感な状態です。
美白化粧品を選ぶのであれば、敏感肌用の商品を選ぶことをおすすめします。

敏感肌の方達から圧倒的な支持を得ている美白化粧水といえば、『敏感肌用美白化粧品
ディセンシア サエル』
などですね。

敏感肌専用に開発された美白化粧品で、しかもビタミンC誘導体がしっかり配合されています。

日焼け後の肌を、美白*ケアしてメラニン生成を抑えることのできる美白化粧品と言えますね。

日焼け後のケアや対処法に悩まれている方は「サエルの公式サイト」をチェックしてみてもいいかもしれません。

ディセンシア サエル公式サイトを見てみる

2.身体の内側からの美白ケアでメラニンを対処する

身体の内側からメラニンを対処

美白化粧品による外側からのケアと合わせて取り組みたいのが「内側からの美白ケア」です。

ビタミン類を多く摂取することで、身体の内側からも美白ケアが可能となります。

内側からの美白ケアを実践するのとしないのとでは、シミやそばかすを防ぐ結果も変わってきます。

積極的に摂りたいのビタミンの種類

メラニンケアに有効とされるのは「ビタミンC」と「ビタミンE」です。
この2つのビタミンを多く含んだ食べ物をとることで、白い肌に戻ることが早まります。

● ビタミンCを多く含んだ食べ物
野菜:赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤ
果物:アセロラ、レモン、グレープフルーツ、柿、キウイ、いちご

● ビタミンEを多く含んだ食べ物
お茶の葉、アーモンド、とうがらし、アボカド、いくら、たらこ

日焼け後のケアには、サプリメントもおすすめ

より積極的に日焼け後のケアをしたいのなら、サプリメントという選択肢もあります。

食事からだけで栄養素を摂るのは難しいですからね。

栄養のサポートとして、サプリを上手に活用したいものです。

いま話題の「太陽に負けないサプリ」とは?

飲む日焼け止め

多くの有名女性誌でも取り上げられている、話題の飲む日焼け止め。

その中でも高い評価を得ているのが『ホワイトヴェール』です。

国内産の安心できるサプリで、美容ライターたちもこぞってリピートする人気のサプリ。

モデルたちの間でも愛用者が多く、いまや必需品となっているほど。

新しい夏の美容対策で、透明感アップ!とSNSでも話題です。

従来の塗るタイプのケアと違って、飲むサプリなら360°全身ケア!

太陽に負けないお肌になりたい!という方は、公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

ホワイトヴェール公式サイトを見てみる

3.徹底保湿ケアをして、肌の乾燥を対処する!

ターンオーバーを促進してメラニン排出
日焼けした肌はとても乾燥した状態。
紫外線のダメージによって、肌内部から多くの水分が奪われてしまっているからです。

そのため、お肌の機能がとても下がってしまっています。
肌内部のメラニンをうまく排除できない状態。
そのため、シミになるリスクも増えてしまいます。

いつも以上の積極的な保湿ケアをすることで、少しでも早くお肌の乾燥状態をケアしましょう。

美白成分が配合された化粧水や乳液で、小まめに保湿ケアすることが大切です。

日焼け後のケアでは、洗顔方法にも注意!

日焼け後のケア洗顔方法

日焼け後の肌は、炎症状態。
絶対に避けてほしい洗顔方法が「ゴシゴシ洗顔」です。

摩擦によって、肌の炎症が悪化してしまいます。
また、摩擦は色素沈着を起こす原因です。

メラニンが増えている日焼け肌では、摩擦のある洗顔方法は厳禁!
肌に負担をかけずに優しく洗える「泡洗顔」をおこなってください。

日焼け後の肌をケアする洗顔石鹸選びで大切なこと

保湿成分が含まれていて、肌に負担の少ない洗顔石鹸を選ぶ必要があります。


• 日焼け後の肌に「保湿成分たっぷりの洗顔石鹸」
• 日焼け後の肌に負担となる化学成分が含まれていない「無添加石鹸」

日焼け後のケアでは、洗顔石鹸もこの2つのポイントを意識してください。

上記のポイントを満たした、日焼け後のケアにおすすめの洗顔石鹸をご紹介しておきますね。

潤い成分たっぷりで、濃密ホワイト洗顔ができる『ホワイトヴェール 白雪洗顔』

日焼け後の洗顔

日焼け後のケアにおすすめしたいのが『ホワイトヴェール 白雪洗顔』です。

フランス産のホワイトクレイ(泥)とヨーロッパ原産のホワイトフラワーエッセンスが仕様されている洗顔石鹸。

しかも、保湿成分として「プラセンタエキス・ヒアルロン酸・コラーゲン」の3大潤い成分までもが配合されています。

ホワイト洗顔をしながら、保湿成分までしっかり配合された優れものの洗顔石鹸です。

潤い成分たっぷりの「生クリームのようなもっちり濃密白泡」が、透明感*あふれる肌へとケアしてくれるんです。

肌への優しさにこだわって開発されているため「無添加仕様」

日焼け後のケアにおすすめできる洗顔石鹸ですね。

白雪洗顔の公式サイトを見てみる

日焼け後のケアや対処法がうまくいかない原因

日焼けした肌が元の白い肌に戻らない原因
夏の間に、肌を焼いて黒くしてしまう失敗を誰しも経験があると思います。

シーズン中は、黒い肌もそれほど気にならないのですが、シーズンが終わると黒い肌はともて目立ちますよね。

できるだけ早く、元の肌に戻したいものです。
けれど、なかなか日焼け後のケアがうまくいかない場合があります。

一体なぜなのでしょうか?

1.肌の内部にメラニンが居座っている

紫外線の強い時期に、多くの紫外線を浴びてしまうと、肌内部のメラニンが急増してしまいます。
溜め込んでしまった大量のメラニンは、肌からは簡単に排出されずに居座り続けるんです。

そのため、肌の色を長いあいだ濃くなったまま。
夏のシーズンが終わっても、肌が黒い状態が続いてしまうわけです。

2.肌の保湿ケアが不十分

日焼けした肌が自然とすぐに元に戻る人と、戻らない人がいます。
この差は「肌の乾燥」が関係している場合があります。

肌が乾燥していると、ターンオーバーが乱れる原因。
お肌というのは、古い肌細胞が入れ替わることで、肌内部のメラニン色素が排出されます。

つまり、いつまでたっても新しい肌に入れ替わらない人は、黒い肌の状態が長く続くことになるわけです。
ターンオーバーの周期というのは、平均して28日とされています。

遅い人になると、40日以上にもなる場合があるんです。
ターンオーバーが乱れてしまうと、それだけ元の肌に戻るのが遅くなるんですね。

日焼け後のケアがうまくいかない場合は、この記事でご紹介した対処法を見直してみてください。

まとめ:日焼け後のケア

日焼け後のケア
以上、日焼け後のケアについて、うっかり日焼けしてしまったら美白ケア対処法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

  • 美白化粧品でメラニンの生成を抑える
  • 身体の内側からの美白ケアでメラニンを対処する
  • 徹底保湿ケアをして、肌の乾燥を対処する!

例えうっかり日焼けしてしまっても、正しい美白ケアで対処することが大切です。

とはいえ、日焼け後のケアばかりに気を取られていてはいけません。

再び、うっかり日焼けをして、肌を焼いてしまうことは絶対にさけましょう。

シミやそばかすを防ぐためにも、再び紫外線を浴びて日焼けをしてしまっては台無しです。

メラノサイトが過剰に活性化してしまい、大量のメラニンが発生してしまいます。

同じ過ちがを繰りかえなさいためにも、しっかりと日焼け止めを塗って日焼け対策をしてくださいね。

うっかり日焼けをしてしまっても、適切な日焼け後のケアで透明感のあるお肌を取り戻しましょう!

● あわせて読みたい
日焼けの悩みに白黒つける!【日焼け止め・ケアおすすめ記事まとめ】

※この記事での美白とは、メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。透明感とは、保湿により肌が潤うことをいいます。浸透とは、角質層までのことをいいます。

● いますぐ毛穴の悩みを解決したい方に読まれている記事
【毛穴の開きを治すには?】毛穴開きの原因を改善する3つの方法

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ