キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【肝斑とシミの違いとは?】肝斑の原因やできる年齢をご紹介

肝斑とシミの違いとは

肝斑とシミの違い・原因と年齢を紹介!

  • これは肝斑?それともシミ?違いが分からない・・・
  • 肝斑の原因を知りたい
  • 肝斑のできる年齢はいくつ?

この記事では、このような「肝斑(かんぱん)」の悩みにお答えします。

まず最初に質問をさせてください。

  • 「頬のあたりに左右対象のシミができた」
  • 「美白化粧品を使っても薄くならない」
  • 「30代から急にシミが増えた」

このようなシミの症状に当てはまりますか?

あなたのシミは「肝斑」の可能性が高いです。

肝斑は、通常のシミと同じ治療法を続けていても、消すことはできません。
肝斑は、通常のシミとは治療法が違います。

だからと言って、諦めることはないんですね。
肝斑は治療をしてケアすることが可能なシミです。

  • この記事の内容
  • 肝斑とシミの違いについて
  • 肝斑の原因
  • 肝斑ができる年齢
  • 肝斑治療の方法
  • 肝斑が消えるまでの治療期間の目安

まずは、肝斑とシミの違いを解説。
そして、肝斑の原因やできる年齢をご紹介します。

肝斑とシミの違い

肝斑とシミの違い
肝斑の症状・原因は普通のシミとは違います。

肝斑は、頬骨のあたりに左右対称にできるシミです。
人によっては、鼻の下やおでこのあたりに肝斑が発生する場合もあります。

境界のはっきりとしないモヤモヤとした淡い茶色のシミが特徴です。

肝斑の原因はホルモンバランスの乱れのため、薄くなったり濃くなったりと変化します。
女性の場合「月経周期」「ストレス」「不規則な生活」これらの要因によって肝斑が濃くなる場合があります。

肝斑の原因

肝斑の原因
肝斑の原因は「女性ホルモンのバランスが崩れるため」です。

通常のシミの原因は、メラニン色素の沈着。
紫外線などによって引き起こる肌トラブルです。

「肝斑」と「通常のシミ」とでは、原因が全く違うんですね。

妊娠や更年期の始まりで発生する方が多いです。
女性ホルモンのバランスが崩れる時期。
それが、肝斑が発生するタイミングです。

肝斑が発生する年齢

肝斑の年齢
肝斑は、一般的に30代から発生します。
発生しやすいのは「30〜40代の女性」です。

症状が見られるのは、50代後半まで。
閉経すると消える傾向があります。

高齢者は発生しないのが肝斑の特徴です。

肝斑治療の方法

肝斑治療の方法
肝斑は美白化粧品をいくら塗っても効果は期待できません。

通常のシミ治療などで有効とされる、レーザー治療も有効ではないとされています。
「レーザー治療は肝斑悪化の原因になる可能性がある」とも言われているほど。

通常のシミとは原因がまったく違うからです。
肝斑の原因である、女性ホルモンの問題を解消する必要があります。

肝斑を消すのに、最も効果的な治療法が「薬」です。
肝斑を消したいのなら、皮膚科の受診をおすすめします。

肝斑が消えるまでの治療期間の目安

肝斑の治療期間
皮膚科で肝斑だと診断されると適切な薬が処方されます。
主に「トラネキサム酸」に加えてビタミンC、Eなどが一般的です。
それに加えて、美白外用剤なども処方される場合があります。

治療期間の目安ですが
3〜4週間で、肝斑が薄くなる変化を実感できると思います。
3ヶ月ほど薬の服用を続けていけば、肝斑のシミは薄くなっていきます。

自分でできる肝斑のケア方法

肝斑とシミの違い
自宅でできる肝斑のケア方法もご紹介しましょう。

  • ホルモンバランスを整える生活習慣

をおすすめします。

肝斑のケアには「生活習慣の改善」

肝斑の再発を防ぐ
肝斑の原因は「ホルモンバランスの乱れ」だと説明しました。

そのため、生活習慣を見直すことが大切なんです。
肝斑は一度消えても、再発をする可能性があります。

基本となる生活習慣が乱れたままではいけません。
一時的に薄くなったとしても、しばらくしてまた再発しまうことになります。

二度と肝斑に悩まされないために!
日々の生活習慣を正していきましょう。

まとめ:肝斑とシミの違い

肝斑とシミの違い
以上、肝斑とシミの違いなどについてご紹介してきました。
いかがでしたか。

お肌の悩みの中でも、特に深い悩みがシミですよね。
いま、シミに悩まれている方も多いと思います。

美白化粧品等で日々ケアをして努力されているでしょう。
けれど「顔のシミがなかなか改善されないのなら」

一度、肝斑を疑ってみてください。

もしアナタのシミが一般的なシミではないなら。
そのシミが肝斑であるのなら。

シミに対する治療方法のアプローチが間違っています

効果の期待できない治療方法を続けていては無意味です。
肝斑のシミはお薬で治せます。

皮膚科やクリニックで相談してみてください。

毎日、鏡を見るたびに悩まされていたシミとは、早急にサヨウナラをしましょう!

● あわせて読みたい
顔のシミの悩みを取り消す!【しみケア対策のスキンケア方法まとめ】

● いますぐ毛穴の悩みを解決したい方に読まれている記事
【毛穴の開きを治すには?】毛穴開きの原因を改善する3つの方法

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ