キレイにナルをお届けする美容サイト
menu

KIREInaru

【垂れ乳予防】胸が垂れないようにする防止策はクーパー靭帯のケア

軽いワキガの対処法

垂れ乳予防!胸が垂れないようにする防止策をご紹介

  • 垂れ乳に悩んでいます。予防する方法はありますか?
  • 胸が垂れないように筋トレをしています。他に何か良い垂れ乳の防止策はありますか?

このような「垂れ乳」に関してのお悩みに
現役エステティシャンがお答えします。

回答がこちら。

質問:垂れ乳に悩んでいます。予防する良い方法はありますか?
回答:はい、あります。本記事でご説明しますね。

質問:胸が垂れないように筋トレをしています。他に何か良い垂れ乳の防止策はありますか?
回答:筋トレは予防法の一つがすが、それだけでは不十分なんですね。おすすめの垂れ乳防止策を今回ご紹介します。

本記事では、垂れ乳の原因

そして、垂れ乳予防に必要な防止策についてまとめました。

長年、美容業界で仕事をしてきた経験を元に
美容のプロ目線で解説していきますね。

垂れ乳を本気で予防したいのなら、胸が垂れてしまう原因を知る!

垂れ乳の原因
垂れ乳を本気で予防しようとした場合、次の質問の答えがお分かりになりますか?

・垂れてハリのない胸
・上向きのハリのある胸
この違いは一体なぜ起こるのでしょうか?

気になる垂れ乳の原因が分かれば、効果的な予防が可能となりますよね。

「胸が垂れるのは、筋肉が衰えたからでしょ?」

と思われた方が多いのではないでしょうか。

もちろん胸の筋肉は、バストを支える土台です。
土台がなくなってしまっては、胸が垂れて残念なバストになってしまう原因になります。

しかし、それだけだと垂れ乳の原因を、正確には言い当ててはいないんですね。

2つの胸の違いの正解は

「クーパー靭帯」です

「クーパー靭帯」って何?

と疑問に思われた方に簡単な解説を。

垂れ乳予防の決め手となる「クーパー靭帯」とは

gazo6

ハリのある上向きなバストを実現するのが「クーパー靭帯」なんですね。

ではなぜ

「クーパー靭帯」が伸びたり、切れたりすると、胸が垂れ下がってしまうのか?

それは

胸の丸みを保てなくなるから

例えば

大きな橋をイメージしてください。
何によって支えられているでしょうか?

張りめくらされたワイヤーですよね。

「クーパー靭帯」は、いわば胸を支えるワイヤーなんです。

もし、ワイヤーが伸びたり、切れたりしたら大きな橋はどうなってしまうか・・・

形が保てなくなって、崩壊してしまいます。

これと同じことが、私たちの胸でも起こっているんですね。

「クーパー靭帯」が伸びてしまうと胸が綺麗な形を保てなくなります。
一度伸びてしまったり、切れたりしたクーパー靭帯は、元に戻ることはできません。

支えがなくなったバストは、重力に負けて垂れ下がったり、ハリを失って離れてしまったりと、形がどんどん崩れてしまいます。

垂れ乳の原因が「クーパー靭帯の伸びと断裂」と分かったところで、本題の垂れ乳予防のための防止策について解説をしていきます。

垂れ乳予防には、筋トレだけでは不十分!

垂れ乳予防に筋トレ

垂れ乳予防 = 大胸筋の筋トレ

このようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

「胸の土台は大胸筋」なんてよく聞くので、頭の中が筋トレによるバストケアのことばかりになってしまうんですよね。

実は、その先入観が落とし穴!

このイメージが強すぎると、垂れ乳予防がうまくいかない原因になってしまいます。

胸の筋肉が原因だと思い込みすぎて、やるべき垂れ乳予防ができていないからです。

先ほど紹介したとおり

垂れ乳の大きな原因の一つが「クーパー靭帯の伸びと断裂」です。

つまり

筋トレによるバストケアだけでなく、クーパー靭帯をサポートするケアに意識を向ける必要があります。

いくら胸の筋肉を鍛えて、土台をケアしても!
胸の丸みを支えるクーパー靭帯が伸びたり切れてしまっては、垂れ乳を予防することはできません。

それでは、垂れ乳予防の鍵となるクーパー靭帯をサポートして胸が垂れるのを防止する方法をご紹介していきますね。

垂れ乳予防したいのなら!寝ている間のクーパー靭帯のケアが必須!

垂れ乳予防

筋トレやエクササイズで垂れ乳予防をしているのに結果がでない。

そのようなお悩みの方におすすめの垂れ乳予防があります。

垂れ乳予防には、寝ている間のナイトブラでバストケア!

垂れ乳原因となるクーパー靭帯のサポートに、ナイトブラがとても適しているんですね。

クーパー靭帯のケアに、ナイトブラが必要な3つの理由

「ナイトブラって、そんなに必要なケアなの?」

といった疑問を感じている方も多いと思います。
特に、寝るときはノーブラ派の方にとって、必要性を感じないでしょう。

そこで、ナイトブラが必要な理由について解説をしますね。

①垂れ乳原因となる、クーパー靭帯の伸びや断裂をケア

gazo6

「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりするタイミングの一つが「寝ているとき」と言われています。

ノーブラで寝てしまうと、胸が重力によって垂れ放題です。

胸全体に負荷がかかって、クーパー靭帯が伸びてしまうことに。

クーパー靭帯による支えがなくなった胸は、どんどん崩れてしまいます。

一度伸びたり、切れてしまったクーパー靭帯は元に戻ることはありません。

垂れ乳予防には、ナイトブラで胸をホールドしてケアしてあげることが重要なんですね。

②就寝中のバストは、かなり無防備!

gazo7

就寝中のバストは、想像している以上に無防備です。

横になっただけでも、胸の肉ってけっこう流れてしまいますよね。
寝ているときは、寝返りをうつのでかなり動くことになります。

無防備な状態で流れることで、形が崩れる原因に。
寝ている間の無防備状態によって、どんどん不細工なバストになってしまうんです。

胸のお肉が流れてしまうと、カップ数がダウンしてしまうこともあるので要注意!

ナイトブラでホールドすることで、就寝中の胸をサポートすることができます。

③就寝中の育乳をサポート

女性のバストは、寝ている間に体内で分泌される成長ホルモンよって育つと言われています。

そんな絶好の機会を活かさないなんてもったいない!

就寝中にバストケアしてあげることが、垂れ乳を予防して綺麗なバストを保つのに大切なんですね。

ノーブラが楽なのは、すっごく分かります。でも・・・

私も締め付けが苦手で、以前はノーブラで寝ていました。

開放感がないと良く寝られなかったんですよね。

そんな私の実体験からも、ぜひおすすめしたいのがナイトブラです。

最近のナイトブラは、進化していて着け心地もかなり良くなっています。

いまでは、着けていないほうが不安で、バストをしっかりサポートできている安心感の方が勝ってますね。

それでは、ここで

現役エステティシャンがおすすめできるナイトブラを厳選して3つ紹介しておきますね。

垂れ乳予防ケアにおすすめ!ナイトブラ3選

垂れ乳予防

・「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ

・「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

厳選したナイトブラは以上の3つです。

それぞれの特徴をまとめから、比較をしていきますね。

「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ

bra3

独自の3D設計によって、バストの補正力に優れたナイトブラ

「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

bra2

デザイン性と機能性のバランスに優れた、ラグジュアリーなナイトブラ。

あなたにオススメのナイトブラはどれ?3つを比較

ナイトブラ比較

バストは形・サイズが個人によってあまりにも違いますよね。

あなたのバストの状態によって、選ぶべきナイトブラは変わります。

自分のバストをしっかりサポートできるナイトブラを選んでください。

「Viage(ヴィアージュ)」と「ルルクシェル」の比較

ナイトブラおすすめ

ナイトブラが初めての方は「VIAGE(ヴィアージュ)」を選んでおけば失敗がないと思います。

その理由は、独自開発の3D補正機能が優秀だからです。
お値段がお手頃で気軽に購入できるのも初心者さんにおすすめできる理由ですね。

バストのサイズが小さめの方には「ルルクシェル」が良いと思います。

その理由は、調整機能付きのナイトブラだからです。
しっかりフィットさせることがナイトブラのケアでは大切なんですね。

「ルルクシェル」はどんな方におすすめ?

bra2

デザインにこだわりたい方には「ルルクシェル」が人気です。

多くのナイトブラはスポーツブラのようなデザインなんですが、とってもラグジュアリーなんですね。
大人の女性にも高評価のナイトブラです。

垂れ乳を悪化させる!?間違った予防方法【要注意!】

垂れ乳予防に、エクササイズやバストマッサージを取り入れている方も多いと思います。

しかし、間違った方法をしてしまうと、垂れ乳を悪化させてしまう原因にもなり兼ねません。

理由はというと

「クーパー靭帯を伸ばしてしまう場合があるから」です。

注意が必要なケアをまとめたので参考にしてください。

垂れ乳悪化の原因① スポーツブラをしないで行うエクササイズ

バストケアのためにエクササイズをするときは要注意。

普段に比べて、バストの動きが大きくなります。
通常のブラジャーでは、胸の動きについていけないんですね。

胸が激しく上下、左右に動くことで「クーパー靭帯を痛めてしまう原因」になります。

エクササイズをする際は、バストをしっかりサポートできるスポーツブラを着用しましょう。
最近のナイトブラは、スポーツブラとしても活用することができます。

垂れ乳悪化の原因② 強すぎるバストマッサージ

バストは想像以上にデリケートです。
強すぎる間違ったマッサージは、クーパー靭帯を伸ばしてしまうことにも。
強く揺らしたり、揉みすぎるのは避けましょう。
マッサージを強くすればするほど効果があるわけではありませんので。

まとめ:垂れ乳予防

垂れ乳予防

以上、垂れ乳予防について、胸が垂れないようにする防止策をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

最後にもう一度まとめておきましょう。

  • 垂れ乳の原因は「クーパー靭帯が伸びたり切れてしまったから」
  • 垂れ乳予防には、筋トレだけでは不十分!
  • 垂れ乳を防止するには、寝ている間にクーパー靭帯をサポートするケアが必須!
  • クーパー靭帯のおすすめケア方法は「ナイトブラでのサポート」

仕事柄、多くの女性がバストに悩みを抱えているのを実感します。

私自身も例外ではありません。

バストというのは、年々、悩みが増していくパーツですから。

特に「垂れ乳」に関しては、悩みを持つ方が多いですね。

そんな方には、ナイトブラの着用をすすめるんですね。

就寝中のバストへの負担というのは無視できません。

毎日積み重なっていくものですから。

以前、私もノーブラ派だったので、開放感を優先したい気持ちはすごく分かります。

しかし、いまではしっかりと寝ている間のバストケアをもっと早くしておけば良かったと思っています。

いつまでも綺麗な形のバストでいたいですもんね。

ちょっと胸の位置が下がってきたなと感じている方は、ナイトブラでのサポートを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

少しでも早く予防することで、キレイなバストラインを保っていきましょう!

本記事で紹介したナイトブラ3選

・「Viage(ヴィアージュ)」ビューティアップナイトブラ
・「ルルクシェル」くつろぎ育乳ブラ

● あわせて読みたい
バストの悩みをスッキリ解消!【胸の形を整える方法まとめ】

● いますぐ毛穴の悩みを解決したい方に読まれている記事
【毛穴の開きを治すには?】毛穴開きの原因を改善する3つの方法

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

えりか

✿ 会員制の女性専用エステサロンを経営しています。 長年、美容業界に携わってきた経験と知識を活かして、美容コンサルタントとしても活動中。 ブログで美容情報を発信しています。

> プロフィール
> プライバシーポリシー
> お問い合わせ