肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【敏感肌でも安心して使える美白化粧水とは?】おすすめ美白化粧水3選

敏感肌の美白化粧水

敏感肌でも攻めの美白ケア!「美白化粧水3選」

  • 敏感肌は、シミができやすいって本当?
  • 敏感肌で美白化粧水を付けるとピリピリしてしまう・・・
  • 敏感肌でも安心して使える美白化粧水が知りたい

敏感肌の方は「シミができやすい」と言われています。

肌が外部からちょっとした刺激にも反応してしまうので、肌内部でメラニンが過剰に発生しやすいためです。
肌内部に溜まっていくメラニンは「早めにケアしないとシミの原因」となってしまいます。

しかし、美白化粧水は刺激が強いものが多いですよね。
そのため、積極的に美白ケアができず、シミに悩んでいる敏感肌の方が実に多い。

敏感肌の方の「美白化粧水」選びは本当に難しいですよね。
肌に付けるとピリピリしたり、肌が荒れてしまったり。

そのために、様々な美白化粧水を試されてきた方も多いのではないでしょうか?

けれど、なかなか敏感肌に合う美白化粧水が見つからずに勿体ない買い物をしてしまう。
その原因は「敏感肌に適していない美白化粧水を選んでしまっているから」

そこで今回は、敏感肌に最適な美白化粧水の選び方を解説していきますね。

  • まずは敏感肌のための美白化粧水選びで重要となる3つのポイント
  • ポイントを満たした美白化粧水3選のご紹介

このように順を追って解説していきます。
敏感肌のための美白化粧水選びの参考にしてください。

敏感肌のための美白化粧水選び3つのポイント

美白化粧品の選び方

「敏感肌だけど、美白を諦めたくない!」と思っている方は多いでしょう。
しかし、ただでも化粧水選びに苦労する敏感肌の方は、美白化粧水選びとなると余計に難しいのが現実。

敏感肌の方に「美白化粧水を選ぶときに、何を重視していますか?」

このような質問をすると、多くの敏感肌の方は

「低刺激な化粧水」

と回答されます。

実は、この基準が「敏感肌に合わない原因」なんです。

「えっ!?だって敏感肌には刺激を避けた方が良いでしょ?」

このように思われるでしょう。

「低刺激」というのは、敏感肌の方が美白化粧水を選ぶさいの「ポイントの一つ」にはなります。
決して、間違った考えではありません。

ただし「もっと重要となるポイント」があるんですね。

敏感肌の方にまず必要なことは「保湿重視の美白ケア」なんです。

敏感肌というのは、肌の乾燥が原因になっていることがほとんどです。
そんな肌状態のまま美白ケアをしても、美白成分が浸透するどころか刺激となるだけ。

敏感肌はまず、美白ケアができる肌状態にする必要があるんです。
その準備が必須条件であり、それを満たしてから美白成分や低刺激といったポイントが大切となってきます。

それでは、敏感肌の美白化粧水選びで大切となる「3つのポイント」を順を追って解説していきますね。

1.敏感肌が美白の準備を整えられる保湿ができるか?

美白有効成分

敏感肌というのは、肌がどのような状態になっていることでしょうか?
それは「皮膚のバリア機能が低下」している状態なんですね。

そのため外部からの刺激にとても過剰に反応してしまうんです。
正常な肌では刺激とならない美白成分にも、ピリピリと感じてしまうのもそのため。

乾燥肌の方は、美白よりもまず先に「肌のバリア機能を回復させること」が最優先です。

それではなぜ「皮膚のバリア機能が低下」するのでしょうか?
その原因が「肌の乾燥」なんです。

つまり敏感肌を正常な状態に戻すには「肌への保湿」が重要となります。
敏感肌は「しっかりと保湿をして、美白ができる肌の準備をする必要がある」んですね。

敏感肌に保湿ケアが大切な理由


• 敏感肌が美白できる状態にする
• 美白成分の浸透効果をアップする

先ほど説明したように、まず肌を美白できる状態にします。

保湿で潤った肌は、バリア機能が正常化されて、美白成分に過剰に反応することがなくなります。

そして、潤った状態になった肌は、美白成分の浸透効果がアップするんです。

肌は乾燥した状態だと、美白成分の浸透を邪魔してしまうんですね。
水分を肌内部にしっかりと蓄えた肌には、美白成分が隅々までいき渡ります。

美白化粧水の多くは、美白機能ばかりを宣伝しますよね。

しかし、期待した効果が得られないのは、保湿機能が不足しているからなんです。

例え、有効な美白成分が含まれていても、保湿機能が低い美白化粧水ではきちんと美白成分を浸透させることができません。

美白化粧水選びでは、肌への保湿をきちんと考えて、開発されているかが重要なポイントです。

敏感肌が美白効果を最大限に得たいなら重要なポイントが保湿なんです。

美白ケアと同時に、保湿ケアもきちんできる美白化粧水選びがポイントとなります。

2.メラニンケアできる美白有効成分がしっかりと含まれているか?

美白有効成分

当然、美白化粧水選びで大切なポイントとなるのが「美白成分」選びです。

敏感肌の方は、シミの原因となるメラニンが発生しやすい特徴があります。
その理由は、外部からの刺激に過敏に反応しますし、炎症も起きやすい肌状態です。

メラニン色素というのは、お肌の細胞を守るために作られます。
つまり、肌への刺激に対する過敏な反応や、炎症の影響によって、メラニンが過剰に発生してしまうんです。

敏感肌の方の美白ケアでは「しっかりとメラニンケアのできる美白成分が必要」となります。

とはいっても、美白化粧水には、数多くの成分が記載されていますよね。
一体どの成分がメラニンケアできるのか分かりにくいです。

そこで、敏感肌の方が選ぶべきは「美白有効成分」をご紹介します。
しっかりと含まれている美白化粧水が選んでください。

● 美白有効成分とは?
厚生労働省によって「メラニンの生成をおさえ、シミやソバカスを防ぐ」と認られた成分。
国が許可した美白成分を選ぶことが大切です。

国が認可した美白有効成分

• ビタミンC誘導体
• アルブチン
• トラネキサム酸
 など

この中で特に注目したい成分が「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体の効果

• メラニン還元作用
• メラニンの生成を抑制
• 活性酸素の除去

メラニンケアに重要となる3つの機能をあわせ持っています。
「ビタミンC誘導体」が美白有効成分の中でも優れている理由です。

特に、メラニン還元作用を持つ唯一の美白有効成分なんですね。

3つの機能がどのような美白ケアをするのかというと

• 還元作用により、いまあるシミをケアする効果
• 抑制作用により、今後のシミを予防する効果

できてしまったシミ、そしてこれからのシミにまで効果を発揮してくれる成分なんですね。

「いまあるシミのケア」と「将来のシミ対策」のどちらもしたい!

そんな方に、最適な美白有効成分が「ビタミンC誘導体」です。
徹底したシミケアを実践したいなら、「ビタミンC誘導体」を含んだ美白化粧水がおすすめです。

3.敏感肌を刺激する成分が入っていないか?

肌を綺麗にするスキンケア方法
敏感肌の方が避けたいのは「刺激となる成分」ですよね。

せっかく保湿ケアで肌を安定させても、刺激成分が入っていては台無しです。

敏感肌の方が特に気をつけたい刺激成分は2つ

• エタノール(アルコール)
• 刺激の強い添加物

エタノールは肌への刺激がとても強いです。
敏感肌の方はまず避けたい成分ですね。

次に気をつけたいのが、刺激の強い添加物。

敏感な肌は、通常の肌では安全と言われる添加物にも、過剰に反応してしまう可能性があります。
例えば、敏感肌用に開発されている美白化粧品などは安全性が高いです。

それは、多くのお肌で、事前にアレルギーテストをして安全性を確認しているため。
敏感肌専用のものを優先して選ぶと肌トラブルのリスクは少なくなります。

敏感肌の方でも「安心して使える成分が厳選」されている美白化粧水を選んでください。

敏感肌におすすめの美白化粧水の選び方まとめ

美白化粧品の選び方
敏感肌を美白ケアするための美白化粧水を選ぶときには

  • 敏感肌が美白の準備を整えられる保湿ができる
  • メラニンケアできる美白有効成分がしっかりと含まれている
  • 敏感肌を刺激する成分が入っていない

以上、3つのポイントに注目してみてください。

それでは、この3つのポイントを満たしている「おすすめの美白化粧水」をランキング形式にしてご紹介します。

敏感肌でも安心して使える!おすすめの美白化粧水3選

1位:ディセンシア「サエル」

美白化粧品

敏感肌の美白ケアなら、まずおすすめしたいのが「サエル」です。

  • 美白有効成分「ビタミンC誘導体」をしっかり配合
  • 敏感肌のための高保湿成分「セラミド」を配合
  • 肌を刺激する成分は一切使用しないという徹底開発

多くの敏感肌の方達から、圧倒的な支持を受けるのが「サエル」ですね。
敏感肌専門ブランドというだけあって成分のこだわりが凄い美白化粧水です。

肌に刺激になるものは入れない!という徹底した製品作り。
敏感肌の方でも安心して使える、数少ない美白化粧水です。

美白ケアに関しても優秀ですね。
美白有効成分「ビタミンC誘導体」が配合されていて、メラニンケアもバッチリです。

高保湿成分「セラミド」によって敏感肌が美白できる準備もしっかり整えてくれます。

肌のバリア機能を回復して、美白成分が効きやすい肌作りがきちんとできる美白化粧水です。

敏感肌でも思う存分、美白ができる!
美白化粧水の多くは刺激が強く、美白ケアを諦めていた敏感肌の方。
サエルならピリピリしたりせずに、思いっきり美白ができます!
高保湿な成分構成により、敏感肌の改善と美白ケアが同時にできる優れものです。

「美白ケアをしながら、敏感肌に悩まない肌作りをしたい!」という方にぴったりですね。

サエル公式サイトを見てみる

2位:アンプルール「ホワイトキット」

annpururu

ハイドロキノンを刺激を少なく、肌に浸透させることに成功。

  • 皮膚の専門家が開発した美白化粧品
  • 皮膚への刺激を徹底的になくした「新安定型ハイドロキノン」
  • 「面の美白」と「点の美白」ができる

皮膚の専門家が、自宅でもクリニックレベルの美白ケアができるようにと開発した美白化粧品。

特徴は、「肌の漂白剤」なんて呼ばれるほどの効果がある美白成分「ハイドロキノン」を配合。

この「ハイドロキノン」なんですが、通常は敏感肌の方にはおすすめできません。
強力な成分ということもあり、肌への刺激が強いからです。

しかし、アンプルールはその欠点を克服しました。
皮膚への刺激を徹底的になくした「新安定型ハイドロキノン」の開発に成功したんですね。

「刺激が強くて、ハイドロキノンが使えない」という敏感肌の方は多かったことでしょう。
敏感肌で徹底美白をしたかった方には、かなり朗報となる美白化粧品です。

気になる一点を集中美白!
アンプルールのスポット集中美容液が、夜通しガンコなシミを集中攻撃してくれます。
あきらめていた一点を、夜専用ケアでピンポイントの集中ケアができるんです。

顔全体の「面の美白」と一点集中「点の美白」をしたいという方にピッタリのセットです。

アンプルール公式サイトを見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」

fanclwhite

無添加の美白化粧水を選ぶならこの一択。

  • 敏感肌でも安心して使える、無添加の美白化粧品
  • アクティブビタミンCが居座っているメラニンをケア
  • 肌本来の力を取り戻すアプローチ

さすが無添加化粧品の開発に長年こだわってきたファンケルですね。
肌への刺激となる添加物を徹底排除している優れもの。

敏感肌の方にとっては、心強い美白化粧水です。

美白成分以外にも、防腐剤や香料に反応して刺激となってしまっていた方は多いと思います。
そんな方にピッタリの美白化粧水ですね。

無添加だからといって、美白効果が低いなんてことはありません。
肌内部に居座っているメラニンに「アクティブビタミンC」徹底アプローチ。

肌へ余計なストレスを与えずに、しっかり美白ケアができる美白化粧品です。

肌本来の美白力を高める
肌は本来、自ら白く美しくなろうとする力をもっています。
それを妨げてしますのが、防腐剤・香料といった添加物による肌ストレス。
無添加を徹底することで、肌ストレスを取り除きます。
「美白力」を発揮する肌作りができる美白化粧品です。

「肌状態を正常化して、シミに強い肌作り」をしたい方におすすめです。

無添加ホワイトニング公式サイトを見てみる

敏感肌でも、美白化粧水を正しく選べば美白ができる!

美白化粧品選び方

敏感肌におすすめの美白化粧品の選び方についてご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

顔のシミは、見た目年齢を一気に引き上げてしまうから悩みが深いですよね。
できるかぎり早くケアしたいものです。

そのためには、毎日のスキンケアに美白化粧水を取り入れることが近道。
とはいっても、美白化粧水のどれもがきちんと美白ケアできるわけではありません。

ましてや、敏感肌だと美白化粧水によっては、逆効果になってしまうこともあります。

敏感肌で、シミやくすみがちな肌にお悩みの方は、敏感肌でもしっかりケアのできる美白化粧品を選んでください。

注意が必要なのは、敏感肌の方はいきなり本商品を買って、化粧品を一気に切り替えないことです。
化粧品は実際に試してみるまでは、自分の肌質に合うかどうか分かりません。

敏感肌の方は特に、どの成分にお肌が反応してしまうのか見極めるのが難しいです。
肌のトラブルを防ぐためにも、できれば「トライアルセットで試してみる」ことをおすすめします。
今回ご紹介した美白化粧水のトライアルセット情報を下記にまとめておきますね。

1位:ディセンシア「サエル」のトライアルセット情報を見てみる

2位:アンプルール「美白キット」のトライアルセット情報を見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」のトライアルセット情報を見てみる

敏感肌だからといって、美白ケアを諦めてしまうことはもうありません!
美白化粧水を上手に使って、白く透き通るような肌作りをしていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事