肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【肌年齢の若返り方法とは?】老け顔を若くする3つの解消法

ほうれい線を消す

肌年齢の若返りに必要となる3つの方法

  • 肌年齢の若返り方法って何をすれば効果的なの?
  • どんどん肌年齢を老けさせてしまう間違ったスキンケア方法って?
  • 肌年齢が若い人ほど実践している方法が知りたい!

「見た目年齢」を決定づけるのは、一体なんでしょうか?
それは、ズバリ!「肌年齢」です。

いくら若々しく装っていても、肌年齢は誤魔化せません。
その人の見た目年齢は「お肌の若々しさ」が決定してしまいます。

実際の年齢よりも、老けて見られたら・・・
大ショックですよね。

肌年齢の老化は放置しておくと「どんどん老け顔が悪化」してしまいます。

出来るだけ早めの、正しい「年齢肌対策」が必要なんですね。

そして、特に注意が必要なのが、毎日のスキンケア方法。

間違ったスキンケアによって「肌年齢を老けさせてしまっている」ことがあるからです。

自分で老け顔を悪化させてしまうことがないように!
肌年齢を若返らせる、正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。

今回は、肌年齢を若返らせる3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

肌年齢が若く見られる「肌の条件」とは?

肌年齢を決める要因

肌年齢を決める要因とは、一体なんでしょうか?
健康的で若々しい肌の条件は
「弾力」「伸び」なんです。

  • 白くてツヤツヤの肌
  • キメの細かいシルクのような肌
  • モチモチの赤ちゃん肌

このように、理想とする肌は「弾力」と「伸び」によって作られます。

この2つが、その人の肌年齢を決定づける要因なんです。
つまり、弾力と伸びを保つ事が、いつまでも若々しい肌でいる条件となります。

肌年齢がグン!と若返る3つの方法

肌年齢を若くする方法
肌年齢は「弾力」と「伸び」で決まります。
この「弾力」と「伸び」を失ってしまう原因が、間違ったスキンケア方法。

肌老化を招かなように、ぜひ注意してください。
肌年齢が若い人が実践している方法をご紹介していきます。

1.肌年齢を老化させる過剰なスキンケアをやめる

肌年齢の老化
肌の老化に悩んでいる人ほど、スキンケアには努力しているものです。

けれど、ケアをすればするほど肌の調子が悪くなってしまう…
とても悲しいですよね。

その原因は明らかなんです。
それは、「過剰なスキンケア」

特に注意が必要なのが、洗顔のしすぎです。

「えっ!洗顔で汚れを落とすことは良いことでしょ?」
と思われたかもしれませんね。
ではなぜ、洗顔のしすぎが肌年齢を老けさせてしまうのか。
それは、肌にとって本来必要な皮脂や角質までとってしまうからです。

その結果、何が起こるかと言うと
肌の大敵「乾燥」です。

肌本来が持つ修復能力を根こそぎ取ってしまうこと。
それは、肌年齢の老化を早めてしまうことなんです。

洗顔はスキンケアの基本です。
肌のメンテナンスにはとても重要な役割を果たします。

しかし、洗いすぎは逆効果。
お肌に必要な潤いを取り過ぎないよう十分に注意してください。

2.皮脂を味方にする洗顔が肌年齢を若返らせる

洗顔と肌年齢
肌年齢を若くする洗顔方法とは一体どういったものでしょうか。
それは「皮脂を味方につける洗顔方法」です。

若肌の特徴である肌の伸びは、1番外側にある表皮の状態で決まります。

若々しい伸びのある肌を作るのに重要なこと。
それは、潤いのある肌をいかに保つかです。

潤いのある肌を作るのに重要なのこと。
それが、皮脂という天然クリームなんです。

過剰な洗顔は、必要な皮脂までも落としてしまいます。
お肌はカラッカラの砂漠状態です。

皮脂を味方に付ける洗顔方法は

  • 洗顔料を使うのは夜のみ
  • お湯ではすすがない
  • 洗顔あとには、直ぐに保湿をする

この3つを心がけるだけで、潤いの元となる皮脂を保てます。

肌年齢を若くするには、自分の皮脂を味方につけることが重要です。

3.毎日の徹底保湿が肌年齢を若返らせる

保湿で老け顔を解消
肌年齢を若返らせるには「徹底した保湿が必須条件」です。
なぜなら、お肌の伸びにとって大敵になるのが「肌の乾燥」だからです。

お肌の伸びが、ハリのあるモチっとした健康的な若肌を生み出しています。

おばあちゃんの肌を想像してみてください。

カラカラで乾燥していてツヤやハリがなく、日に焼けたゴムのような伸縮性がありません。引っ張ってみても、元には戻らなくて、ブツっと切れてしまいそうです。

そのため、シワもくっきりと刻まれたまま元に戻ならいのです。

一方、若々しい肌はどうでしょうか?

伸縮性のあるゴムのようです。引っ張るとグングンと伸びるし、手を離すとグンっとすぐ元に戻る。しかもたるみもなく、ハリがあって引き締まっています。

肌年齢が老けて見られる最大の原因は「乾燥した肌」というわけです。

アンチエイジングコスメなどで若返りケアをすることも大切です。
しかし、もっとも基本となる保湿ケアを徹底してみてください。

肌に潤いがあると、伸びが回復してきます。
すると、見た目の年齢が一気に若返りますよ。

スポンサーリンク

肌年齢が若い人のスキンケアはとてもシンプル

肌年齢が若い人
肌が綺麗で若々しい人を見ると「きっと、エステに通ったり、高い化粧品を使っているんだろう」と想像してしまいますよね。

けれど、実践しているスキンケア方法を聞いてみると

「えっ!?たったそれだけ??」

と驚かされることが多いんです。
けれどそれは、決してスキンケアをサボっているわけではないんですよね。
お肌にとって必要なことだけをきちんとケアしているんです。

  • 若々しい肌をつくる保湿
  • スキンケアの基本となる洗顔

「闇雲に、様々なスキンケアを取り入れれば良いというわけではない」ことを実感させられます。
それどころか、過剰なスキンケアは、逆に肌年齢を老化させる原因にもなるほどです。

肌年齢を考えたシンプルスキンケアを実践するのなら

  • 保湿化粧品
  • 洗顔石鹸

この2つが重要となるわけです。

年齢肌に負けない若々しい肌作りができている人ほど、この2つのアイテムだけはこだわっていますね。

肌年齢を若返らせるためのシンプルスキンケアを実践している人たちから評価の高いアイテムをご紹介しておきますね。

肌年齢の若返りケアをするための「保湿化粧品」選びで大切なこと

肌年齢若返り方法

お肌は年齢とともに、保湿成分の吸収力も衰えてしまいます。
そのため「浸透力」の優れた保湿成分を選ぶことが必須条件です。

保湿成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲンなどをよく耳にすると思います。

年齢肌を感じはじめたら、選ぶべき最適な保湿成分があるんです。

それが「セラミド」です。

肌への浸透力が数多くある保湿成分の中で、段違いに高いんですね。

年齢肌で、吸収力が弱まってしまった肌にもしっかりと保湿成分を届けてくれます。

肌年齢が気になりはじめた方は、「セラミド」配合の化粧品を選んでください。

「高品質セラミド」がたっぷり配合された濃厚保湿クリーム

trinity

セラミド配合の保湿化粧品で、特に評価が高いのが『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』です。

年齢肌が気になりはじめた方達から選ばれる理由の一つが「セラミド品質」の高さ。
保湿成分のセラミドには、いくつか種類があります。

つまり、セラミドの中でも、保湿力に差があるんですね。

この「ジェルクリームプレミアム」には、セラミドの中で特に浸透力が優れた「ヒト型セラミド」が配合されています。

高品質なセラミドの浸透力によって、保湿効果はかなりのもの。
肌年齢の若返りのための「徹底保湿」を実践する方たちから、圧倒的な支持を受けていますね。

95%以上が美容成分!驚きの濃厚クリーム
市販されている化粧品の多くは、水をベースにして作られています。
つまり、内容物のほとんどが水なんですね。
トリニティーラインがすごいのは、水を一滴も使っていないんです。
「水分となるすべてを美容成分に置き換えることに成功」しました。
なんと95%以上を美容成分で満たしています。
驚きの高濃度な、保湿クリームなんですね。

徹底保湿ケアで、肌年齢を若返らせたい!
そんな年齢肌に負けない、若肌作りを実践する方達から、多くの支持を受けています。

吸収力が弱まった年齢肌でも、しっかり保湿ケアができる。
若々しい肌作りに最適な保湿化粧品と言えますね。

トリニティーライン公式サイトを見てみる

エイジングケアの「洗顔石鹸」選びで大切なポイント

美肌になる方法

年齢肌を感じて、エイジングケアを実践するのであれば、洗顔から「エイジングケア」が始まっていることを強く意識することが大切です。

洗顔を、ただ「肌の汚れを落とす」だけのケアと考えるのではなく。

洗顔から「若々しい肌作り」のケアが始まっていることを意識しましょう。

「肌の汚れを落とす」だけの洗顔はやめて、「若肌作り」ができる洗顔にパージョンアップさせることが大切です。

肌年齢が一気に老けて見られる原因とは一体何でしょうか?

年齢肌を感じさせる原因は「お肌のくすみ」

シミ・シワ・たるみといった老け顔の特徴が、より強調されて目立ってしまう原因が「お肌のくすみ」だからです。

kusumi

顔全体が「くすみ」によって、どんよりしている肌を想像してみてください。
そんな肌を見ると、老けた印象を持ってしまいますよね。

この「お肌のくすみ」を解消することが「肌年齢若返り」の近道となります。

洗顔から若肌作りをしたい方は、くすみをきちんとケアできる洗顔石鹸を選んでください。

美容のプロも選ぶ、注目の「くすみ専用」洗顔石鹸をご紹介しておきますね。

若肌を洗顔から作る、くすみ専用洗顔せっけん『二十年ホイップ』

nijuunen

3分に1個売れている、くすみ専用洗顔せっけん。

  • 美容のプロが選ぶ注目のくすみ用アイテムNo.1に選出
  • 2種類のくすみを同時に失くす、くすみ対策に最適な洗顔石鹸
  • モンドセレクション5年連続金賞受賞

濃密でクリーミーな弾力泡の品質には驚きです。
気泡が目に見えないほど超極小なんですね。

若肌作りに必要な成分をたっぷり含んだ「弾力のある濃密泡」が、くすみ知らずの素肌に導いてくれます。

若肌作りの秘訣となる「肌のくすみオフ」に特化!
お肌のくすみは、実は2種類あるんです。
• 皮脂膜の「汚れによるくすみ」
• 角質層の「乾燥によるくすみ」

くすみを解消できない理由は、2つのくすみがケアできていないからなんですね。
市販の洗顔料で、2つのくすみを同時にケアすることは難しいとされてきました。
その理由は、汚れを洗浄するだけでは、肌が乾燥してくすみが残る
かといって、保湿ケアを優先してしまうと、汚れをしっかり洗浄できずにくすみが残ってしまうからです。
二十年ほいっぷは「2つのくすみオフ」を、石けん職人が20年かけて生み出した「窯練り製法で実現」しました。
独自な製法と、くすみオフに特化した成分によって「2種類のくすみを同時にオフすることを可能」にしたんです。

くすみをオフにして、肌年齢を若返らせたい!
若肌作りを実践する方たちから、圧倒的な指示を受け「3分に1個売れている」注目の洗顔石鹸。

洗顔から若肌作りをしたい方は、公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

二十年ホイップ公式サイトを見てみる

身体の中から、本気でアンチエイジングをしたいなら「サプリ」という選択

肌年齢若返り方法

お肌を気にする方なら、食事による肌への影響は十分に理解されていると思います。
外側からのスキンケアはもちろん大事ですが、体の中からのスキンケアも大切です。

お肌に良い栄養素がたっぷりの食事を続けている時って、肌の調子が実感できるほど良いですもんね。
けれど、理想的な食事を続けるのは大変です。

そんな時には手軽なサプリという選択がおすすめ。
いまはお肌のことを考えたアンチエイジングに特化したサプリもあります。

アンチエイジングを目的としたサプリ選びで重要となるのが「プラセンタ」です。
プラセンタには、エイジングケアに必要とされる成分が豊富に含まれているんですね。

プラセンタサプリを選ぶさいは、成分の品質が重要なポイントとなります。

高品質なプラセンタが高純度で配合されているサプリで評価が高いのは『高級馬プラセンタサプリ AGEST(エイジスト)』です。

身体の中から、本気でアンチエイジングを始めたい方は、公式サイトを見てみても良いかもしれません。

エイジスト公式サイトを見てみる

肌年齢の若返り方法まとめ

肌年齢の若返り
以上、肌年齢の若返り方法について、年齢肌を若くする3つの解消法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

  • 肌年齢を老化させる過剰なスキンケアをやめる
  • 皮脂を味方にする洗顔で肌年齢を若返らせる
  • 毎日の徹底保湿で老け顔を解消する

肌の弾力と伸びですが、これは真皮の厚さで決まります。
もちろん10代と30代では、真皮の厚さは変わってきます。

年齢とともに、真皮の厚さは薄くなってくるのは仕方のないこと。

そのため、若い頃と同じような感覚でスキンケアをしているとうまくいかなくなってくるんです。

年齢肌を自覚したときこそ、日々のスキンケアの見直しが重要になってきます。

肌の状態に合わせた正しいスキンケアをすることで、肌年齢の老化スピードを遅らせることができます。

毎日のお肌のお手入れ方法を、少し意識して変えてみるだけ。

もちろん何歳から始めても必ず効果があります。
正しいスキンケアで肌本来の力をとり戻しましょう。

最後に、今回ご紹介した「若肌作りに最適なアイテム」の情報をまとめておきますね。
気になった商品があれば、公式サイトをチェックしてみるといいかもしれません。

肌年齢の若返りの必須条件となる「保湿ケア」を徹底できる『トリニティーライン ジェルクリームプレミアム』公式サイトを見てみる

くすみケアで「洗顔」から若肌作りができる『二十年ホイップ』公式サイトを見てみる

お肌のお手入れは、いくつから始めても間に合います!

年齢肌に負けない肌作りは、自分でいまからできるんですね。

年齢肌による老け顔を卒業!肌年齢を若返らせることは可能なんです!

スポンサーリンク

関連記事