肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【肌に透明感を出す方法とは?】透明肌の作り方の秘訣はくすみ改善

肌に透明感を出す方法

肌に透明感を出す方法の秘訣はくすみ改善だった!?

  • 透明肌の作り方を知りたい!
  • 肌に透明感がない・・・美肌になる方法は?
  • 一体どうやったら肌に透明感が出るの?

透明感のある肌って憧れますよね。

まさにすっぴん美肌の必須条件が「肌の透明感」です。

それなのに、朝起きて鏡に映る自分の肌ときたら・・・
透明感のない、どんよりした自分の汚い肌を見て落ち込む毎日・・・

CMで見る女優さんのような、憧れの透明感を出すにはどうしたら良いのでしょうか?

その答えとなるのが「肌のくすみ改善」なんです。

肌のくすみが、透明感を奪ってしまう一番の原因なんですね。

逆を言えば、このくすみさえ解消すれば、驚くほど肌に透明感が出てきます。

今回は、お肌に透明感を出すための、くすみケアの方法をご紹介していきます。

肌の透明感が失われる原因は「くすみ」

肌のくすみは、お肌が透明感を根こそぎ奪ってしまう原因なんです。

古くなった角質が、肌の上に溜まっていくと、くすみが出てきて透明感が失われます。
どんよりとした、暗い肌になってしまうんですね。

透明感のある美肌作りのために大切なこと。

それは化粧品の美容成分でケアするよりも、まずは「肌のくすみを改善」することなんです。

そして、くすみは放置しておくと危険!
自然にくすみが改善することは難しく、ますます悪化してしまいます。

肌の透明感はどんどん失われて、老け顔の印象が強くなるばかり。
取り返しがつかなくなる前に、早急な対応をする必要があります。

しっかりと正しいケアをすれば、くすみは改善できるので安心してください。

それでは、肌の透明感を出すためにも「くすみ解消法」を解説していきましょう。

肌に透明感を出す「くすみ解消法!」

肌からくすみがなくなると、驚くほど肌に透明感が出てきます。

まるで汚れをスッキリ落とした鏡ように。

肌からくすみを取るのに効果的な方法は洗顔なんです。

「え?毎日しっかり洗顔しているけど肌に透明感なんて・・・」

このように思われたかもしれません。
その気持ちわかります。

以前の私も洗顔を一生懸命いくらやっても、肌に透明感なんて出ませんでしたらか。

それもそのはず。

くすみを改善する正しい洗顔方法を知らなかったからです。

きちんとくすみ対策ができる洗顔方法に変えてから、お肌の調子はびっくりするほど変化しました。

知り合いからは「メイク変えた?」などよく言われましたね。

決して難しい洗顔方法を実践しているわけではありません。

簡単に誰にでもすぐに実践できる洗顔方法です。

それでは、お肌に透明感を出すための洗顔のコツをご紹介していきます。

肌に透明感を出す!くすみを取る洗顔3つのコツ

明るく透明感のある肌作りに必要な洗顔には3つのポイントがあります。

  • モコモコの弾力泡をしっかり作る
  • 肌を手でこすらない!弾力泡で優しく洗う
  • 冷たい水ではなく、ぬるま湯(30度くらい)で洗う

洗顔は毎日当然のようにするので、つい適当に済ませてしまいがちなんですよね。

以前の私も、とてもいい加減に洗顔をしてしまっていました。

洗顔料をケチったり、泡立ても適当に手でゴシゴシ・・・
こんな洗顔では、ケアするどころか、お肌の状態を悪化させてしまうのも当然。

透明感のある理想の肌なんて夢のまた夢ですよね。

間違った洗顔方法は、くすみを悪化させてしまう原因にもなるので要注意!

「ゴシゴシと手でこする洗顔」で肌に負担をかけてしまうのは絶対にNG!

肌に負担をかけないように、優しく洗うには弾力泡を作ることが大切です。
こすって汚れを落とすのではなく、汚れを泡で包み込んで洗い流すのがお肌には一番。

そして、肌の透明感を出すのに大切なポイントとなるのが「ぬるま湯でのすすぎ」

冷水で洗顔をする美容方法もあるので、冷たい水で洗っている方も多いと思います。

以前の私も、肌の皮脂を過剰に取りすぎることがないよう冷水で洗っていました。
皮脂を過剰にとることがないので、乾燥肌対策になるんですよね。

けれど、くすみをケアしたいのなら、ぬるま湯での洗顔がおすすめです。
その理由は、お肌の血行促進。

くすみ原因の一つは、肌の血行不良です。
停滞した血流を促進してあげることが大切。

ぬるま湯で洗うことで、洗顔時に血流を促すことができるんですね。
洗い上がりの肌は、血流が活発になって、一気に明るくなります。

30度くらいのぬるま湯であれば、お肌の皮脂をとりすぎる心配もありません。
安心してぬるま湯で洗ってください。

くすみを解消して、肌の透明感を出すために、洗顔からスタートしてみてください。

くすみ用のおすすめ洗顔料も紹介しておきますね。

肌に透明感を出す洗顔料の条件!2種類のくすみを解消できること!

肌の透明感を奪う「くすみには2種類」ある!?
肌の透明感を一気に奪ってしまうくすみ。
実は、くすみには2つの種類があることを知っていますか?
• 皮脂膜くすみ
• 角質層のくすみ

肌の表面にこびりついた汚れによってくすんで見える。
そして、厚くなった角質層により肌の透明感が奪われてくすみになります。
つまり、肌に透明感を出すには、2つのくすみを解消する必要があるんですね。
しかし、2つのくすみを同時にとるのは容易ではないんです。
これまでの洗顔料では難しいとされていました。
それには理由があります。
市販の洗顔料の多くは、肌の表面にこびりついた汚れは洗い流せます。
しかし、潤いも奪ってしまい、肌が乾燥してしまうんです。
乾燥した肌は水分をため込もうと、角質層が厚くします。
それによって、肌がくすんでしまう。
では、乾燥を防ぐためにも保湿優先の洗顔料ではどうでしょうか?
そこにも問題が発生してしまいます。
保湿を優先してしまうと、今度は汚れと古くなった角質を洗いきれずに、肌表面にくすみが残ってしまうんです。

洗顔料で毎日ケアをしても、肌のくすみを解消できなかった理由がここにあります。

肌に透明感を出すために。
くすみを本格的に解消したいのなら、くすみをきちんと解消できる洗顔料を選ぶ必要があるわけです。

そこで、くすみケアに特化した、評判の洗顔料を一つご紹介しておきますね。

肌に透明感を出すことに特化した、くすみ用洗顔料「二十年ホイップ」

nijuunen

3分に1個売れている、大評判のくすみケア洗顔料。

  • 透明感を邪魔する2種類のくすみを同時にケアできる!
  • 肌に透明感のあるモデルに愛用者が多いことで話題に!
  • 5年連続で、モンドセレクション金賞を受賞

二十年ほいっぷは、肌の透明感を奪う「2種類のくすみを同時にケア」することで話題になりました。

その秘訣は2つ。

  • 大量生産ではできない石鹸職人による「窯練り製法」
  • くすみケアのために選び抜かれた「洗顔成分」

20年の研究と技術の結果「洗浄」と「潤い」の両立に成功しました。
職人さんの手作り石鹸だからこそ、大量生産では不可能な2種類のくすみを同時にケアできる洗顔料となったんです。

使ってみてまずびっくりするのが、その泡立ち!
ブルンブルンの弾力泡には感動しますよ。

手で顔の肌をこすってしまうことはありません。
ボムボムの弾力泡を撫でるように洗いあげるだけ。

肌の透明感を邪魔する、汚れと古い角質を、根こそぎ包んで洗い流してくれます。

いらない物を全て取り除いてくれたような洗い上がりの感覚は本当に気持ちが良いですね。

保湿成分もたっぷりなので、つっぱった感覚がありません。
乾燥肌による角質の体積も心配する必要がないですね。

くすみケアの条件をここまで満たしている洗顔料は初めてです。
透明感のある明るい卵肌って、こうやって作られるんだなと実感させられます。

肌に透明感を出して美肌になりたい!
くすんだ肌に悩む多くの方達から大評判で「3分に1個売れている」洗顔料。

毎日手軽に洗顔から肌の透明感を出したい!そんな方におすすめです。

二十年ホイップ公式サイトを見てみる

肌に透明感を出す方法まとめ

以上、肌に透明感を出す方法について、透明肌の作り方としてくすみ改善のポイントをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

肌に透明感を出すには、くすみ解消が最優先!
そして、そのくすみ解消のための洗顔には3つのポイントがあります。

  • モコモコの弾力泡をしっかり作る
  • 肌を手でこすらない!弾力泡で優しく洗う
  • 冷たい水ではなく、ぬるま湯(30度くらい)で洗う

加えて、大切なポイントが一つ。
しっかりと「くすみのケア」ができる洗顔料を選ぶことです。

くすみには2種類あって、2つを同時に解消できる洗顔料が理想的ですね。

くすみのない肌作りをして、肌に透明感が出てくると、肌の印象は一変します。

もう、くすみという肌の欠点をメイクで隠す必要がないんです。

毎朝、厚く塗りたくって、隠すためのメイクは卒業!
自然な素肌で勝負できるのは、本当にハッピーなことです。

お肌にとっても、良い循環が生まれます。

厚塗りのメイクで負担をかけることがなくなります。
ますます素肌に透明感が出て、自然と美肌になっていくんですね。

朝からどんよりした自分の肌を見るのとでは、1日の気分が違います。

綺麗な素肌でスタートできる1日は、それだけで気分も明るくなれますもんね。

透明感のある美肌は、自分で作りあげることができます。

毎日のケアで、明るく透明感のある素肌を手に入れましょう!

スポンサーリンク

関連記事