肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【肌質の調べ方】自分の肌質が分からない方へ!本当の肌質を知る方法

自分の肌質がわからない

「自分の肌質がわからない人」の肌質の調べ方

  • 本当の自分の肌質が分からない・・・
  • 簡単に自分の肌質を知る方法が知りたい!
  • 肌質の調べ方ってどうしたらいいの?

この記事では、このような「自分の肌質がわからない方」の悩みにお答えします。

自分の肌質のタイプを、何となくで決めつけてしまっていませんか?

実は「自分の肌質を勘違いをしてしまっている方」が多いんです。

自分の本当の肌質が分からずに、間違って認識していたらどうでしょうか。
本来するべき適切なスキンケアが、まったく出来ていないということです。

そんなことでは「肌の悩みは悪化」するばかり!
一向に改善はされませんよね。

「自分の肌質に合った正しいスキンケア」をするのが美肌への一番の近道です。

一度、自分の肌質をきちんと調べてみてください。

今回は、自分の肌質の種類を簡単に調べる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【肌質の調べ方】簡単に自分の肌質を知る方法

皮脂チェック方法

ティッシュ1枚で簡単にできる、肌質の調べ方です。

皮脂レベルをチェックすることで、自分の肌質を知ることができます。

自分の肌質が分からない方は、ぜひ一度試してみてください。

【簡単にできる】肌質の調べ方

夜に洗顔を済ませたら、スキンケアをしないでそのまま寝ます。

約6〜7時間ほどの睡眠が理想的です。

起きたらすぐに肌チェックの準備です。ティッシュ1枚を用意してください。

上を向いて、ティッシュを顔の上に乗せます。

上を向いた状態のまま、手のひら全体で、ティッシュを顔におさえてください。

上を向いた顔を、ゆっくり下ろします「上を向いた状態 → 正面を向く → 下を向く」

「ティッシュが、どの顔の向きで落ちたのか?」を覚えておいてください

以上の簡単な方法で、肌質を調べることができるんですね。

「ティッシュが正面を向いたときに落ちたのか?」

「下を向いたときに落ちたのか?」

「それとも、下を向いてもティッシュが顔に貼り付いて落ちなかったのか?」

それでは、肌質の診断結果を解説していきましょう。

肌質チェックで分かった「自分の肌質のタイプ」とは?

肌質
肌質診断チェックで分かる、肌質の種類は3タイプ

アナタの肌質の種類は、どれに当てはまったでしょうか?

肌質のタイプは3種類

乾燥肌:正面を向いたときに、ティッシュが顔からサっと落ちる。

ノーマル肌:正面では落ちないけれど、下を向いたときに落ちる。

オイリー肌:下を向いても、ティッシュが顔に貼り付いて落ちない。

寝ている間に、自然と分泌される皮脂の量で肌質が分かります。

ティッシュの張り付き具合が、その人の肌質を判断する目安となるんですね。

肌質の勘違いで多いパターンが

自分は「オイリー肌だと思っていた」
しかし、実際は「乾燥肌」だったというケース。

肌質チェックで本当の肌質を知ったことを機に、スキンケアの方法を切り替えたことで、肌の調子がとても良くなる方は多いんです。

肌質がわかならいままの状態だったら、いつまでも肌の悩みを抱えたままだったでしょう。

それでは、3タイプの肌質それぞれに適した、スキンケアの方法を解説していきますね。

肌質「タイプ別」のスキンケア方法

肌質による対処法
肌トラブルが起こる原因となるのが、実は自分の肌質を勘違いしているケースです。

肌質の種類によって、適切なスキンケア方法は変わってきます。

間違ったスキンケアをしていると、トラブルが起こりやすい肌作りをしていることになります。
自分の本当の肌質の種類を知って、肌質に合ったスキンケアをしていきましょう。

「乾燥肌」という結果が出た人

皮脂が足りていない証拠です。
保湿効果の高い化粧品で、肌への潤いを補強してあげると良いですね。

「ノーマル肌」という結果が出た人

皮脂のバランスは正常の範囲です。
季節によって肌状況は変わるので、それに合わせて保湿ケアを調整しましょう。

「オイリー肌」という結果が出た人

皮脂の分泌が過剰になっている証拠です。
皮脂が多いからといって、皮脂を取ることを意識し過ぎると逆効果。

肌は皮脂がなくなると、分泌を促進してしまう性質があります。
それによって、余計にオイリー肌がひどくなる場合があるんです。
保湿ケアはしっかりとしつつ、脂分の多い食事を控えることをおすすめします。

スポンサーリンク

「乾燥肌」や「オイリー肌」の原因は「間違った洗顔」

肌質の種類の洗顔
生まれつきの肌質が「乾燥肌」や「オイリー肌」というのは、実は少ないんです。
「乾燥」や「オイリー」ということは、肌の状態が乱れているということ。

肌の状態が安定せずに乱れがちな人の原因を探ると、ある共通点が!
その原因は「間違った洗顔」です。
スキンケアの基本となる洗顔方法が間違っている場合がほとんどなんですね。

洗顔はスキンケアの中で最も大切なお手入れです。
肌作りは、洗顔から始まるといっても過言ではありません。
正しい洗顔方法で、肌質を整えていきましょう。

肌質を整える「正しい洗顔方法」

① 洗顔の前によく手を洗う

② ぬるま湯で素洗いをする

③ 洗顔料をよく泡立てる

④ 皮脂の多いTゾーンに泡をのせる

⑤ 指が肌に触れないように、優しく円を描きながら顔全体を洗う

⑥ 泡が肌に残らないようにしっかりすすぐ

⑦ タオルで顔を押さえるようにして水気を吸い取る

決してゴシゴシとこすって洗ってはいけません。
お肌を傷めてしまう原因です。

手と肌の間に、モコモコの泡をクッションの様にしながら洗うのがコツ!
皮脂の多いTゾーンから泡を広げなら、顔全体を洗ってください。

肌に負担をかけない泡洗顔を習慣にすることで、肌質が整っていきます。
「乾燥」や「オイリー」といった乱れがなくなり、肌の状態がとても安定するんです。

安定した肌は、トラブルが起こらずに、化粧乗りも良くなります。
正しい洗顔で、乱れがちな肌質を正常化していきましょう。

肌質を整えるための「おすすめできる洗顔石鹸」

肌質を正常化するための洗顔石鹸を選ぶなら「泥洗顔」がおすすめ。
毛穴の皮脂汚れをしっかり洗浄しながらも、濃密泡で肌の潤いを守りながら洗顔ができます。

洗顔中も、洗顔直後も、肌がとても安定した状態を保てるんですね。
泥洗鹸の中でおすすめできるのが『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』です。

美容泥として効果の高いマリンシルトが使用されていて、しかも保湿効果の高い豆乳発酵液がたっぷり配合されています。
洗顔から肌質を整えるのに最適な洗顔石鹸です。

『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』公式サイトはこちら

【肌質の調べ方】自分の肌質が分からない方へ!まとめ

肌質診断チェック
以上、自分の肌質が分からない方へ、本当の肌質を知る方法をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか?

自分の肌質の種類を勘違いしていませんでしたか?

ちなみに私は、自分がオイリー肌だとばかり思っていました。
けれど、肌質チェックをやった結果、実は乾燥肌だと分かったんです。

オイリー肌だと思っていたので、過剰なまでに皮脂を取り除くスキンケアをしていました。
皮脂不足になった肌は、乾燥を防ぐために皮脂の分泌を活発にします。

そのため、自分がオイリー肌だと顔違いしてしまいっていたようです。
いくらスキンケアをしても、肌トラブルが改善されなかった原因がわかりました。

自分の肌質の種類を知ることは、とても大切なことだと感じましたね。
洗顔方法からしっかり見直して、肌質を安定させるきっかけとなりました。

皆さんも自分の肌質の種類に合ったスキンケアをしていってください。

現在、スキンケアの方法でお悩みの方は

「【美肌になるには?】シンプルスキンケアで美肌になる3つの方法」の記事内で、綺麗な肌の人ほど実践している「シンプルスなキンケア」方法を詳しくご紹介しています。

あれもこれもと多くのスキンケアではなく、本当に必要なスキンケアを知りたいという方は良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク