肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【顔の日焼け止め塗り直し方法とは?】メイクの上から簡単にできるやり方

日焼け止めメイクの上から塗り直し方法

日焼け止め塗り直し!メイクの上から簡単にできる3つの方法

  • メイクの上から、日焼け止めを簡単に塗り直す方法ってあるの?
  • メイクの上から日焼け止めを塗り直すと、化粧崩れしちゃう・・・どうすれば?
  • スプレータイプに日焼け止めが良いって聞いたけど本当?

紫外線の強い季節、日焼け止めの塗り直しは必須ですよね。

肌を絶対に日焼けしたくないですもん。

とはいえ、日中の顔の日焼け止めの塗り直しには悩まされます。

1回ごとにメイクをいちいち落としてから塗り直すのは面倒ですよね。

そこで今回は、メイクの上から簡単にできる「日焼け止めの塗り直し方法」をご紹介します。

顔の日焼け止めメイクの上から塗り直し3つの方法

顔の日焼け止めメイクの上から塗り直し方法
いくら高SPFの日焼け止めを朝に塗ったからといっても、日焼け止めの塗り直しは必要です。

こまめに塗り直すことが、日焼け止めの効果を最大限に発揮する秘訣なんですよね。

日焼けからしっかりお肌を守るためにも、定期的な塗り直しをしましょう。

1.メイクの上からでもOK!スプレータイプの日焼け止め

スプレータイプの日焼け止めで塗り直し
一番な簡単なのが「スプレータイプの日焼け止め」

メイクを落とすのが面倒!という方におすすめの方法です。

スプレータイプなら、メイクの上からでも使用できます。

メイク直しのできない状況や時間がないときでも
メイクの上から顔に、シューッと吹きかけるだけ。

簡単で短時間に、日焼け対策ができるのが嬉しいですね。

また、顔だけでなく、髪にも使えるのが便利なんです。
紫外線による髪へのダメージは想像以上ですから。

夏の間に、髪の毛が痛んでバサバサになってしまう方。
髪の毛の紫外線対策をおすすめします。

日中の強い紫外線から髪を守ってあげましょう。

スプレータイプの日焼け止めを使うときのコツとして

アイメイクが崩れるのを気をつけながら「顔から少し離して」吹きかけてください。

外出先では、ガスタイプだと周りに飛んでしまうので、液体タイプがおすすめです。

2.化粧直しも同時にできる!UVカット効果のあるパウダー

UVカット効果のあるパウダーで日焼け止めの塗り直し
午後になると、化粧が崩れてきますよね。

メイクを落として、日焼け止めを塗り直すのは面倒・・・

そんな時は、簡単につけられるパウダータイプがおすすめです。

UVカット効果のあるパウダーなら、化粧直しと、日焼け止めの塗り直しが一度で完了です。

3.軽くメイクオフして、UVファンデーションで塗り直し

UVファンデーションで塗り直し
乳液タイプの日焼け止めを活用する方法です。

コットンに乳液をたっぷりとります。
アイメイク以外を、拭き取ってください。
メイクオフした肌に、UVファンデで化粧直し完了。

乳液タイプの日焼け止めを使うことで

メイクオフと日焼け止めの塗り直しが一度でできます。

日焼け止めの塗り直し時間でベストなタイミングとは?

日焼け止めの塗り直し時間とタイミング

「日焼け止めは、こまめに塗り直しをする方が良い」

というのは分かっていても、実際にはどれくらいの時間や頻度が適切なのか疑問ですよね。

そこで、日焼け止め塗り直しのベストなタイミングについてご紹介していきます。

外にいる時間が長い場合の日焼け止めを塗り直すタイミング

朝にSPF50の日焼け止めをバッチリに塗っておけば、夕方までは大丈夫!

なんて思ってはいけません。

いくら強力な日焼け止めでも、時間とともに効果は半減します。

しかも私たちの肌は、汗をかきます。

思っている以上に、日焼け止めの効果は無くなっているんですね。

日焼け止めを塗り直す時間の目安

  • 紫外線をしっかり防ぐためには2時間おき
  • 汗をかいてメイクが崩れたら、すぐに塗り直す合図

屋外のレジャーや海水浴にいったときなど
2時間なんて、あっという間ですよね。

遊びに夢中になって、つい日焼け止めの塗り直しを忘れてしまう。

その結果、帰宅してから肌が赤くなっているのに気がついてショック!!

なんて、失敗した経験、私にもあります。

もう、あんな後悔をしたくない!

とても面倒ではありますが、紫外線の強い季節は塗り直しを徹底するようになりました。

夏の炎天下で屋外活動する日は、スマホで2時間のタイマーをつけています。笑

でも、それくらいしないと、忘れてしまうんですもん。

デスクワークなど室内の場合の日焼け止めを塗り直すタイミング

外出する時間が少なく、主に室内での時間が長い日のケースです。

室内だからといって、完全に紫外線が防げているわけではありません。

窓からも紫外線は室内で降り注いでいます。

油断はできないんですね。

日焼け止めの塗り直し時間でおすすめなのは

「お昼のタイミングで、塗り直すこと」です。

1日の中でも、もっとも紫外線量が多いのが12時。

いちばん紫外線対策を強化したいタイミングでもあるんですね。

ここで一度、日焼け止めを塗り直しておけば

  • もっとも紫外線が強い時に対策ができる
  • 夕方まで日焼け止め効果が持つ

というベストなタイミングといえます。

帰宅時間の夕方には、紫外線量はかなり少なくなっています。

紫外線対策を万全にしたい場合は、帰宅直前にスプレータイプの日焼け止めを顔に吹きかけておくと安心です。

日焼け止めのメイクの上から塗り直し方法まとめ

日焼け止めのメイクの上から塗り直し方法
以上、顔の日焼け止め塗り直し方法について、メイクの上から簡単にできるやり方をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • メイクの上からでもOK!スプレータイプの日焼け止め
  • 化粧直しも同時にできる!UVカット効果のあるパウダー
  • 軽くメイクオフして、UVファンデーションで塗り直し

紫外線の塗り直しは面倒ですよね。

しかし、紫外線ほど確実にお肌を老化させてしまうものはありません。

その日の状況に合わせて、適した日焼け止めの塗り直しを実践していきましょう。

綺麗な肌を目指すのであれば、もっとも対策をしなければいけないのが紫外線。

紫外線を防ぐには、日焼け止めを塗るのが一番効果的な方法です。

高SPFの日焼けでも油断せずに、塗り直しは2~3時間おきにしましょう。

日焼け対策は、未来の美肌作りですよ!

万が一、日焼けをしてしまった場合。

なるべく早く、白い肌に戻したいですよね。

そんな時は「日焼けした肌を白く戻す方法とは?美白ケアにおすすめ美白化粧水3選」の記事が参考になるかと思います。

  • 日焼けしてしまった肌を戻すための、美白化粧水選びに必要なポイント
  • ポイントを満たした美白化粧水をご紹介

この2つを詳しく解説しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事