肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【地黒におすすめの美白化粧品とは?】地黒でも美白になる方法

炭酸美容の効果

地黒でも美白になりたい!おすすめ美白化粧品3選

  • 地黒でも美白ケアできる、美白化粧品が見つからない・・・
  • 地黒が悩みで、必死に美白を頑張っても白くならない・・・
  • 地黒でも美白ケアできる美白化粧水が知りたい!

「美白になりたいのに、生まれつき地黒肌・・・」

地黒で悩んでいる方は、多いと思います。

「美肌 = 白く透明感のある肌」

というイメージが、世間一般的になっていますから。

そのため普段から「美白ケアを頑張ったり」「メイクでなるべく白い肌にみえるよう努力」されていることでしょう。

けれど、美白ケアの成果が、なかなか出ないんですよね。

地黒の方ほど、美白ケアに大きな悩みを抱えている方が多いんです。

美白ケアの成果が出ないからと言って

「地黒に美白は無理!」

なんて諦めてしまうことはありません。

美白ケアの成果が出ない原因は

「地黒肌に合っていない美白化粧品を選んでしまっているから」

実は、地黒肌に適した、美白化粧品の選び方があるんですね。

そこで今回は、地黒肌に合った美白化粧品の選び方をご紹介していきます。

  • 最初に、地黒の方が美白化粧品選びで大切な3つのポイント
  • 次に、ポイントを満たしたおすすめの美白化粧水をご紹介

このような順番で解説をしていきたいと思います。

地黒肌を効果的に美白ケアしたい方は、ぜひ参考にしてください。

地黒のための美白化粧品選び3つのポイント

地黒を白くする方法

地黒の方の肌が濃い原因は「平均的な人よりもメラニン色素が多い」ため。

それではなぜ、メラニン色素が多いのか?

それは、メラノサイトと呼ばれる「メラニンを生成する色素細胞が活発だから」です。

地黒の方は、紫外線などの刺激にメラノサイトが反応しやすい。
しかも、メラニンを人よりも大量に生成してしまうんですね。

地黒の方は、紫外線の影響を受けやすく、常に肌内部には平均以上のメラニンが居座っている状態。

美白になりたいのなら
「居座りメラニンを、体の外に排除してあげればいい」わけです。

肌内部のメラニンを効果的に除去していけば、肌はしだいに白くなることも可能なんですね。

それでは、地黒の方が美白化粧品選びで気をつけたい「3つのポイント」を解説していきましょう。

1.地黒の原因となるメラニンをケアできる美白成分が配合されているか?

美白有効成分

美白化粧水を選ぶときに、特に注目をするのが「美白成分」ですよね。

先ほども説明したように
地黒の方は、肌内部のメラニンが多い状態。

地黒肌の美白ケアは「きちんとメラニン対策ができる美白成分が必要」です。

それでは、どの美白成分を選ぶのが効果的なのでしょうか?

大切なポイントは、国が許可した美白成分を選ぶこと

厚生労働省によって「メラニンの生成をおさえ、シミやソバカスを防ぐ」と認られた成分があるんですね。

国が認可した美白有効成分

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • アルブチン など

この中でも地黒肌におすすめの成分が「ビタミンC誘導体」です。

地黒肌に「ビタミンC誘導体」が適している理由

  • メラニン還元作用
  • メラニンの生成を抑制

メラニン対策で重要となる、2つの機能をあわせ持っているんですね。

一般的な美白成分でも、メラニンの生成を抑制する効果はあります。

「ビタミンC誘導体」が優れているのは、唯一、メラニンの還元作用を持っています

「ビタミンC誘導体」が美白有効成分の中でも、特に地黒肌に適している理由です。

  • 還元作用により、いまあるメラニンをケアする効果
  • 抑制作用により、これからのメラニン生成を対策する効果

つまり「いまの地黒の原因をケア」そして「すぐ地黒に戻ってしまうのを防ぐ効果」を発揮してくれる成分なんですね。

地黒だけど美白になりたい!

そんな方に、最適な美白有効成分が「ビタミンC誘導体」です。

地黒肌の美白を強化したいなら「ビタミンC誘導体」を含んだ美白化粧品がおすすめです。

2.地黒を効果的に美白ケアするための保湿ができるか?

地黒の効果的な美白

地黒の方は、紫外線の影響を受けやすいです。

そのため、常に肌内部に平均以上のメラニンが居座っている状態なんですね。

しかも、メラニンの生成も活発。

地黒の方は、いくら美白ケアをしても、追いつかない状態になっています。

これでは美白ケアの結果が出ずに、肌が白くならないのも当然のこと。

そこで重要になってくるのが

肌のターンオーバーを促進すること

ターンオーバーとは、肌が新しく生まれ変わることです。

古い肌が剥がれ落ちて、新しい肌へとバトンタッチします。

肌が生まれ変わることで、メラニンが一緒に排出されるんですね。

つまり、ターンオーバーによって、地黒の原因となる「居座っているメラニン」を積極的に除去できるわけです。

ターンオーバーを促進するために、必要不可欠なケアが「保湿」なんですね。

つまり地黒の肌を効果的に美白ケアするには「肌への保湿」が重要となります。

地黒の肌は「きちんと保湿をして、美白ができる肌の状態を整える必要がある」んですね。

そして、保湿にはもう一つ、美白ケアにおいて重要な効果があります。

それは、美白成分の浸透アップです。

● なぜ美白ケアで保湿が重要なのか?
水分を多く含んだ潤った肌は、美白成分が浸透する道ができています。
川の流れに乗るように、美白成分が肌の隅々までいき渡るんです。

地黒の肌に美白化粧品をつけても、期待していたような効果がない!

そんな悩みを持った方は、保湿機能が不足しているからなんですね。

いくら効果的な美白成分が配合されていたとしても
保湿効果のない美白化粧水では、しっかりと美白成分を浸透させることはできません。

地黒の方が美白効果を最大限に発揮したいのなら大切なポイントは保湿なんです。

美白ケアと同時に、保湿ケアもきちんとできる美白化粧水を選んでください。

3.地黒の原因「メラノサイト」を刺激してしまう成分が入っていないか?

地黒は美白になる方法

地黒の方が、白い肌を目指すなら避けたいことがあります。

それは「肌への刺激となる成分」です。

肌を黒くなってしまう原因は、メラニンですよね。

そのメラニンを排出するきっかけとなってしまうのが「肌への刺激」だからです。

紫外線だけが、メラノサイトを活発化させてしまう原因というワケではないんですね。

肌への刺激となる、注意したい化粧品の成分があるんです。

化粧品に含まれる気をつけたい刺激成分は2つ

  • エタノール(アルコール)
  • 刺激の強い添加物

エタノールの刺激は、わかりやすいですよね。

あのスーっとした付け心地。

気持ちは良いのですが、肌への刺激となってしまう場合があります。

もう一つ注意が必要なのが、刺激の強い添加物です。

化粧品に含まれる化学物質は、メラノサイトを刺激してしまうんですね。

それでは、刺激となる成分が配合されていない美白化粧品を、どう選べば良いのでしょうか?

おすすめの方法は「敏感肌用に開発されている美白化粧品を選ぶ」ことです。

● 敏感肌用の美白化粧品を選ぶ理由とは?
敏感肌用の化粧品は、アレルギーテストなど多くの検査をして、事前に安全性を確認しています。
そのため、敏感肌専用として開発されている美白化粧品は、肌への刺激となる成分が配合されている割合がとても少ないんです。

地黒の方は「肌への刺激が少ない」美白化粧水を選んでください。

地黒の肌におすすめの美白化粧水の選び方まとめ

美白化粧品の選び方
地黒の肌を美白するための美白化粧水を選ぶときには

  • 地黒の原因となるメラニンをケアできる美白成分が配合されている
  • 地黒の肌を効果的に美白ケアするための保湿ができる
  • 地黒の原因「メラノサイト」を刺激してしまう成分が入っていない

以上、3つのポイントを基準にしてみてください。

それでは、紹介した3つのポイントを満たしている「おすすめの美白化粧品」をランキング形式にしてご紹介します。

地黒の肌でも美白ケアできる!おすすめの美白化粧水3選

1位:ディセンシア「サエル」

美白化粧品

地黒の肌の美白ケアなら、まずおすすめしたいのが『ディセンシア サエル』です。

  • 美白有効成分「ビタミンC誘導体」をしっかり配合
  • 高保湿成分の「セラミド」を配合
  • 肌の刺激となる成分は一切含まない徹底開発

地黒の肌の美白ケアに適した、美白有効成分「ビタミンC誘導体」が配合されていて、メラニンケアもバッチリです。

保湿に関しても優秀。

高保湿成分「セラミド」によって、地黒の肌が美白のできる準備をきちんと整えてくれます。

美白成分が行き渡りやすい肌作りのできる美白化粧品です。

「地黒でも美白になりたい!」という方にぴったりですね。

敏感肌専門ブランドというだけあって、肌に刺激になるものは入れない!という徹底した製品作り。

地黒の方も安心して使える、美白化粧品です。

サエル公式サイトを見てみる

2位:アンプルール「ホワイトキット」

annpururu

ハイドロキノンを低刺激で、肌に浸透させることに成功。

  • 皮膚の専門家が開発した美白化粧品
  • 皮膚への刺激を徹底的になくした「新安定型ハイドロキノン」

「自宅で、クリニックレベルの美白ケアができるように」

この考えを実現するために、皮膚の専門家が開発した美白化粧品です。

配合されている「ハイドロキノン」なんですが
「肌の漂白剤」などと呼ばれるほど強力な美白成分なんですね。

しかし、欠点がありました。

それは「肌への刺激がとても強い」ということ。

何とか解決できないかと、長年の研究の結果
肌への刺激を徹底的になくした「新安定型ハイドロキノン」の開発に成功したんです。

刺激が気になって避けていた方も「積極的にハイドロキノンが使える」ため、多くの方から高い評価を受けています。

アンプルール公式サイトを見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」

fanclwhite

無添加の美白化粧品にこだわるならコレ!

  • 安心して使い続けられる、無添加の美白化粧品
  • アクティブビタミンCが、肌内部に居座っているメラニンをケア
  • 肌本来の力を取り戻す美白アプローチ

無添加化粧品といえば、ファンケルですが、さすがですね。

美白化粧品なのに、肌への刺激となる添加物を徹底的に排除されています。

だからといって、美白効果が低いなんてことは、けっしてありません。

独自開発された「アクティブビタミンC」が、地黒肌の内部に居座っているメラニンを徹底ケアしてくれます。

無添加ホワイトニング公式サイトを見てみる

地黒の肌におすすめの美白化粧品まとめ

美白化粧品選び方
以上、地黒の肌におすすめの美白化粧品について、地黒でも美白になるための美白化粧品をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 地黒の原因となるメラニンをケアできる美白成分が配合されている
  • 地黒の肌を効果的に美白ケアするための保湿ができる
  • 地黒の原因「メラノサイト」を刺激してしまう成分が入っていない

地黒の方は、この3つのポイントを意識して、美白化粧品を選ぶのがおすすめです。

地黒・色黒の方は、白い肌を手にいれるために、普通の人以上に苦労されていると思います。

せっかく美白をして、肌の色が薄くなってきたと思っても、すぐに黒くなりやすい。

ちょっとした油断で日焼けをしてしまい、1日で台無しになってしまうなんて経験もあることでしょう。

だからといって、白い肌を諦めなくてもいいんです。

地黒の肌に適した美白化粧品で、しっかりと美白ケアを実践していけば、お肌を美白ケアすることは可能なんですから。

いま使っている化粧品から、美白化粧品を切り替える場合は、ぜひトライアルセットで試してみてください。

化粧品がお肌に合うかどうかは、実際に使ってみないと分かりませんから。

今回、ご紹介した美白化粧品の情報を下記にまとめておきますね。

1位:ディセンシア「サエル」のトライアルセット情報を見てみる

2位:アンプルール「美白キット」のトライアルセット情報を見てみる

3位:ファンケル「無添加ホワイトニング」のトライアルセット情報を見てみる

地黒・色黒な肌だからといって、美白を諦めてしまうことはもうありません!

美白化粧水を効果的に使用して、白く透明感のある肌を目指していきましょう!

スポンサーリンク

関連記事