肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【小じわを改善する方法とは?】目元の乾燥小じわをケアする3つの対策

乾燥小じわ

老け顔の原因「乾燥小じわ」を改善する3つの対策

  • 特に目元の小じわがひどくて老け顔に見られる・・・
  • 乾燥小じわが気になって人前で笑えない
  • 早急に乾燥小じわを改善する方法を知りたい

目元の小じわって、他人からとても目立つから気になりますよね。

乾燥小じわがあると、一気に老け顔に見られてしまいます。

笑ったり表情を変えたとき、小じわは大量にできるので悩みは深刻。

しかも、小じわは放置しておくと大変!
深いしわに進行する可能性があるので要注意です。

できるだけ早く小じわケアをして、改善する必要があります。

深いしわになって顔に残る前に!
消せる小じわのうちに改善ケアしてしまいましょう。

小じわのように肌表面にできた状態なら大丈夫。
自宅でのケアで対策が可能です。

今回は、乾燥小じわの原因と改善する方法をご紹介します。

まずは、小じわが悪化してしまう原因から。

そして、次に乾燥小じわを改善する3つのケアを解説していきますね。

目元の乾燥小じわが悪化する3大原因とは

乾燥小じわの原因
いま気になる小じわを悪化させないためにも。

そして、これ以上、小じわを増やさないためにも。

乾燥小じわの原因をきちんと理解していきましょう。

1.目元の乾燥が小じわの原因

乾燥が小じわの原因
当然のことながら、目元の乾燥小じわの最大の原因は「お肌の乾燥」です。
乾燥した土地が水分を失って、ひび割れをした状態そのもの。

スキンケアをした直後やお風呂上がりは、気になる小じわが消えませんか?
それは、乾燥が原因のため、肌が潤った状態だと消える特徴があるためです。

乾燥小じわが特にできやすい箇所は、目元や口元。
小じわが気になる箇所というのは、顔の中でも特に乾燥しがちな場所です。

皮膚が薄く皮脂の分泌量が少ないのが原因。
すぐ乾燥して小じわができてしまうんですね。

2.紫外線ダメージが小じわの原因

小じわの原因は紫外線
紫外線というと、シミのイメージが強いですよね。
しかし、小じわの原因ともなる危険な存在です。

紫外線は、肌深くの真皮まで到達します。
真皮層には、肌の弾力やハリの元となる、コラーゲンやエラスチンが存在します。
これら弾力成分を、紫外線が破壊してしまうんです。

紫外線が怖いのは、小じわだけでなく、深いしわの原因にもなります。
無防備に紫外線を浴びているというのは、毎日しわを作っているようなものです。

いまある小じわを改善するためにも、そして将来のしわを予防するためにも。
日焼け止めによる紫外線対策がとても大切です。

3.肌への摩擦が小じわの原因

肌への摩擦が小じわの原因

肌への摩擦によるダメージが、小じわの原因となります。
クレンジングや洗顔の時に、お肌をこすってしまうのは厳禁!

特に目元は肌が弱く、ダメージを受けやすいです。
ただでも乾燥しがちで、目元は小じわのできやすい箇所。
それなのに、摩擦のダメージが加わってしまうと、小じわが大量発生してしまいます。

職業柄、バッチリメイクをする方に、目元の小じわの悩みが多いのもそのためです。
アイメイクが濃い方は特に、目元のクレンジングには注意しましょう。

疲れて帰宅してからのメイクを落しは、ほんとうに面倒ですよね。
そのため、つい力を入れてゴシゴシしてしまいます。

しかし、その行為が、小じわを作ってしまっていると自覚してください。
そう考えれば、少しの手間も我慢して、優しくクレンジングができると思います。

花粉症などのアレルギーで、目をよくこすってしまう方も注意が必要です。
皮膚の弱い目元に、かなりの負担がかかって小じわになってしまいます。

乾燥小じわを改善する3つの対策

乾燥小じわを改善
小じわの3大原因を解説していきました。
つまり、原因となる3つを改善することが、小じわ対策につながります。
それでは、小じわの改善方法を詳しくみていきましょう。

1.乾燥小じわを改善する「保湿対策」

乾燥小じわは保湿で改善
小じわ対策で、最も重要となるのが保湿ケアです。
どれだけ乾燥状態を防ぐかが、小じわを改善する鍵となります。

逆に保湿ケアの方法を間違うと、余計に肌の乾燥を招くので注意が必要です。
「保湿ケアをしているのに、まったく小じわが改善されない!」
このような方は、保湿ケアをしているつもりが乾燥肌を悪化させている場合があります。

乾燥小じわ改善のための、正しい保湿ケアで大切なのは「潤いを閉じ込める」こと。
化粧水をつけたあと、すぐに乳液で水分を閉じ込めてください。

そうしないと、肌表面から化粧水の水分が蒸発すると同時に、肌内部の水分を奪ってしまうんです。
化粧水をつける前よりも、乾燥した状態になってしまうこともあります。

特に意識してほしいのが、目元の保湿ケアです。
小じわができやすく、しかも乾燥しやすい。
それに加えて、乳液などで潤いを閉じ込めることをおろそかにしがちな箇所です。

目元の小じわに悩む多くの人の共通点は、目元の潤いを閉じ込めていないんですね。
目元や目尻に乳液をつけないで、どんどん乾燥状態になってしまっている方が多いんです。

顔全体に化粧水がついて潤ったように感じてしまう。
大切なのは乾燥しやすい箇所を、どれだけ保湿できるかです。
小じわが気になる目元や目尻に水分を閉じ込めることを意識してください。

指の腹を使って、しっかり丁寧に目元に乳液をつけてあげましょう。
潤いをしっかり閉じ込めてあげることで、小じわはかなり改善されます。

小じわの保湿ケアで有効な成分とは

小じわ改善のための保湿ケアに適した成分でおすすめなのが「セラミド」です。
その理由は、セラミドが角質細胞同士の隙間を埋め、潤いを満たす効果が高いため。
化粧水や乳液、そして美容液は、セラミドが含まれる化粧品を選んでみてください。

角質細胞同士の隙間を埋めるのがなぜ重要なのか?

小じわのできている状態というのは、いわば乾燥して「しぼんだトマト」のようなものです。

トマトが新鮮なときは、表面がピンとハリがありますよね。
シワなんて一切なく、はち切れんばかりの理想的な肌のようです。

時間がたって古くなってくると、どうなるでしょうか?
内部の水分が失われて、トマトの表目にシワが出てきます。
肌にできる小じわそのものです。

トマト内部が乾燥して隙間ができ、表面にシワがよってしまったわけです。
ハリのあるピンとした表面に回復させるにはどうするべきか?
シワの原因である隙間を埋めるのが効果的な方法となります。

乾燥してできた角質細胞同士の隙間を埋めることが、小じわ改善には重要なんですね。

2.小じわ対策には洗顔・クレンジングの改善

小じわ改善の洗顔とクレンジング

乾燥小じわに悩む方の共通点として、間違った洗顔・クレンジング方法があげられます。

  • 洗い過ぎ
  • ゴシゴシこすり過ぎ
  • 洗浄力が強い洗顔料やクレンジング剤の使用

肌への負担は、乾燥肌の原因です。
つまり小じわを作ってしまうことになるんです。

特に洗顔やクレンジングのときは、肌が柔らかくダメージを受けやすい状態です。
いくら保湿ケアを心がけていても、乾燥肌が改善されなくなってしまいます。

ダメージを受け続けた肌は、保湿力が低下します。
そのため、乾燥小じわができやすい肌となります。

肌に負担をかけない優しい洗浄が小じわ対策

念入りに洗ったり、肌をマッサージすることで、逆に小じわを悪化させてしまうんです。
スキンケアで心がけるべきことは、優しく肌に負担をかけないこと!

ゴシゴシ洗いや、コットンでのパッティングは、肌に摩擦が起き負担となるので避けましょう。

洗顔は肌を擦らずに、泡で優しく洗う。
クレンジングも同様に、ついゴシゴシしがちですが、極力こすらないように。
化粧水などのスキンケアアイテムは、手のひらで優しく丁寧に肌になじませてあげましょう。

3.小じわを悪化させない・増やさないための紫外線対策

小じわ対策には紫外線対策
紫外線はお肌の大敵です。
美肌を目指すのであれば、紫外線対策は必須となります。

シミも怖いですが、シワの原因となる大きな要因です。

いま小じわで悩んでいる方は、特に紫外線対策は強化してください。
小じわができているということは、お肌の水分量がかなり減少しています。

乾燥状態の肌というのは、ダメージを受けやすいです。
紫外線の影響をモロに受けてしまい、通常よりも大きな負担となるためです。

小じわに強い肌を作るためには、年間を通して日焼け止めによる紫外線対策を意識しましょう。

紫外線が強い夏には、サングラスの着用がとても効果的です。
目元は日焼け止めがしみるので、紫外線対策がおろそかになりがちな箇所。
サングラスをかければ、目元の紫外線対策を強化できます。

サングラスをかける習慣がなく、恥ずかし方もいると思います。
その場合は、UVカット効果のあるレンズを入れた眼鏡をするのがオススメです。

少しの外出や、洗濯物を干すときなど、サッとかけるだけで手間が入りません。
紫外線ダメージは長い年月をかけて蓄積されるので、この少しの手間がとても重要となります。

小じわを改善する方法まとめ

乾燥小じわ改善
以上、小じわを改善する方法について、目元の乾燥小じわをケアする3つの対策をご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。

小じわの原因となるのが

  • 1.目元の乾燥
  • 2.紫外線ダメージ
  • 3.肌への摩擦

以上の3つでした。

そして、小じわケアの方法として有効なのが

  • 乾燥小じわを改善する「保湿対策」
  • 小じわを作らない洗顔・クレンジング
  • 小じわを悪化させない・増やさないための紫外線対策

乾燥小じわの改善に大切なことは、丁寧な保湿ケアです。
そして、小じわを悪化させる、肌への負担(摩擦・紫外線)をさけること。

特に、小じわが目立つ目元は、顔の中でも皮膚が最も薄くデリケートな箇所です。
それなのに、メイク等でもっとも負担がかかる箇所でもあります。
やさしく丁寧なスキンケアを心がけてください。

年齢を感じさせてしまう小じわがあると、積極的になれませんよね。
けれど、丁寧にケアをしていけば、いま悩んでいるシワは改善できるんです。

そして、将来のシワを予防することにもつながるんですね。。
人前でも小じわを気にすることなく、思いっきり笑顔を作れる日は必ずきます。

年齢を言い訳に諦めてしまっては、勿体無いです!
継続してケアをすれば、小じわは薄くなる!
小じわに負けない、ハリ肌を作っていきましょう!

小じわケアをより強化したい方には「美顔器」の使用もおすすめですね。

通常のスキンケアによりも、ワンランク上の小じわ対策が可能になるからです。

「しわ取り効果のある美顔器は?顔のシワ対策におすすめ美顔器3選」の記事内で、しわケアに最適な美顔器選びのポイントを詳しくご紹介しています。

美顔器が、しわケアにとても優れている理由。

それは、表情筋に働きかけて、肌の内部へアプローチできるため。

小じわケアのために美顔器を活用してみようと検討されている方は、良ければチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事