肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【顔の脂肪をとる方法とは?】簡単に小顔になる3つの落とし方

顔のたるみ解消法

顔の脂肪をとる3つの方法とは?

顔の脂肪をとる方法「顔の余分な肉(脂肪)が本当に嫌です。最近はたるみまで気になり出しました。美容外科の脂肪吸引ではなく、できれば自分で顔の脂肪を落としたいと思っています。なにか顔の脂肪をとる良い方法はありませんか?」

このような、顔の脂肪の悩みにお答えます。

  • 本記事の内容
  • 顔の脂肪をとる3つの方法
  • 顔の脂肪が落ちない原因

顔の脂肪って、すっごく気になりますよね。

お腹のお肉は隠せても、顔のお肉は隠せませんから。

とは言っても、顔の脂肪はなかなか落ちてくれないので厄介。

ダイエットしても、顔にだけ脂肪が残ってしまいます。

そこで今回は、自宅で簡単にできる

顔の脂肪をとる方法をご紹介しますね。

シュっとしたフェイスラインを手に入れて、メイクやお洒落を楽しみましょう。

顔の脂肪をとる3つの方法

顔の脂肪の落とし方

「ダイエットしたのに、顔の脂肪は残ったまま」

「身体は痩せ型なのに、顔にだけ脂肪がつく」

顔のお肉に悩まされている方は、とても多いです。

この余計な脂肪さえ取れれば!

なんて、思ってしまいますよね。

本記事では、自宅で簡単にできる顔の脂肪をとる方法をご紹介します。

顔の脂肪をとるには、美容外科での脂肪吸引という選択肢もあります。
しかし、そんなに簡単に決断できることではないですよね。
手術への不安はありますし、術後は腫れたりと、すぐに元どおりの状態というわけにはいきません。
一回の施述でハイ終了!なんて簡単に済むわけではなく、何度か通院する必要もあり、高い費用もかかります。

まずは、自分でできる「顔の脂肪落とし」を実践してみてはいかがでしょうか。
積極的に顔の脂肪にアプローチすることで、小顔を目指すことができます。

1.表情筋エクササイズで顔の筋肉を鍛える

顔の脂肪をとる方法として、まず最初に習慣にしたいのが「表情筋エクササイズ」です。

身体は鍛えて脂肪を落とすのに、顔の筋肉を鍛えない人が多すぎます。

顔の若々しさを保つのにも、表情筋は大きな役割を果たしているにも関わらず。

表情筋が衰えることで、顔に脂肪がつきやすくなります。

今日から表情筋を鍛えて、余計な脂肪を撃退しましょう!

表情筋エクササイズの方法

顔の筋肉の大半を効率良く鍛えるのにおすすめなのが

「あいうえお体操」です。

やり方は簡単

「あ・い・う・え・お」と口を大きくゆっくりと動かします。

声は出さなくて大丈夫です。

しゃべるという意識ではなく、顔の筋肉をめーいっぱい動かすことを意識してください。

顔芸なくらいに、大げさに口を動かすと、顔の筋肉がグングン刺激されるのを感じると思います。

表情筋が疲れてきて、口を動かすのも辛くスローモーションになってきますよね。

もう限界ってなったら終了です。

この表情筋エクササイズを、日常生活の中でふとした時に習慣にしてみてください。

もちろん、一人のときにやりましょう
そうとうな変顔になってますから 笑

習慣にしていきと、顔の表情が動かしやすくなっていくのを実感すると思います。

脂肪のつきにくい顔になってきてる証拠です。

朝晩には、ぜひ習慣にしてやってみてください。

まだ起きていない顔が、シャキっと一気にスッキリします。

血行もよくなるので、朝のスキンケア効果も上がっておすすめです。

2.リンパマッサージでむくみを解消

顔がむくみやすい方は、脂肪がつきやすいです。

顔のむくみ原因は、老廃物などが停滞しておこります。

循環がとても悪くなっている証拠。

むくみを解消するためには「リンパマッサージ」がおすすめです。

流れを促進することでむくみを解消して、スッキリとしてフェイスラインを整えましょう。

リンパマッサージのおすすめのタイミングは、お風呂を上がったあとのスキンケアのとき。

血行がとても良くなっていて、リンパが流れやすい状態になっています。

しかも化粧品によって、マッサージがしやすいんですね。

停滞しているむくみ原因の老廃物を、一気に押し流しちゃいましょう。

3.猫背を直して、小顔姿勢を習慣化!

顔に肉がつきやすい人の特徴があります。

それが「猫背」です。

姿勢が悪く、猫背の方はダイエットをして身体が痩せても、顔に脂肪が残ってしまうことが多いんですね。

姿勢と顔の脂肪って、一見まったく関係なさそうに感じますよね。

しかし、姿勢というのは、身体の脂肪のつきやすい場所を決定するのに、とても大きな要因となっています。

普段から習慣になっている姿勢というのは、つまりどの筋肉をよく使うのかを決定しています。

それによって、筋肉のつきやすさ、脂肪のつきやすさに個人差が出るんですね。

言ってしまえば

綺麗になる姿勢の人は、より綺麗に

不細工になってしまう姿勢の人は、より不細工に

それほど、姿勢というのは容姿に影響します。

もちろん、顔の脂肪のつき方にも大きな影響があるわけです。

特に改善が必要なのが「猫背」

この最悪な姿勢は、自分で不細工になっていくようなものなんです。

顔の表情筋には力が入らない姿勢のため、顔の筋肉はどんどん衰えます。

顔に脂肪がつきやすく、しかも落としにくい身体に。

しっかりと、肩甲骨を開いて胸をはる。

頭の天辺が、空から糸で引っ張られているイメージで、ピンっ!と立つ姿勢を心がけましょう。

美人になる姿勢を意識して、習慣にすることで、顔のお肉のつき方は驚くほど変わりますから。

顔の脂肪が落ちない原因

なかなか顔の脂肪がとれない原因は主に3つ。

・むくみの慢性化
・表情筋の衰え
・猫背

単純に太っている場合は、もちろん顔に脂肪がつきます。

しかし、身体が痩せ型なのに、顔にお肉がついて丸顔の方はこの3つの原因が考えられます。

むくみの慢性化

代謝が悪く、体内の巡りが停滞しがちな方はむくみが慢性化します。

食生活で気をつけたいのが「塩分の取りすぎ」です。

水分をためこみやすくなってしまい、朝に顔がパンパンにむくむ原因になるので注意しましょう。

表情筋の衰え

運動不足の人がお腹に脂肪がつくのと一緒です。

顔にも土台となる筋肉があって、筋肉が衰えれば脂肪はつきやすくなります。

しかも、脂肪がつくと肌は重くなるので、衰えた表情筋だと支えられなくなり、たるみがちな顔になってしまうので注意が必要!

表情筋エクササイズを習慣にして、重力にまけないハリのある肌を目指しましょう。

猫背

その場で大げさなくらい「猫背」になってみると良くわかります。

顔にまったく力が入らず、たるみがちな表情を実感されると思います。

逆に、しっかりと胸をはって肩甲骨を寄せるシャンっ!とした姿勢をとるとどうでしょうか。

顔の表情筋にもしっかりと力が入り、肌が重力に負けていない実感が湧きますよね。

姿勢と顔の脂肪は関係なさそうに感じるかもしれません。

これほど、姿勢の違いで変わってしまうんですね。

この違いが、日常生活で積み重なると、とても大きな差となって顔の脂肪に影響を与えます。

顔に余計なお肉をつける姿勢がまさに「猫背」なんです。

顔の脂肪をとる方法まとめ

以上、顔の脂肪をとる方法について、簡単に小顔になる3つの落とし方をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

  • 表情筋エクササイズで顔の筋肉を鍛える
  • リンパマッサージでむくみを解消
  • 猫背を直して、小顔姿勢を習慣化!

気になる顔の脂肪が少しでも落ちるだけで、顔の印象は驚くほど変わります。

ダイエットで痩せてもないのに、表情筋エクササイズを習慣にしたら

「あれ?痩せたでしょ??」

と、周りからよく言われました。

顔のラインが少しでも変化するだけで、ここまで印象が変わるんだなと嬉しくなりましたね。

今回ご紹介した3つの方法は、日常生活の中で簡単に習慣化できるものばかりです。

しかし、習慣化すると、積み重ねの効果はかなりのもの。

もう、鏡を見るたびに気になる顔の脂肪とはサヨナラです。

シュっとした小顔になって、メイクやお洒落を楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク