肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【メラニン色素を減らす方法とは?】メラニンを除去して薄くする方法

毛穴の黒ずみ

シミの原因となるメラニン色素を減らす方法とは?

  • シミが急に増えた原因って、体内のメラニン色素が増えたから?
  • 美白ケアを頑張っているのに白くならないのはメラニン色素のせい?
  • 体内に居座っているメラメラ色素を減らす方法が知りたい!

メラニン色素と聞いて、まずイメージするのが「シミ」ですよね。

「美肌の大敵であるシミ」を増やしてしまう原因です。

しかも、肌全体の透明感を奪って、黒くしてしまう嫌な存在。

美白のために、できる限り減らしたいのがメラニン色素です。

絵を描くときに使う絵の具を想像してみてください。
メラニン色素は、「黒の絵の具」のようなもの。
少し混ぜただけで、一気に色が暗くなってしまいますよね。

お肌にも同じようなことがおこってしまいます。

せっかく毎日、美白ケアをして明るい肌作りをしているのに・・・

そこに黒の絵の具のような「メラニン色素」が一滴でも混ざりこんだら・・・

白く明るい肌が一気に台無しです。

白く綺麗な肌を取り戻すために、早急にメラニン色素を減らしたいですよね。

今回はメラニン色素を減らす方法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜメラニン色素がシミの原因になるの?

メラニン色素とは
シミに悩む多くの女性にとって、「メラニン色素」はできるかぎり関わりたくない存在です。

効果的にメラニン対策をするために!

まずは、メラニン色素とはどのような物質なのか?

そして、メラニン色素がシミの原因となる仕組みを見ていきましょう。

メラニン色素とは

メラニン色素とは、表皮最下層にあるメラノサイトで生成される色素です。
太陽から降り注ぐ、有害な紫外線からお肌を守る働きをします。
シミやソバカスの原因となるため悪者扱いされますが、実はお肌のボディガードをしてくれる頼もしい存在なんです。

メラニン色素の役割

太陽光には、肌細胞のDNAを破壊する有害な紫外線が多く含まれています。
無防備な状態で、紫外線を浴びてしまうと、最悪の場合は皮膚ガンになってしまいます。

それを防ぐために、メラニン色素が紫外線を吸収してくれる役割をしてくれるんです。
皮膚トラブルを防ぐためにも、欠かせない物質なんですね。

メラニン色素が生成されシミとなるメカニズム

メラニン色素が、紫外線によるDNAの破壊や皮膚ガンを未然に防いでくれる重要な物質だとわかりました。
それでは、メラニン色素がシミの原因となるメカニズムはどういったものなのでしょうか?
それは「過剰に生成されたメラニン色素の沈着」がシミとなるからです。
シミができるメカニズム

  • 紫外線などの刺激物質が「メラノサイト」を刺激。

  • 活性化した「メラノサイト」が、「メラニン」を生成。

  • 生成された「メラニン」は肌内部に溜まっていきます。

  • 「メラニン」が過剰に蓄積され「色素沈着」を起こしてシミとなります。

通常であれば、生成されたメラニンは肌のターンオーバーによって排出されます。
古くなった角質や垢と一緒に、肌から出ていってくれるわけです。

しかし、過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーでは排出しきれずに残ってしまうんですね。
残ったメラニン色素が、色素沈着を起こしてシミとして肌に定着してしまうわけです。

● 洗濯物で例えるなら
通常の汚れは、普段の洗濯でキレイに落とせます。
しかし、醤油など濃い汚れが付いた衣類には、汚れが染み込んでしまい普段の洗濯では落としきれません。
定着してしまった汚れを落とすには、漂白をする必要があります。
お肌でいう「美白ケア」が必要になってくるというわけです。

スポンサーリンク

メラニン色素を減らす2つの方法

メラニン色素を減らす方法

シミの原因となるメラニン色素を、肌内部から減らすにはどうすればいいのでしょうか?

  • 増えてしまったメラニン色素を減らす
  • これ以上、メラニン色素を増やさない

この2つのアプローチが必要となります。

1.メラニン色素を減らす方法

メラニン色素を減らす方法
肌内部からメラニン色素を減らすためには

  • 居座りメラニンをケアする
  • ターンオーバーを正常化して促進させる
  • メラニン色素を除去する作用のある栄養素を摂る

この3つの方法が効果的です。

居座りメラニンのケア方法

肌の内部には、これまで生成されてしまったメラニンが居座っています。
まだシミになっていない状態でも、近い将来シミとなって肌表面にあらわれます。

大切なのは、シミになる前に「居座りメラニン」をケアすること!
そのためには、メラニンをケアするホワイトニングが有効です。

メラニンは放って置けば置くほど、根強く定着してしまいます。
肌の色が濃くなり、しかもシミとなる危険性が高まってしまうんですね。

シミになってから消すのは大変ですよね。
積極的に居座りメラニンをケアしていきましょう。

居座りメラニンを徹底ケアしたいのなら「【美白効果の高い化粧品とは?】知っておくべき美白化粧品おすすめ3選」の記事で詳しく解説している3つのポイントを満たした美白化粧品が適しています。

例えば『美白化粧品 サエル』などの、美白有効成分がきちんと配合されている美白化粧品を選んでください。

化粧品売り場には「美白」という言葉が書いてあるだけで、効果が期待できない成分構成になっている美白化粧品が多いんですよね。
過剰に生まれて黒くなったメラニンを還元できる、唯一の美白有効成分が「ビタミンC誘導体」。

メラニン色素をケアしたいのなら「ビタミンC誘導体」が主成分としてしっかり配合されているか確認してください。
居座り定着してしまったメラニンを還元して、白い肌へと巻き戻してくれる成分です。

先ほど例にあげた「サエル」などには、新たなメラニンの生成をストップさせる美白有効成分「アルブチン」も配合されています。
メラニンを「作らせない&黒くしない」肌作りに最適な美白化粧品です。

気になる方は『ディセンシア サエル』公式サイトをチェックしてみてください。

肌のターンオーバーを正常化する方法

次に大切なのが、ターンオーバーの正常化です。
ターンオーバーを整えることで、メラニン色素がより早く排除できます。
古くなった角質と一緒に「垢」としてはがれ落ちてくれからです。

ターンオーバーの促進には「肌の保湿」が効果的。
毎日のスキンケアでは、特に保湿ケアを念入りにしましょう。

メラニン色素を体内から除去する栄養素

最後は、メラニン色素を除去する作用のある栄養素についてです。

  • フルーツに含まれる「ビタミンC」
  • ニンジンやカボチャに含まれる「βカロチン」
  • トマトに含まれる「リコピン」

これらの栄養素を意識的に摂取することで、シミに強い肌が作られます。

2.メラニン色素を増やさない方法

メラニン色素を増やさない方法

絶対にメラニンを増やしたくなにのなら「徹底した紫外線対策」が最も効果的です。

そのための必須アイテムとなるのが「日焼け止め」です。
日焼け止めをきちんと塗って紫外線対策をすれば、メラニンの生成を防ぐことができるんです。

メラニンの生成を可能な限りゼロにしたのなら「高いSPF値の日焼け止め」を使う必要があります。
紫外線をしっかりブロックするために理想的なのが「SPF50」の日焼け止め。

しかし、高いSPF値の日焼け止めって避けたいのが本音ですよね。

・肌への負担が心配
・重たくて、付け心地が悪い

とはいっても、軽い日焼け止めは不安です。

塗っていたのに「肌が濃くなった!シミできてしまった!」
このような取り返しのつかない失敗はしたくない!という方におすすめできる日焼け止めがあります。
紫外線をしっかりブロックすると同時に、美白ケアまでできる高機能日焼け止め。

それが『【POLA】ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト』です。

SPF50・PA++++のため、最上級の紫外線ブロックができます。
それなのに重たくなく、サラッサラで着け心地がとても軽い。

しかも、肌内部のメラニンに働きかける、美白有効成分「ビタミンC誘導体」が配合されているんです。
「紫外線対策」に加えて「美白ケア」までできてしまう、メラニン対策に最適な日焼け止めといえますね。

一般的な日焼け止めは、できることなら着けたくないものです。
けれど、美白ケアのできるホワイティシモなら、白い肌作りのために積極的につけたくなります。

・メラニンを増やす紫外線を徹底ブロックしたい!
・肌内部のメラニンを減らして美白もしたい!

そんな理想的な願望を叶えてくれる日焼け止めですね。
徹底的に「紫外線対策」をしながら「美白ケア」もしたいという方は『【POLA】ホワイティシモ』公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

飲む日焼け止めという徹底メラニン対策とは?

日常生活で、紫外線を浴びる量を減らすことが先決です。
紫外線への反応によって、メラニンが生成されてしまうのですから、日焼け止めは欠かせません。

少しの外出や、洗濯物を干すといった短時間でも、メラニンは生成されてしまいます。
シミを防ぎたいのであれば、こまめに日焼け止めを塗ることが大切な習慣です。

とは言っても、日焼け止めをこまめに塗るのって面倒ですよね。
塗り直しだってかなりの手間がいります。

少しの外出や洗濯物を干す程度のために、お肌に塗りたくないのが本音。
そんな方達の間で大人気なのが「飲む日焼け止め(日焼け止めサブリ)」です。

わざわざ塗る手間が不要で、飲むだけのラクな日焼け止め。
少しの油断で増えてしまう、肌内部のメラニン対策に最適。

人気モデルの間でも利用者が多いのが『ホワイトヴェール』ですね。
国内産で安心なのも人気の理由なんでしょうか。
有名女性誌でも頻繁に紹介されていますもんね。

肌内部のメラニンは自覚がないうちに増えてしまうことが多いです。
「飲む日焼け止め」なら、気付かないうちに増えてしまうメラニン対策も安心です

そろそろ紫外線対策を強化するために、飲む日焼けを始めてみようかと気になっていた方は『ホワイトヴェール』公式サイトをチェックしてみてください。

メラニン色素を増やす原因

メラニン色素を増やす原因

メラニン色素が増えてしまう原因もまとめておきましょう。

  • 1.紫外線の浴び過ぎ
  • 2.肌への過剰な刺激
  • 3.ストレスによるホルモンバランスの乱れ

紫外線に関しては、日焼け止めによる対策が有効です。
以外と知られていないのが、「2.肌への過剰な刺激」なんです。

皆さん、お風呂で身体を洗うさいは、何を使われていますか?
ナイロンタオルでゴシゴシと強めに洗ったりしていないでしょうか?

実はこの行為が「外的刺激」となって、メラニン色素を生成する原因となってしまうんですね。
摩擦による物理的刺激によって、メラノサイトが活性化され、メラニンが放出されるためです。
背中のシミを気にされる方は、柔らかい繊維を選ぶようにしてください。

また、ストレスを受けると、体内ではメラニンの生成を促すホルモンが増加してしまいます。
日常生活で、ストレスレベルが高い人ほど、顔のシミが濃くなったり、くすみやすくなるのはそのためです。
生活している上で、ストレスを無くすというのは現実的ではありません。
自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、ストレスを溜め込まない生活をしてください。

メラニン色素を減らす方法まとめ

メラニン色素を減らす方法
いかがだったでしょうか。

メラニン色素は、人体の防衛機能によって生成されるものです。
決して、外を及ぼすものではないんですね。

しかし、美肌を目指すのであれば、シミは大問題です。
メラニン生成のメカニズムを理解して、上手に対処していく必要があります。

  • 紫外線対策を徹底する
  • 居座っているメラニンを積極的に美白する
  • 保湿ケアでターンオーバーを促進する
  • メラニン色素を減らすビタミンCなどを積極的に摂る
  • ストレスを溜め込まない生活を送る

シミを寄せ付けない美肌習慣を心がけて、シミに悩まされない肌を手に入れてください。

スポンサーリンク

関連記事