肌をきれいにする方法 美肌になる情報サイト
menu

KIREInaru

【ニキビ跡を治す方法とは?】早くきれいに治す3つポイント

ニキビ跡を治す方法

ニキビ跡を早くきれいに治す3つの方法

  • いつまでも残っているニキビ跡をキレイに治したい!
  • ニキビ跡のせいで肌が汚く見えて、もう嫌!
  • ニキビ跡を早く治す方法って本当にあるの?

せっかくニキビが治ったのに・・・
残されたニキビ跡を見ると、憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

朝、メイクの時に鏡にうつるニキビ跡
これさえ無くなれば、どんなに前向きな気分になれるでしょうか。

以前の私は「ニキビ跡はメイクで隠すもの!」と考えていました。
ニキビ跡を治す方法がないって諦めていたんですね。

でも、治すのを諦めた考え方は、間違いだったんです。

きちんとニキビ跡を治す正しい方法を、実践してこなかっただけだったんですね。

もっと具体的に言うと「ニキビ跡の原因を改善するアプローチができていなかった」んです。

私のニキビ跡がいつまでも治らないのは、当然だったわけですね。

今回は、ニキビ跡を治すための3つの方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

早くきれいに!ニキビ跡を治す3つの方法

ニキビ跡を治す方法
ニキビ跡を治すためには、3つの条件を同時に満たすと効果的です。

言い換えれば、1つだけ条件を満たしても、あまり効果がない。
他の2つの条件が満たされていないと、ニキビ跡はなかなか治りません。

私が長い間、ニキビ跡に悩まされ続けていた原因がここにあります。

「ニキビ跡を治すための3つの条件」をしっかりと満たせていなかったわけです。

それでは、ニキビ跡を治すための3つの方法を紹介していきますね。

1.ニキビ跡の炎症をしっかりと抑える

ニキビ跡を治す方法は炎症を抑える
ニキビって表面的には治ったつもりでも、実は肌内部ではしばらく炎症が続いています。

擦り傷などの怪我と一緒です。

ニキビの膨らみがなくなって、中の膿が出切っても油断大敵!

肌内部は傷ついていて、炎症がまだ続いている状態だからです。
まずは炎症を抑える必要があるんですね。

そのためには、ニキビがあった場所に刺激を与えないこと。

刺激といっても「手で触れない」といったことだけではありません。

見落としがちなのが、毎日のスキンケアによる刺激!
例えば「化粧水」です。

私自信も失敗していたのが、この化粧水の使用だったんですね。

私は美白化粧品を好んで、よく使っていました。
けれど、美白化粧水って刺激になる成分が含まれているものが多いんですよね。

そのため、スキンケアをするたびに、化粧品の成分でニキビ跡に刺激を与えてしまっていたんです。
これでは、ニキビの炎症が長引いて、いつまでたってもニキビ跡は治りません。

ニキビ跡の肌に使用するのなら、選ぶべき化粧水は「低刺激」のものです。

「敏感肌用の化粧水」などがおすすめですね。

例え、美白化粧水であっても、敏感肌用なら刺激がない成分を厳選して配合されています。

ニキビ跡に使用する化粧水は「低刺激」のものをぜひ選んでください。

スポンサーリンク

2.メラニン生成を抑えて、ニキビ跡のシミ対策

ニキビ跡を治す方法はメラニン対策
いつまでも、茶色いシミのように残るニキビ跡って気になりますよ。

見た目がほんとに最悪で、肌をとても汚くみせてしまうので大嫌い!

私も長いこと悩まされ続けました。

この茶色いニキビ跡の原因は「メラニン」です。
日焼けなどによるシミと同じ原理ですね。

ニキビの炎症によって肌が傷つくと、肌内部ではメラノサイトが活性化してしまいます。
するとメラニンが大量に生成されてしまうんですね。
そのメラニンが肌内部に蓄積されて、色素沈着をしてしまった結果が、ニキビ跡の茶色いシミ。

ニキビ跡のシミを治すには、美白をしてメラニンを除去するしかありません。

一度、色素沈着で定着してしまったニキビ跡は、自然と消えることが難しいです。

積極的に居座っているメラニンに働きかけて、肌内部から排除するのが効果的。

美白化粧品を上手に使って、美白ケアをしていきましょう。

先ほど説明したように、ニキビ肌に刺激を与えないように「敏感肌用の美白化粧品」がおすすめです。

ニキビの炎症を抑えつつ、美白ケアをするのがポイントなんですね。

スポンサーリンク

3.ニキビ跡を早く治すには、肌のターンオーバーを促進

ニキビ跡を治すにはターンオーバーの促進

肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進することは、ニキビ跡を治すのにとても大切です。

ニキビによってダメージを受けた肌を早く回復できます。
そして、肌内部のメラニンを排除するスピードも早まります。

ニキビ跡の肌のターンオーバーを促進するために心がけたいのが「保湿」です。

ニキビ跡が残っている肌の生まれ変わりがスムーズに行われる環境作りが大切なんですね。

乾燥して水分が足りない状態の肌は、栄養が行き渡らずにターンオーバーが乱れてしまいます。

肌にとって悪い環境を作っては、いつまでもニキビ跡は残ったまま。

保湿ケアをしっかりして、肌が常に潤った状態を作ってあげましょう。

新しい綺麗な肌に生まれ変わっていくサイクルが順調にいくことで、ニキビ跡の治りも早まります。

スポンサーリンク

ニキビ跡を治したいのなら!3つのケアを同時にすることが大切!

ニキビ跡を治す3つのケア
これまでの説明を一度まとめると

ニキビ跡を治すには3つの条件が揃っている必要があります。

  • 炎症を抑える
  • メラニンを抑える
  • ターンオーバーの促進

つまり

  • 低刺激でお肌に優しい
  • 美白がしっかりできる
  • 保湿効果が高い

これら3つの条件を満たしたスキンケア商品が、ニキビ跡を治すのに最適なんです。

そこで、ニキビ跡を治す3つの方法をサポートできる化粧品を一つ紹介しておきますね。

良ければ参考にしてみてください。

ニキビ跡の集中ケア専用美容液「ベルブラン」

berubezo

  • ニキビの後の集中ケアのために開発された専用美容液
  • 累計販売数120,000本突破の実績
  • モンドセレクション3年連続金賞受賞

ニキビ跡を何とかして、ツルツル肌になりたい!

ニキビ跡に悩まされたくない方達から支持され「使用者の89%もが満足」した話題のニキビ跡専用美容液なんですね。

今度こそ徹底したニキビ跡のケアをしたい方に最適です。

朝、メイクでニキビ跡を隠すのを卒業したいという方は、一度公式サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

ニキビ跡専用美容液「ベルブラン」公式サイトを見てみる

ニキビ跡を悪化させてしまうNG行為

ニキビ跡を治すためにしてはいけないNG

ニキビ跡に悩んでいる方は、様々なケアの方法を試されていると思います。

私自信もニキビ跡を何とかしたたくて、色々と試しましたから。

注意が必要なのが「間違ったケアによっては、ニキビ跡を悪化させてしまうケースがある」ということ

そんなことにならないように、ニキビ跡を悪化させてしまうNG行為をご紹介しておきますね。

ニキビ跡を悪化させるNG行為

  • ニキビ跡を消すためにゴシゴシ洗顔
  • ニキビ跡の箇所をマッサージ
  • ニキビ跡の上から美顔器でケア
  • ニキビ跡の部分をピーリング

これらをすると、ニキビ跡がいつまでたっても消えません。

早くニキビ跡を消したい気持ちは大変よくわかります。

ケアをしているつもりになっちゃうんですよね。

けれど「刺激を極力与えないのが、ニキビ跡を治すための秘訣」です。

美顔器やピーリングに関しては、ニキビ箇所の炎症が完全に治ってから。

ニキビを繰り返している段階では、刺激となるケアはやらないことをおすすめします。

ニキビ跡を治す方法まとめ

ニキビ跡を治す方法
以上、ニキビ跡を治す方法について、早くきれいに治す3つポイントをご紹介しました。
いかがだったでしょうか。

ニキビってできている時も最悪な気分ですが
ニキビ跡として残ってからも憂鬱な気分にさせられます。

汚い自分の肌を毎日見せられて、本当に落ち込んでしまいますよね。

けれど、しっかりと正しいケアをすれば、悩まされているニキビ跡を消すことはできるんです。

そのための秘訣として

  • 炎症を抑える
  • メラニンを抑える
  • ターンオーバーの促進

この3つの同時に満たすこと。

以前の私は美白に関しては積極的にやっていました。

しかし、炎症を抑えることと、ターンオーバーの促進が欠けていたんです。

3つの条件を満たすことを心がけるようになって、ニキビ跡の状態は劇的に変わりました。

あんなに一生懸命にケアしてもニキビ跡が治らなかったのが嘘のように。

現在、ニキビ跡に悩まされている方の中で、3つの条件の中で欠けているものはありませんか?

ぜひ3つのポイントを意識して、ニキビ跡のケアに取り入れてみてください。

ニキビ跡に落ち込むことのない、明るい気持ちになれる日がきっときますよ。

もうニキビ跡をメイクで隠す朝は卒業しちゃいましょう!

スポンサーリンク

関連記事